タグ:洋風建築 ( 145 ) タグの人気記事


サイトマップ神奈川県 近代文化遺産鎌倉文学館本館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_19031220.jpg



アクセス




スマートフォンの方はこちらのマップ

鎌倉文学館本館は、上の地図、赤マーカー2。


最寄駅から徒歩
江ノ島電鉄 由比ヶ浜(ゆいがはま)駅から、徒歩約7分(500m)。

b0212342_19593211.jpg

b0212342_19594323.jpg

b0212342_19593945.jpg


バス
JR鎌倉駅 東口 バスターミナル 6番のりば(上の地図、青マーカー2)から、京浜急行バス
船7系統 深沢・大船駅行き
船8系統 梶原・大船駅行き
船9系統 鎌倉山・大船駅行き
鎌2系統 梶原行き
鎌3系統 梶原行き
鎌4系統 鎌倉山 もしくは 江ノ島行き
鎌6系統 鎌倉山 もしくは 江ノ島行き
のいずれかのバスに乗車。乗車時間 6分。180円。全国共通交通系ICカード利用可。平日、土日問わず、数分に1本。
「海岸通り」バス停下車。上の地図、青マーカー1。徒歩約4分。


駐車場
施設付属駐車場はない。
半径500m以内に複数の有料駐車場あり。NAVITIME駐車場検索ページにて「鎌倉文学館」で検索。






見学のしかた



開館時間、入館料、休館日などの情報は、鎌倉文学館公式サイトを参照。

2017.12
開館時間 3月〜9月 9:00〜17:00、10月〜2月 9:00〜16:30
入館料 館内で開かれている展示内容により異なる。通常、300〜400円。
休館日 月曜日(祝日の場合は開館。また、5, 6, 10, 11月は月に1回のみ休館)、年末年始

館内での写真撮影は禁止。玄関ホールなどの共用部分も不可。←鎌倉文学館受付に確認済み

b0212342_20112009.jpg







建物の説明



鎌倉文学館本館は、旧加賀藩主で知られる前田家の第16代当主・前田利為(としなり)公爵が昭和11年(1936年)に建てた別邸です。デンマーク公使や佐藤栄作元首相が借り受け、別荘として使っていた時期もありました。昭和58年(1983年)、鎌倉市が前田家よりこの別邸を譲り受け、文学館として利用されることになりました。1Fが鉄筋コンクリート造、2Fと3Fが木造の、ハーフティンバーとスパニッシュを基調とした、当時の鎌倉の別荘建築を代表する邸宅建築であり、平成12年(2000年)には本館が国の登録有形文化財となりました。

b0212342_21012021.jpg







管理人のおすすめポイント



この建物は映画やドラマのロケ地としてしばしば使われるので、「鎌倉文学館」という名前を知らなくても、画像を見ると「あ、ここ見たことある」と思うかもしれません。私の知る限り、鎌倉で普段から内部も見学できる、オシャレでちょっとゴージャスな洋館、と言えば、この鎌倉文学館くらいではないでしょうか。内部は、主に戦前に活躍した鎌倉にまつわる有名な小説家たちの資料などが展示され、あまり建物自体の見学を楽しむ、というふうにはなっていないのが残念ですが、ソファーに座れる休憩スペースもあり、くつろぐこともできます。また遠くに相模湾を見渡せる広大な庭園にはバラ園があり、春と秋には様々な種類のバラが咲き、訪れた人の目を楽しませています。ネットで検索すると、一面のバラの向こうにお屋敷が見える、的な画像が多数ヒットします。管理人もそんなバラを目当てに昨年の秋、出かけましたが、実際のバラ園はそこまで広くはなく、密生もしていませんでした。ともあれ、江ノ電の駅から歩いて10分以内ですし、庭園とそこから見えるお屋敷の雰囲気はやはりさすが旧華族の別荘、という風情。仏閣巡りの合間に、ふらりと訪れる価値は十分あると思います。

b0212342_07004440.jpg

b0212342_06591220.jpg

b0212342_06585198.jpg

フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-02-13 08:23 | 神奈川 | Comments(0)


サイトマップ鹿児島県 近代文化遺産県政記念館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

フォトギャラリー

1
b0212342_22103013.jpg




アクセス



スマートフォンの方はこちらのマップ

県政記念館は、上の地図、マーカー1。


最寄りの駅から徒歩
JR鹿児島駅から、徒歩約10分(700m)。

鹿児島市電 市役所前 停留所から、徒歩約4分(300m)。
2018.2
市電は5分に1本程度の運行頻度。均一料金170円。車両中央付近のドアから乗り、前方ドアから降りる。運賃は後払い。降りる直前に運転席横の運賃箱に現金を入れる。運転席横に両替機あり。2,000円、5,000円、10,000円札は使用不可。全国共通交通系ICカードは使用不可。
鹿児島市電の路線図、時刻表などについては、鹿児島市交通局公式サイトへ。

b0212342_06503208.jpg


バス
JR鹿児島中央駅 東口バスターミナルから。
鹿児島中央駅 東口バスターミナル 東12バスのりば(上の地図、マーカー11)から、鹿児島市営バス 4番系統 城山・玉里線に乗車。
車両中央のドアから乗車。1時間に1〜2本。乗車時間11分。運賃190円。降車直前に運転席横の運賃箱に現金を入れる。運転席横に両替機あり。高額紙幣が両替できるかどうかは不明。全国共通交通系ICカードは使用不可。(2018.2)
「県民交流センター前」バス停(上の地図、マーカー9)下車。現地まで徒歩1分。

または、

鹿児島中央駅 東口バスターミナル 東3バスのりば(マーカー10)から、南国交通バス 6, 11, 12, 14, 15, 27のいずれかの系統に乗車。
車両中央のドアから乗車。1時間に1〜3本。乗車時間不明。運賃不詳(おそらく190円)。降車直前に運転席横の運賃箱に現金を入れる。運転席横に両替機あり。1,000円札以外の紙幣は両替不可。全国共通交通系ICカードは使用不可。
「県民交流センター前」バス停(マーカー9)下車。現地まで徒歩1分。


駐車場
県政記念館は、かごしま県民交流センターの敷地内にあり、その地下駐車場が使える。
30分150円。おそらく県政記念館入口で手続きすれば、2時間無料になる。






見学のしかた



県政記念館の開館時間、休館日については、かごしま県民交流センター公式サイトへ。

2018.2
開館時間 9:00〜17:00
休館日 不明(県民交流センターに問い合わせ。099-221-6600)
入館料 無料

なお、県政記念館の2Fにはフレンチレストラン「ビストロ・ドゥ・レヴ 新館」が入っている。
営業時間 11:30〜15:00、17:30〜22:00
定休日 月曜日






建物の説明



この建物は、かつて鹿児島県庁舎本館として建てられた建物の、正面玄関と階段部分です。大正14年(1925年)に竣工しました。設計は曽禰中條(そね・ちゅうじょう)建築事務所。上から見ると「ロ」の字の形をしています。大正期におけるネオ・ルネサンス様式の典型で、玄関の柱は威厳のある正面をつくり上げています。平成8年(1996年)に県庁舎としての役割を終え、平成12年(2000年)に玄関と階段部分のみを現在の位置に移しました。現在は県政記念館として、県政のあゆみ、県庁舎の変遷、旧県庁舎本館の概要について,パネル展示や映像などを用いて紹介しています。
平成20年(2008年)、国の登録有形文化財となりました。
文化庁国指定文化財等データベースかごしま県民交流センター

2
b0212342_23343370.jpg

3
b0212342_23343908.jpg

4
b0212342_06502438.jpg

5
b0212342_23344610.jpg

6
b0212342_22502360.jpg

7
b0212342_23354589.jpg

8
b0212342_22504709.jpg

9
b0212342_23355362.jpg

10
b0212342_23355661.jpg

11
b0212342_23373102.jpg

12
b0212342_23373521.jpg


文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-02-04 06:26 | 鹿児島 | Comments(0)


サイトマップ東京都 近代文化遺産自由学園明日館フォトギャラリー

1
b0212342_08090953.jpg

2
b0212342_08091915.jpg

3
b0212342_08092604.jpg

4
b0212342_08093242.jpg

5
b0212342_08093741.jpg

6
b0212342_08100727.jpg

7
b0212342_08102040.jpg

8
b0212342_08105018.jpg

9
b0212342_09154195.jpg

10
b0212342_09093285.jpg

11
b0212342_08110687.jpg

12
b0212342_08121841.jpg

13
b0212342_08122757.jpg

14
b0212342_08125579.jpg

15
b0212342_08130722.jpg

16
b0212342_08133263.jpg

17
b0212342_08140260.jpg

18
b0212342_08141110.jpg

19
b0212342_08141842.jpg

20
b0212342_08142341.jpg

21
b0212342_08145091.jpg

22
b0212342_08145574.jpg

23
b0212342_08150706.jpg

24
b0212342_08154359.jpg

25
b0212342_08154911.jpg

26
b0212342_08163474.jpg

27
b0212342_08164298.jpg

28
b0212342_08164854.jpg

29
b0212342_08165265.jpg

30
b0212342_08170333.jpg

31
b0212342_08174164.jpg

32
b0212342_08174962.jpg

33
b0212342_08175739.jpg

34
b0212342_08180648.jpg

35
b0212342_08181054.jpg

36
b0212342_08183687.jpg

37
b0212342_08184144.jpg

38
b0212342_08184604.jpg

39
b0212342_08185665.jpg

40
b0212342_08190219.jpg

41
b0212342_08192946.jpg

42
b0212342_08193390.jpg

43
b0212342_08194240.jpg

44
b0212342_08195178.jpg

45
b0212342_08195682.jpg

46
b0212342_08203278.jpg

47
b0212342_08203802.jpg

48
b0212342_08204751.jpg

49
b0212342_08205265.jpg

50
b0212342_08205685.jpg

51
b0212342_08223738.jpg

52
b0212342_08224708.jpg

53
b0212342_08225119.jpg

54
b0212342_08225564.jpg

55
b0212342_08225994.jpg

56
b0212342_08232450.jpg

57
b0212342_08233113.jpg

58
b0212342_08234212.jpg

59
b0212342_08234749.jpg

60
b0212342_08235164.jpg

61
b0212342_08242849.jpg

62
b0212342_08243371.jpg

63
b0212342_08243721.jpg

64
b0212342_08244307.jpg

65
b0212342_08244991.jpg

66
b0212342_08252481.jpg

67
b0212342_08253996.jpg

68
b0212342_08254908.jpg

69
b0212342_08260840.jpg

70
b0212342_08261696.jpg

71
b0212342_08262468.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-01-30 11:23 | 東京 | Comments(0)


サイトマップ東京都 近代文化遺産自由学園明日館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_20021270.jpg



アクセス



スマートフォンの方はこちらのマップ

JR、西武鉄道、東武鉄道 池袋駅 メトロポリタン口(上の地図、マーカー3)または東京メトロ 出口3(上の地図、マーカー2)から、徒歩約7分(500m)。

↓ 道すがら、このような案内看板がいくつかある。
b0212342_08060877.jpg


施設付属駐車場はない。
半径200m以内に多数のコインパーキングあり。NAVITIME駐車場検索ページにて「自由学園明日館」で検索。






見学のしかた



内部も含め一般公開されているが、非公開の日時がまちまちなので、自由学園明日館公式サイト/見学案内ページを参照。

2018.1
原則として、
開館日 10:00〜16:00、休日見学日 10:00〜17:00
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
入館料 喫茶付き 600円、入館のみ 400円

毎日14:00から、職員によるガイドツアーがある。

「喫茶付き」を選ぶと、中央棟のラウンジホール、あるいは食堂で、コーヒー、紅茶、クッキー、ケーキを振舞われ、くつろげる。

b0212342_20301634.jpg


以上、自由学園明日館公式サイト/見学案内ページより。

自分のスマートフォンで館内のwi-fiに接続すると、オーディオガイドを聞くことができる。

b0212342_20323331.jpg






建物の説明



自由学園(じゆうがくえん)は、大正10年(1921年)、ジャーナリストであり思想家であった羽仁(はに)もと子・吉一(よしかず)夫妻により設立された私立学校です。キリスト教プロテスタントの精神を教育理念とし、現在も学校法人として、幼稚園から大学までの教育を行っています。
明日館(みょうにちかん)は学園設立と共に竣工した学舎で、設計は、20世紀初頭のアメリカを代表する建築家、フランク・ロイド・ライト。帝国ホテル設計のために来日していたライトに、羽仁夫妻とライトの共通の知人を通じて設計が依頼され、学園の理念に共感したライトが、彼が手がけた初期の建物によく見られる、高さを抑え水平を強調した形=プレーリー・スタイル(草原様式)を取り入れて設計しました。プレーリー・スタイルはライトの故郷、ウィスコンシンの大草原から着想を得たものだそうです。
大正12年(1923年)の関東大震災、昭和20年(1945年)の東京大空襲なども免れた明日館は、その後老朽化が顕著となったため、平成11年(1999年)から2年余りをかけて保存修理工事が行われました。

フランク・ロイド・ライトが日本に残した建物で思いつくのは、帝国ホテルの他には兵庫県芦屋市の旧山邑家住宅(現・ヨドコウ迎賓館)です。あちらはプレーリー・スタイルではなく、鉄筋コンクリート造りのがっしりした様式です。

明日館の随所に見られる、ホールの大きな窓の天井部分の角度。家具にもそれは取り込まれています。工費を抑えるため、高価なステンドグラスは使わず、木製の窓枠や桟のデザインでユニークな空間を演出しています。

b0212342_21130087.jpg

一方、敷地の南側に建つ講堂は昭和2年(1927年)の竣工。羽仁夫妻とライトを引き合わせた遠藤新(えんどうあらた)による設計です。学園設立当初は明日館中央棟のホールを講堂として使っていましたが、生徒数の増加に伴い、この講堂が建てられました。
平成26年(2014年)から耐震補強工事のため非公開となっていましたが、平成29年7月に一般公開を再開。現在では高性能の空調システムも備え、コンサート、講演会、結婚式など幅広く利用されています。

b0212342_21261658.jpg

自由学園明日館は、中央棟、東教室棟、西教室棟、講堂の4つの建物が、平成9年(1997年)、国の重要文化財に指定されました。






管理人のおすすめポイント



池袋駅からわずか徒歩5分余りの住宅地の中にひっそりと建つ明日館。思ったよりも小規模で、背も低いし、外観にはいわゆる洋館的な装飾はほとんど見られません。オシャレな幼稚園の園舎?という風情。
ですが、中に入るとそのレトロモダンさにびっくり。設計者ロイドのこだわりが、これでもか!というくらいひしひしと感じられます。とにかく、140度?の角度をあちこちに使った設計。椅子の背もたれ、窓枠、照明器具にまで。ここでしか見られない独特の幾何学模様を持った窓から差し込む光はあくまでも優しげで、竣工から100年近く経った今でも、学園創設者と設計者の子供達への暖かい眼差しを感じられたような気がしました。そんな館内を一通り見てから外に出て改めて建物を見ると、は〜、この斬新な建物が、100年前に建てられたのか、素晴らしいな、と思いました。

明日館では数々の家具も建物の一環として設計されており、特に喫茶コーナーでは、そんな木製のテーブルや椅子、照明器具に周りを取り囲まれます。都心部にはたくさんの古い洋館が今でも残っていますが、ここまで木の温もりを感じられる建物は珍しいかもしれません。建物をささっと見るだけではなく、喫茶付きのチケットを買って、ホールか食堂でコーヒーを飲んでゆっくりとくつろがれることをオススメします。

b0212342_21511419.jpg

b0212342_21520333.jpg

b0212342_21534418.jpg

フォトギャラリー

文化財分布マップ


by h9w457y8i | 2018-01-29 15:17 | 東京 | Comments(0)


サイトマップ東京都 近代文化遺産明治生命保険相互会社本社本館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー

1



アクセス



スマートフォンの方はこちらのマップ

JR東京駅 丸の内南口から、徒歩約5分。
JR有楽町駅 国際フォーラム口から、徒歩約5分。
東京メトロ 千代田線 二重橋駅 3番出口から、徒歩1分。
東京メトロ 日比谷線・有楽町線 日比谷駅 B7出口から、徒歩1分。
東京都営地下鉄 三田線 日比谷駅 B7出口から、徒歩1分。

施設付属見学用駐車場はない。
周辺には多数の有料駐車場がある。NAVITIME公式サイト/駐車場案内ページで検索。






見学のしかた



開館時間、休館日などの情報は、明治安田生命公式サイト/明治生命館見学案内ページを参照。

この建物は、明治安田生命「丸の内お客様ご相談センター」として営業中であり、見学については多少の制約がある。

2017.10
土・日曜日 11:00〜17:00
水・木・金曜日 16:30〜19:30 ただし、館内の一部は非公開。重厚で豪華な内装をじっくり楽しみたいのなら、週末の見学がオススメ。
年末年始、ビル点検日は休館。

入館無料。

見学時の注意点
禁煙。飲食不可。携帯電話での通話不可。ペット同伴不可(使役犬については要問い合わせ)。
館内の撮影は商業目的でなければ自由。

2






建物の説明



明治生命館(重要文化財指定名「明治生命保険相互会社本店本館」)は、昭和3年(1928年)に建設が決定し、指名コンペ方式により、東京美術学校(現・東京芸術大学)教授の岡田信一郎氏の設計案が採用されました。鉄骨鉄筋コンクリート造、地上8階地下2階建て、軒高約31m(100尺)のオフィスビルで、昭和5年に工事に着手。岡田信一郎は昭和7年(1932年)急逝したため、当初から設計に参画していた弟の捷五郎がそれを引き継ぎ、昭和9年(1934年)に竣工しました。
この種のビルは大正から昭和初期に多数つくられましたが、この建物は列柱が建つ外観や顧客用の大空間を内部に持つ点が特徴であり、特に質の高い代表的な建築です。明治期以降に洋風意匠を導入した我国の建築の一つの到達点とも言うべき建築であり、昭和期に建てられた建造物としては全国で初めて、平成9年(1997年)に国の重要文化財に指定されたものです。
主要な意匠は古代ギリシア・ローマを源とする古典主義様式でなかでも、お濠に面した5層にわたる巨大なコリント式の列柱は印象的です。列柱には、エンタシスが施されており、上に行くほど細くなっています。
1階は大空間となっており、古典主義的な意匠で構成されています。各種大理石が用いられており中央部からガラス屋根のトップライトが降り注いています。
2階の回廊には大理石が使われておりますが、応接室、執務室、会議室、食堂には主として木材が使われています。
第二次世界大戦期、昭和16年(1941年)から始まった金属回収令では、意匠的に優れた金属製品の多くが供出されました。戦後、GHQ(連合軍最高司令官総司令部)にアメリカ極東空軍司令部として接収され、昭和21年(1946年)には第一回対日理事会が開かれました。
←東京都千代田区観光協会公式サイト/明治生命館案内ページ

3






管理人のおすすめポイント



建物正面が皇居に面しているため、前面は広く開けていて、立派な建物全体が見渡せます。都心部にはこうした戦前に建てられた立派な洋風の建物がいくつか残っていますが、周囲を他の建物や森などに囲まれていて、そういう視点で外観を見られるものはあまりありません。そして何と言っても、みどころはその豪華な内装でしょう。大理石と豪華なシャンデリアに彩られた吹き抜けのロビーでは、その大空間の豪壮さに息をのみますし、装飾は控えめながらも上質レトロな雰囲気が漂う食堂、会議室、応接室などの2F各室も、一見の価値があると思います。

フォトギャラリー






文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-12-26 06:36 | 東京 | Comments(0)


サイトマップ東京都 近代文化遺産旧文部省庁舎

文化財分布マップ


霞が関官庁街における、関東大震災復興庁舎の好例。大蔵省営繕管財局の設計で、施工は大林組。鉄骨鉄筋コンクリート造6階建、スクラッチタイル貼とする。正方形に近い大きな窓による立面構成と正面玄関上部の垂直性を強調した意匠に特徴がある。昭和7年(1932年)竣工。平成19年(2007年)国の登録有形文化財に登録。
文化庁国指定文化財等データベース

1
b0212342_18252998.jpg

東京メトロ 銀座線 虎ノ門(とらのもん)駅 5 または 6番出口から徒歩0分。
東京メトロ 日比谷線、丸ノ内線、千代田線 霞ヶ関駅 13A出口から徒歩1分。

旧文部省庁舎の3Fは、一般の人向けの文部科学省「情報ひろば」となっており、旧大臣室も一般公開されている。
展示室内での写真撮影は、個人利用の範囲内で可能。
開館時間、入口の位置などは、文部科学省公式サイトを参照。

2017.10
月〜金曜日 10:00〜18:00

2
b0212342_18374724.jpg

3
b0212342_18382361.jpg

4
b0212342_18385155.jpg

5
b0212342_18390902.jpg

6
b0212342_18391992.jpg

7
b0212342_18394933.jpg

8
b0212342_18400693.jpg

9
b0212342_18402426.jpg

10
b0212342_18404364.jpg

11
b0212342_18405459.jpg

12
b0212342_18413125.jpg

13
b0212342_18414277.jpg

14
b0212342_18415535.jpg

15
b0212342_18420785.jpg

16
b0212342_18424184.jpg

17
b0212342_18425363.jpg

18
b0212342_18430342.jpg

19
b0212342_18432755.jpg

20
b0212342_18433987.jpg

21
b0212342_18435542.jpg

22〜28 旧大臣室
22
b0212342_18441770.jpg

23
b0212342_18442895.jpg

24
b0212342_18443965.jpg

25
b0212342_18444827.jpg

26
b0212342_18454143.jpg

27
b0212342_18455020.jpg

28
b0212342_18460161.jpg

29
b0212342_18462567.jpg

30
b0212342_18463470.jpg

31
b0212342_18464329.jpg

32
b0212342_18465123.jpg


by h9w457y8i | 2017-12-20 08:35 | 東京 | Comments(0)


サイトマップ東京都 近代文化遺産表慶館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_16415760.jpg



アクセス



表慶館(ひょうけいかん)は、上野公園、東京国立博物館の敷地内にある。

JR上野駅 公園口から、徒歩8分。
JR鶯谷(うぐいすだに)駅 南口から、徒歩約8分。
東京メトロ 銀座線、日比谷線 上野駅 7番出口から、徒歩約13分。
京成電鉄 本線 京成上野駅 正面口から、徒歩約13分。

施設付属駐車場はない。
周辺の有料駐車場は、NAVITIME公式サイトへ。「上野駅」で検索。

アクセスマップ

b0212342_16545147.jpg







見学のしかた



表慶館は、特別展、イベント開催時以外は休館中。2017.10
表慶館で催される特別展、開催イベントなどについては、東京国立博物館公式サイトへ。

特別展開催時以外の外観見学は、博物館敷地内から自由。
東京国立博物館の開館時間、入館料、休館日などについては、東京国立博物館公式HPへ。

2017.10
博物館の開館時間:09:30〜17:00
休館日:月曜日、および年末年始
常設展示の入館料:620円。大学生には割引料金あり。高校生以下、70歳以上は無料。ただし特別展は別途料金。

館内の写真撮影
手持ちのカメラであれば撮影可。フラッシュ、追加照明、一脚・三脚、自撮り棒は使用不可。撮影禁止マークのある展示物は撮影不可。←東京国立博物館公式サイト
特別展開催時、受付で内部の写真撮影について問い合わせると、1Fロビー以外の撮影は禁止と言われた。

b0212342_17125190.jpg







建物の説明



明治33年(1900年)、皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念して計画され、明治42年(1909年)に開館した、日本ではじめての本格的な美術館です。設計は、ジョサイア・コンドルの弟子で、東宮御所(現在の迎賓館)なども手がけた宮廷建築家の片山東熊。中央と左右に美しいドーム屋根をいただき、上層部の外壁面には製図用具、工具、楽器などをモチーフにしたレリーフがあります。明治末期の洋風建築を代表する建物として昭和53年(1978年)、国の重要文化財に指定されました。
東京国立博物館公式サイト

b0212342_17121390.jpg







管理人のおすすめポイント



明治時代ならではの立派な洋風建築。ゴテゴテした装飾はなくどちらかというとシンプルだけど、それがいいですね。たとえ休館中で内装を見られなくても、力強い博物館本館(重要文化財)とはまた違ったその優雅な佇まいは目を引き、建物前のベンチに座ってのんびり眺めていたくなります。一番のオススメは、入口ホール天井のてっぺんにある明かり窓。凝りに凝ったレリーフの真ん中にはまったうっすら緑がかった窓からの光は、神秘的ですらあります。

b0212342_17234029.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-12-09 09:08 | 東京 | Comments(0)


サイトマップ東京都 近代文化遺産明治学院インブリー館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_22205708.jpg



アクセス




スマートフォンの方はこちらのマップ






見学のしかた



明治学院インブリー館は、明治学院大学白金キャンパスの中にある。
普段の見学は外観に限られ、事前申し込みが必要。申し込みは学院長室へ。(03-5421-5230 /2017.10)
事前申し込みがないと、キャンパス内には入れない。
事前申し込みがあれば、見学の他にスケッチも可能。
←明治学院文化財ガイドブック(見学時にもらえる)、大学総務課

内部の見学は、毎年11月1日から3日までの3日間のみ可能。その期間は大学学園祭が開かれ、キャンパスへの立ち入りが自由となる。事前申し込みは不要。

b0212342_23050988.jpg







建物の説明



明治学院はキリスト教に基づく教育を行うことが建学の精神となっていて、開学当初は職員の中に宣教師も混じっていました。このインブリー館はその宣教師たちのための住宅の一つで、明治22年(1889年)に建てられたものです。W. インブリー博士が長年住んでいたことから、インブリー館と呼ばれるようになりました。
当時アメリカで流行していた木造建築の様式で、華やかさよりも住みやすさに重点が置かれた、ということですが、各部屋ごとに床板寄木の張り方が違っていたり、ドアノブが有田焼だったりと、地味なこだわりが随所に見られます。

昭和39年(1964年)、明治学院の前を横切る国道1号線の拡張工事のため、現在の位置に曳家により移動しました。
平成7年(1995年)にはその後2年間をかけて解体・修復工事が行われ、屋根以外は建造当時の姿になりました。屋根は、建てられた当初は瓦葺きでしたが、意図的に現在の銅版葺のまま残されたようです。

インブリー館は宣教師館としては都内最古、全国でも最古期のもので、その歴史的価値の高さが評価され、平成10年(1998年)、国の重要文化財に指定されました。
←明治学院大学公式サイト/インブリー館案内ページ、明治学院文化財ハンドブックなど

b0212342_04585061.jpg

b0212342_04585807.jpg







管理人のおすすめポイント



横浜には、明治時代に建てられた宣教師館がいくつも残っていますが、東京の都心では珍しい存在だと思います。
洋館としては簡素なデザインだと大学のHPでは言ってるんですが、窓の格子模様や破風(屋根下の外壁、三角の部分)のギザギザ模様など、十分オシャレだと思います。メンテナンスが完璧に行き届いていてみすぼらしさは全くなく、そのレトロな存在自体がキャンパスの雰囲気作りに大きく貢献していると言えるでしょう。
館内には建物や明治学院の歴史に関する展示、案内看板もあちこちにあり、じっくりと見学を楽しむことができます。

事前申し込みさえすれば外観はいつでも見学できますが、内部が特別公開される「白金祭」開催期間中(毎年11/1〜11/3)に訪れるのが、学園祭ならではの華やいだ雰囲気も味わえるのでオススメです。
社会人の自分には、学園祭を見に行く目的で大学のキャンパスに足を踏み入れるのってなかなかできないことですが、こういう機会があれば気軽に訪れることができますよね。キャンパスに入るとすぐに学生たちに取り囲まれ、いろんな催し物の案内を矢継ぎ早にされたり、チケットを買ってください!と迫られたり。その熱気と若さに圧倒されました。いやー若いっていいですねー。

b0212342_08535972.jpg

b0212342_05295843.jpg

b0212342_08000303.jpg

↓ 熱気に当てられて買うことになった焼きそば。意外と(笑)美味しかった。
b0212342_05305815.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-11-12 08:50 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。