サイトマップ > 広島県 近代文化遺産 > 呉市入船山記念館

呉市の入船山(いりふねやま)記念館は、旧帝国海軍呉鎮守府の司令長官官舎が置かれた小高い丘の一帯からなっています。「鎮守府(ちんじゅふ)」とは、海軍主要基地の警備や防御に関することを司った機関のことです。現在は呉市が管理・運営しており、敷地内には、中心施設となる国の重要文化財「旧呉鎮守府司令長官官舎」、資料館、そしてここでご紹介する国の登録有形文化財、旧高烏砲台火薬庫と休憩所(旧東郷家住宅離れ)があります。(記念館という建物が文化財指定されている、というわけではありません)

↓ 休憩所となっている旧東郷家住宅離れは、帝国海軍軍人であり、日露戦争では連合艦隊司令長官だった東郷平八郎が、呉に在任していた明治23年(1890年)ごろに住んでいた邸宅の離れ座敷です。その後移築されましたが放置され、荒れ放題だったところ、昭和55年(1980年)に市によってこの場所に移築、復元されたものです。平成9年(1997年)に国の登録有形文化財となりました。
b0212342_08513910.jpg


↓ そして旧高烏(たかがらす)砲台火薬庫は、呉軍港に近い休山(やすみやま)に建設した高烏砲台に置かれていた倉庫です。堅牢な石造りを基本としトラス架構で瓦葺きの屋根を支えるという珍しい建築様式となっています。昭和42年(1967年)に現在の場所に移築・復元されました。こちらは平成23年(2011年)に国の登録有形文化財となりました。
b0212342_08571194.jpg


呉市入船山記念館 休憩所、旧高烏砲台火薬庫 フォトギャラリー(16MB・22枚)




アクセス



旧高烏砲台火薬庫は赤6、休憩所は赤7
スマートフォンはこちらのマップ


入船山記念館への行き方は、記念館敷地内にある国の重要文化財、旧呉鎮守府司令長官官舎のページを参照してください。






見学のしかた


呉市入船山記念館の開館時間、入館料、休館日などの最新情報は、記念館公式HPを参照してください。

2019.7
[開館時間] 9:00〜17:00
[入館料] 大人 250円
[休館日] 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始


休憩所(旧東郷家住宅離れ)は門の外にあるため、24時間、いつでも外観を見学できます。
また記念館の開館時間内であれば、内部も見学ができます。

休憩所なので、入館は無料です。
b0212342_09215113.jpg

一方、旧高烏砲台火薬庫は門の中にあるため、記念館の開館時間にのみ、外観と内部を見学できます。

入船山記念館の正門。
b0212342_09262951.jpg

正門の奥に火薬庫が見えます。
b0212342_09265838.jpg

門の上を見上げると、レトロな電球が。これは鎮守府時代からのもの?
b0212342_09400732.jpg

門を入ってまっすぐ進むと、火薬庫が右手にあります。
b0212342_09282483.jpg

火薬庫、正面。外壁は花崗岩です。
b0212342_09355979.jpg

火薬庫の入口。「一号館」の看板は、記念館がつけた名称です。
b0212342_09345028.jpg

入口の脇に、小さな石碑が複数。なんの碑でしょうか。
b0212342_09361038.jpg

内部。かなり重厚な造りです。
b0212342_09374826.jpg

b0212342_09381854.jpg

内部、電球。
b0212342_09373218.jpg

火薬庫の隣には、高角砲の砲身。呉軍港跡地の地中から発見されたものだそうです。
b0212342_09391459.jpg

火薬庫、現地案内看板
b0212342_09290105.jpg

記念館敷地内の案内図。
b0212342_09411238.jpg

記念館のすぐ前の道路。綺麗に整備され、いい雰囲気です。
b0212342_09413739.jpg


呉市入船山記念館 休憩所、旧高烏砲台火薬庫 フォトギャラリー(16MB・22枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
呉市入船山記念館 公式HP
文化庁 国指定文化財等データベース
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-08-17 20:45 | 広島 | Comments(0)

サイトマップ > 広島県 近代文化遺産 > 旧呉鎮守府司令長官官舎

b0212342_16560338.jpg

この建物は、旧日本海軍・呉鎮守府の司令長官公邸として、明治38年(1905年)に建てられました。「鎮守府(ちんじゅふ)」とは、海軍主要基地の警備や防御に関することを司った機関のことで、呉の他、横須賀、舞鶴、佐世保の4か所に置かれていました。設計は呉鎮守府建築科長の櫻井小太郎。和風の居住区と洋風の執務・応接区が結合しているのが特徴です。戦後はイギリス占領軍が使用。昭和41年(1966年)からは大蔵省から呉市に無償貸与され、入船山記念館として一般公開されています。平成10年(1998年)に国の重要文化財に指定されました。


旧呉鎮守府司令長官官舎 フォトギャラリー(16MB・84枚)




アクセス


旧呉鎮守府司令長官官舎は、赤8
スマートフォンはこちらのマップ


旧呉鎮守府 司令長官官舎は、呉港のそば、入船山(いりふねやま)公園の中にあります。

↓ 公園入口。地図・赤2。
b0212342_17010564.jpg



最寄りの駅から徒歩
JR呉駅から、徒歩約18分(1.2km)。



バス
広島電鉄バス 入船山公園(いりふねやまこうえん)バス停地図・赤1)から、官舎のある入船山公園入口まで、徒歩1分。

広島電鉄バスの時刻・料金検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応しています。

JR呉駅からは、4番バスのりばで乗車。
1時間に1本、乗車時間4分、160円。
運賃の支払いには、全国共通交通系ICカードが利用できます。



駐車場
入船山公園のすぐ近くに、呉市営の有料駐車場があります。

駐車場の営業時間、料金などの最新情報は、呉市公式サイトを確認してください。

以下、2019.6

↓ 駐車場の入口。地図・赤3。
b0212342_17013308.jpg

収容台数 122台。1時間100円。24時間営業。
b0212342_17023929.jpg







見学のしかた


旧呉鎮守府 司令長官官舎は、呉市が管理・運営し、内部も含め一般公開されています。

開館時間、入館料、休館日、イベントなどの最新情報は、入船山公園 公式HPを参照してください。

2019.6
[開館時間] 9:00〜17:00
[入館料] 250円
[休館日] 毎週火曜日。祝日の場合は翌日。年末年始。

入館料は、こちらの資料館の入口で支払います。地図・赤5
b0212342_17030258.jpg


資料館の受付辺りから。
b0212342_17032148.jpg

公園入口のすぐ近くには、国の登録有形文化財である旧東郷家住宅離れがあります。
b0212342_08513910.jpg

そしてなだらかな坂を登っていくと、こちらも登録有形文化財の、旧高烏砲台火薬庫があります。
b0212342_08571194.jpg


ハーフティンバーとは、飾りの柱などがこのように外に出ている様式を言います。
b0212342_17063892.jpg

b0212342_17200296.jpg

洋館部の屋根は、鱗型の天然スレートで葺かれています。
b0212342_17054425.jpg

スレートのレプリカ。要は、薄い石ですね。
b0212342_17084197.jpg

スレート屋根の案内看板。
b0212342_17101947.jpg

正面玄関。見学用の入口はここではありません。
b0212342_17073758.jpg

洋館部の裏に、和館部が接続されています。
b0212342_17120853.jpg

b0212342_17113881.jpg

和館部の縁側。
b0212342_17192260.jpg

b0212342_17105853.jpg

入口は和館部にあります。
b0212342_17080918.jpg

b0212342_17122133.jpg

居住部の内部。広々としていて、いいですね。冬は寒そうだけど。
b0212342_17123295.jpg

b0212342_17193570.jpg

b0212342_17195023.jpg

b0212342_17190826.jpg

和館部から洋館部への通路。
b0212342_17132222.jpg

こちらは洋館部。
b0212342_17143785.jpg

b0212342_17154033.jpg

b0212342_17185801.jpg

洋館部の壁紙には、「金唐紙(きんからがみ)」という、和紙に金属箔を張り凹凸を付けた特殊な物を使っています。
b0212342_17155149.jpg

金唐紙の解説。
b0212342_17135870.jpg

案内看板。
b0212342_17052693.jpg

すぐ隣には、たかーい避雷針が建っていました。
b0212342_17201770.jpg


文化財とは全く関係ありませんが、公園の向かいに呉市立美術館の別館があり。
b0212342_17222273.jpg

その中にカフェがありましたので、そこに寄ってみました。「カフェ・ザ・ブリック(Cafe the Brick)」。地図・赤4
b0212342_17231982.jpg

b0212342_17255514.jpg

呉、広島産の無農薬野菜を使っている、ワンプレートランチ。1150円。サラダはシャキシャキ、スープは手作り感たっぷり、ソーセージはプリプリ、パンはふわふわ、もっちり。とっても、かなり、美味しかったです!
b0212342_17285215.jpg

座った席の目の前。こんなところにもこだわりが。なんか、すごくいい時間を過ごさせてもらえました。
b0212342_17260776.jpg


旧呉鎮守府司令長官官舎 フォトギャラリー(16MB・84枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
入船山記念館 公式HP
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-07-28 18:24 | 広島 | Comments(0)

サイトマップ > 広島県 近代文化遺産



国指定重要文化財

国登録有形文化財

国指定史跡

文化財分布マップ


b0212342_13310717.jpg
国指定重要文化財 本庄水源地堰堤水道施設



国指定重要文化財



b0212342_13321853.jpg旧呉鎮守府司令長官官舎(呉市入船山記念館)
きゅう くれちんじゅふ しれいちょうかん かんしゃ
洋館、和館
明治38年(1905年)の竣工。洋館は来賓のため、和館は居住のための棟で、和館は洋館の背面に接続している。双方とも一般公開。保存状態は非常に良く、経年の趣も良い。詳細は入舟山記念館公式HPを参照。
map 34.24032, 132.56393



b0212342_13324864.jpg世界平和記念聖堂
せかい へいわきねん せいどう
昭和29年(1954年)竣工。原爆による犠牲者を追悼するために建てられたカトリック聖堂。地上3階、地下1階。現役の宗教施設。地下聖堂も含め内部見学可能。詳細は世界平和記念聖堂公式HP参照。
map 34.39565, 132.46781



b0212342_13410636.jpg広島平和記念資料館
ひろしま へいわきねんしりょうかん
昭和30年(1955年)竣工。原爆被害の実態を紹介する資料館。柱の断面やその配置などに特徴があり、建築物として国際的にも高い評価を受けている。2019年4月25日に改修工事が終了。詳細は広島市公式サイト内、広島平和記念資料館ホームページ参照。
map 34.39173, 132.45234



b0212342_13452464.jpg本庄水源地 堰堤水道施設
ほんじょうすいげんち えんてい すいどうしせつ
堰堤、丸井戸、第一量水井、階段
大正7年(1918年)竣工。旧日本海軍呉鎮守府への給水目的で建造され、現在は呉市上水道の主な供給源となっている。大型の重力式コンクリートダムを始めとする構造物には、石張りの装飾が施されている。見学可能。要予約。毎年3月中旬〜4月上旬に特別公開が実施され、事前予約は必要ない。
map 34.30689, 132.56153







国登録有形文化財

(一部)

b0212342_13484248.jpg呉市 入船山記念館
くれし いりふねやまきねんかん
休憩所(旧東郷家住宅離れ)、旧高烏(たかからす)砲台火薬庫(左画像)
火薬庫は明治35年(1902年)竣工。花崗岩を積み上げた重厚な倉庫。幅約8m。一般公開。詳細は入船山記念館公式HPを参照。
map 34.23987, 132.56468






国指定史跡

(一部)

b0212342_17200007.jpg原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)
げんばくどーむ
昭和20年(1945年)8月6日、この建物の上空600mで原子爆弾が爆発。20万人余りが死亡し、半径2kmが廃墟と化した。その惨禍を後世に伝え、核兵器廃絶と恒久平和を求めるシンボルとして保存されている。平成8年(1996年)には世界文化遺産に登録された。元の建物は大正4年(1915年)に竣工。
map 34.39548, 132.45359

by h9w457y8i | 2019-04-14 09:02 | 広島 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 近代文化遺産 > 鈴木家住宅養蚕小屋

b0212342_14293784.jpg

鈴木家住宅 養蚕(ようさん)小屋は、明治30年(1897年)頃に建てられました。地下がレンガ造りになっていて、蚕のエサになる桑を蓄える倉庫になっていたり、二階の屋根には通風を良くするための越屋根(屋根のてっぺんの出っ張り)が付けられていたりと、養蚕のために適した造りとなっています。
国土の歴史的景観に寄与しているものとして、平成15年(2003年)に国の登録有形文化財となりました。


鈴木家住宅養蚕小屋 フォトギャラリー (13枚)


鈴木家住宅養蚕小屋は青マーカー2

建物のすぐ横にはほとんど使われていないような公民館(上の地図、青マーカー1)があり、その前にクルマを停められるスペースがあります。

下の画像でもわかりますが、2019年2月時点ではかなり荒れ果てており、文化財という趣は全くありません。

ですので当然ながら、内部も非公開です。

レンガ造りとなっている地下への入口。
b0212342_14400780.jpg

b0212342_14403422.jpg

越屋根。通風のための開口部です。蚕の細菌感染を防ぎます。
b0212342_14510812.jpg

壁が剥がれていたり、屋根が崩れたりしています。ここまで荒れていると、内部もかなり痛んでいると思われます。
b0212342_14405290.jpg

b0212342_14423581.jpg

b0212342_14424072.jpg

文化財分布マップ

この記事は文化庁国指定文化財等データベースを参照しています。
更新を通知する

by h9w457y8i | 2019-02-04 06:47 | 茨城 | Comments(0)


サイトマップ東京都 近代文化遺産伊勢五

1
b0212342_19065046.jpg


伊勢五(いせご)は、江戸時代中期、1700年代前半から現在店舗がある場所で商いを続ける米屋です。「伊勢五」の名称は、創業者の今井五郎右衛門の屋号「伊勢屋」とその名前から取ったものです。
店舗主屋は明治初期(1870年ごろ)の建築、蔵は土蔵造りの二階建てで大正12年(1923年)の建築です。昭和34年(1959年)ごろに改造し、正面はガラス戸に、土間は広くなりました。現在の看板は、その時に新調したものです。
店舗と蔵は、国土の歴史的景観に寄与しているとして、平成15年(2003年)に国の登録有形文化財となりました。
伊勢五公式サイト


都営地下鉄 三田線 千石(せんごく)駅 A4出口から徒歩約6分(450m)。

付属駐車場はない。
半径200m以内に有料駐車場多数あり。NAVITIME駐車場検索ページにて、「伊勢五 千石」で検索。

開店時間、閉店日、店舗や蔵の見学の可否などは不明。
伊勢五へのメール・電話での問い合わせは、伊勢五公式サイトを参照。




上の地図のマーカー4
スマートフォンの方はこちらのマップ


2
b0212342_19295303.jpg

3
b0212342_19300714.jpg

4
b0212342_19301379.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-03-01 07:58 | 東京 | Comments(0)


サイトマップ鹿児島県 近代文化遺産磯珈琲館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明


1
b0212342_07151802.jpg



アクセス



スマートフォンの方はこちらのマップ
磯珈琲館は、赤マーカー 3


最寄りの駅から徒歩
JR および 鹿児島市電 鹿児島駅から、徒歩約35分(2.5km)。


バス
以下の3種類のバスがある。いずれも、JR および 鹿児島市電 鹿児島中央駅 東口 バスターミナルからの乗車。

1.
東4バス乗り場(上の地図、青マーカー3)から、鹿児島市営 かごしまシティビューバスに乗車。
30分に1本。乗車時間 50分。運賃均一190円。
「仙巌園前(せんがんえんまえ)」バス停下車。上の地図、青マーカー1。現地まで徒歩約1分。
全国共通交通系ICカード使用不可(2018.2)。降車時に運転席横の運賃箱に現金で支払い。車内で1,000円札および硬貨の両替可能。600円の一日乗り放題乗車券もあり。時刻表は鹿児島市交通局公式サイトへ。

2.
東4バス乗り場(上の地図、青マーカー3)から、鹿児島交通バス まち巡りバスに乗車。
20分に1本。乗車時間 30分。運賃均一 170円。「仙巌園前(せんがんえんまえ)」バス停下車。現地まで徒歩1分。
運賃の支払い方法、乗り方などの情報は公式サイトにはない。500円の一日乗り放題乗車券あり。問い合わせ先、時刻表などの情報は、いわさきコーポレーション公式サイトへ。

3.
東7バス乗り場(上の地図、青マーカー4)から、
南国交通バス 10系統「蒲生・楠田」行きバス
鹿児島交通バス 「伊敷二ュータウン東-国分営業所 重久車庫」行きバス
鹿児島交通バス 「志布志駅前」行きバス
のいずれかに乗車。
全てを合わせて1時間に1〜3本。乗車時間 20分前後。運賃 190円。
「仙巌園前(せんがんえんまえ)」バス停下車。上の地図、青マーカー1。現地まで徒歩約1分。
どのバスも全国共通交通系ICカード使用不可(2018.2)。降車時に運転席横の運賃箱に現金で支払い。車内で1,000円札および硬貨の両替可能。
時刻表は、NAVITIME バス乗換案内ページにて検索。(各バス運行会社のサイトよりもこちらの方がわかりやすい印象)


駐車場
建物の周辺が付属の無料駐車場となっている。収容台数 50台以上。






見学のしかた



2018.2 現在、 スターバックス 鹿児島仙巌園店として営業している。店内は改装され、竣工当初の面影はほとんどない。

2
b0212342_15310571.jpg






建物の説明



磯珈琲館(旧芹ヶ野島津家金山鉱業事業所)(いそ こーひーかん・きゅう せりがの しまづけ きんざんこうぎょう じぎょうしょ)は、明治37年(1903年)、鹿児島県串木野村(現在の鹿児島県西部、串木野市)に島津家の金鉱山事務所として建てられました。昭和61年(1986年)、現在の位置に移築。壁は下見板張り、2階のベランダにはアーチがあり洋風の外観ですが、屋根は瓦葺きの和風となっています。
文化庁国指定文化財等データベース

3
b0212342_15304980.jpg

4
b0212342_15314306.jpg

5
b0212342_15314737.jpg

6
b0212342_15313929.jpg

7
b0212342_15313522.jpg

8
b0212342_15313146.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-02-26 15:36 | 鹿児島 | Comments(0)


サイトマップ東京都 近代文化遺産学習院旧正門


アクセス(行き方)

見学のしかた

門の説明

フォトギャラリー


b0212342_08320398.jpg



アクセス



こちらのGoogle Mapを参照。
東京メトロ 副都心線 西早稲田駅 出口1, 2, 3 のいずれからも、徒歩約3分。

見学用の付属駐車場はない。
半径300m以内に複数の民間駐車場がある。NAVITIME 駐車場案内ページにて、「西早稲田駅」で検索。






見学のしかた



一般道に面しており、常時見学が可能。






門の説明



学習院旧正門は、明治10年(1877年)、神田錦町に華族学校(現在の学習院)が開かれた際、その正門として建てられました。明治19年に校舎が焼失した後、鐘ヶ淵紡績株式会社(かつてのカネボウの前身)の手に渡りましたが、昭和3年(1928年)に目白の学習院本院に戻り、さらに第二次大戦の後、女子学習院が現在の地に移転してきたために、昭和25年(1950年)に今の場所に移されました。現在は学習院女子大学、学習院女子高等科・中等科の正門として使われています。
門は鋳鉄製で、左右に脇柱(4本ある門の柱のうち、外側のやや小さい2本の柱)と袖塀(脇柱の外側に続く門と接続した塀。この門の場合は長さ2mほどの鉄製)を持ち、本柱(4本ある柱のうち、内側の大きめの2本の柱)の間隔は5.5m、本柱と脇柱の間隔は1.7mと、大きな規模を誇っています。4本の柱は四角柱で、透かしの唐草模様が目を引きます。扉の構造自体は洋風の鉄扉となっていますが、和風の唐草模様や蕨手(わらびて)模様を取り入れており、和洋折衷のデザインとなっています。
製作者は定かではありませんが、埼玉県川口市で製作されたと伝えられています。当時の鋳造技術を知る上でも重要な遺品とされ、昭和48年(1973年)、国の重要文化財に指定されました。
新宿観光振興協会公式サイト文化庁国指定文化財等データベース、現地案内看板


やや分かりにくいが、門の裏側に大きな蕨手模様の飾りが見える。
b0212342_09055141.jpg

b0212342_09172066.jpg

フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-02-10 08:32 | 東京 | Comments(0)


サイトマップ神奈川県 近代文化遺産旧横浜居留地煉瓦造下水道マンホール


明治14年(1881年)から20年にかけて、旧関内・外国人居留地(現在の山下町と日本大通りの一部)一帯で下水道改造工事が実施され、卵形レンガ管と陶管の下水道が整備されました。
その下水幹線7本とマンホール37ヶ所はレンガ造りで、材料のレンガは、東京府小菅の東京集治監のレンガ工場に注文して築造されたものです。
設計者は東京大学理学部第1回卒業生、当時神奈川県土木課御用掛の三田善太郎で、これは日本人が設計した我が国最初の近代下水道と言えるでしょう。
このマンホールは明治15年(1884年)ごろ築造されたもので、昭和57年(1982年)にこの公園の整備中に発見され、当時のままの状態で保存されています。当時の下水管は、現在でも中華街南門付近で下水道の一部として使われています。平成10年(1998年)に、下水道施設では初めての国登録有形文化財となりました。
←横浜市下水道局による現地案内看板


スマートフォンの方はこちらのマップ

みなとみらい線 「日本大通り」駅 出口3 から、徒歩約3分(200m)。


1 ↓開港記念広場
b0212342_08241174.jpg

2
b0212342_08241723.jpg

3
b0212342_08245447.jpg

4
b0212342_08250252.jpg

5
b0212342_08250841.jpg

6
b0212342_08251494.jpg

7
b0212342_08254274.jpg

8
b0212342_08254711.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-11-24 08:32 | 神奈川 | Comments(0)

案内所トップ愛媛県 近代文化遺産 > 本芳我家住宅


アクセス(行き方)

見学のしかた

本芳我家って? どんな建物?

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー

文化財分布マップ


b0212342_13015898.jpg



アクセス


見学用マーカー付き Google Map


● 駅から徒歩
JR内子駅から、徒歩約17分(1.2km)。
2017.3 松山からの特急は、1時間に1本。乗車時間25分、乗車券 + 特急券 = 1,280円。

このほか、東京、大阪、松山空港から内子町まで、高速バスが運行されている。詳しくは内子町観光公式サイトへ。

内子町内には内子町営の定期路線バスが1系統のみ運行されており、JR内子駅にもバス停がある。でも、町の公式サイトには時刻表や運賃の表示はあるものの路線地図はなく、どこにバス停があるかは部外者にはわからない。あくまでも地元の人々の生活の足であり、観光客にはできれば使って欲しくないというメッセージなのかもしれない。JR内子駅のバス停を見つけて、1〜2時間に1本のバスが運よく停まっていれば、運転手さんに行きたい場所を告げ、近くの停留所を教えてもらってもいいかもしれない。


● 駐車場
b0212342_09194605.jpg
施設付属駐車場はない。

内子町の観光用に「内子座・町並駐車場」がある。

1日300円。8:30〜17:00。50台くらい。

駐車場から本芳我家住宅までは、徒歩約6分。
駐車場の場所はこちらのアクセスマップを参照。
ちなみに、いつもリンクを使わせてもらっている NAVITIME には登録されていなかった。






見学のしかた

b0212342_13341692.jpg
建物内部は、2017.3時点では非公開。庭園には入れる。
庭園の開園時間は、内子町観光公式サイト内、本芳我家住宅案内ページ参照。

2017.3
9:00〜16:30、無休、無料。






建物の説明

b0212342_11125412.jpg
本芳我家(ほんはがけ)は、製蝋(せいろう)業で栄えた芳我一族の本家で、内子木蝋(もくろう)の基礎を築いた家です。江戸時代中期の元文元年(1736年)から木蝋生産を始めたとされ、天保11年(1840年)に現在地に移り、大規模に経営を展開しました。明治期には「旭鶴」の商標で海外にも製品を輸出していました。江戸時代末期の1861年以降は、分家やその分家が相次ぎ、それぞれ上芳我、中芳我などの通称で呼ばれています。
建物は木蝋生産が最も盛んだった明治22年(1889年)に建てられました。建物の質が良く、亀甲型のなまこ壁や鶴、亀、波などの華麗な漆喰細工など、華やかなデザインは内子の街並みの中でも際立った存在です。主屋の南に立つ土蔵の鏝絵(こてえ)は本芳我家の商標「旭鶴」です。主屋の背後には炊事場、産部屋、便所、湯殿が建ち、これら付属の建物や庭園など、敷地全体がかつての面影を伝えています。
平成2年(1990年)に国の重要文化財に指定され、平成15年(2003年から3年をかけて保存修理工事が行われました。 ←現地案内看板

←土蔵の「旭鶴」の鏝絵。






管理人のおすすめポイント

b0212342_09062743.jpg
本芳我家住宅周辺は、四国で初めての国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、江戸時代末期〜明治時代の商家の街並みが残されています。600mほどの道の両側には、国の重要文化財に指定された建物が他に3棟あり、それ以外にも住宅や商店はほとんどが当時の面影を残す佇まいとなっています。景観を乱すような建物や看板はほとんどなく、これほどの保存・再現性が確保されているのは、ヨーロッパの世界遺産並みといっても過言ではないかと。そのくらい感動しました。ぜひ散策してみてください。

町並みの様子は、内子町街角スナップのページへ。

木蝋の生産過程や芳我一族の歴史などを知るには、本芳我家から100mほど北にある国指定重要文化財、上芳我家住宅へ。邸内は一般公開されており、木蝋資料館も設置されています。



by h9w457y8i | 2017-07-23 07:58 | 愛媛 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。