タグ:文化財 ( 290 ) タグの人気記事

サイトマップ > 神奈川県 江戸時代以前の文化財 > 旧石井家住宅

b0212342_17110934.jpg

石井家は後北條時代の地侍から発したと伝えられる旧家で、近世はこの地の名主を務めてきました。この住宅は桁行(建物の幅)13.5m、梁間(建物の奥行き)9mの規模を持った農家で、神奈川県内に多い「四方下家造り」の構造。平面は板敷きの「ひろま」と、その奥に畳敷きの「でい」「へや」が配される「三間取り」。ひろまの前面にしし窓を付け、でい、へや周りも土壁塗りで閉鎖的で、おそらく江戸中期、元禄年間(1688〜1704年)の建立と考えられます。
石井家住宅は、鎌倉から甲州に至る甲州街道筋である鎌倉市関谷にありましたが、近年に至り建物が老朽化し取り壊すことが検討されました。これを惜しんだ石井家の菩提寺、龍寶寺の住職が寺に寄贈を受け、境内に移築、保存を行い、現在に至っています。
昭和44年(1969年)、国の重要文化財に指定されました。

なお、「でい」は普段使うことがない客間、「へや」はでいの北側にある寝室です。各室の名前がひらがななのは、昔の農民のほとんどが文盲で、名称が文字になることなく口頭で伝承されていたためです。


旧石井家住宅 フォトギャラリー 48枚の画像



アクセス


旧石井家住宅は、上の地図、マーカー1。
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR および 湘南モノレール 大船駅西口から、徒歩約22分(1.5km)。


バス
JR および 湘南モノレール 大船駅西口 バスターミナル 2番乗り場(上の地図、マーカー2)から、神奈川中央交通バス(通称「神奈中バス」)藤沢駅北口行き 船33系統バスに乗車。乗車は中央部ドアから。整理券を取る。あるいは、全国共通交通系ICカードをドア側の機械にタッチ。
1時間に2本。乗車時間5分以内、運賃200円。運賃は降車直前に払う。現金を運転手横の運賃箱に入れるか、運賃箱のカードタッチ部にタッチ。両替できる紙幣は1,000円札のみ。時刻表は神奈川中央交通公式サイトへ。
「植木谷戸」(うえきやと)バス停(マーカー3)で下車。バス停から現地まで徒歩4分(300m)。


駐車場
施設付属無料駐車場あり。入口は上の地図、マーカー4。収容台数10台ほど。

駐車場入口。上の地図、マーカー4。
b0212342_17164069.jpg







見学のしかた


旧石井家住宅の隣に「玉縄ふるさと館」があり、そこが管理しているようです。開館時間は、玉縄ふるさと館の開館時間とリンクしていると思われます。

b0212342_17171525.jpg

2018.2
開館時間 9:30〜16:00
休館日 不明
入館料 100円。基本的には無人なので、入口の料金箱に入れる。

入口の料金箱。
b0212342_17173313.jpg

5
b0212342_17182960.jpg

6
b0212342_17184180.jpg

7
b0212342_17185068.jpg

8
b0212342_17190015.jpg

9
b0212342_17190926.jpg

10
b0212342_17191976.jpg

11
b0212342_17192953.jpg

旧石井家住宅 フォトギャラリー 48枚の画像

文化財分布マップ

この記事は現地の案内看板を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-01-19 17:50 | 神奈川 | Comments(0)

サイトマップ > 静岡県 江戸時代以前の文化財 > 柏谷横穴群

b0212342_11200312.jpg

柏谷横穴群(かしや よこあなぐん)は、6世紀末ごろから8世紀末ごろ(飛鳥時代〜奈良時代)にかけて造られたお墓の集まりです。東西およそ600m、南北およそ250mの範囲に、300基もの横穴が掘られ、そこがお墓として使用されました。最初にこの地に墓の横穴が掘られたのは聖徳太子が活躍していた頃です。お墓として使用された200年間の後半になると、新しい横穴は掘られなくなり、既にあった墓に別の遺骸が追加して葬られたり、火葬された骨が納められたりしました。葬られたのはこの周辺の集落遺跡で暮らしていた人々と推定され、出土品も見つかっています。鉄製品(直刀・刀子(とうす))・馬具)や金・銅・石製装身具類(匂玉(まがたま)・菅玉(くだたま)・耳飾りなど)、土器類(土師器(はじき)・須恵器(すえき))、亀甲片(きっこうへん)など、7世紀〜8世紀ごろのものが出土しました。またこれら横穴墓が掘られている地質は、箱根周辺にある火山から流れ出た巨大火砕流による軽石が主で、加工しやすい反面、壊れやすいという特徴があります。
昭和51年(1976年)に国の史跡に指定され、平成10年(1998年)には北伊豆地方でもっとも古い横穴墓が史跡に追加指定されました。


柏谷横穴群 フォトギャラリー 30枚の画像
Mobile      PC



アクセス


柏谷横穴群はマーカー5〜7
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
伊豆箱根鉄道 駿豆(すんず)線 伊豆仁田(いずにった)駅から、徒歩約25分(1.9km)。


バス
伊豆箱根鉄道 駿豆(すんず)線 大場(だいば)駅近くの大場駅前バス停(上の地図、マーカー3)から、
伊豆箱根バス 畑毛(はたけ)温泉行きバスに乗車。
 ↓
1時間に1本程度。200円。
 ↓
柏谷口(かしやぐち)バス停(上の地図、マーカー1)下車。
バス停から現地まで、徒歩約9分(700m)。

または、
大場駅前バス停から、伊豆箱根バス 畑毛温泉行きバスに乗車。
 ↓
1時間に1本程度。170円。
 ↓
 岐れ道(わかれみち)バス停(上の地図、マーカー2)で下車。
バス停から、徒歩約16分(1.2km)。

伊豆箱根バスの時刻・料金検索は、各種乗り換え案内アプリやGoogle Map ルート案内機能が対応しています。
また、全国共通交通系ICカードが使えます。


駐車場
柏谷横穴群の周辺は柏谷公園として整備されており、公園付属の無料駐車場があります。
収容台数 100台前後?
駐車場入り口は、上の地図 マーカー4。

柏谷公園 付属駐車場
b0212342_20235881.jpg







見学のしかた


柏谷横穴群周辺は柏谷公園として整備されており、屋外の施設で、出入りを制限する門や塀などもないので、いつでも見学できます。

また、公園の中に横穴群を見学するための通路や現地案内看板も設置されています。

見学用の通路。
b0212342_20271308.jpg

4
b0212342_20274216.jpg

5
b0212342_20261493.jpg

6
b0212342_20262961.jpg

7
b0212342_20262693.jpg

穴の表面はコンクリートで補強されていて、中に入ったりもできます。
b0212342_20283701.jpg

上の地図、マーカー6の部分。
b0212342_20291406.jpg

b0212342_20310031.jpg

横穴群の中でもっとも古い横穴がある場所。上の地図、マーカー7。平成10年(1998年)に史跡に追加指定されました。
b0212342_20303777.jpg

b0212342_20304779.jpg

柏谷横穴群 フォトギャラリー 30枚の画像
Mobile      PC

文化財分布マップ

この記事は現地案内看板などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-01-14 07:05 | 静岡 | Comments(0)

サイトマップ > 京都府 江戸時代以前の文化財 > 浮島十三重塔

b0212342_18235157.jpg

鎌倉時代の後期、1284年に、僧の叡尊(えいそん)は宇治橋(上の画像の橋ではありません)の大掛かりな修理を行いました。宇治橋は飛鳥時代に建設された日本最古と言われる大橋ですが、その後激流に流され、長い間そのままとなっていました。そしてその大修繕の際、橋の近くに祈祷道場となる人工島(現在の呼称は「塔の島」)を築き、宇治川で採れる魚の供養と宇治橋の安全を祈念して、島の中央に大きな石の塔を建てました。これが浮島十三重塔(うきしま じゅうさんじゅうのとう)です。竣工は1286年、高さは15.2mで、現存する江戸時代以前に造られた石造仏塔としては日本最大です。江戸時代には大規模な水害により倒壊し、宇治川の底に沈んでしまいましたが、明治40年(1907年)に発見され、翌年に再建されて現在に至っています。昭和28年(1953年)に国の重要文化財に指定されました。


浮島十三重塔 フォトギャラリー 24枚の画像
Mobile      PC



アクセス


浮島十三重塔は、赤マーカー4
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
京阪電鉄 宇治線 宇治駅から、徒歩約10分(800m)。ほぼ平坦。

JR宇治駅 南口から、徒歩約15分(1.4km)。ほぼ平坦。


駐車場
施設付属駐車場はありません。

現地から約300mの場所に、平等院参拝者用の宇治駐車場があります。
入口は上の地図、青マーカー5。
収容台数約200台。
営業時間 8:00〜18:00
料金 1回700円(普通車)

b0212342_18285538.jpg






見学のしかた


浮島十三重塔がある塔の島は、京都府立宇治公園として整備されており、常時見学が可能です。

3
b0212342_18293847.jpg

4
b0212342_18311450.jpg

5
b0212342_18295517.jpg

6
b0212342_13130998.jpg
7
b0212342_18301388.jpg

十三重塔がある塔の島から見た朝霧橋。
b0212342_18305401.jpg

朝霧橋から見た宇治橋。
b0212342_13033623.jpg

浮島十三重塔 フォトギャラリー 24枚の画像
Mobile      PC

文化財分布マップ

この記事は現地案内看板、文化庁国指定文化財等データベースの記載を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-01-12 08:04 | 京都 | Comments(0)

サイトマップ > 静岡県 江戸時代以前の文化財 > 江川家住宅

b0212342_19430495.jpg

江川家はその始祖をおよそ1,000年前にまで遡ります。初代は平安時代中期の武将、源頼親(みなもとの よりちか)。平安時代後期に現在の地に移住し、江戸時代には代官を勤めました。江戸時代後期の幕臣、江川英龍(えがわ ひでたつ)は科学者・技術者として有名で、韮山反射炉の建造にも携わりました。
現在の江川家住宅の建物群は、江戸時代前期に建てられました。主屋は広い土間が特徴となっています。
主屋が昭和33年(1958年)に、書院、仏間、東蔵、肥料蔵、武器庫、表門が平成5年(1993年)に、国の重要文化財に指定されました。
またその敷地は「韮山役所跡」として、平成16年(2004年)に国の史跡に指定されました。


江川家住宅 フォトギャラリー 53枚の画像
Mobile      PC



アクセス


江川家住宅は、赤マーカー 3〜9
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
伊豆箱根鉄道 駿豆(すんず)線 韮山(にらやま)駅から、徒歩約22分(1.6km)。


バス
伊豆箱根バス 江川邸 バス停(上の地図、赤マーカー1)から、徒歩1分。

伊豆箱根バスの路線・時刻・料金検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応しています。
全国共通交通系ICカードが使えます。

また、伊豆箱根鉄道 駿豆(すんず)線 伊豆長岡駅から、伊豆の国市が運行する周遊バス「歴バスのる〜ら」が出ています。
9:10から1時間に1本。15:15まで。
毎日は運行していません。繁忙期、および週末が中心。
運賃300円で1日乗り放題。支払いは車内で、現金のみ。
時刻などの詳細は、伊豆の国市公式サイトを参照。


駐車場
施設付属無料駐車場あり。
収容台数30〜40台。

駐車場入口。上の地図、赤マーカー2。
b0212342_20225534.jpg







見学のしかた


開館時間、入館料、休館日などの情報は、江川家住宅公式サイトを参照。

2019.1
開館時間 9:00〜16:30(最終入館は16:15)
入館料 大人一人 500円(韮山反射炉との共通券は700円) 各種割引あり。
休館日 毎月第三水曜日、年末年始

無料ガイドツアー
週末(土・日・祝日)のみ。
付属駐車場にあるボランティア事務所で申し出てください。予約不要。

春と秋に、普段は非公開の内庭が特別公開されます。
詳細は江川家住宅公式サイトの「邸内行事とイベント」を参照。

邸内にはトイレ、飲食店はありません。
付属駐車場にトイレがあります。

写真撮影は自由。ただし、おそらく邸内での三脚や大型撮影機材の使用は不可と思われます。

表門。
b0212342_20370802.jpg

主屋。
b0212342_20374062.jpg

5
b0212342_20405565.jpg

主屋の屋根裏。木組みがすごいことになっています。
b0212342_20375733.jpg

7
b0212342_20393914.jpg

邸内は江川家の活躍などがわかる資料館のようになっています。
b0212342_20383226.jpg

肥料蔵。
b0212342_12474066.jpg

10
b0212342_20364582.jpg

11
b0212342_20412475.jpg


江川家住宅 フォトギャラリー 53枚の画像
Mobile      PC

文化財分布マップ

この記事は江川家公式サイトの記述などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-01-08 08:05 | 静岡 | Comments(0)

熊本県 近代文化遺産

サイトマップ > 熊本県 近代文化遺産

国指定重要文化財

国指定史跡

文化財分布マップ


b0212342_07515090.jpg
国指定重要文化財・国指定史跡・世界文化遺産
三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱 旧万田坑施設



国指定重要文化財


祇園橋
ぎおんばし
江戸時代後期、1832年の築造。長さは28m余りで、石造りの桁橋としては国内最大級。日本百名橋の一つ。歩いて渡ることができる。
map 32.45649, 130.18805

旧郡築新地 甲号樋門
きゅう ぐんちくしんち こうごうひもん
明治33年(1900年)竣工。10連の連続アーチ門で、アーチ部には赤レンガが使われている。接近して間近で見学可能。樋門とは →用語解説
map 32.52899, 130.55677

旧第五高等中学校
きゅう だいごこうとうちゅうがっこう
明治22年(1889年)竣工の赤レンガ2階建て大型学校建築。熊本大学五高記念館として一般公開されていたが、平成28年熊本地震で大きな被害を受け、2019.1時点でも非公開が続いている。詳細は熊本大学公式サイトを参照。
map 32.81640, 130.72698

旧玉名干拓施設
きゅう たまな かんたくしせつ
末広開潮受堤防、明丑開潮受堤防、明豊開潮受堤防、大豊開潮受堤防、末広開東三枚戸樋門、末広開西三枚戸樋門、末広開二枚戸樋門
明治20年以降に築かれ、大正、昭和初期の潮害後に修復された干拓施設。総延長5.2kmに及ぶ堤防と3つの樋門からなる。文化財指定されている堤防と樋門の詳しい位置のマップは、玉名市公式サイトからダウンロードできる。堤防や樋門には接近して見学できる。
map 32.86546, 130.52763

熊本大学工学部(旧熊本高等工業学校)旧機械実験工場
くまもとだいがくこうがくぶ(きゅう くまもとこうとうこうぎょうがっこう)きゅうきかいじっけんこうじょう
明治41年(1908年)竣工の赤レンガ建築。二階建て。熊本大学工学部研究資料館として一般公開されていたが、平成28年(2016年)の熊本地震で被害を受け、それ以降非公開となっている。2019.1 詳細は熊本大学公式サイトを参照。
map 32.81355, 130.72699

通潤橋
つうじゅんきょう
江戸時代幕末の1854年に竣工した石造りの水路橋。橋からの放水が有名だが、平成28年(2016年)の熊本地震で被害を受け、2019.1の時点で放水休止中。外観の見学自体は可能。詳細は山都町(やまとまち)公式サイトを参照。
map 32.68165, 130.99384

三角旧港(三角西港)施設
みすみきゅうこう(みすみにしこう)
埠頭、東排水路、西排水路、西端排水路、後方水路、一之橋、二之橋、三之橋、中之橋
明治20年(1887年)竣工。周辺は公園のように整備され、いつでも見学可能。宇城市公式サイトに、構成要素の詳細な位置、解説などあり。世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成要素の一つ。
map 32.62209, 130.45578

b0212342_17552005.jpg三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱 旧万田坑施設
みつい せきたんこうぎょう かぶしきがいしゃ みいけたんこう きゅう まんだこうしせつ
明治38年(1905年)竣工の炭鉱施設の遺構。国指定史跡でもあり、また世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成要素の一つ。一般公開。
map 33.00270, 130.44936

八千代座
やちよざ
明治43年(1910年)に竣工した大型の芝居小屋。開業当時は様々な興行が行われたが、昭和には映画館となり、やがてテレビの普及で閉鎖。荒れ放題になっていたが、平成に入ってから大修理が行われ、現在芝居小屋として復活し、興行が再び行われるようになった。見学も可能。詳細は八千代座公式HPを参照。
map 33.01686, 130.68934

霊台橋
れいだいきょう
江戸時代後期の1847年に竣工した石造り単一アーチ橋。橋を支えるアーチの直系の大きさは日本で3位。橋の長さは約90m、高さは16mで、竣工当時は日本一の規模だった。かつては補強工事が施され国道として自動車の通行も可能だったが、昭和41年(1966年)付近に道路鉄橋が完成して以来、観光用の歩行者専用橋となった。いつでも見学・通行が可能。
map 32.62907, 130.88811





国指定史跡

(一部)

b0212342_17555190.jpg三井三池炭鉱跡 万田坑跡
みつい みいけたんこうあと まんだこうあと



by h9w457y8i | 2019-01-05 07:56 | 熊本 | Comments(0)

サイトマップ > 静岡県 江戸時代以前の文化財

国宝

国指定重要文化財

国指定史跡

文化財分布マップ


b0212342_08490858.jpg

国指定重要文化財 江川家住宅



国宝


久能山東照宮
くのうざん とうしょうぐう
本殿、石の間、拝殿
江戸時代前期、1617年の建立。極めて洗練された意匠をもつ権現造りの複合社殿。外観は近くで見学可能。祈祷を申し込めば拝殿に上がることもできる。アクセスなどの詳細は久能山東照宮公式HPへ。
map 34.96482, 138.46758






国指定重要文化財


応声教院 山門
おうじょうきょういん さんもん
江戸時代前期の建立。幅三間、瓦葺き。接近可能。
map 34.73693, 138.07057

b0212342_09231106.jpg江川家住宅
えがわけ じゅうたく
主屋、書院、仏間、東蔵、肥料蔵、武器庫、表門
江川家は室町時代から続く武家で、江戸時代は代官として周辺の地方を広く治めた。中でも幕末の当主、江川英龍(えがわひでたつ)は科学者・技術者として有名。住宅は江戸時代前期の建築。資料館として一般公開されているが、当時の面影をよく残している。
map 35.05465, 138.95921

大鐘家住宅
おおがねけ じゅうたく
本屋、長屋門
大鐘家は室町時代から続く旧家。かつては柴田家の家老。江戸時代は大庄屋を勤めた。本屋は江戸時代中期(18世紀)の建築。幅19m、切妻造り、瓦葺きの古民家。一般公開。詳細は公式HPを参照。
map 34.71596, 138.21286

大歳御祖神社
おおとしみおやじんじゃ
本殿、中門、透塀
本殿は江戸時代後期、1826年竣工。三間社流造り、銅板葺き。
map 34.98263, 138.37515

掛川城御殿
かけがわじょう ごてん
江戸時代末期の築造。地震で倒壊した後に再建されたもの。大田氏5万石の掛川城二の丸御殿。一般公開。詳細は掛川城公式HPを参照。
map 34.77548, 138.01476

神部神社 浅間神社
かんべじんじゃ あさまじんじゃ
本殿、拝殿、舞殿、楼門、南中門、北中門、南透塀、中透塀、北透塀、南回廊、北回廊、総門、神厩舎、宝庫、麓山神社(本殿、拝殿、中門、透塀)、八千戈神社(本殿、中門、南透塀、北透塀)、少彦名神社本殿
江戸時代後期、1813年の竣工。本殿は七間社流造り、銅板葺き。
map 34.98367, 138.37532

旧植松家住宅
きゅう うえまつけ じゅうたく
江戸時代中期の建築。茅葺の古民家。幅16m。一般公開。公式HPは見つけられなかったので、見学についての詳細は「旧植松家住宅 裾野市」で検索。
map 35.1847, 138.9044

久能山東照宮
くのうざん とうしょうぐう
東門、廟門、玉垣、渡廊、廟所宝塔、末社日枝神社本殿(旧本地堂)、神庫、神楽殿、鼓楼、神厩、楼門、神饌所
江戸時代前期、1618年前後の築造。境内には国宝の本殿などもある。いずれも外観は見学可能。アクセスなどの情報は久能山東照宮公式HPへ。
map 34.96426, 138.46714

黒田家住宅
くろだけ じゅうたく
主屋、長屋門、米蔵、東蔵
黒田家は江戸時代に代官を勤めた旧家。周辺を濠で囲っている。本屋は江戸時代末期、1861年の竣工。瓦葺き、一階建ての古民家。現住のため非公開。資料館あり。2月の梅まつりの期間中は庭園が一般公開される。詳細は菊川市公式サイトを参照。
map 34.69912, 138.08429

鈴木家住宅
すずきけ じゅうたく
主屋、釜屋
主屋と釜屋が一体となっている釜屋建形式と呼ばれる特異な形状。江戸時代後期の1800年前後の竣工。茅葺きの古民家。一般公開。詳細はハローナビしずおかのサイトを参照。
map 34.88998, 137.66110

尊永寺 仁王門
そんえいじ におうもん
室町時代中期(1500年前後)の建築。幅三間、こけら葺き。
map 34.73453, 137.97289

大石寺 五重塔
たいせきじ ごじゅうのとう
江戸時代中期、1749年の竣工。高さ34m。毎年2月16日に扉が開かれ、「御塔開き」のお経が行われる。
map 35.28178, 138.59068

智満寺 本堂
ちまんじ ほんどう
桃山時代、1589年の竣工。幅五間、入母屋造り、茅葺き。いつでも拝観可能。
map 34.89124, 138.16205

友田家住宅
ともだけ じゅうたく
平家の落人となって以来の農家。江戸時代中期、18世紀前半の建築。幅15m、茅葺きの古民家。明確ではないがどうやら一般公開されているらしい。詳細はハローナビしずおかのサイトを参照。
map 34.90057, 137.98821

中村家住宅
なかむらけ じゅうたく
中村家は中世から代官を勤めた旧家。江戸時代中期、1750年前後の建築。幅22m、茅葺きの古民家。金・土・日のみ一般公開。詳細は浜松市公式サイトへ。
map 34.69750, 137.63369

浜名惣社神明宮 本殿
はまなそうしゃしんめいぐう ほんでん
江戸時代後期の竣工。幅3m、校倉造り。茅葺き。周囲を柵で囲まれているが、外観はいつでも見学できる。
map 34.81176, 137.55284

富士山本宮浅間神社 本殿
ふじさんほんぐうせんげんじんじゃ ほんでん
江戸時代初期の1604年竣工。幅五間、浅間造り、檜皮葺き。二重(二階建て)という得意な形状をしている。周囲は柵で囲まれており、柵ごしに拝観可能。
map 35.22756, 138.61001

富士浅間宮 本殿
ふじせんげんぐう ほんでん
桃山時代、1590年竣工。三間社流造り、檜皮葺き。周囲は柵で囲まれており、柵ごしに外観を見ることができる。
map 34.76705, 137.95040

方広寺 七尊菩薩堂
ほうこうじ しちそんぼさつどう
室町時代中期の建築。一間社流造り、こけら葺き。現存する静岡県で最古の木造建造物。覆屋に囲まれているが、見学可能。詳細は方広寺公式HPを参照。
map 34.84776, 137.61440

寶林寺
ほうりんじ
仏殿、方丈
寶林寺は旗本の近藤家の菩提寺として創建された寺。江戸時代は寺領100石、敷地5万坪、20を超す伽藍を誇る大きな寺だったが、明治時代以降の廃仏毀釈で規模が縮小した。仏殿は寺の開創に合わせて、江戸時代前期、1667年に竣工。幅五間、入母屋造り、こけら葺き。
map 34.81703, 137.69178

本興寺 本堂
ほんこうじ ほんどう
室町時代後期、1552年の建築。幅および奥行き五間、茅葺き。外観はいつでも拝観可能。
map 34.71716, 137.53824

三嶋大社
みしまたいしゃ
本殿、幣殿、拝殿
江戸時代末期の1867年竣工。本殿は三間社流造り、銅板葺き。
map 35.12243, 138.91879

油山寺
ゆさんじ
三重塔、山門、本堂内厨子
本堂内厨子は桃山時代、1588年の築造。見学可能。三重塔、山門は江戸時代前期。参拝についての詳細は油山寺公式HP参照。
map 34.78550, 137.93601

臨済寺 本堂
りんざいじ ほんどう
臨済寺は今川氏が建立した寺院。本堂は江戸時代前期、1600年代前半の竣工。幅22m、入母屋造り、こけら葺き。
map 34.99287, 138.37590

霊山寺 仁王門
れいざんじ におうもん
室町時代後期、1516年の建築。三間一戸八脚門、茅葺き。
map 35.02838, 138.43635






国指定史跡

(一部)

b0212342_09073490.jpg柏谷横穴群
かしや よこあなぐん
古墳時代、6世紀後期〜8世紀後期にかけて造られた300基におよぶ墓の集合体。周辺は公園として整備され、史跡についての案内看板や見学通路も設置され、付属無料駐車場も完備している。
map 35.08326, 138.96023

b0212342_09364091.jpg願成就院跡
がんじょうじゅいんあと
鎌倉時代初期の1189年、源頼朝の奥州平泉攻めの成功を祈願して建立されたとされる寺院。境内には寺を創建した北条時政の墓がある。現地案内看板、参拝者用無料駐車場あり。
map 35.04568, 138.93991

b0212342_09304138.jpg伝 堀越御所跡
でん ほりごえごしょあと
室町時代後期に大名たちの勢力争いが激しくなった折、将軍から鎌倉公方を命じられたが戦乱で行き着けず、この地に居住することになった足利政知(あしかが まさとも)の館があったと伝えられる場所。公園として整備され、常に見学が可能。
map 35.04854, 138.93931

b0212342_09161829.jpg北条氏邸跡(円成寺跡)
ほうじょうしていあと(えんじょうじあと)
鎌倉幕府の執権として活躍した北条氏の館があった場所。この周囲はもともと北条氏の本拠地だった。幕府が滅亡した後も女性たちは鎌倉からこの地に戻り、尼寺を建てて北条の武士たちの冥福を祈った。現在は更地となり、発掘調査のため立入禁止となっている。2019.1
map 35.04724, 138.93667


by h9w457y8i | 2019-01-03 07:20 | 静岡 | Comments(0)

サイトマップ > 東京都 江戸時代以前の文化財 > 池上本門寺

b0212342_10424732.jpg

池上本門寺(いけがみほんもんじ)は、鎌倉時代の13世紀半ば、日蓮宗を起こした日蓮が没した寺です。それ以来、日蓮宗の中心的なお寺の一つとされてきました。広い敷地には多くの建物が建てられましたが、第二次世界大戦の空襲で多くが焼失してしまいました。焼け残ったもののうち、五重塔と宝塔が国の重要文化財に指定されています。
関東地方には江戸時代以前に建てられた五重塔が4基存在しますが、池上本門寺の塔はその内で最も古いものです。高さはおよそ32m、江戸時代初めの1608年に建立されました。5層構造のうち、一番下の1層目だけが和風で、それより上が禅宗様となっています。
宝塔(ほうとう)は、境内の西側、本堂や五重塔が建つ高台から深く落ち込んだ墓地の中にあります。日蓮が荼毘(だび)にふされた場所とされます。江戸時代後期の1828年に再建された2代目で、初代の宝塔は日蓮の遺灰を納めていたと言われています。真っ赤な円筒形の部分は木造で内部空間を有し、宝塔でこのような構造になっているものは他にほとんど例がなく、大変貴重な建造物です。

b0212342_10425271.jpg


池上本門寺の画像 47枚
Mobile      PC



アクセス


五重塔はマーカー1、宝塔はマーカー2
スマートフォンはこちらのマップ


東急電鉄 池上線 池上駅から、本門寺入り口(階段下)まで徒歩約8分(600m)。

本門寺の境内には、この階段を上がっていきます。
b0212342_10441555.jpg

池上本門寺への公共交通機関での詳しい行き方は、池上本門寺公式サイトを参照。


駐車場
参拝者用の付属駐車場が複数あり。収容台数は合計で100台程度?
いずれも無料。

駐車場入口 1。上の地図、マーカー3。
b0212342_10443079.jpg

駐車場入口 2。上の地図、マーカー4。
b0212342_10444245.jpg

駐車場入口 3。上の地図、マーカー5。
b0212342_10445632.jpg







見学のしかた


境内の出入りは制限されておらず、五重塔と宝塔の外観はいつでも見学できます。

また、五重塔は年に2回、春と秋に内部が特別公開されます。
詳細は池上本門寺に問い合わせ。

b0212342_10454413.jpg


宝塔の内部公開の情報はありません。
b0212342_10463941.jpg






管理人のおすすめポイント


文化財とは全く関係がありませんが、
上の地図、駐車場入口 3(マーカー5)近くの建物の中に、人形町今半の支店が入っています。すき焼きで有名なお店ですね。
ずっと以前に一度行ったことがありますが、美味しかったです!
ランチは2,050円からとなっており、高級すき焼きがリーズナブルにいただけます。

画像がないのが残念ですが...。

b0212342_10452081.jpg

b0212342_10462391.jpg

池上本門寺の画像 47枚
Mobile      PC

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-12-30 15:33 | 東京 | Comments(0)

サイトマップ > 京都府 江戸時代以前の文化財 > 宇治神社本殿

b0212342_08540898.jpg


宇治神社は、古墳時代の4世紀後半から5世紀前半に実在したとされる第15代天皇・応神(おうじん)天皇の息子、菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)を祀った神社です。神社の創建年代はよくわかっていませんが、平安時代には宇治上神社(国宝・世界遺産)と一対をなす神社として存在していました。
本殿は鎌倉時代後期(13世紀後半から14世紀前半)に建てられた、三間社流造(さんげんしゃ ながれづくり)、檜皮葺(ひわだぶき)の建物です。明治35年(1902年)、国の特別保護建造物(現在の重要文化財に相当)に指定されました。本殿の内部には、重要文化財の菟道稚郎子命木像が収められています。
宇治神社公式サイト


宇治神社 本殿 Photo Gallery


宇治神社本殿は、赤マーカー5
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
京阪電鉄 宇治線 宇治駅から、徒歩約7分(500m)。宇治川沿いのとても雰囲気のある道で、ほぼ平坦。


バス
京阪宇治駅からよりも歩く距離が短くなるバス停なし。


駐車場
神社付属の有料駐車場あり。入口は上の地図、青マーカー4。
収容台数35台、9:00〜17:00、1日700円。


拝観料は無料。拝観時間の指定は特になし。


b0212342_08534433.jpg

b0212342_08543034.jpg

b0212342_08544090.jpg

b0212342_08545032.jpg

宇治神社 本殿 Photo Gallery

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-12-25 07:48 | 京都 | Comments(0)

サイトマップ > 佐賀県 近代文化遺産

文化財分布マップ


国指定重要文化財


旧高取家住宅
きゅう たかとりけ じゅうたく
居室棟、大広間棟
炭鉱主だった高取伊好(たかとり これよし)の旧邸宅。明治38年(1905)年竣工。木造二階建て、瓦葺きの大型住宅。近年修復・復元工事が完了し、一般公開。詳細は唐津市公式サイトを参照。
map 33.45438, 129.97232

武雄温泉 新館及び楼門
たけおおんせん しんかん および ろうもん
新館は大正3年(1914年)竣工。木造二階建て、瓦葺きの和風建築。当時日本の洋風建築を担った辰野金吾が設計した数少ない和風建築物として貴重。内部も含め一般公開。詳細は武雄市観光協会公式サイトを参照。
map 33.19654, 130.01423

山口家住宅
やまぐちけ じゅうたく
明治時代に建てられた古民家。幅、奥行き共に約11m、茅葺。外観のみ一般公開。案内看板あり。
map 33.17574, 130.34086

by h9w457y8i | 2018-12-21 08:24 | 佐賀 | Comments(2)

サイトマップ > 千葉県 近代文化遺産 > 小湊鉄道高滝駅

b0212342_10525142.jpg

小湊鉄道(こみなとてつどう。正式には「小湊鐵道」)は大正6年(1917年)創業。大正14年から千葉県市原市で鉄道の運行を開始した歴史ある鉄道会社です。現在運行している路線は1本のみで、電化はされておらず、ディーゼル気動車が単線の路線を走っています。
高滝駅本屋(たかたきえき ほんや)は、創業当時の大正14年(1925年)に建てられた駅舎です。設計・施工は鹿島組(現在の鹿島建設)によります。ところどころに改造はされていますが、外観は開業当初の佇まいをよく残しているとされます。「国土の歴史的景観に寄与しているもの」として、平成29年(2017年)に国の登録有形文化財として登録されました。
← 現地案内看板


小湊鉄道 高滝駅 Photo Gallery
Mobile      PC


高滝駅本屋は、黄色マーカー1
スマートフォンはこちらのマップ


高滝駅は無人駅。運賃は、車内できっぷを買って支払います。
全国共通交通系ICカードには非対応。2018.10

列車の停車は、上り線と下り線、それぞれ1〜2時間に1本。
時刻・料金検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応しています。

2 ↓ 駅前には、4台ほどのクルマが停められる駐車スペースがあります。
b0212342_11123368.jpg

3
b0212342_11133142.jpg

4
b0212342_11140544.jpg

5
b0212342_11152290.jpg

6
b0212342_11155034.jpg

7
b0212342_11175462.jpg

8
b0212342_11190470.jpg

9 ↓ 駅舎があるホームの、線路を挟んだ反対側には、今は使われていない島状のホームがあります。そちらは立ち入り禁止。
b0212342_11201777.jpg

10
b0212342_11240230.jpg

小湊鉄道 高滝駅 Photo Gallery
Mobile      PC

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-12-19 09:13 | 千葉 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。