タグ:洋風建築 ( 133 ) タグの人気記事

京都府/近代文化遺産リスト旧真宗信徒生命保険株式会社本館(本願寺伝道院)トップページ > フォトギャラリー


北西角正面
b0212342_11122100.jpg

左 北西八角塔屋 横            右 北西八角塔屋 窓
b0212342_11383540.jpgb0212342_11404371.jpg
左 北西八角塔屋 縦        中 北西角 縦       右 北西角 正面玄関
b0212342_11340121.jpgb0212342_05241617.jpgb0212342_11391578.jpg
 左 北西角 遠             右 北西角正面玄関灯
b0212342_05253387.jpgb0212342_11395329.jpg
左 西面1Fおよび石柵柱         右 西面石柵柱
b0212342_11431408.jpgb0212342_05202444.jpg

左 西面および北西角 遠      中 西面および北西角 近       右 南西隅門
b0212342_05223993.jpgb0212342_05153754.jpgb0212342_05171618.jpg
北面屋根1, 2
b0212342_11235592.jpgb0212342_11244360.jpg
左 北面屋根3            右 北面窓
b0212342_11331477.jpgb0212342_11255932.jpg
南東角、インド風塔屋      南東角
b0212342_11162316.jpgb0212342_11222958.jpg
左 北東角 遠        右 北東角 近
b0212342_11203787.jpgb0212342_11205022.jpg
左 西面2F窓             右 石柵柱頭 北西角
b0212342_05194456.jpgb0212342_11135213.jpg
左 北面石柵柱 遠        右 石柵柱頭 鳥1
b0212342_11251764.jpgb0212342_11265405.jpg
左 石柵柱頭 鳥2         右 石柵柱頭 象
b0212342_11315796.jpgb0212342_11320573.jpg
左 現地案内看板
b0212342_11361572.jpg

内部は見学できなかった。



by h9w457y8i | 2015-04-19 11:44 | Comments(0)

京都府/近代文化遺産リスト旧真宗信徒生命保険株式会社本館(本願寺伝道院)トップページ > 概要


国指定重要文化財
旧真宗信徒生命保険株式会社 本館(本願寺伝道院)

きゅうしんしゅうしんとせいめいほけんかぶしきがいしゃ ほんかん(ほんがんじでんどういん)


竣工 : 1912年(明治45年)
構造および形式 : 煉瓦造、建築面積627.70㎡、二階建一部三階建、一部地下一階、銅板葺、南西隅門及び煉瓦塀附属、煉瓦造、延長7.6m
重要文化財指定 : 2014年(平成26年)
附指定棟札 1枚、石柵柱 22基


b0212342_11095213.jpg 真宗信徒生命保険株式会社は本願寺が大株主となり、おもに真宗信徒を顧客とする生命保険会社として、明治28年(1895年)4月に設立された。同43年(1910年)になって新社屋として本館の建築に着手し、同44年(1911年)4月上棟、同45年(1912年)1月に竣工した。設計は東京帝国大学教授の伊東忠太で、施工は竹中藤右衛門が請け負った。
 大正3年以降、たびたび社名や経営者の変更があり、一部が貸事務所などに使用されたが、昭和48年からは本願寺伝道院として寺の布教、学問所となり、現在に至る。

 敷地は東西に長い長方形で、本館を西寄りに配置し、北西隅に玄関を開く。道路に沿って本館の北面から西面へ石柵柱が並んでいる。
 本館は、煉瓦造、建築面積627.70㎡、二階建一部三階建で、北東隅一部を地下一階とし、三階は北西隅に八角形大塔屋(左画像)、東面南寄りに六角形小塔屋をつくり、屋根は銅板葺とする。南西隅には矩折れで門と煉瓦塀を附属する。
 平面は、一階の北西隅を八角形の「玄關」とし、玄関南東の「廣間」に大階段を設ける。玄關の南には「第二應接室」、「第三應接室」を並べ、廣間から東へ廊下が延び、南に「第一事務室」、北に「第二事務室」を置く。第二事務室の東には「醫務室」、「診察室」の二室を置き、廊下の東端には裏玄関を置く。二階は階段室の西に北から八角形の「貴賓室」と重役室を二室並べ、階段室から東に延びる廊下の北に「第一會議室」と「第一應接室」、南に「第二會議室」を置く。第二會議室の東面には台形の仏間を据える。三階は二階西の階段を上ると「大塔屋」に、廊下東の階段を上ると小屋裏の物置を経て六角小塔屋に至る。地下の「地中室」はボイラー室とみられる。

b0212342_11122100.jpg 外観は煉瓦色化粧タイル張とした煉瓦壁で、二階窓高に花崗岩の白帯を廻らせるなど、全体として一九世紀後期の英国風の様式を基調としている(左画像)が、大塔屋の円ドームや小塔屋の六角屋根はインド風、塔屋廻りの擬宝珠高欄は中国風とするなど、アジア大陸のさまざまな意匠を大胆に取り入れている。さらに玄關や窓上の人字形割束を模したペディメント、破風を思わせる反りのある妻壁、組物を載せた柱型など、随所に日本建築の細部意匠を解釈、再構築しながら付加している。
 内部も洋風意匠を基調とするが、各室の折上天井やカウンター廻りの双斗形柱頭飾り、ペディメントの格狭間、玄關ニッチ上部の八双形など、要所に伝統的な日本建築の造形をちりばめる。特に大塔屋は石柱の上に頭貫と台輪を廻して出組組物を載せた石造軸組構成になっているが、天井は円形のドームとし、イスラム風アーチを更に変形させた欄間付の扉を各面に並べるなど、多彩な様式を駆使して濃密な意匠にまとめている。各部屋の照明器具も独特な造形で、アール・ヌーヴォー風の曲線やゼツェッシオン風の直線を用いて構成されている。

b0212342_11135213.jpg 石柵柱は、四角形若しくは八角形の花崗岩石柱で、頂部に翼をもつ象や鳥などの霊獣の像を彫り出しており、伊東忠太の好みをよく表している。
b0212342_11162316.jpg 旧真宗信徒生命保険株式会社本館は、明治時代末期の本格的な煉瓦造の事務所建築であり、全体は英国風の様式を基調としつつ、随所に日本建築の伝統的意匠を解釈、再構築して配置し、さらにインドや中国など異種の建築様式を大胆に取り込むなど、独創的な意匠である。伊東忠太の建築進化論に基づいて実現された初期の代表作であり、我が国における建築様式を追求した道程を体現した建築として価値が高い。

左画像は、南東のインド風塔屋。



by h9w457y8i | 2015-04-17 08:06 | 京都 | Comments(0)

京都府/近代文化遺産リスト > 旧真宗信徒生命保険株式会社本館(本願寺伝道院)トップページ


国指定重要文化財
旧真宗信徒生命保険株式会社本館
(本願寺伝道院)
きゅうしんしゅうしんとせいめいほけんかぶしきがいしゃほんかん
(ほんがんじでんどういん)


概要

フォトギャラリー

アクセス・地図

見学要領・問い合わせ


b0212342_12194040.jpg



by h9w457y8i | 2015-04-08 12:25 | 京都 | Comments(0)

大阪府の近代文化遺産リスト大阪市中央公会堂 > アクセス・地図

普段の見学

b0212342_21314384.jpg
開館時間、休館日については、大阪市中央公会堂公式ホームページ参照。

館内は貸館として利用されているため、常時見学できるのは、入り口ホール、廊下、階段、岩本記念室(重要文化財らしき風情はない)のみ。洋風建築の趣たっぷりの各集会室および特別室は、普段は非公開。各室での催し物がない場合に見学可能かどうかは、要問い合わせ。
自由見学エリアについては、大阪市中央公会堂公式サイト内、見学案内ページ参照。

毎日夜18:30か19:00〜23:00(季節によって異なる)にライトアップされる。詳細は大阪市中央公会堂公式サイトへ。




特別公開

b0212342_21404687.jpg
月に4〜5回、ガイドツアーによる集会室、特別室の特別公開がある。有料。人数制限あり。詳細は大阪市中央公会堂公式サイト内、ガイドツアー案内ページ参照。
(管理人は参加したことがありません)

光のルネサンス
毎年12月に、中央公会堂を含めた大阪市街中心部が美しいイルミネーションで飾られる。2014年12月の案内はこちら
2015年の情報は、2015.3記事掲載時なし。




問い合わせ

大阪市中央公会堂へ。


by h9w457y8i | 2015-03-18 09:57 | 大阪 | Comments(0)

大阪府/近代文化遺産リスト大阪市中央公会堂 トップページ > アクセス・地図



Google Map


公共交通機関

京阪電鉄 中之島(なかのしま)線 なにわ橋駅 1番出口から、徒歩1分。

京阪電鉄 京阪本線 淀屋橋(よどやばし)駅 1番出口から、徒歩約5分(約300m)。

京阪電鉄 京阪本線 北浜(きたはま)駅 22番出口から、徒歩約6分(約400m)。

大阪市営地下鉄 堺筋(さかいすじ)線 北浜駅から、徒歩約7分(約500m)。

大阪市営地下鉄 御堂筋(みどうすじ)線 淀屋橋(よどやばし)駅から、徒歩約7分(約500m)。

大阪市営地下鉄 四つ橋(よつばし)線 肥後橋(ひごばし)駅から、徒歩約10分(約800m)。

大阪市営地下鉄 谷町(たにまち)線 南森町(みなみもりまち)駅から、徒歩約12分(約900m)。

JR東西線 北新地(きたしんち)駅から、徒歩約11分(約900m)。

JR東西線 大阪天満宮駅から、徒歩約13分(約1km)。




クルマ

施設付属有料駐車場有り。入り口は、上の地図の黒アイコン。
収容台数15台。30分ごとに200円。原則として24時間使用可能。ただし、日曜日および祝日の10:00〜16:00は周辺が歩行者天国となり車両通行不可となるので駐車場への出入りはできない。
詳細は大阪市中央公会堂公式サイト参照。

施設周辺半径300m以内に有料駐車場多数あり。





by h9w457y8i | 2015-03-17 09:46 | 大阪 | Comments(0)

大阪府/近代文化遺産リスト大阪市中央公会堂 トップページ > フォトギャラリー

すべての画像はクリックで拡大できます。

1  2
b0212342_21274346.jpgb0212342_21264484.jpg
3  4
b0212342_21384812.jpgb0212342_21400716.jpg
5  6
b0212342_21262184.jpgb0212342_21280207.jpg
7  8  9
b0212342_21314384.jpgb0212342_21365531.jpgb0212342_21404687.jpg
10 11
b0212342_21330918.jpgb0212342_21353209.jpg
12 13
b0212342_21333809.jpgb0212342_21414281.jpg
14
b0212342_21345382.jpg
15 16 17
b0212342_21303272.jpgb0212342_21302868.jpgb0212342_21374056.jpg
18 19 20
b0212342_21422942.jpgb0212342_21424013.jpgb0212342_21424696.jpg
21 22
b0212342_21461128.jpgb0212342_21290490.jpg
23  24
b0212342_21443623.jpgb0212342_21452625.jpg

by h9w457y8i | 2015-03-16 09:21 | 大阪 | Comments(0)

大阪市中央公会堂 概要

大阪府/近代文化遺産リスト大阪市中央公会堂 トップページ > 概要

国指定重要文化財
大阪市 中央公会堂
おおさかし ちゅうおうこうかいどう


竣工 : 大正7年(1918年)
構造および形式等 : 鉄骨煉瓦造、建築面積2,164.17㎡、三階建、地下一階、銅板葺、一部スレート葺
重要文化財指定 : 平成14年(2002年)



 大阪市中央公会堂は,中之島地区の東端部にある。北浜で株式仲買商を営んでいた岩本栄之助からの100万円の寄付を元に建設された。
 設計は,日本最初の懸賞設計競技に1等当選した岡田信一郎の設計案をもとに,実施設計は辰野金吾,片岡安(かたおかやすし)という当時を代表する建築家が中心となって進めた。大正2年(1913年)6月から5年4ヶ月をかけた工事では、延べ18万人を超える人々が働き、大正7年(1918年)11月17日に開館。昭和63年(1988年)に永久保存が決定され、平成11年(1999年)3月から3年半の保存修理工事が行われた。平成14年(2002年)11月11日に再び開館、同12月26日に国の重要文化財に指定された。

 建築様式は、当初記述に「復興式中の準パラディヤン式」とあり、ネオ・ルネッサンス様式を基調としたものであると解される。外観は左右対称を基本に、コーニス、片蓋柱、ペディメント付開口部等による厳格な構成と、正面の壮大な半円アーチ、ジャイアントオーダーなどのバロック的な壮麗さ・躍動感を併せ持ち、柱頭飾りを幾何学図形化するなど細部にはセセション様式の浸透もみられる。外壁表面は地階部分が花崗岩積み、地上階は、化粧煉瓦小口貼りに、腰の帯石と窓廻りを花崗岩、蛇腹と片蓋柱、パラペット廻りを擬石モルタル洗いとし、屋根は銅板葺で一部天然スレート葺、側面と四隅に屋根窓を配す。

 平面規模は、間口43.6m、奥行き61.8mで、建築面積2164.17㎡、鉄骨煉瓦造、地上3階、地下1階建。耐震性能強化のため基礎下の新たな構造体と上部構造の補強によって免震レトロフィットを実施。
 主要室の構成は、1,2階に大会議室(ホール)、3階に中・小集会室、特別室、地階に会議室(展示室)、レストランとなる。

 大阪市中央公会堂は、我が国における様式建築の習熟の過程をよく示している。我が国の煉瓦を主体とした建築の到達点をかざる建築のひとつといえ,高い価値がある。


大阪市中央公会堂公式サイトに、沿革などの詳細な記載あり。

b0212342_19231382.jpg

by h9w457y8i | 2015-03-15 09:10 | Comments(0)

福岡県/近代文化遺産リスト旧日本生命保険株式会社九州支店トップページ > 見学要領・問い合わせ


普段の見学
開館時間 : 9:00~21:00
休館日 : 月曜日(祝日の場合は翌日)、および12月28日~1月4日
入館料 : 無料
福岡市公式サイト内当該建物紹介ページ
福岡市総合図書館公式サイト




特別公開
建物について、普段公開していない部分についての特別公開の情報は、記事掲載時点では見つけられなかった。
文学に関する催しや展示が随時行われている。→福岡市総合図書館公式サイト




問い合わせ
福岡市文学館へ。



by h9w457y8i | 2015-02-22 09:00 | 福岡 | Comments(0)

福岡県/近代文化遺産リスト旧日本生命保険株式会社九州支店トップページ > アクセス




Google Map


公共交通機関
福岡市営地下鉄 空港線 天神(てんじん)駅から、徒歩約7分(約500m)。
西鉄 天神大牟田線 西鉄福岡駅から、徒歩約9分(700m)。
西鉄バス 天神四丁目 バス停から、徒歩約1分。
西鉄バス 市役所北口・アクロス福岡前 バス停から、徒歩約3分(約200m)。

Google Mapの「ルート・乗り換え」機能は、西鉄バスの路線・時刻表を反映している。
福岡空港やJR博多駅からのアクセスは、他の乗り換え検索アプリやサイトでも容易に検索できる。
バス運賃は西鉄バス公式サイト参照。




クルマ
施設付属駐車場なし。
半径300m以内に有料駐車場多数あり。NAVITIME駐車場検索サイトにて、「福岡市赤煉瓦文化館」で検索。



by h9w457y8i | 2015-02-21 09:00 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。