タグ:文化財 ( 265 ) タグの人気記事

サイトマップ > 福井県 近代文化遺産

文化財分布マップ



国指定重要文化財


旧大和田銀行 本店本館
きゅう おおわだぎんこう ほんてん ほんかん
昭和2年(1927年)。鉄骨レンガ造り。3階建て。現在は敦賀市博物館として再利用されている。一般公開。
map 35.65655, 136.06876

中村家住宅
なかむらけ じゅうたく
主屋、新座敷、新蔵、西蔵、バンゲ蔵、前蔵、米蔵、塩物蔵・浜蔵、正門、背戸蔵
木造和風二階建、一部三階建住宅。明治22年(1887年)竣工。非公開。2016.10現在、特別公開情報なし。
map 35.82699, 136.06795

三国港(旧阪井港)突堤
みくにこう(きゅうさかいこう)とってい
石造、全長511mの突堤。徒歩で突堤上部に接近可能。
map 36.21979, 136.1312

by h9w457y8i | 2018-10-20 17:53 | 福井 | Comments(0)

サイトマップ > 千葉県 江戸時代以前の文化財 > 竜正院仁王門

b0212342_13050754.jpg

龍正院(りゅうしょういん。文化財の名前は「竜正院」ですが、現地の案内看板によると、お寺の名前自体には「龍」の字を使うようです)は、平安時代の838年に慈覚大師(じかくだいし)という高僧が開いた天台宗のお寺です。鎌倉幕府から坂東三十三観音霊場の一つに指定されて厚い信仰を受けており、「滑川(なめがわ)の観音さま」として知られています。
この仁王門(におうもん)は、全体的には和風を主体としていますが、それに禅宗様(鎌倉時代以降にみられる中国風のデザイン)が加わった形をしています。門の形は三間一戸(さんげんいっと)で主柱が8本ある八脚門(はっきゃくもん)。正面が三間(1.8m x 3)で、中央の一間が入口となっています。門の内部にある仁王像の胎内から室町時代の1502〜1503年に書かれた祈願文が大量に発見されたことから、この門も同時期の建立とされています。
大正5年(1916年)に国の重要文化財(正確には旧国宝)に指定されています。
龍正院公式HP、現地案内看板、千葉県教育委員会公式サイト


竜正院仁王門 Google Photo Album
(PCのみ1600万 or 4200万画素の画像が表示されます)



アクセス



竜正院仁王門はマーカー4
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR成田線 滑河(なめがわ)駅から、徒歩約20分(1.4km)。
成田駅から銚子方面行きは、1時間に1本。


バス
JR滑河駅前バス停(上の地図、マーカー5)から、成田市コミュニティーバス、水掛ルート 上りバスに乗車。
 ↓
運行頻度 2〜3時間に1本。各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能は非対応。運賃 200円。乗車時間 3分。全国共通交通系ICカードが使用できるか、釣り銭がもらえるかなど詳細は不明。
時刻表、問い合わせ先などは、成田市コミュニティーバス公式サイトを参照。
 ↓
「滑河観音」(なめがわかんのん)バス停(上の地図、マーカー3)で下車。現地まで徒歩1分。


駐車場
参拝者用無料駐車場あり。

↓ お寺の入口に2台分の駐車場あり。上の地図、マーカー1。
b0212342_14014131.jpg

上の駐車場が満車の場合、本堂の裏手が駐車場となっている。入口は上の地図、マーカー2。

↓ 本堂裏手の駐車場入口。
b0212342_14021860.jpg

↓ 本堂裏手の駐車場。
b0212342_14031272.jpg







参拝のしかた



お寺の公式HPは開設されていますが、拝観時間の記載はありませんでした。
開閉する門などは特になかったので、仁王門の見学だけなら、いつでも可能だと思います。

拝観 無料。

2 ↓ 正面の注連縄(しめなわ)は、江戸時代に門前で火事が起きた際、仁王様が火を止めたという伝説があり、仁王様への感謝と五穀豊穣、子孫繁栄を願い、毎年1月8日に地元の人々が奉納しているものです。
b0212342_14095132.jpg

3 ↓ 8本の主柱は、一見すると円柱のように見えますが、実は十六角柱となっています。
b0212342_14313492.jpg

4
b0212342_14105110.jpg

5
b0212342_14114183.jpg

6
b0212342_14122858.jpg

7 ↓ 門の中に安置されている仁王像。...あまり躍動感、迫力は感じられませんでした...。
b0212342_19282524.jpg

8
b0212342_14202389.jpg

9 ↓ 近くには成田空港。クルマで20〜30分の距離です。
b0212342_14205665.jpg

竜正院仁王門 Google Photo Album
(PCのみ1600万 or 4200万画素の画像が表示されます)

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-10-14 09:19 | 千葉 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 近代文化遺産 > 旧小野瀬家住宅

b0212342_13103089.jpg

小野瀬家(おのせけ)は、江戸時代から絞油製造業や肥料商を営んできた家です。明治時代に入ると財を成し、龍ケ崎の銀行の発起人や国会議員になるなどの活躍を見せました。建物は主屋と店舗からなり、はっきりした建築年代は不明ですが、大正初期(1920年前後)に建てられたと思われます。典型的な木造町家建築で、当時の豪商の様子が伺えます。平成16年(2004年)に国の登録有形文化財に登録されました。
龍ケ崎市公式サイト文化庁国指定文化財等データベース


旧小野瀬家住宅 Google Photo Album(PC版のみ高画質1600万画素)



アクセス



旧小野瀬家住宅は、青マーカー
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
関東鉄道 竜ヶ崎線 竜ヶ崎駅から、徒歩約11分(800m)。


バス
関東鉄道 竜ヶ崎線 竜ヶ崎駅前から、
龍ケ崎市コミュニティバス 循環内回りバスに乗車。
 ↓
運行頻度 1時間に1本、毎時30分発。乗車時間 3分。
龍ケ崎市コミュニティバスの時刻検索について、各種乗り換え案内アプリ、Google Mapルート案内機能は非対応。
運賃 100円。運転席近くの乗車口から乗車時に、現金で支払う。全国共通交通系ICカード利用不可。
 ↓
「上町辻(かみまちつじ)」バス停(上の地図、青マーカー1)下車。現地まで徒歩0分。


駐車場
見学者用駐車場なし。周辺に時間貸駐車場もない。

2
b0212342_15234656.jpg







見学のしかた



内部見学は要予約。詳細は龍ケ崎市商工会(0297-62-1444)へ問い合わせ。

店舗の外観は道路から見ることができます。

3
b0212342_15273820.jpg

4
b0212342_15280908.jpg

5
b0212342_15283819.jpg

6
b0212342_15290804.jpg

7
b0212342_15293902.jpg

8
b0212342_15300881.jpg

9
b0212342_15303830.jpg

10
b0212342_15310919.jpg

旧小野瀬家住宅 Google Photo Album(PC版のみ高画質1600万画素)

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-10-12 09:30 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 京都府 近代文化遺産 > 旧日本銀行京都支店

b0212342_17322785.jpg

旧日本銀行京都支店は、明治39年(1906年)年に竣工しました。設計は、明治建築界の帝王と言われ、東京駅などを設計した辰野金吾と、その弟子で各地の銀行建築を手がけた長野宇平治です。左右対称の建物で、赤レンガに白い花崗岩を装飾的に使っていますが、このデザインは19世紀後半にイギリスの建築でよく使われた様式です。1Fの旧営業室は大きな吹き抜けとなっており、カウンターの仕切り格子や壁画の装飾、天井などは明治時代の雰囲気をよく表しています。背後の別棟には文化財の(つけたり)に指定されている金庫が残っています。現在は京都文化博物館の別館として一般公開されています。昭和44年(1969年)に、国の重要文化財に指定されました。
←現地案内看板


旧日本銀行京都支店 Google Photo Album 16MP



アクセス



旧日本銀行京都支店は、赤マーカー5
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
京都市営地下鉄 烏丸線 および 東西線 烏丸御池(からすまおいけ)駅 5番出口(赤マーカー1)から、徒歩約4分(300m)。


バス
京都市バス 烏丸三条(からすまさんじょう)バス停(赤マーカー2)から、徒歩約3分(200m)。

京都市バス 境町御池(さかいまちおいけ)バス停(赤マーカー3)から、徒歩約4分(300m)。

京都市バスは、中乗り、前降り。
市内主要部は均一230円。降車時に運賃箱に現金を投入。両替は運賃箱に併設の両替機で事前に。全国共通交通系ICカード利用可能。
時刻検索は、各種乗り換え案内サイト、アプリ、Google Map ルート案内機能が対応。


駐車場
博物館付属の有料駐車場あり。入口は赤マーカー4。
収容台数 30台。最初の1時間 400円、それ以降30分 200円。






見学のしかた



開館時間、入館料、休館日に関しては、京都文化博物館公式HPを参照。

2018.8
開館時間 10:00〜19:30
入館料 無料(博物館本館は有料)
休館日 月曜日、12/28〜1/3。それ以外の臨時休館もあり。詳細は京都文化博物館公式サイトへ。


館内での写真撮影は自由です。ただし、ミニコンサートなどがしばしば催されており、その場合は係員に確認した方がいいと思います。

館内には土産物店、飲食店があります。喫茶店、そば屋、有名料亭なだ万のお店など。詳細は京都文化博物館公式サイトへ。


2
b0212342_17383502.jpg

3
b0212342_17385076.jpg

4
b0212342_17390837.jpg

5
b0212342_18252718.jpg

6
b0212342_17391762.jpg

7
b0212342_17393279.jpg

8
b0212342_17394496.jpg

9
b0212342_17395543.jpg

10
b0212342_17400691.jpg

11
b0212342_17401774.jpg

旧日本銀行京都支店  Google Photo Album 16MP

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-10-10 06:34 | 京都 | Comments(0)

サイトマップ > 千葉県 江戸時代以前の文化財 > 栄福寺薬師堂

b0212342_19284319.jpg

栄福寺(えいふくじ)は奈良時代の僧、行基(ぎょうき)が開いたとされますが、そのいきさつは明らかではありません。重要文化財の(つけたり)に指定されている棟札(むなふだ)の記載から、薬師堂は室町時代の1472年に竣工したことがわかっており、建立年代が明確な建造物の中では、千葉県最古の建造物です。内部の天井や須弥壇(しゅみだん。本尊を安置する場所)は極彩色に塗られていますが、通常は非公開。本尊の薬師如来も秘仏となっていますが、33年に一度、開扉、公開されます。ちなみに、前回の公開は2017年11月29日でした。昭和29年(1954年)に国の重要文化財に指定されています。
← 現地案内看板、千葉県教育委員会公式サイト


栄福寺薬師堂 Google Photo Album 16MP



アクセス



栄福寺薬師堂はマーカー2
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
北総電鉄・京成電鉄 成田スカイアクセス線 印旛日本医大(いんばにほんいだい)駅から、徒歩約20分(1.4km)。


バス
印旛日本医大駅よりも近いところにバス停はない。


駐車場
お寺付属の駐車場かどうかは不明ですが、それらしい駐車スペースはあります。
駐車禁止の案内も見当たりませんでした。

2 ↓ 駐車スペース直前の道。細いですが、普通の乗用車なら通れます。
b0212342_12083047.jpg

3 ↓ お寺のすぐ近くにある駐車スペース。上の地図、マーカー1
b0212342_20504206.jpg







見学のしかた



境内の周りに塀や開閉する門などはなく、いつでも拝観、または外観の見学が可能です。
ただし、お堂の内部は非公開です。

4 ↓ 駐車スペースから見たお寺。大きなイチョウの木が目を引きます。
b0212342_12101630.jpg

5
b0212342_12103142.jpg

6 ↓ 熊野神社と同じ敷地にあります。
b0212342_12111479.jpg

7 ↓ 33年に一度のご開扉では、お堂の前に建つ大きな柱(角塔婆)と本尊の薬師如来像を五色の紐で結びます。そして柱に触ると、本尊に触ったのと同じご利益があると言われています。←2017年開扉通知サイト
b0212342_12120143.jpg

8
b0212342_13034414.jpg

9 ↓ お堂の側面。至ってシンプルです。
b0212342_13035886.jpg

10
b0212342_13043853.jpg

11
b0212342_13045204.jpg

12
b0212342_13050950.jpg

13
b0212342_13055026.jpg

14
b0212342_13062169.jpg

15
b0212342_13065162.jpg

16 ↓ 足の踏み場もないほど、銀杏が落ちていました。
b0212342_13073140.jpg

17
b0212342_13080067.jpg

栄福寺薬師堂 Google Photo Album 16MP

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-10-09 07:07 | 千葉 | Comments(0)

サイトマップ > 石川県 近代文化遺産

文化財分布マップ

国指定重要文化財

国登録有形文化財


b0212342_11024309.jpg
国指定重要文化財 尾山神社 神門



国指定重要文化財



b0212342_10205965.jpg尾山神社 神門
おやまじんじゃ しんもん
尾山神社は加賀藩主・前田利家とその妻、おまつの方を祀った神社。神門は明治8年(1875年)の竣工。擬洋風建築だが中国風のデザインも取り入れた珍しいもの。
map 36.56614, 136.65479

b0212342_05574558.jpg旧石川県第二中学校本館
きゅう いしかわけん だいにちゅうがっこう ほんかん
明治32年(1899年)竣工。木造二階建て。現在は金沢くらしの博物館として一般公開。
map 36.55814, 136.66805

旧角海家住宅
きゅう かどみけ じゅうたく
主屋、家財蔵、塩物蔵、小豆蔵、米蔵
角海家は江戸時代後期、日本海側の海運を担った北前船の船主。明治以降は漁業や金融業を営んだ。主屋は明治時代前期。中庭を囲むように居室を配置する「ミツボガコイ」という形式で、当地区船主住宅の典型。現在は資料館として一般公開。詳細は輪島市公式サイト参照。
map 37.2828, 136.73525

b0212342_10210235.jpg旧金澤陸軍兵器支廠(石川県立歴史博物館)
きゅう かなざわ りくぐんへいきししょう(いしかわけんりつれきしはくぶつかん)
第五號兵器庫、第六號兵器庫、第七號兵器庫
明治42年(1909年)から大正3年(1914年)にかけて建造された旧日本陸軍の兵器庫。一部に内部木構造が残され、その様子を見ることができる。一般公開。
map 36.55869, 136.66274

b0212342_08045692.jpg旧第四高等中学校本館
きゅう だいよんこうとうちゅうがっこう ほんかん
明治24年(1891年)竣工。明治27には第四高等学校(四高)と改称され、帝国大学の予備教育学校として機能した。現在は石川四高記念文化交流館として一般公開。
map 36.5625, 136.6558






国登録有形文化財

編集中


浅野川大橋

浅野川大橋詰火の見櫓

石川県庁舎石引分室(旧陸軍金沢偕行社)

石川県庁舎石引分室(旧陸軍第九師団司令部庁舎)

伊東家住宅主屋

金沢市立玉川図書館別館(旧専売公社C-1号工場)

北大路魯山人寓居

北前船主屋敷蔵六園

旧石川銀行橋場支店

旧石川商銀信用組合小松支店

旧月田家住宅

旧中木家住宅

旧三田商店

旧山長織物会社

木村家住宅主屋

小泉家住宅主屋

小松市立空とこども絵本館(旧小松警察署庁舎)

犀川大橋

時習庵主屋

島村家住宅主屋

末浄水場

戸板ホール(旧戸板村役場庁舎)

長田家住宅主屋

西家住宅

西検番事務所

西田幾多郎書斎骨清窟

福岡第一発電所

細川家住宅主屋

松任ふるさと館(旧吉田家住宅)

山岡商山堂

by h9w457y8i | 2018-10-07 06:13 | 石川 | Comments(0)

サイトマップ > 大阪府 江戸時代以前の文化財

国宝

国指定重要文化財
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行・わ

国指定史跡

文化財分布マップ


国宝 慈眼院 多宝塔



国 宝



b0212342_07205926.jpg観心寺 金堂
かんしんじ こんどう
室町時代前期の建築。幅7間、本瓦葺。内部も含め一般公開。境内には重要文化財の訶梨帝母天堂、書院、建掛塔がある。
map 34.43734, 135.59858

b0212342_07213847.jpg孝恩寺 観音堂
こうおんじ かんのんどう
鎌倉時代後期。幅五間、本瓦葺き。建立時に釘を使用しなかったとされることから、別名「釘無堂」と呼ばれる。事前に寺に連絡すれば、堂内見学可能。
map 34.39711, 135.39455

桜井神社拝殿
さくらいじんじゃ はいでん
鎌倉時代後期。幅五間、本瓦葺。
map 34.48541, 135.50619

b0212342_07415472.jpg慈眼院多宝塔
じげんいん たほうとう
鎌倉時代前期、1207年の建立。一般公開。見学は要予約。
map 34.37398, 135.34385

住吉大社本殿
すみよしたいしゃ ほんでん
第一殿、第二殿、第三殿、第四殿
江戸時代後期、1810年の建立。
map 34.61245, 135.49304






国指定重要文化財



泉穴師神社
いずあなしじんじゃ
本殿、摂社住吉神社本殿、摂社春日神社本殿

泉井上神社境内社和泉五社総社本殿
いずかみじんじゃ けいだい しゃいずみごしゃ そうしゃ ほんでん

板塔婆(泉大津市)
いたとうば
石造の二つが文化財に指定。双方供養碑の一種と考えられている。

厳島神社末社春日神社本殿
いつくしまじんじゃ まっしゃかすがじんじゃ ほんでん

岩湧寺多宝塔
いわわきでら たほうとう

叡福寺
えいふくじ
聖霊殿(せいりょうでん)、多宝塔
推古天皇によって620年頃に聖徳太子の墓前に建てられた寺。聖霊殿は聖徳太子像を祀っており、桃山時代、1603年の建立。幅三間、本瓦葺。
map 34.51825, 135.63915

b0212342_09220694.jpg烏帽子形八幡神社 本殿
えぼしがたはちまんじんじゃ ほんでん
楠木正成ゆかりの神社。本殿は室町時代後期、1480年の建立。幅三間、檜皮葺。
map 34.44413, 135.56620

大阪城
おおさかじょう
大手門、大手門南方塀、大手門北方塀、多聞櫓北方塀、多聞櫓、千貫櫓、乾櫓、一番櫓、六番櫓、焔硝蔵、金蔵、金明水井戸屋形、桜門

意賀美神社本殿
おがみじんじゃ ほんでん
室町時代中期、1442年の建立。檜皮葺、幅一間の春日造。
map 34.36884, 135.32816

奥家住宅
おくけじゅうたく
表門、主屋、土蔵、西土蔵
江戸時代前期。主屋は本瓦葺き、幅18mの豪農住宅。2017.2現在は老朽化のため非公開。今後修復の上、一般公開の予定。
map 34.38363, 135.29956

奥田家住宅
おくだけじゅうたく
主屋、表門、乾蔵、旧綿蔵、納屋、米蔵1、米蔵2

海会寺
かいえじ
本堂および庫裏、門廊
本堂および庫裏は江戸時代前期の建立。幅約25m、本瓦葺。拝観は要事前連絡。詳細はぐるたび公式サイトへ。
map 34.56873, 135.46939

片埜神社本殿
かたのじんじゃ ほんでん
桃山時代、1602年の建立。三間社流造、檜皮葺。壁越しに社殿が少し見える程度。

交野天神社
かたのてんじんじゃ
本殿、末社八幡神社本殿

b0212342_07224905.jpg観心寺
かんしんじ
訶梨帝母天堂(かりていもてんどう)、書院、建掛塔(たてかけのとう・左画像)
建掛塔は室町時代後期、1502年の建立。幅三間、茅葺。書院は通常外観も含め非公開だが、創作精進料理店「KU-RI」でランチを摂ると内部の見学が可能。KU-RIの営業日は月〜水。要予約。ネットで予約可能。境内には国宝の金堂がある。
map 34.43686, 135.59749

b0212342_07231525.jpg願泉寺
がんせんじ
本堂、太鼓堂、表門
本堂は江戸時代中期、1663年の建立。幅および奥行き約27m、本瓦葺の大伽藍。拝観可能。
map 34.44858, 135.3574

北田家住宅
きただけ じゅうたく
主屋、表門、乾蔵、北蔵
主屋は江戸時代中期の建築。幅約22m、茅葺型銅板葺の大型古民家。

久安寺楼門
きゅうあんじろうもん

旧泉家住宅
きゅう いずみけ じゅうたく

b0212342_07422445.jpg旧緒方洪庵住宅
きゅう おがたこうあん じゅうたく
一般公開。大阪大学公式サイト内、適塾案内ページ参照。


旧鴻池新田会所
きゅうこうのいけしんでんかいしょ
本屋、屋敷蔵、文書蔵、米蔵、道具蔵

旧椎葉家住宅
きゅうしいばけじゅうたく
主屋、馬屋

旧浄土寺九重塔
きゅう じょうどじ くじゅうのとう

旧杉山家住宅
きゅう すぎやまけ じゅうたく

旧西尾家住宅
きゅう にしおけ じゅうたく
主屋、積翠庵、離れ西棟、離れ東棟、戌亥土蔵、戌亥角土蔵、米蔵

旧山田家住宅
きゅう やまだけ じゅうたく

金禅寺三重宝篋印塔
きんぜんじ さんじゅうほうきょういんとう

日部神社本殿
くさべじんじゃ ほんでん
室町時代前期。幅三間。本瓦噴き。

杭全神社本殿
くまたじんじゃ ほんでん
第一殿、第二殿、第三殿

五社神社十三重塔
ごしゃじんじゃさんじゅうとう

金剛寺
こんごうじ
金堂、御影堂、鐘楼、食堂、多宝塔、楼門

桜井神社拝殿
さくらいじんじゃ はいでん
鎌倉時代後期。本瓦葺き。常時見学可能。

左近家住宅
さこんけ じゅうたく
江戸時代前期、幅14m、茅葺の古民家。公開情報なし。

三田家住宅
さんだけ じゅうたく
本屋、土蔵
江戸時代中期、瓦葺き、町屋風。現住のため見学は外観のみ。

b0212342_07431943.jpg慈眼院金堂
じげんいん こんどう
外観のみ一般公開。拝観は要予約。

四天王寺
してんのうじ
本坊西通用門、本坊方丈、五智光院、六時堂、元三大師堂、石舞台、鳥居

勝鬘院塔婆
しょうまんいん とうば
桃山時代、1597年の建造。

住吉大社
すみよしたいしゃ
南門、東楽所、西楽所、石舞台、幣殿及び渡殿(第一殿、第二殿、第三殿、第四殿)、南高蔵、北高蔵、摂社大海神社幣殿及び渡殿、摂社大海神社本殿、摂社大海神社西門、末社招魂社本殿(旧護摩堂)

総福寺鎮守天満宮本殿
そうふくじ ちんじゅてんまんぐう ほんでん
桃山時代。檜皮葺、幅一間の小さな社。常時見学可能。

大安寺本堂
だいあんじ ほんどう
江戸時代前期。

大威徳寺多宝塔
だいいとくじ たほうとう
室町時代後期、1515年。

高橋家住宅
たかはしけ じゅうたく
江戸時代中期、幅19m、茅葺の大型古民家。非公開。特別公開の情報なし。

高林家住宅
たかばやしけ じゅうたく
主屋、表門、米蔵、西蔵
江戸時代中期、幅30m、茅葺の大型古民家。現住のため外観のみ見学可能。

建水分神社本殿
たけみくまりじんじゃ ほんでん

多治速比売神社本殿
たじはやひめじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1541年。

積川神社本殿
つがわじんじゃ ほんでん
桃山時代(1603年)。

富田林興正寺 別院
とんだばやし こうしょうじ べついん
本堂、対面所、鐘楼、鼓楼、山門、御成門

中家住宅
なかけじゅうたく
江戸時代前期。茅葺、幅25mの古民家。一般公開。見学については熊取町公式サイト参照。

b0212342_09213622.jpg長野神社本殿
ながのじんじゃ ほんでん
桃山時代の建築。一間社流造。
map 34.45009, 135.57141

南宗寺
なんしゅうじ
仏殿、山門、唐門
仏殿は江戸時代前期、1653年。幅三間、本瓦葺。

錦織神社
にしごおりじんじゃ
本殿、摂社春日社本殿、摂社天神社本殿

波太神社
はたじんじゃ
本殿、末社三神社本殿
本殿は江戸時代前期、1638年の建築。三間社流造、銅板葺。

原田神社本殿
はらだじんじゃ ほんでん

聖神社
ひじりじんじゃ
本殿、末社三神社本殿、末社滝神社本殿
本殿は桃山時代(1604年)の建築。檜皮葺、幅三間。

火走神社摂社幸神社本殿
ひばしりじんじゃ せっしゃ みゆきじんじゃ ほんでん
室町時代後期の建立。一間社春日造。銅板葺。本殿の右隣にある。
map 34.35187, 135.36944

兵主神社本殿
ひょうすじんじゃ ほんでん
桃山時代の建立。三間社流造、檜皮葺。

葛井寺四脚門
ふじいでらしきゃくもん
桃山時代、1601年の建立。四脚門、本瓦葺。
map 34.57015, 135.59608

船守神社本殿
ふなもりじんじゃ ほんでん
桃山時代。三間社流造。

普門寺方丈
ふもんじ ほうじょう
江戸時代前期、1621年の建築。幅約14m、こけら葺き。

降井家書院
ふるいけ しょいん
江戸時代前期。茅葺、幅16m。個人所有のため非公開。年に一度特別公開あり。公開については熊取町生涯学習推進課に問い合わせ。

法道寺
ほうどうじ
多宝塔、食堂(じきどう)
多宝塔は室町時代前期、1368年の竣工。

摩尼院書院
まにいん しょいん
桃山時代の建立。幅約17m、茅葺および本瓦葺。日曜日、祝日のみ拝観可能。
map 34.42897, 135.52936

水無瀬神宮
みなせじんぐう
客殿、茶室

八坂神社本殿
やさかじんじゃ ほんでん
桃山時代の1610年に建造。一間社流造、檜皮葺。

山口家住宅(堺市)
やまぐちけ じゅうたく
江戸時代前期。幅約14mの町家。

山添家住宅
やまぞえけ じゅうたく
江戸時代中期、1705年建築の茅葺古民家。幅18m。

山本家住宅
やまもとけ じゅうたく
江戸時代中期の建築。幅約14m、茅葺の古民家。

吉村家住宅
よしむらけじゅうたく
主屋、表門、土蔵

来迎寺本堂
らいごうじ ほんどう
鎌倉時代後期。本瓦葺き、幅三間。

竜泉寺仁王門
りゅうせんじ におうもん
鎌倉時代後期、1275年の建築。やや小型の瓦葺き門。






国指定史跡

(一部掲載)


b0212342_07235240.jpg観心寺境内
かんしんじ けいだい
観心寺は飛鳥時代後期の701年、修験道(山岳信仰と仏教・道教などが合わさってできた信仰)の開祖、役行者(えんのぎょうじゃ)により開かれた。真言密教の修行寺院、歴代天皇の祈願所、高野山と京都・奈良を結ぶ中宿として発展した。昭和9年(1934年)、国の史跡に指定された。
map 34.43738, 135.5986

to page top
by h9w457y8i | 2018-10-05 07:40 | 大阪 | Comments(0)

サイトマップ > 大阪府 近代文化遺産 > 大阪府立図書館 > フォトギャラリー

大阪府立中之島図書館 見学のしかた

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

窓の中は、図書館1Fに入っているカフェ、「スモーブロー・キッチン・ナカノシマ」。
17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29


30

31

32

33

34

35

36

37
b0212342_20074531.jpg

38

39

40

41

42


43

44

45

46

47

48

49

50

51

52

53

54

55

56

57

58

↓ 図書館内、1Fのカフェで。
59

60

文化財分布マップ


by h9w457y8i | 2018-10-04 08:37 | 大阪 | Comments(0)

サイトマップ > 大阪府 近代文化遺産 > 大阪府立図書館

b0212342_20303598.jpg

大阪府立図書館(現・大阪府立中之島図書館)は、本館、左翼、右翼の3つの建物からなっています。明治37年(1904年)に、財閥の住友家からの寄付により建てられました。設計は住友家の建築技師長であった野口孫市。外観はルネサンス様式で、コリント式円柱に支えられる正面はギリシア神殿を彷彿とさせます。また内部空間はバロック様式を基本としており、ドーム状の中央ホールは教会を思わせる造りとなっています。また、大正11年(1922年)には再び住友家の寄付により、左翼と右翼が増築され、ほぼ現在の建物が完成しました。昭和49年(1974年)には、これら3棟が国の重要文化財に指定されました。
大阪府立図書館公式サイト


大阪府立中之島図書館 高画質フォトギャラリー



アクセス



大阪府立中之島図書館は、赤マーカー3。
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
京阪電鉄 京阪本線 淀屋橋駅 および 大阪市営地下鉄 御堂筋線 淀屋橋駅 18番、あるいは19番出口(青マーカー1)から、徒歩約4分(300m)。
京阪電鉄 中之島線 なにわ橋駅 出口1(青マーカー2)から、徒歩約4分(300m)。
大阪市営地下鉄 堺筋線 北浜駅 出口2(青マーカー3)から、徒歩約8分(600m)。
大阪市営地下鉄 四つ橋線 肥後橋駅 出口1A(青マーカー4)から、徒歩約9分(700m)。
JR北新地駅 出口11-41(青マーカー5)から、徒歩約12分(800m)。


駐車場
施設付属駐車場はない。
半径300m以内に有料駐車場が多数あり。NAVITIME駐車場検索ページにて、「大阪府立中之島図書館」で検索。






見学のしかた



開館時間、休館日の最新情報は、大阪府立中之島図書館公式HPを参照。

2018.9
開館時間 9:00〜20:00、土曜日のみ 9:00〜17:00
休館日 日曜日。それ以外の休館日もあり。大阪府立中之島図書館公式HPで確認。

館内の写真撮影
中央ホール内のみ可能。三脚の使用は不可。営利・出版目的の撮影は2F ライブラリー・ショップに要相談。←現地案内看板

毎週土曜日、図書館の建築と歴史を学べるガイドツアーが開催されている。
11:00から、および15:00からの2回。各回、先着15名。所要時間 約45分。一人 500円。図書館オリジナルグッズ進呈。
図書館管理事務所

b0212342_20335405.jpg

b0212342_20332891.jpg

b0212342_20341574.jpg

b0212342_20342711.jpg

↓ 吹き抜けの中央ホール。
b0212342_20330373.jpg

b0212342_20344965.jpg

b0212342_20355182.jpg

b0212342_20361787.jpg


↓ そして文化財とは全然関係ありませんが、図書館 1Fには、カフェ「スモーブロー・キッチン・ナカノシマ」があります。
営業時間 9:00〜21:00、不定休。

b0212342_20373328.jpg

b0212342_20381212.jpg


「スモーブロー」は、北欧の郷土料理のオープンサンドのこと。
メニューなど詳細は、お店の公式HPを参照。

↓「獣医さんの夜食」と名付けられたロースト・ビーフのオープンサンドと、夏だからこその暖かいロイヤル・ミルクティーをいただきました。
おしゃれ、かつ美味しかったです。
b0212342_20385161.jpg

大阪府立中之島図書館 高画質フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-10-03 07:59 | 大阪 | Comments(0)

サイトマップ > 千葉県 近代文化遺産 > 旧堀田家住宅 > フォトギャラリー

旧堀田家住宅へのアクセス・見学のしかた

1 15.5MB
↓ 玄関棟。入口は3ヵ所あり、一番左の銅版葺のひさしをもつ入口、つまり下の画像の入口が一番格式が高い玄関でした。また堀田家を支えた人々の執務室も備えられていました。
b0212342_13113288.jpg

2
b0212342_09350191.jpg

3
b0212342_09354216.jpg

4
b0212342_09374875.jpg

5
b0212342_09444786.jpg

6
b0212342_09452949.jpg

7
b0212342_09491077.jpg

8
b0212342_22282305.jpg

9
b0212342_09511672.jpg

10
b0212342_09520976.jpg

11 ↓ 釘隠し。様々なタイプがあります。
b0212342_09580088.jpg

12
b0212342_09591802.jpg

13
b0212342_10000965.jpg

14 ↓ 湯殿に通じる廊下。壁は桃色に塗られています。
b0212342_10005807.jpg

15 湯殿に隣接する化粧の間。ここの壁も桃色です。
b0212342_10022395.jpg

16 湯殿。普段使いではなく、皇族などの身分の高い人をもてなすためにのちに増築されました。湯船はなく、かけ湯のための部屋です。
b0212342_10035513.jpg

17 10.5MB
b0212342_10062060.jpg

18
b0212342_10073649.jpg

19
b0212342_10084522.jpg

20
b0212342_10093779.jpg

21
b0212342_10102501.jpg

22 ↓ 居間棟の一部は資料展示室となっていました。気になる女の子は、佐倉市のキャラクターで「かむろちゃん」。佐倉城に棲んでいた妖怪で実は400歳、という設定。「ゆるキャラ以上、萌えキャラ未満」というコンセプトだそうです。
b0212342_10110584.jpg

23
b0212342_10160865.jpg

24 ↓ 居間棟から書斎棟に通じる廊下。
b0212342_10164433.jpg

25 ↓ 居間棟の縁側。
b0212342_10174795.jpg

26 ↓ 居間棟の居間。
b0212342_10190716.jpg

27 ↓ 居間の天袋と地袋には、明治時代の女流画家、跡見花蹊(あとみ かけい)の画が描かれています。
b0212342_10213139.jpg

28
b0212342_10234341.jpg

29
b0212342_10251293.jpg

30 ↓ 居間棟の寝室。
b0212342_10271437.jpg

31
b0212342_10281642.jpg

32
b0212342_10290697.jpg

33 ↓ 居間棟から書斎棟へ通じる廊下。天井には編み込みの装飾が。
b0212342_10300605.jpg

34 ↓ 居間棟と書斎棟をつなぐ廊下。
b0212342_10313954.jpg

35 ↓ 書斎棟の裏庭。
b0212342_10324012.jpg

36
b0212342_10334385.jpg

37
b0212342_10341613.jpg

38
b0212342_16344360.jpg

39 16MB
b0212342_16352855.jpg

40
b0212342_16363386.jpg

41
b0212342_16370565.jpg

42 9.5MB ↓ 座敷棟
b0212342_16381249.jpg

43 11.3MB
b0212342_16483932.jpg

44 11.8MB
b0212342_16511241.jpg

45
b0212342_16521177.jpg

46
b0212342_16532483.jpg

47
b0212342_16540101.jpg

48
b0212342_16551601.jpg

49
b0212342_16560107.jpg

50
b0212342_16574680.jpg

51
b0212342_16581947.jpg

52 ↓ 居間棟
b0212342_16585775.jpg

53 ↓ 座敷棟
b0212342_16592791.jpg

54 15.9MB
b0212342_16595975.jpg

55 ↓ 書斎棟
b0212342_17004785.jpg

56 15.7MB
b0212342_17052256.jpg

57
b0212342_17061454.jpg

58
b0212342_17065186.jpg

59
b0212342_17072358.jpg

60
b0212342_17080854.jpg

61
b0212342_17083975.jpg

62
b0212342_17093622.jpg

63
b0212342_17103729.jpg

64
b0212342_17112454.jpg

65
b0212342_17120488.jpg

66 15.9MB
b0212342_17124307.jpg

67
b0212342_17132358.jpg

68
b0212342_17135019.jpg

69
b0212342_17142965.jpg

70
b0212342_17162543.jpg

71
b0212342_17171125.jpg

72
b0212342_17174416.jpg

73
b0212342_17182898.jpg

74 8.1MB
b0212342_17190306.jpg

75
b0212342_17194563.jpg

76
b0212342_17204003.jpg

77
b0212342_17211474.jpg

78 ↓ 土蔵
b0212342_17222198.jpg

79
b0212342_17230800.jpg

80
b0212342_17234135.jpg

81
b0212342_17242218.jpg

82 ↓ 門番所
b0212342_17245641.jpg

83
b0212342_17255315.jpg

84
b0212342_17262029.jpg

85
b0212342_17264507.jpg


by h9w457y8i | 2018-10-02 10:31 | 千葉 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。