サイトマップ > 静岡県 江戸時代以前の文化財 > 願成就院跡

b0212342_10561406.jpg

願成就院(がんじょうじゅいん)は、鎌倉時代初期に北条時政(ほうじょう ときまさ。源頼朝の義父。鎌倉幕府の初代執権)により創建された寺です。1189年、源頼朝が逆臣とした弟の源義経を討つために奥州・平泉を攻め、その勝利を祈願するために建てたとされています。寺の大御堂には国宝に指定された仏像が複数安置されています。時政の死後も、北条氏によって寺の整備は続き、多くのお堂や塔が立ち並び、宇治の平等院や平泉の毛越寺のような大きな池も作られたようです。
昭和48年(1973年)、国の史跡に指定されています。


願成就院 フォトギャラリー (39枚)



アクセス


願成就院跡はオレンジマーカー1
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
伊豆箱根鉄道 駿豆(すんず)線 伊豆長岡駅から、徒歩15分(1.1km)。


バス
伊豆長岡駅よりも近いところに、バス停はなさそうです。


駐車場
お寺付属の参拝者用無料駐車場があります。
駐車場の入り口は、上の地図、緑マーカー3。
収容台数 普通車 20台。
駐車場から願成就院までは徒歩約4分(300m)。






見学のしかた


願成就院の拝観時間、拝観料などの最新情報は、願成就院公式サイトへ。

2019.2
拝観時間 10:00〜16:00
拝観料 500円
休館日 毎週火・水曜日

大御堂の中には国宝の仏像が複数ありますが、堂内では写真撮影は禁止です。

3
b0212342_11480923.jpg

4
b0212342_11490627.jpg

5
b0212342_11491767.jpg

6
b0212342_11493047.jpg

7
b0212342_11494093.jpg

8
b0212342_11502021.jpg

寺から守山へと登る途中。この階段の上に守山八幡宮があります。結構急で、しんどいですね...。
b0212342_11510946.jpg

b0212342_12142023.jpg

守山八幡宮からけもの道みたいな尾根道を南に行くと...
b0212342_12145367.jpg

守山の頂上、展望台に出ました。
b0212342_12151759.jpg

写っているのは富士山。ちょっとしたハイキング気分を味わえます。
b0212342_11515684.jpg

願成就院 フォトギャラリー (39枚)

文化財分布マップ

この記事は現地案内看板、伊豆の国市公式サイトの記載などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-02-18 06:19 | 静岡 | Comments(0)

サイトマップ > 静岡県 江戸時代以前の文化財 > 伝堀越御所跡

b0212342_15145221.jpg

伝堀越御所跡(でん ほりごえごしょあと)は「堀越公方」と呼ばれた足利政知(あしかが まさとも)の御所があったと伝えられる場所です。ちなみに、文化財の名前の頭に「伝」とあるのは、そう伝えられている、という意味で、「公方(くぼう)」は将軍や殿様、という意味です。
室町時代の後半、大名の勢力争いが激化し、日本各地で戦乱が起こっていました。とくに関東地方は、京都にある室町幕府に従う勢力と対抗する勢力とが激しく争っていました。そこで、将軍の足利義政(よしまさ)が、直接関東地方を支配するため、1457年に鎌倉公方として派遣したのが兄の足利政知です。しかし、政知は戦乱のため鎌倉までたどり着くことができず、韮山の堀越(現在の四日町の一部)の地に館を建てて身を落ちつけました。これにより政知は「堀越公方」と呼ばれました。しかしこの御所も、政知の死後、1493年に北条早雲によって滅ぼされてしまいました。
近年の発掘調査によって、池跡や遣水、建物跡が見つかっていて、都風な公方の生活を知ることができます。現在では一般の人が立ち入ることができる広場になっています。


伝堀越御所跡 フォトギャラリー 8枚の画像



アクセス


伝堀越御所跡は緑マーカー2
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
伊豆箱根鉄道 駿豆(すんず)線 韮山(にらやま)駅 西口から、徒歩約13分(1.0km)。


バス
韮山駅よりも現地に近いバス停はないようです。


駐車場
付属の駐車場はありません。
ただ、史跡入口(上の地図、緑マーカー1)に乗用車が1〜2台駐車できるスペースはあります。

b0212342_15310678.jpg






見学のしかた


屋外の広場であり、入場を制限する門はありませんので、24時間いつでも立ち入って見学できます。

b0212342_15315102.jpg

広い広場を一通り歩いてみましたが、遺跡だと実感できるものは入口の案内看板以外見つけられませんでした。

b0212342_15320259.jpg

伝堀越御所跡 フォトギャラリー 8枚の画像

文化遺産分布マップ

この記事は、現地案内看板、伊豆の国市公式サイトを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-01-21 15:37 | 静岡 | Comments(0)

天城山隧道

国指定重要文化財
天城山隧道
あまぎさん ずいどう


アクセス見学のしかたこちらのブログ記事へ。

b0212342_13530551.jpg

 天城山隧道(通称、旧天城トンネル)は,伊豆半島ほぼ中央部にある天城峠付近の標高約710m地点にある、石造りのトンネルである。
 三島と下田を結び伊豆半島を縦断する下田街道の改良工事の一環として,明治33年(1900年)に起工,同37年(1904年)に竣工した。全長444.5m,幅4.1m、高さ4.2mの規模で,現代のトンネルと比較すると小さめだが、我が国に現存する石造道路隧道の中で最長かつ最古。トンネル両端の坑門および内部全体が切石積で作られ、石は旧大仁町の吉田石が使用されている。川端康成の小説「伊豆の踊子」をはじめ多くの文学作品に登場するトンネルとして広く親しまれている。
 技術的完成度が高く、明治後期を代表する隧道であるとして、平成13年(2001年)、道路隧道としては全国で初めて、国の重要文化財に指定された。


静岡県の近代文化遺産リスト


以下、北側の入口
b0212342_16085786.jpg
b0212342_16090698.jpg
b0212342_16092804.jpg
b0212342_16092254.jpg

以下、トンネル内部
b0212342_16103476.jpg
b0212342_16102345.jpg
b0212342_16101882.jpg
b0212342_16101437.jpg

以下、南側の入口
b0212342_16121970.jpg
b0212342_16122954.jpg
b0212342_16123986.jpg


静岡県の近代文化遺産リスト



by h9w457y8i | 2016-06-10 13:53 | 静岡 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。