タグ:世界遺産 ( 179 ) タグの人気記事

サイトマップ > イタリアの世界遺産 > ローマ > コロッセオ

b0212342_07412391.jpg

コロッセオはイタリアの首都ローマの中心部にある、古代ローマ帝国時代の巨大な円形闘技場の遺構です。ラテン語では「コロシアム」で、そのまま「競技場」を指す英語の語源となっています。長径188m、短径156m、高さ49mという規模を誇り、その巨大さはローマの力と不滅の象徴でした。ウェスパシアヌス帝(9~79年)治世下の西暦75年、皇帝ネロ(37~68年)の黄金宮殿庭園内に建設が始まり、完成まで5年を要したと言われています。4階建てになっていて、1階はドリス式、2階はイオニア式、3階はコリント式というように、それぞれ異なる形式の美しいアーチのある構造物で構成されています。競技場の地下には深さ6mもある迷路のような空間がむき出しになっており、ここからライオンやヒョウなどの猛獣を闘技場に送り出す人力エレベーターが設けられ、大観衆の中で剣闘士と猛獣の戦いが繰り広げられました。地震による倒壊、また中世に石切場として利用されたため、一部が崩れかけたような状態で残されています。
コトバンク


コロッセオ フォトギャラリー


スマートフォンはこちらのマップ


ローマ地下鉄 B線 コロッセオ駅から徒歩1分。

開館時間 季節によって大きく異なる。下の「1. 予約チケットの買い方」で、予約できる時間を参照。
ただし、2018.6.1以降(ハイ・シーズンという意味だとは思うが詳細は不明)は入場時刻の予約がない場合、14:00からしか入場できない。

休館日 1月1日、5月1日、12月25日。

コロッセオに入るためには入場券が必要。チケットは、コロッセオ、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘の入場券がセットになっている。
チケット料金 12ユーロ 2018.6

なお、旅行会社「Voyagin」のサイトなら、事前に日本語でコロッセオ優先入場チケットを買うことができる。
17.5ユーロ。2018.6
詳細なコロッセオへの入場案内も書かれていて、見るだけでもオススメ。



コロッセオのチケットを買う方法は、次の3つがある。以下に詳述する。
1. 事前にネットで入場時刻を予約してチケットを買う。
2. 事前にネットで時刻を指定せずにチケットを買う。
3. 現地でチケットを買う。



1. 事前に入場時間を指定する、予約チケットの買い方

事前に入場時間を決めてネット予約 & チケット購入できる。コロッセオへは指定された時刻1回のみ入場可能。フォロ・ロマーノとパラティーノの丘へは、指定された連続した二日間の間に1回の入場が可能。2ユーロの予約料が追加で必要。

コロッセオ チケット予約公式サイト(英語)へ。

画面下の方、左側、「ticket with scheduled entrance time for individuals and for groups」へ。

上から、three monthly、monthly、weeklyの三段がある。
それぞれ、3ヶ月先まで、1ヶ月先まで、1週間先までの予約ページ。予約は3ヶ月前から受け付けている。
3つのうち、いずれかの「BUY NOW」アイコンをクリック。

カレンダーが表示されるので、その中から入場希望日を選ぶ。

その下に、8:35〜17:35の入場時刻と、予約可能かどうか、可能な場合は何人分の余裕があるかが表示される。
緑色の「Available」あるいは「Disponibile」は、予約可能。希望する時刻の緑色のアイコンをクリック。
赤色の「Not Available」あるいは「Non Disponibile」は予約不可。

次のページはイタリア語。
上から4番目、「BIGLIETTO INTERO ingresso singoli」の欄の右側、+かーのボタンを操作し、人数を表示させる。
右下の「Add to Cart」をクリック。
上から2番目はガイド付きのチケット。

前の画面(赤、あるいは緑のアイコンが表示されている画面)に戻る。右側にカートの中身が表示されているので、それで良ければ「Check Out」をクリック。

氏名、メールアドレス、クレジットカード情報を入力。最後に「I HAVE READ AND ACCEPT 〜」の文章が二つ表示されるので、その左端にチェック・マークを入れ、「BUY NOW」をクリック。

これで入力したメールアドレスにチケットが送られてくるので、プリントアウトして現地に持っていく。



2. 入場時間の予約なしで、事前にネットでチケットを買う場合

連続した二日間の間で、コロッセオ、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘に、それぞれ1回の入場が可能。時間はそれぞれバラバラでもいい。
このチケットの場合、6月1日以降は、14:00以降しか入場できない。

コロッセオ チケット予約公式サイト(英語)へ。

画面中ほどの「BUY NOW」をクリック。
「Full Ticket + Reservation Fee」の欄の「Choose Option」をクリック。

画面左側、「Non European citizen」を選択。
画面右下で必要な人数を+, −で選択。
「Add to Cart」をクリック。

画面の右側にカートの中身が表示されるので、「Check Out」をクリック。

氏名、メールアドレス、クレジットカード情報を入力。最後に「I HAVE READ AND ACCEPT 〜」の文章が二つ表示されるので、その左端にチェック・マークを入れ、「BUY NOW」をクリック。

これで入力したメールアドレスにチケットが送られてくるので、プリントアウトして現地に持っていく。

↓ 事前にチケットをネットで購入した人は、入場時間の予約がある場合もない場合も、ここで入場手続きをする。上の地図、マーカー1



3. 事前にネットでチケットを買わずに、当日現地でチケットを買う場合

上の地図、マーカー2へ向かう。そこまでは長い行列ができており、日にち、時間によって行列の最後の部分がどこにあるかは大きく異なるらしい。管理人が4月の平日、朝9時に並んだ時は、マーカー2に近いところに行列の最後があった。並んだ時間は10分くらい。


長い行列ができている場合は、フォロ・ロマーノの入口(上の地図、青マーカー3か4)かパラティーノの丘の入口でコロッセオへの入場券を含む共通チケットを売っているのでそちらに行って買うという手もある。

↓ マーカー2の位置にある、当日チケット販売カウンター。


↓ 当日チケット販売カウンターのそばには、オーディオガイドの貸し出しカウンターがある。日本語あり。5.5ユーロ。2018.6


↓ チケットを買い、入場。コロッセオの中にはこんな感じで英語とイタリア語の案内板があちこちにある。



見学に必要な時間は、約1時間。

場内にトイレあり。飲食店、飲食スペースなし。飲み物の持ち込みは可能。

コロッセオの見学用収容人数は約3,000人。これを超えそうな時は入場制限を行う。事前に入場時間を予約してあっても、制限にかかって入場が遅れる場合がある。

入場前に手荷物のセキュリティ・チェックあり。大きな荷物やリュックサックは持ち込みを禁止されることがある。


b0212342_07460207.jpg

b0212342_07461795.jpg

b0212342_07461324.jpg

b0212342_07460936.jpg

コロッセオ フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-09-13 07:51 | イタリア | Comments(0)

サイトマップ > イタリアの世界遺産 > ローマ


フォロ・ロマーノ


ローマにはフォロ・ロマーノやコロッセオなどのローマ帝国の遺跡、そしてサンタンジェロ城やファルネーゼ宮殿などの中世の建築物が残されており、紀元前から始まる古い町の歴史を物語っています。バチカン市国の教皇領にある聖パウロの墓の上に建てられたサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂はローマ帝国衰退期の4世紀末、初期キリスト教時代に建てられた教会で、バジリカ式教会では最大。1923年の火災で被害を受け、後に慎重に修復されました。
1980年に世界文化遺産に登録。1990年にはアウグストゥスの霊廟、ハドリアヌス帝の霊廟であるサンタンジェロ城が追加登録されています。ローマ歴史地区では特定の建造物が遺産の構成要素となっているのではなく、登録された地域全体が世界遺産となっています。
ユネスコ公式サイト




b0212342_08372777.jpgコロッセオ
西暦75年に建造が始まった闘技場。かつては剣闘士同士や剣闘士と猛獣の戦いが繰り広げられ、ローマ市民を熱狂させた。一般公開。
map 41.89021, 12.49223

b0212342_09285472.jpgパンテオン


by h9w457y8i | 2018-09-12 07:13 | イタリア | Comments(0)

サイトマップ > イタリア世界遺産リスト

文化遺産

自然遺産

文化財分布マップ



ローマ歴史地区、コロッセオ
.


文化遺産



アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ

アグリジェントの遺跡地域

アッシージ、聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群

アマルフィ海岸

アラブ-ノルマン様式のパレルモおよびチェファルとモンレアーレの大聖堂

アルプス山系の先史時代杭上住居跡群

アルベロベッロのトゥルッリ

イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡(568〜774年)

ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々(シチリア島南東部)

ヴァルカモニカの岩絵群

ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群

ヴィッラ・アドリアーナ(ティヴォリ)

ヴィッラ・ロマーナ・デル・カサーレ

ヴェネツィア共和国建造の16-17世紀における軍事防衛施設

b0212342_08361446.jpgヴェネツィアとその潟

ヴェローナ市

ウルビーノ歴史地区

オルチア渓谷

カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョ邸宅群

クレスピ・ダッダ

サヴォイア王家の王宮群

サン・ジミニャーノ歴史地区

シエナ歴史地区

ジェノヴァ:レ・ストラーデ・ヌオーヴェ とパラッツィ・デイ・ロッリ制度

シラクーザとパンタリカの岩壁墓地遺跡

スー・ヌラージ・ディ・バルーミニ

チェルヴェテリとタルキニアのエトルリア古代都市群

ティヴォリのエステ家別荘

デル・モンテ城

トスカナ地方のメディチ家の別荘と庭園群

ナポリ歴史地区

パエストゥムとヴェリアの古代遺跡群を含むチレントとディアノ渓谷国立公園とパドゥーラのカルトゥジオ修道院

パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ

ピエモンテの葡萄畑景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラート

ピエンツァ市街の歴史地区

ピサのドゥオモ広場

b0212342_08364568.jpgフィレンツェ歴史地区

フェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯

ポルトヴェネーレ、チンクエ・テッレ及び小島群(パルマリア、ティーノ及びティネット島)

ポンペイ、エルコラーノ及びトッレ・アヌンツィアータの遺跡地域

マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園

マントヴァとサッビオネータ

モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカ及びグランデ広場

ラヴェンナの初期キリスト教建築物群

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院

レーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

b0212342_08372777.jpgローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂
ローマ歴史地区として指定された地域全体が世界遺産。これに加えて、教皇領、サン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂が飛び地的に登録されている。左画像はローマ歴史地区のコロッセオ。
map 41.88809, 12.48544







自然遺産


エオリア諸島

エトナ山

カルパチア、およびヨーロッパの他地域における古代のブナ林

サン・ジョルジオ山

ドロミーティ


by h9w457y8i | 2018-09-11 08:41 | イタリア | Comments(0)

サイトマップ > 鹿児島県 近代文化遺産 > 寺山炭窯跡



幕末の島津藩主、島津斉彬(しまづ なりあきら)は、藩軍備の充実と殖産興業のため、西洋に習った近代的な総合工場地帯を建設しました。それは集成館(しゅうせいかん)と呼ばれ、反射炉をはじめとする製鉄所、近代的な武器や農具、陶磁器などの製造工場などからなっていました。
寺山炭窯跡(てらやま すみがまあと)は、鉄を精錬する反射炉やガラスを作るための燃料、白炭(木炭の一種)を製造するため、寺山の山中に建設された炭窯の跡です。紀州・熊野地方の炭窯を参考として、幕末の1858年に3基の大窯が建設され、今はそのうちの一つが残っています。山中の窪地の斜面に溶結凝灰岩の切石を積み上げたもので、高さ約3m、内部は楕円形で長径約6 x 5m、入口上部にはアーチ状の石が渡されています。炭窯として稼働している時は、粘土でできたドーム型の天井が作られました。ここではシイノキなどを原木として良質な白炭が焼かれ、集成館の生産を支える貴重な燃料となっていました。
平成23年(2011年)に鹿児島市教育委員会が発掘調査を行い、炭窯の稼働状況や煙道を確認しています。平成25年(2013年)、国指定の史跡「旧集成館」の附として同じく史跡に指定、そして平成27年(2015年)には、「明治日本の産業革命遺産製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として,世界文化遺産に登録されました。
文化庁国指定文化財等データベース鹿児島県公式サイト



アクセス


スマートフォンの方はこちらのマップ
寺山炭窯跡は、青マーカー6


最寄りの駅から徒歩
徒歩圏内(徒歩ルート3km以内)に駅はない。


バス
鹿児島中央駅 東口バスターミナル 東13のりば(上の地図、マーカー5)から、鹿児島市営バス 6番系統 上之原(かみのはら)行きバスに乗車。
2〜3時間に1本。乗車時間50分。運賃310円。
バスの中央部ドアから乗車し、整理券を取る。上之原は終点。運賃は運転席横の運賃箱に現金で。両替機は運転席横にある。1,000円札以外の紙幣は両替不可。全国共通交通系ICカードは使用不可。
終点、「上之原」バス停(上の地図、マーカー4)で下車。降車は運転席横の前部ドアから。バス停から現地まで徒歩約35分(2.0km、長い上り坂および急な坂あり)。
時刻表は鹿児島市交通局公式サイトへ。


駐車場
実質、レンタカーかタクシーでのアクセスが最も現実的。
タクシー乗り場がある最寄駅はおそらくJR鹿児島駅で、駐車場がある寺山ふれあい公園までは約10km、タクシー料金は片道約3,300円。

最寄りの駐車場は炭窯跡見学用の臨時駐車場(上の地図、マーカー1)。駐車場から現地まで徒歩約4分(200m。急な坂あり)。収容台数はおそらく10台ほど。無料。

臨時駐車場が使えない場合は、寺山ふれあい公園付属の無料駐車場へ。マーカー3。収容台数50台以上。24hr。無料。駐車場から自然歩道入口(マーカー2)を経由して、徒歩約10分(700m。急な坂あり。車椅子ではおそらくアクセスできない)。

寺山ふれあい公園駐車場入口。上の地図、マーカー3
b0212342_11202300.jpg

寺山ふれあい公園駐車場。
b0212342_11203109.jpg

自然遊歩道入口。マーカー2
b0212342_11212947.jpg

自然遊歩道の様子。
b0212342_11222588.jpg

b0212342_11223387.jpg

b0212342_11223788.jpg







見学のしかた



屋外の施設であり、常時見学が可能。

寺山炭窯跡の構造の解説や模型が、旧鹿児島紡績所技師館(記事編集中)の中に展示されている。寺山炭窯跡からクルマで約10km。

旧鹿児島紡績所技師館の展示物
b0212342_11440110.jpg

b0212342_11435716.jpg

b0212342_11435354.jpg


1
b0212342_11484618.jpg

2
b0212342_11485542.jpg

3
b0212342_11451933.jpg

4
b0212342_11492946.jpg

5
b0212342_11493452.jpg

6
b0212342_11495130.jpg

7
b0212342_11495580.jpg

8
b0212342_11495954.jpg

9
b0212342_11502294.jpg

水源地
b0212342_11503258.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-08-31 12:30 | 鹿児島 | Comments(0)

鹿児島県 近代文化遺産

サイトマップ > 鹿児島県 近代文化遺産

国指定重要文化財

国登録有形文化財

国指定史跡

文化財分布マップ


国指定重要文化財 旧鹿児島紡績所 技師館



国指定重要文化財



泉家住宅
いずみけ じゅうたく
奄美大島の民家。内部非公開。外部見学がどの程度できるのか不明。資料もネット上では見つけられず。

b0212342_12404882.jpg鹿児島旧港施設
かごしま きゅうこうしせつ
新波止(しんはと)、一丁台場(いっちょうだいば)、遮断防波堤
江戸時代末期から明治時代にかけて造られた。周囲は埋め立てられ公園として整備されており、常時見学可能。
map 31.59459, 130.56377

b0212342_12414365.jpg旧鹿児島紡績所 技師館
きゅう かごしまぼうせきじょ ぎしかん
瓦葺き木造二階建て、擬洋風建築の住宅建築。明治期以降多くの西洋建築が日本に建てられたが、この建物は幕末(1866年)に建てられており、この種の建築の中では日本最古。世界遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つ。一般公開。
map 31.61561, 130.57419

b0212342_12423960.jpg旧集成館機械工場
きゅう しゅうせいかん きかいこうじょう
幕末の薩摩藩近代化施策、集成館事業の一環として建てられた。世界遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つ。現在は博物館として一般公開。
map 31.61731, 130.57629






国登録有形文化財(一部)



b0212342_12433588.jpg磯工芸館(旧島津家吉野殖林所)
いそ こうげいかん(きゅう しまづけ よしのしょくりんじょ)
明治42年(1909年)の建築。昭和61年(1986年)に現在地に移築された。現在は復刻版薩摩切子の展示販売店として一般公開。
map 31.6167, 130.57575

b0212342_12442114.jpg磯珈琲館
いそ こーひーかん
明治37年(1903年)に鉱山事務所として建てられた。現在はスターバックス 鹿児島仙巌園店として営業している。
map 31.6168, 130.57537

b0212342_12482049.jpg鹿児島旧港 北防波堤灯台
かごしまきゅうこう きたぼうはてい とうだい
昭和9年(1934年)の建造。ガス灯による灯台。公園内にあり、外観のみ常時見学が可能。
map 31.59197, 130.56481

b0212342_12491459.jpg鹿児島県立博物館(旧鹿児島県立図書館)
かごしまけんりつ はくぶつかん
昭和2年(1927年)竣工。
map 31.59405, 130.55272

b0212342_12495646.jpg鹿児島県立博物館考古資料館
かごしまけんりつ はくぶつかん こうこしりょうかん
明治16年(1883年)竣工。県立興業館として建設され、鹿児島の産業振興に大きな役割を果たしたとされる。現在は廃墟同然であり内部非公開だが、公園に面しているので外観はいつでも見学可能。
map 31.59441, 130.55207

b0212342_12503621.jpg鹿児島市中央公民館
かごしまし ちゅうおうこうみんかん
昭和2年(1927年)竣工。開館時間、アクセスなどの情報は鹿児島市公式サイトへ。
map 31.59532, 130.55444

b0212342_12520695.jpg鹿児島市庁舎 本館
かごしましちょうしゃ ほんかん
昭和12年(1937年)竣工。
map 31.59654, 130.55710

b0212342_12525745.jpg旧鹿児島県庁舎正面門
きゅう かごしまけんちょうしゃ しょうめんもん
大正14年(1925年)の造作。
map 31.59909, 130.55835

b0212342_12534168.jpg旧鹿児島県立尋常中学校門
きゅう かごしまけんりつ じんじょうちゅうがっこう もん
明治27年(1894年)の造作。
map 31.59977, 130.55723

b0212342_12543816.jpg県政記念館(旧鹿児島県庁舎本館)
けんせいきねんかん
大正14年(1925年)竣工。現在残っているのは旧県庁舎本館中央の玄関と階段室周辺のみ。明治時代の鹿児島の様子、県庁のあゆみなどの資料を展示。一般公開。
map 31.59904, 130.55691

b0212342_12551900.jpg南日本銀行本店
みなみにほんぎんこう ほんてん
昭和12年(1937年)竣工。元は鹿児島無尽株式会社鹿児島支店として建築された。
map 31.59464, 130.55689







国指定史跡



b0212342_12561497.jpg関吉の疎水溝
せきよしの そすいこう
元々は1700年代前半に、薩摩藩主島津家別邸への給水と流域灌漑のために作られた。幕末に集成館事業(薩摩藩の工業近代化事業)の動力水車などのために流路が一部変更された。世界遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄製鋼、造船、石炭産業」の構成要素の一つ。屋外にあり常時見学可能。
map 31.64705, 130.55222

b0212342_12565468.jpg寺山炭窯跡
てらやま すみがまあと
幕末の1858年築造。薩摩藩近代化のための工場地帯、集成館の燃料として、良質な炭を製造していた。世界遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄製鋼、造船、石炭産業」の構成要素の一つ。屋外にあり常時見学可能。
map 31.66214, 130.60063


by h9w457y8i | 2018-08-30 12:36 | 鹿児島 | Comments(0)


サイトマップ > インドの世界遺産 > クトゥブ・ミナール > フォトギャラリー

1
b0212342_19182711.jpg

2
b0212342_19183688.jpg

3
b0212342_19184422.jpg

4
b0212342_19185761.jpg

5
b0212342_19190570.jpg

6
b0212342_19194178.jpg

7〜10 アラーイ・ミナール。完成していればクトゥブ・ミナールを超える巨大な塔になっていたといわれる。
7
b0212342_19214714.jpg

8
b0212342_19215279.jpg

9
b0212342_19220104.jpg

10
b0212342_19220856.jpg

11
b0212342_19230023.jpg

12〜17 イレトゥミシュ廟
12
b0212342_19230623.jpg

13
b0212342_19231335.jpg

14
b0212342_19231943.jpg

15
b0212342_19232506.jpg

16
b0212342_19265082.jpg

17
b0212342_19265710.jpg

18
b0212342_19305195.jpg

19
b0212342_19310345.jpg

20
b0212342_19310839.jpg

21
b0212342_19314879.jpg

22
b0212342_19322110.jpg

23
b0212342_19323322.jpg

24
b0212342_19324080.jpg

25
b0212342_19325162.jpg

26
b0212342_19333209.jpg

27
b0212342_19334724.jpg

28
b0212342_19335544.jpg

29〜31 アライ・ダルワーザ
29
b0212342_19382706.jpg

30
b0212342_19384834.jpg

31
b0212342_19393242.jpg

32〜44 クトゥブ・ミナール
32
b0212342_19414382.jpg

33
b0212342_19415206.jpg

34
b0212342_19420939.jpg

35
b0212342_19423939.jpg

36
b0212342_19434838.jpg

37
b0212342_19435679.jpg

38
b0212342_19440333.jpg

39
b0212342_19441115.jpg

40
b0212342_19442093.jpg

41
b0212342_19453721.jpg

42
b0212342_19454376.jpg

43
b0212342_19454852.jpg

44
b0212342_19455983.jpg

45
b0212342_19471805.jpg

46
b0212342_19474061.jpg

47
b0212342_19474695.jpg

48
b0212342_19475332.jpg

49
b0212342_19475740.jpg

50
b0212342_19480615.jpg

51
b0212342_19485029.jpg

52
b0212342_19490747.jpg

53
b0212342_19491683.jpg

54〜60 クワットゥル・イスラーム・モスク
54
b0212342_19512145.jpg

55
b0212342_19512801.jpg

56
b0212342_19521512.jpg

57
b0212342_19523777.jpg

58
b0212342_19524250.jpg

59
b0212342_19524749.jpg

60
b0212342_19525267.jpg

61
b0212342_19544387.jpg

62
b0212342_19545053.jpg

63
b0212342_19545488.jpg

64
b0212342_19550092.jpg

文化遺産分布マップ

by h9w457y8i | 2018-03-05 08:59 | インド | Comments(0)


サイトマップインドの世界遺産クトゥブ・ミナール


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_16444468.jpg




アクセス




スマートフォンの方はこちらのマップ


旅行会社の現地オプショナル・ツアー
JTBのサイトに、デリーの観光名所を巡る現地参加型ツアーが紹介されており、その中にクトゥブ・ミナールが入っていた。1日140アメリカドルから。


最寄りの駅から徒歩
デリーメトロ(地下鉄) Yellow Line、Saket駅(サケット。上の地図、マーカー3)から、徒歩約25分(1.6km)。
メトロ自体は安全だが、駅からの女性一人での徒歩は避けたほうがいいかもしれない。それほど危険という雰囲気ではないけれど、慣れていないとカオスな雰囲気にちょっと気が引けると思う。


タクシー
タクシーをチャーター。ニューデリー中心部からだと、片道約1時間〜1時間30分。往復と見学合わせて4時間前後のチャーター。1,000〜2,000ルピー(1,800〜3,600円)。タクシーの種類や運転手との交渉次第。

b0212342_17282200.jpg

↓ こういうのは、乗り心地よりも何よりも旅情を最優先、という方向き。
b0212342_17282763.jpg

b0212342_17424018.jpg






見学のしかた



開園時間 7:00〜17:00
入園料 500ルピー(約900円)
休園日 不明。
←現地案内看板

↓ チケット売り場。上の地図、マーカー1。一番右が外国人用の窓口。それ以外はインド国民用の窓口で、入園チケットが30ルピーで売られている。
b0212342_17351758.jpg

↓ チケット売り場では、このようなプラスチック製のトークンを手渡される。
b0212342_17370830.jpg

↓ チケット売り場から道路を挟んで向かい側に、入口がある。上の地図、マーカー2。
b0212342_17361264.jpg

↓ 入口もインド国民と外国人で分けられている。外国人は一番左。
b0212342_17370291.jpg

↓ セキュリティ・チェックを受けた後、トークンを自動改札機みたいな機械にタッチして中に入る。
b0212342_17414003.jpg







遺産の説明



ニューデリーの南郊外約15kmに位置するインド最古のイスラム遺跡群。1192年、後に奴隷王朝を打ち立てるクトゥブ・ウッディーン・アイバクが、北インドを制圧した記念に建立したのがクトゥブ・ミナールです。本来は礼拝の時を知らせるためのものですが、国内のヒンドゥー教徒たちに対するイスラムの勢力誇示という意味合いが強かったようです。
見上げるクトゥブ・ミナールの高さは約72.5m。5層からなる塔の壁には、コーランの章句やアラベスクが刻まれ、辺りを払うほどの気品と威厳を漂わせています。その傍らに立つのが、クワットゥル・イスラーム・モスク。破壊したヒンドゥー寺院の石材を再利用したため、偶像崇拝を認めないイスラムにありながら、回廊の列柱に女神像が残っています。赤砂岩の塔やモスクは夕陽を浴びてさらに美しく輝きます。
モスクの中庭には、チャンドラヴァルマンの鉄柱が立っています。4世紀に鍛造された高さ約7.2mの鉄柱ですが、雨ざらしにもかかわらずほとんど錆びていないのは、100%に近い、高い純度の鉄が使われているからと言われています。また均整のとれた美しい門、アライ・ダルワーザ、壁を覆うレリーフ彫刻が見事なイレトゥミシュ廟、未完成のアラーイ・ミナールなど、見どころが目白押しです。
阪急交通社公式サイトユネスコ世界遺産公式サイト


b0212342_17460675.jpg






管理人のおすすめポイント



有名なタージマハルよりもずっと手軽に行ける世界遺産。イスラム建築では世界最高の高さを誇る塔は、その迫力だけでなく、表面にびっしりと刻まれた彫刻の緻密さも必見です。それ以外の遺産も、イスラム建築としては珍しいレリーフや形だったりするみたいで、もしもデリーに来ることがあったら、ぜひ訪れて欲しいと思う場所です。


b0212342_18413211.jpg

b0212342_18415715.jpg

b0212342_18421545.jpg

フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-03-04 07:46 | インド | Comments(0)


サイトマップ中国の世界遺産万里の長城フォトギャラリー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37


by h9w457y8i | 2018-01-08 08:23 | 中国 | Comments(0)


サイトマップ中国の世界遺産万里の長城


アクセス(行き方)

見学のしかた

遺産の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_16092733.jpg



アクセス



スマートフォンの方はこちらのマップ


万里の長城の長さは6,200kmあまりとされるが、一般的な観光客が訪れることができるところは限られている。
北京周辺で観光地化された長城では八達嶺(中国語読みは「ばだりん」)が有名だが、近年は観光客が押し寄せ、ビジターセンターも長城も芋洗い状態で、身動きを取るのも困難らしい。知り合いの中国人に聞くと、「八達嶺は人が多すぎるから私なら行かない」とのこと。そして、北京市街から約70kmの「慕田峪(むーてぃえんゆー)ならオススメだよ」と教えてくれたので、そこに行ってみた。

バス
北京地下鉄(乗り方はこちら)2号線・13号線・機場線 東直門駅(东直门站・Dongzhimen Station)のバスターミナルから、916系統バスに乗車。
「懐柔北大街」バス停下車。そこでH23かH24系統のバスに乗り換え。「慕田峪環島」で下車。慕田峪長城の観光案内所まで、徒歩5分。
東直門駅から現地まで、1時間30分〜2時間。
時刻表、料金は不明。

以上はその中国の方に聞いた行き方。慕田峪長城観光公式サイト(英語)でもその行き方が紹介されている。(あまり詳しくは書かれていない)

タクシー
交渉次第で、北京市街から往復500〜1,000元(8,000〜16,000円)。英語が通じるのは稀だが、筆談なら割とすんなり通じる。
現地で観光している間、運転手は待機してくれている。
管理人はタクシーを宿泊先ホテルのコンシェルジュで手配。ホテル側は1,000元と言っていたが、呼ばれたタクシーの運転手と個別交渉し、500元で行ってもらえることになった。






見学のしかた



長城の上辺は遊歩道のように整備されていて歩くことができるが、画像で見てもわかるようにかなり急で長い階段がいくつもあり、ハイヒールでは辛いだけで楽しめないと思う。
夏は酷暑、冬は極寒なので要注意。春か秋がベスト。
標高1,000mの長城に登ってからも、ところどころに売店があり、飲み物は手に入る。またお手洗いも意外と清潔なのが設置されている。中国ではトイレのブースに扉がなく丸見え、というのは昔の話。ちゃんとドアが設置されていた。


↓ バスにしてもタクシーにしても、最初はチケット・オフィス & 観光案内所に向かう。




開場時間、ロープウェイの運行時間、料金に関しては、慕田峪長城観光公式サイト(英語)を参照。

観光案内所をスタートしてから戻ってくるまでの標準的な見学時間は、1.5〜3時間。

2017.12
11月16日〜3月15日 8:00〜17:00
3月16日〜11月15日 平日 7:30〜18:00、土・日 7:30〜18:30
ロープウェイ運行時間 夏期 8:00〜17:00、冬期 8:30〜16:30

入場料 40元(670円)
シャトルバス往復(観光案内所 ⇄ ロープウェイ麓駅) 15元(250円)
ロープウェイ往復 120元(2000円)
リフト往復 120元

まずは入場料とシャトルバス往復代、55元を支払う。
ロープウェーかリフトの往復チケットは、チケット・オフィスでも買えるし、ロープウェーかリフトの麓駅でも買える。

↓ ここから下の説明に出てくる各スポットの位置関係は、こちらのマップ、あるいはこの画像を参照。ちょっと分かりにくいが、画像の赤い点線がロープウェー(地図上では「Cable Car」と書かれている)、青い点線がリフト。拡大画像はこちら


↓ チケット・オフィスを出たら、シャトルバス乗り場へ。途中には土産物店が並んでいる。




↓ 見慣れた飲み物も売っていた。10元(170円)前後。


↓ シャトルバス。10分に1本くらいの頻度で出発する。乗車時間は5分程度。


シャトルバスを降りたら、ロープウェーの麓駅へ。徒歩約10分。シャトルバスを降りて少し坂を登るとロープウェーが見えるので、そっちに登っていく。





↓ ロープウェー頂上駅周辺。


↓ ロープウェー頂上駅から徒歩数分で、この景色。人はまばら。


ロープウェー以外に、スキー場のリフトのような乗り物で頂上まで行くこともできる。リフトの頂上駅はロープウェー頂上駅からは800mほど離れており、長城経由で歩いて行き来できる。

↓ リフト麓駅




↓ リフトは地面から数10mの高いところを通る。高所恐怖症の人は絶対にムリ。


↓ リフト長城駅付近。


↓ リフト頂上駅からは、なが〜い滑り台で麓駅まで降りることもできる。






遺産の説明



万里の長城は、渤海湾沿岸からゴビ砂漠まで全長約6000kmといわれる長大な防壁として築かれた。その起源は春秋時代(紀元前8世紀~同5世紀)にさかのぼり、紀元前3世紀に秦の始皇帝が北方民族の侵入に備えて修築し、さらに西方に延ばした。現在残っている長城はほとんどが明代(14〜17世紀)のものである。
1987年、世界文化遺産に登録された。
←ユネスコ公式サイト/万里の長城ページ

慕田峪長城は北京市懐柔区にあり、長く燦然たる歴史の遺産である。文献によると、この長城は明の初代皇帝、朱元璋(しゅげんしょう)の将軍徐達が、北斉時代(6世紀半ば)に築かれた長城の上に建設したものだという。
慕田峪長城は1987年に「新北京十六景」の一つとされ、1992年には「北京旅遊世界之最(北京観光の世界一)」に選ばれ、2011年には中国政府によりAAAAA級の観光地に認定された。
慕田峪長城の構造は非常に特別である。この長城の見張り台は密集しており、関所は堅固で、城の両側にはともに狭間がある。南東には3つの見張り台と一つの正関台がそびえ立つが、これは他の長城にはあまり見られないものである。北西の長城は海抜1,000mの山稜にあって、刀で削ったような険しい山の峰の上に立っている。この地の長城は山の起伏に沿って連綿と続くので、巨大な龍が飛び立つがごとくである。
慕田峪長城は山に囲まれ、地面の96%が植物に覆われているので、非常に美しい景観を持っている。春には花が爛漫と咲き乱れ、夏には緑が満ち溢れて、水流が響き渡る。秋には一面の紅葉で覆われ、果実がたわわに実り、冬には雪が降り積もり、一面の銀世界となる。北国らしいその美しい景観は、中国のみならず世界中から「万里の長城は慕田峪が最高」との栄誉を得ている。
←現地案内看板








管理人のおすすめポイント



確かに、北京市街から電車1本でさっと行ける八達嶺に比べたら、アクセスは悪いです。でも、3人でタクシーに乗れば、一人あたり3,000円弱で楽々。そして何と言っても起伏に富んだ地形と長城のなす景観が素晴らしいです。慕田峪は人が圧倒的に少ないのもいいですね。記念写真を撮っても、人人人を撮ったのか長城を撮ったのか、どっちなの?となるよりもずっといい。行く価値はもちろんありです。
なお現在では、築かれた当時の石材は、慕田峪長城ではほとんど見ることができません。長城のごく一部にガラス張りの部分があり、そのガラス越しにかつての石材のごく一部がちらっと見える程度です。



フォトギャラリー

世界遺産分布マップ (ユネスコ公式サイト)

by h9w457y8i | 2018-01-06 09:00 | 中国 | Comments(0)


案内所トップロシアの世界遺産ノヴォデヴィチ女子修道院群フォトギャラリー

1
b0212342_07220843.jpg

2
b0212342_09382877.jpg

3
b0212342_09383822.jpg

4
b0212342_09384475.jpg

5
b0212342_09384964.jpg

6
b0212342_09385467.jpg

7
b0212342_09393336.jpg

8
b0212342_09393894.jpg

9
b0212342_09394687.jpg

10
b0212342_09401973.jpg

11
b0212342_09402327.jpg

12
b0212342_09405859.jpg

13
b0212342_09410950.jpg

14
b0212342_09411536.jpg

15
b0212342_09422379.jpg

16
b0212342_09425393.jpg

17
b0212342_09432238.jpg

18
b0212342_09440898.jpg

19
b0212342_09445334.jpg

20
b0212342_09471603.jpg

21
b0212342_09462348.jpg

22
b0212342_09480164.jpg

23
b0212342_09483090.jpg

24
b0212342_09483536.jpg

25
b0212342_09490050.jpg

26
b0212342_09494170.jpg

27
b0212342_09495224.jpg

28
b0212342_09500010.jpg

29
b0212342_09503631.jpg

30
b0212342_09504072.jpg

31
b0212342_09504583.jpg

32
b0212342_09505215.jpg

33
b0212342_09510208.jpg

34
b0212342_09510781.jpg

35
b0212342_09514784.jpg

36
b0212342_09515494.jpg

37
b0212342_09534232.jpg

38
b0212342_09524859.jpg

39
b0212342_09522110.jpg

40
b0212342_09531731.jpg

41
b0212342_09544096.jpg

42
b0212342_09550003.jpg

43
b0212342_09550702.jpg

44
b0212342_09551285.jpg

45
b0212342_09551847.jpg

46
b0212342_09554945.jpg

47
b0212342_09555692.jpg

48
b0212342_09560246.jpg

49
b0212342_09561193.jpg

50
b0212342_09564893.jpg

51
b0212342_09575758.jpg

52
b0212342_09581537.jpg

53
b0212342_09581537.jpg

54
b0212342_09594630.jpg

55
b0212342_10002318.jpg

56
b0212342_10004214.jpg

57
b0212342_10013083.jpg

58
b0212342_10011148.jpg

59
b0212342_10013795.jpg

60
b0212342_10020345.jpg

61
b0212342_10020938.jpg

62
b0212342_10021683.jpg

63
b0212342_10025676.jpg

64
b0212342_10030103.jpg

65
b0212342_10030885.jpg

66
b0212342_10031259.jpg

67
b0212342_10040184.jpg

68
b0212342_10035076.jpg

69
b0212342_10035577.jpg

70
b0212342_10040761.jpg

71
b0212342_10041220.jpg


by h9w457y8i | 2017-10-31 07:23 | ロシア | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。