うすいとうげてつどうしせつ  だいはちずいどう ・ だいきゅうずいどう

明治26年(1893年)、竣工。
煉瓦造
国指定重要文化財 平成5年(1993年)、指定。
地図




碓氷峠鉄道施設の概要は、こちらの記事を参照。
碓氷峠鉄道施設のこの他の重要文化財については、群馬県の文化遺産リストへ。

第八隧道は、第六橋梁の東、第九隧道は第六橋梁の西に、それぞれ接するように口を開けている。
下の2枚の画像は、それぞれ第六橋梁が目の前に見える、国道18号線旧道から撮影。トンネルの手前に見えるレンガの壁は、それぞれ第六橋梁の側壁。

第八隧道、西側出入口。
b0212342_1032454.jpg


第九隧道、東側出入口。
b0212342_1041084.jpg


碓氷峠鉄道施設文化財群の位置関係についての地図。現地案内看板に描かれていた。ネット上でいろいろな地図を見たが、結局これが一番分かりやすかった。なお、これは第四橋梁のための案内板のもの。クリックして拡大。
b0212342_10134515.jpg





見学メモ
アクセス
第八、第九隧道の合計4つの出入口のうち、容易に見えるのはこの記事に掲載した二つ。場所は第六橋梁を目の前に臨む国道18号線旧道の上。そこまでのアクセスについては、第六橋梁の記事、見学メモを参照。
普段の見学
上記のように、国道18号線の旧道上、第六橋梁を正面に望む場所からそれぞれのトンネルの出入口をチラリと見ることができる。
碓氷峠鉄道施設のうち、旧丸山変電所から第三橋梁までは、旧碓氷線を改造した遊歩道が整備されているが、第三橋梁西詰めから西は整備中で、トンネル内部は立ち入り禁止の立て札があった。よって、これら二つのトンネル内部には立ち入ることはできず、またトンネルに接近する歩道はない。この記事に掲載した二つの出入口に近づこうとするなら、国道から外れて第六橋梁の下の沢を上り、更に橋の上まで斜面を登る必要がある。第六橋梁の記事の画像を見れば分かるが、かなり急であり、危険と思われる。また、第八隧道の東側、第九隧道の西側の出入口にいたっては、山の中の道なき道を、サバイバル訓練さながらに突き進まなければならず、更に危険度は増すと思われる。
特別公開
これら二つのトンネル内部が遊歩道として整備され、一般公開される時期についての情報は、この記事掲載時には見つけることはできなかった。
問い合わせ
安中市「学習の森」へ。 http://www.city.annaka.gunma.jp/gakushuunomori/index.html
by h9w457y8i | 2011-06-03 10:29 | Comments(0)

うすいとうげてつどうしせつ だいろくきょうりょう

明治26年(1893年)、竣工。
煉瓦造。アーチ径間11.0m、高さ17.4m、頂部長さ51.9m。*1
国指定重要文化財  平成5年(1993年)、指定。
地図



碓氷峠鉄道施設の概要と、他の重要文化財のリストについては、こちらの記事を参照。
隅角部を切石で補強し、高い橋台(きょうだい)*2と片蓋柱(かたふたばしら)*2、長い側壁を持っている。長さ、レンガの使用量では第三橋梁に次ぐ規模。*1

国道18号線の旧道より。橋までは50mもない。
b0212342_1027466.jpg

b0212342_10292288.jpg


道路沿いに立っていた、現地案内看板。
b0212342_10304737.jpg


橋に接近するため、道路から外れ、岩がゴロゴロして足場がやや悪い沢を登っていく。
b0212342_103010100.jpg


アーチの下の、石で補強された隅角部。
b0212342_1031981.jpg

b0212342_10312398.jpgb0212342_10313791.jpg



第四橋梁のための現地案内版に描かれた地図。碓氷峠鉄道施設文化財群の位置関係について、ネット上でいろいろな地図を見たが、結局これが一番分かりやすかった。クリックして拡大。
b0212342_1044793.jpg






見学メモ
アクセス
b0212342_10382691.jpg第三橋梁から、国道18号線の旧道を歩いて接近することになる。第三橋梁までのアクセスは、こちらの記事の見学メモ参照。この旧道はクルマの通りは少ないものの、歩道はなく、細い路側帯しかない。歩行の際は十分な注意が必要である。第三橋梁~橋が見える場所まで、約1.6km=徒歩約22分。橋は国道からよく見えるし、案内看板もあるので迷うことはないが、現地までの到達距離の目安として、左の画像のようなカーブ番号標識が役に立つかもしれない。この道路の全てのカーブに番号が付けられており、この橋の最寄カーブは「69」、第三橋梁は「33」。上に掲載した現地案内版に描かれた地図を参照。
道路は細くカーブが大きいため、路上駐車は危険。


普段の見学
橋は国道18号線旧道から見ることができ、国道沿いには現地案内看板もある。ただし、国道から橋に近づく歩道はない。国道と橋の間は数10m。草が生い茂っていたり大きな石がゴロゴロする荒れた沢だが、立ち入り禁止の表示は見当たらなかったので、今回は国道から外れて橋の近くまで歩いていった。足場はよいとは言えず、特に夏は虫もウジャウジャいそう。橋の上に登るには、上記の画像でも分かるようにかなり急峻な斜面を登らなければならず、危険と判断してやめておいた。
特別公開
第三橋梁のように、橋の上を遊歩道として通れるようになるのがいつか、という情報は、この記事掲載時点では見つけられなかった。
問い合わせ
安中市「学習の森」へ。http://www.city.annaka.gunma.jp/gakushuunomori/index.html


*1 文化庁、安中市教育委員会による現地案内看板
*2 用語解説
by h9w457y8i | 2011-06-02 11:06 | 群馬 | Comments(0)

うすいとうげてつどうしせつ だいななずいどう

明治26年(1893年)、竣工。
煉瓦造
国指定重要文化財  平成5年(1993年)、指定。
地図



碓氷峠鉄道施設の概要については、こちらの記事を参照。
以下の画像は、全てトンネルの横川側=東側の出入り口。
b0212342_15283049.jpg

b0212342_15284263.jpg

b0212342_15285256.jpg

トンネル内部は立ち入り禁止だが、既に遊歩道として整備されたトンネルの内部と同様に、舗装されていた。
b0212342_1529387.jpg


第四橋梁のそばに立てられた現地案内看板の地図。いろいろ調べてみたが、トンネルの位置、国道との位置関係、他の建造物との位置関係など、この地図が最も分かりやすかった。
クリックして拡大。
b0212342_15322867.jpg





見学メモ
アクセス
現地案内看板に描かれた上記地図にあるように、第五橋梁と第八隧道に挟まれた場所に位置しており、ほとんど隣り合っている。2011年4月の段階では、旧碓氷線跡を改造した遊歩道は第三橋梁の西詰めから東側のみが整備されており、西側は現在整備中。よって第七隧道への道は整備されていない。また、トンネルの翼壁*1や出入り口は、トンネルへの唯一の接近ルートである国道18号線旧道からは直接見ることができない。もしトンネルを見たい場合は、国道18号線の旧道を第五橋梁が見える「C-60」カーブ(碓氷峠にかかるこの道の全てのカーブには番号が付けられており、その番号が記された大きな標識が国道に立っている)まで歩き、そこから国道を外れて、第五橋梁に向かって50mほど荒れた沢を登って、碓氷線跡によじ登るしかない。第三橋梁からC-60カーブまでは約1.4km=徒歩約19分。国道18号線旧道はクルマの通りはあまり多くないが、細い路側帯しかなく、歩行には十分な注意が必要。第三橋梁までのアクセスは、第三橋梁の記事、見学メモを参照。
普段の見学
トンネルの入口が見える位置まで行くには、上記「アクセス」に書いたように、第五橋梁の付近まで沢を登る必要がある。国道からわきの山林に立ち入ってはならない旨の看板は見当たらなかったが、沢は岩や生い茂る下草などでかなり足場が悪い。特に夏は虫がウヨウヨいそうな雰囲気で、接近は容易ではないと思われる。
内部は既に遊歩道のような舗装が施されているものの、2011年4月の時点では立ち入り禁止。
特別公開
2011年4月の時点で、第七隧道の内部に入れるようになるのがいつからか、という情報は公開されていない。
問い合わせ
安中市「学習の森」へ。安中市公式ホームページで「学習の森」をサイト内検索。


碓氷峠鉄道施設のその他の重要文化財リスト
by h9w457y8i | 2011-06-01 16:20 | Comments(0)

うすいとうげてつどうしせつ だいごきょうりょう

明治26年(1893年)、竣工。
煉瓦造。アーチ径間11.0m、高さ8.8m、頂部の長さ15.8m。*2
国指定重要文化財  平成5年(1993年)、指定。
地図




碓氷峠鉄道施設の概要については、こちらの記事を参照。
補強のため、橋台*1 をコンクリートで固め、アーチを一回り小さくしている。*2
b0212342_12514955.jpg

b0212342_1252486.jpg

b0212342_12522530.jpg

b0212342_12523781.jpg

b0212342_12524673.jpg

形は第四橋梁に酷似している。違いは、こちら第五のほうが橋台が大きくがっしりしていること、くらいかな。


現地案内看板の地図↓。第五橋梁のものはうまく撮れなかったので、第四橋梁のもの。クリックして拡大。
b0212342_12543533.jpg





見学メモ
アクセス
現地案内看板に描かれた上記地図にあるように、第四橋梁と第七隧道に挟まれた場所に位置しており、ほとんど隣り合っている。第三橋梁から東は遊歩道があるが、第三橋梁よりも西の建造物へは、細い路側帯しかない国道18号線が唯一のアクセス・ルート。クルマの通りはあまり多くないが歩行には十分な注意が必要。第三橋梁からは1.4km=徒歩約19分。第三橋梁までのアクセスは、第三橋梁の記事参照。地図上、国道18号線のところどころに「C-1」~「C69」の番号が付されているが、これは国道の全てのカーブに付けられた青色の標識の番号と一致している。第五橋梁は、「C-60」の標識があるカーブの近く。
普段の見学
橋は国道18号線旧道から見ることができ、国道沿いには現地案内看板もある。ただし、国道から橋に近づく歩道はない。国道と橋の間は100mほどか。草が生い茂っていたり大きな石がゴロゴロする荒れた沢だが、立ち入り禁止の表示は見当たらなかったので、今回は国道から外れて橋の近くまで歩いていった。足場はかなり悪いので、特に夏は虫もウジャウジャいそうだし、接近しての見学はあまりオススメできない。橋梁の上は既に線路は取り除かれ、歩行に支障の無い硬い砂利道となっていた。ただし遊歩道として一般公開はされていないので、今回は橋の上には登っていない。
特別公開
2011年4月の時点で、第五橋梁の上に接近するための歩道が整備されるという情報は公開されていない。
問い合わせ
安中市「学習の森」へ。安中市公式ホームページで「学習の森」をサイト内検索。


*1 用語解説
*2 現地案内看板
by h9w457y8i | 2011-05-31 13:13 | Comments(0)

うすいとうげてつどうしせつ だいよんきょうりょう

明治26年(1893年)、竣工。
煉瓦造
国指定重要文化財 平成5年(1993年)、指定。
地図




碓氷峠鉄道施設の概要については、こちらの記事を参照。

b0212342_1048425.jpg

b0212342_1049196.jpg

b0212342_10491423.jpgb0212342_10492947.jpg


b0212342_10495262.jpg


橋の上は遊歩道にはなっていないが、国道18号線沿いの橋が見える場所に、安中市教育委員会による案内看板がある。
b0212342_10462341.jpg



下の地図はクリックで拡大表示。
b0212342_10544646.jpg




見学メモ
アクセス
現地案内看板に描かれた上記地図にあるように、第六隧道の西口と第五橋梁に挟まれた場所に位置している。第三橋梁からここまでは、細い路側帯しかない国道18号線が唯一のアクセス・ルート。クルマの通りはあまり多くないが歩行には十分な注意が必要。第三橋梁からは1.3km=徒歩約18分。第三橋梁までのアクセスは、第三橋梁の記事参照。地図上、国道18号線のところどころに「C-1」~「C69」の番号が付されているが、これは国道の全てのカーブに付けられた青色の標識の番号と一致している。第四橋梁は、「C-59」の標識があるカーブの近く。
普段の見学
橋は国道18号線旧道からよく見え、国道沿いには現地案内看板もある。ただし、国道から橋に近づく歩道はない。国道と橋の間は50mほどか。草が生い茂っていたり大きな石がゴロゴロする荒れた沢だが、立ち入り禁止の表示は見当たらなかったので、今回は国道から外れて橋の近くまで歩いていった。足場はかなり悪いので、特に夏は虫もウジャウジャいそうだし、接近しての見学はあまりオススメできない。
特別公開
第四橋梁の上は、第六隧道のように既に遊歩道と同じような舗装がなされているような感じだったが、2011年4月の時点ではまだそこが通れるという情報は公開されていない。
問い合わせ
安中市「学習の森」へ。安中市公式ホームページで「学習の森」をサイト内検索。


碓氷峠鉄道施設 概要および重要文化財リスト
全国の近代文化遺産リスト
by h9w457y8i | 2011-05-30 11:28 | Comments(0)

うすいとうげてつどうしせつ だいろくずいどう

明治26年(1893年)、竣工。
煉瓦造
国指定重要文化財 平成6年(1994年)、指定。
地図




碓氷峠鉄道施設の概要については、こちらの記事を参照。

横川側=東側の入口。このすぐそばに、第三橋梁がある。JR「横川」駅から第三橋梁まで続いてきた遊歩道は、ここで終わっていた。
b0212342_14141678.jpg


トンネル内部ではなく、周りの草むらに入るな、という看板。
b0212342_14175997.jpgb0212342_14181218.jpg



軽井沢側=西側の出口。第四橋梁の東詰めに面しており、そこから撮影した画像。隧道内部は立ち入り禁止という様相だったので、内部の画像はない。しかし、立ち入り可能な第一~第五隧道と同じような遊歩道の工事はほぼ終わっているようにも見える。
b0212342_14183892.jpg

b0212342_1419644.jpg

b0212342_14191738.jpg





見学メモ
アクセス
トンネル東側の出入り口は、第三橋梁の西詰めに面している。第三橋梁の記事、および碓氷峠鉄道施設概要記事の見学メモを参照。
普段の見学
トンネル東側の出入り口は、第三橋梁の西詰めに面しており、2011年4月上旬では、旧碓氷線跡を改造した遊歩道はそこで終わっている。そこからは遊歩道は線路跡を外れ、第三橋梁の下を走る国道18号線の旧道への階段と下り坂になる。
隧道東口が塞がれていることから、内部は立ち入り禁止。一方、第六隧道西側出入り口は第四橋梁東詰めに面しており、その第四橋梁は国道18号線から見えるところにある。国道付近に特に立ち入り禁止の標識などは見られなかったので、第四橋梁東詰めまで足場の悪い沢を登って行った。国道から歩いて数分。もしかするとそこは夏は草木が生い茂り、虫も大量に発生して接近は困難かもしれない。
特別公開
内部の公開開始日がいつなのか、についての情報は見つけられなかった。
問い合わせ
安中市「学習の森」へ。安中市公式ホームページで「学習の森」をサイト内検索。



碓氷峠鉄道施設 概要および重要文化財リスト
全国の近代文化財リスト
by h9w457y8i | 2011-05-29 14:41 | Comments(0)

うすいとうげてつどうしせつ だいごずいどう

明治26年(1893年)、竣工。
煉瓦造
国指定重要文化財 平成6年(1994年)、指定。
地図



碓氷峠鉄道施設の概要については、こちらの記事参照。

旧碓氷線にはその昔、26箇所の隧道(トンネル)があり、そのうちの10のトンネルが国の重要文化財に指定されている。それぞれレンガ造りのトンネルで、翼壁*1 には若干の付柱的な装飾はあるものの、ほとんど同じような造り。長短の違いはある。

横川側=東側の入口。
b0212342_1240197.jpg

b0212342_12403531.jpg

b0212342_12404727.jpgb0212342_1241661.jpg


b0212342_12413621.jpg


トンネルの天井。レンガの上にモルタルが塗られている。
明治時代からなのか、それとも遊歩道にするためか?          横の壁には金属のフックのようなもの。
b0212342_12415998.jpgb0212342_12421453.jpg



このトンネルにも、待避所?のようなヘコミ。             あ!ほんとにツララだ!!
ん?つらら?しかし訪れたのは気温15℃の4月。         でも、内部はそこまで寒いとは感じなかったが…。
b0212342_12451781.jpgb0212342_12453345.jpg



軽井沢側の出口が見えてきた。
内部の照明は、第一隧道、第二隧道のいかにも人工的な冷たい蛍光灯ではなく、オレンジ色の灯火が使われていた。こちらのほうがずっと雰囲気がある気がする。
b0212342_12455564.jpg


軽井沢側=西側の出口。ここの目の前に、鉄道施設のメダマ、「めがね橋」=第三橋梁がある。
b0212342_12502348.jpg

b0212342_12503627.jpg

b0212342_12504917.jpgトンネル出口の上部には、要石が。






見学メモ
アクセス
碓氷峠鉄道施設概要記事参照。
トロッコ列車終点「とうげの湯」駅、または温泉施設「峠の湯」から、徒歩約22分。
碓氷湖畔の公営駐車場から、徒歩約12分。
めがね橋=第三橋梁の東詰から、徒歩0分。
普段の見学
トンネル内部は、旧碓氷線を利用した遊歩道として整備されており、常時立ち入りができる。ただしもしかすると、冬季の積雪などで遊歩道が歩けなくなることもあるかもしれない。
特別公開
特になし。
問い合わせ
安中市「学習の森」へ。安中市公式ホームページで「学習の森」をサイト内検索。
冬季の積雪の状態などは、遊歩道に接する温泉施設「峠の湯」や「碓氷峠鉄道文化むら」に問い合わせてみるのもいいかもしれない。


*1 用語解説


碓氷峠鉄道施設 概要および重要文化財リスト
全国の近代文化遺産リスト
by h9w457y8i | 2011-05-27 13:07 | Comments(0)

うすいとうげてつどうしせつ だいよんずいどう

明治26年(1893年)、竣工。
煉瓦造
国指定重要文化財 平成6年(1994年)、指定。
地図




碓氷峠鉄道施設の概要については、こちらの記事参照。

横川側=東側の入口。
b0212342_17244824.jpg

トンネルの奥にチラリと見えている別のトンネルは、第五隧道。
第三隧道、第四隧道、第五隧道は連なっている。
b0212342_1726109.jpg

b0212342_17262457.jpg


                                           レンガの積み方は、イギリス積み。
b0212342_17263962.jpgb0212342_17265088.jpg


b0212342_17282954.jpgb0212342_17285945.jpg


b0212342_1729185.jpg


軽井沢側=西側の出口。
b0212342_17294114.jpg






見学メモ
アクセス
碓氷峠鉄道施設概要記事参照。
トロッコ列車終点「とうげの湯」駅から、徒歩約22分。
碓氷湖畔の公営駐車場(無料)から、徒歩約10分。
普段の見学
トンネル内部は、JR信越本線「横川」駅から第三橋梁へと続く旧碓氷線を利用した遊歩道となっており、常時立ち入り可能。ただし、もしかすると冬は積雪のため閉鎖になったりするかもしれない。
特別公開
特になし。
問い合わせ
安中市「学習の森」へ。安中市公式ホームページで「学習の森」をサイト内検索。
冬季の積雪の状態などは、遊歩道に接する温泉施設「峠の湯」や「碓氷峠鉄道文化むら」に問い合わせてみるのもいいかもしれない。




碓氷峠鉄道施設 概要および重要文化財リスト
全国の近代文化遺産リスト
by h9w457y8i | 2011-05-26 17:39 | Comments(0)

うすいとうげてつどうしせつ だいさんずいどう

明治26年(1893年)、竣工。
煉瓦造
国指定重要文化財 平成6年(1994年)、指定。
地図




碓氷峠鉄道施設については、概要記事参照。

横川側=東側のトンネル入口。
b0212342_8471738.jpg

b0212342_8475054.jpg

b0212342_848499.jpgb0212342_8481512.jpg



第三隧道の内部の照明は、蛍光灯の第一、第二とは異なり、オレンジ色。こちらのほうがずっと趣があるように感じる。
b0212342_8485286.jpg


ところどころに、このようなでっぱりと、                  元々はこのように、
錆びてボロボロになった金属が。                     レンガの上をモルタルが覆っていたのか?
b0212342_849529.jpgb0212342_8492311.jpg



西側トンネル出口。向こうには第四隧道が見える。
b0212342_8494586.jpg


軽井沢側=西側出口。
b0212342_8511080.jpg





見学メモ
アクセス
碓氷峠鉄道施設概要記事の見学メモ参照。
トロッコ列車終点「とうげの湯」駅から、徒歩約20分。
碓氷湖畔の公営駐車場(無料)から、徒歩約8分。
普段の見学
トンネル内部は遊歩道になっており、常時開放されている。ただし、もしかしたら冬季は雪のため遊歩道が歩けなくなっていることがあるかもしれない。
特別公開
特になし。
問い合わせ
安中市「学習の森」へ。安中市公式ホームページで「学習の森」をサイト内検索。
冬季の積雪の状態などは、遊歩道に接する温泉施設「峠の湯」や「碓氷峠鉄道文化むら」に問い合わせてみるのもいいかもしれない。



碓氷峠鉄道施設 概要および重要文化財リスト
全国の近代文化遺産リスト
by h9w457y8i | 2011-05-24 09:13 | Comments(0)

うすいとうげてつどうしせつ だいにずいどう

明治26年(1893年)、竣工。
煉瓦造
国指定重要文化財 平成6年(1994年)、指定。
地図




碓氷峠鉄道施設については、概要記事参照。

横川側=東側の入口。
b0212342_9221397.jpg


b0212342_9234220.jpgb0212342_9235674.jpg


内部壁の一部は、最近補強されている。
b0212342_9244956.jpg

b0212342_9252934.jpg

b0212342_9255836.jpg地面の一部に金属製の格子。
ライティングされていたのだが。
なんのためか?


b0212342_9272689.jpg壁の一部には、
このようなヘコミがところどころに。
退避用の穴、だろうか。



軽井沢側=西側の出口。
b0212342_9285258.jpg





見学メモ
アクセス
碓氷峠鉄道施設概要記事参照。
トロッコ列車終点「とうげの湯」駅から、旧碓氷線を改造した遊歩道を徒歩約10分。旧丸山変電所施設から、同じ遊歩道を徒歩約30分。
碓氷湖畔の公営駐車場(無料)から、徒歩約3分。
普段の見学
トンネル内は遊歩道になっており、常時見学可。しっかり舗装されているし、照明も施され、歩行に支障はない。ただもしかすると、冬季は雪などで閉鎖もあるかもしれない。
特別公開
特になし。
問い合わせ
安中市「学習の森」へ。安中市公式ホームページで「学習の森」をサイト内検索。


碓氷峠鉄道施設 概要および重要文化財リスト
全国の近代文化遺産リスト
by h9w457y8i | 2011-05-23 09:42 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。