サイトマップ > 千葉県 江戸時代以前の文化財 > 本佐倉城跡


アクセス(行き方)

見学のしかた

史跡の説明

フォトギャラリー(見どころポイントの解説付き)


b0212342_13215493.jpg




アクセス




スマートフォンの方はこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩

京成電鉄 京成本線 大佐倉駅から、徒歩約10分(800m)。
JR酒々井(しすい)駅 西口から、徒歩約25分(1.8km)。


バス

京成電鉄 京成本線 京成佐倉駅 南口 2番バスのりば(上の地図、マーカー21)から、ちばグリーンバス 本佐倉線 京成酒々井駅行きバスに乗車。
1時間に1本、運賃240円、全国共通交通系ICカード利用可。乗車時間8分。

または

京成電鉄 京成本線 京成酒々井駅 東口から、ちばグリーンバス 本佐倉線 田町車庫行きバスに乗車。
1時間に1本、運賃230円、乗車時間8分。

いずれも、「山道(やまみち)」バス停(マーカー22)下車。バス停から妙見神社(上の地図、マーカー11)まで、徒歩約8分(600m)。

バスの時刻表はちばグリーンバス公式サイトを参照。


駐車場

付属無料駐車場あり。上の地図、マーカー3。収容台数およそ30台。
b0212342_09320785.jpg

駐車場への行き方は、上の地図、マーカー20から伸びている青ライン参照。
県道137号線沿い、マーカー20に、本佐倉城跡入口の看板が立っている。
カーナビによっては、酒々井小学校南側の道(上の地図、「避けるべきルート」)を西に行く案内をするかもしれないが、小学校の西側で道やカーブがかなり細くなっており、田んぼに脱輪の恐れあり。オススメしない。






見学のしかた



城跡と駐車場の入口には門がなく、いつでも見学できる。
入場無料。

城跡の土地はほとんどが私有地らしい。ところどころに畑があったり梅の木が植わっているので注意。

オススメの順路と見学ポイントの解説が載ったPDFパンフレットを、酒々井町公式サイトからダウンロード(2.7MB)できる。

城跡のところどころに、QRコードが付いた案内用の道標がある。スマートフォンをQRコードにかざすと、酒々井町公式サイト内、本佐倉城跡のページにつながる。
b0212342_13312200.jpg


酒々井ふるさとガイドの会によるガイドツアーもあり。少人数対応可。要予約。

駐車場に簡易トイレあり。
b0212342_09513869.jpg







史跡の説明



本佐倉城跡(もとさくらじょうあと)は、今から約500年前の室町時代、1470年前後に造られた中世戦国時代の城跡です。当時水上交通の大動脈であった印旛浦(今の印旛沼)に面し、主要街道が交差する陸上交通の要衝の地に築かれました。城の主は千葉氏一族。約100年間で9代の城主が本佐倉城を本拠地としました。治めていた国は下総国(現在の千葉県北部と茨城県南部)で、関東でも有数の名族でした。しかし、豊臣秀吉の天下統一により、敵対していた千葉氏は1590年に滅亡。江戸時代初期に本佐倉城は廃城となりました。
城は、千葉県内最大級である面積約35万㎡の規模を誇り、7つの内郭と3つの外郭から構成されていました。防御性の高い内郭群は城主のための郭、広大な外郭群は家臣の屋敷地および軍団の駐屯地と考えられ、さらにその周囲に城下町が形成されました。本佐倉城は石垣を使わない「土の城」。全て土の造成によって構築された大規模な空堀や土塁には、雄大な「折れ」「出枡形」「隅枡形」が明瞭に残り、戦国時代の城郭の特徴を見ることができます。このように本佐倉城跡は中世城郭の形をよく留める城跡として貴重であり、平成10年(1998年)に国の史跡に指定されました。
←現地案内看板、酒々井町(しすいまち)公式サイト

城跡の郭や空堀、虎口(出入り口)などの画像や解説は、こちらのフォトギャラリーへ。

b0212342_09595109.jpg


文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-03-06 17:28 | 千葉 | Comments(0)

ざきみじょうあと

15世紀初頭、竣工。
国指定史跡*1  昭和47年(1972年)指定。
世界文化遺産  「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つ。平成12年(2000年)登録。




座喜味城は、15世紀の初頭、築城家としても名高い護佐丸(ごさまる)によって築かれたといわれる。護佐丸は当初、座喜味の北東約4kmにある山田グスク(=城)に居城していたが、1416年(1422年の説もあり)中山尚巴志(ちゅうざんしょうはし)の北山城(ほくざんじょう)攻略に参戦、北山攻略後は戦後処理のため、一時北山城にとどまったといわれ、その間に座喜味の地へ築城を開始したという。国王の居城である首里城と緊密な連携を図るという防衛上の必要性から、首里城より眺望可能な丘陵上に立地し、北山が滅びた後も沖縄本島西海岸一帯に残存していた旧北山勢力を監視するという役目を担っていた。
城跡は座喜味部落北側の小高い丘、標高120mあまりの名護層からなる台地を石灰岩の切石積(きりいしづみ)で取り囲んで築かれており、城は二つの郭からなる連郭式(れんかくしき)の形態になっている。城郭内の面積は約4012㎡で、沖縄のグスクとしては中規模である。
この城は一の郭と二の郭に分かれており、アーチの門がそれぞれ一つずつ造られている。
座喜味城跡は1972年の沖縄本土復帰に伴って国の史跡に指定され、翌年の10月から沖縄県で初めて史跡整備事業が文化庁と県の補助を受けて開始された。整備事業に伴う遺構発掘調査がなされた結果出土した遺物は、グスク系土器と須恵器(すえき)が少量、中国製陶磁器や古銭などがあり、これらの出土品中最も多いのは中国製の青磁と陶器で、これらの中国陶磁からみると、15世紀から16世紀までのものが見られることから、座喜味城は護佐丸が1440年に中城城へ移った後も使用されていたと考えられる。
遺構については一の郭の北側に間口約17m、奥行き約15mの石組が発掘され、この中に建物が立っていたと思われる。しかし瓦などは出土しないことから、屋根は板葺きか茅葺の建物であったと推定され、また一の郭内の南側では城壁を作る以前の柱穴(ちゅうけつ)群も発見され、出土遺物からそれほどの時代差はないものの、一の郭内において二つの時期の遺構が確認された。
城跡は第二次世界大戦において、一の郭内に日本軍の高射砲陣地が築かれ、戦後も米軍のレーダー基地が建設されたが、整備の始まった翌年返還された。城壁は1982年に修復を完了した。城壁の上に立つと首里、那覇をはじめ本島西側本部半島や東シナ海に浮かぶ慶良間諸島、久米島、伊江島、伊平屋諸島が眺望できる要害の地にある。*2 *3



b0212342_22151174.jpg城跡入り口の駐車場に面して、読谷村立美術館、歴史民族資料館がある。
今回は時間の関係で立ち寄らなかった。

b0212342_22172964.jpg駐車場内にある、世界遺産登録の記念碑。

b0212342_22184429.jpg駐車場から城跡に向かう階段が始まる。


城跡に向かう途中には、松林。
b0212342_2220437.jpg


b0212342_0584796.jpg松林の途中にあった現地案内看板の、航空写真。下記「見学メモ」内の地図からgoogle earthにいって見ると、結構キレイな画像で見られる。


そして松林を抜けると、石垣が見えてくる。画面がやや暗いが、この日は風が非常に強く、雨も混じっていた。差していた傘はこの辺りですでにブッとんで、使いモノにならなくなった。
b0212342_22204470.jpg


外側の石垣と、二の郭へのアーチ門、「追手門」*2
b0212342_101244.jpg

b0212342_10384.jpgアーチの中央部には、細いクサビ型の石がはめ込まれている。これは他のグスクでは見られない形。この石門は沖縄では最古のアーチ型の石門。*3


以下、二の郭。
b0212342_124087.jpg

b0212342_131244.jpg


一の郭へのアーチ門、石造拱門*2。
b0212342_135258.jpgb0212342_143589.jpg

b0212342_151624.jpg

b0212342_155328.jpg

b0212342_162372.jpg

b0212342_165182.jpgにょっきりと突き出す石の柱は、1843年(中国年号の道光23年)に設置された座喜味親方の「寄進灯籠」。座喜味親方とは毛恒徳座喜味親方盛普のことで、毛氏は護佐丸の子孫である。座喜味親方が江戸への慶賀使として無事任務を果たしたお礼として城内の神に灯籠を寄進したのだろう。*4

b0212342_175571.jpg

b0212342_182027.jpg

b0212342_185099.jpg

b0212342_191011.jpg

b0212342_193080.jpg

今回は事前の調査不足で、一の郭にある建物跡は撮影しなかった。





見学メモ
アクセス
地図
<バス>
沖縄本島内の鉄道は、那覇市内のごく一部を走るモノレール「ゆいレール」1本のみであり、それ以外の公共交通機関とはすなわち、路線バスとなる。沖縄本島ではバスの路線網が全島をカバーしており、那覇市街中心部に近い「那覇バスターミナル」から、乗り継ぎも含めるとほぼ全域に行くことができる。ただし遠方へは1時間以上かかる場合も珍しくない。路線バスは琉球バス交通沖縄バス東陽バス那覇バスの4社が主に運行しており、路線の系統番号は全社共通となっている。こちらのサイトだと全ての運行会社の全ての路線が非常に見やすく掲載されており、時刻表、料金も見られてとても参考になる。ただし公式サイトではないので、最新の情報に関しては各運行会社に問い合わせるのがベターだろう。
で、座喜味城跡へ行く場合は、29系統、「座喜味」停留所から徒歩約9分=約600m。「那覇バスターミナル」からの直行便だと約1時間。2~4時間に1本しかない。このようなバスの旅も、沖縄独特の情緒を楽しむのならそれなりにオススメである。一方「那覇バスターミナル」発「読谷バスターミナル」行きの28系統だと、1時間に3~4本運行しており、「高志保入口」停留所から徒歩約19分=約1.5km。
<クルマ>
沖縄は圧倒的に車社会であり、ハッキリ言って那覇市の市街地や首里地区以外を訪問するのなら、クルマのほうが断然便利である。レンタカー料金も、沖縄地方のみで営業するローカルな会社なら、タクシーの運転手さんが「あんなに安いと我々も商売上がったりです~」とこぼすほど格安な会社、プランがある。具体的な社名や料金の記述は差し控えるが、「沖縄 レンタカー」で検索すれば容易に見つかる。格安とはいえ、自分が今まで利用した会社のクルマ・サービスは十分満足のいくものだった。沖縄本島ドライブの注意点は、自分の実感としては、1、那覇市街での朝と夕方のラッシュがひどい。2、時刻によって道路の中心線が移動、つまり車線が増減する道がところどころにあり、初めてだと結構とまどう。というところか。いずれもレンタカー会社で説明してくれる。
で座喜味城跡周辺の駐車場。座喜味城跡入口に20台ほど留められる無料駐車場があり、雰囲気的に満車になることはあんまりなさそう。

普段の見学
見学は常時可能。(現地には時刻によって開閉するようなゲートは見つけられなかったし、開場時間が決まっているという情報も見つけられなかった) 無料。

特別公開
特になし。

問い合わせ
読谷村役場へ。



*1 用語解説
*2 文化庁文化財等データベース 
*3 文部省、沖縄県、読谷村による現地案内看板
*4 読谷村公式サイト、座喜味城跡案内ページ
by h9w457y8i | 2011-06-13 01:31 | 沖縄 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。