サイトマップ東京都 近代文化遺産明治神宮宝物殿


2019年1月より当面の間、修復・耐震工事のため全面閉館。再開時期未定。←明治神宮公式サイト/宝物殿案内ページ

1
b0212342_13535681.jpg




アクセス




スマートフォンの方はこちらのマップ
「明治神宮宝物殿」は、上の地図、マーカー1


駅から徒歩
小田急電鉄 小田急線 参宮橋駅(マーカー4)から、徒歩約8分(600m)。
都営地下鉄 大江戸線 代々木駅 出口A1 or A2 (マーカー2)あるいは JR代々木駅 西口(マーカー3)から、徒歩約11分(800m)。
東京メトロ 副都心線 北参道駅 出口1(マーカー1)から、徒歩約11分(800m)。


駐車場
明治神宮付属駐車場あり。無料。駐車場入口は上の地図、マーカー5, 6, 7を参照。
ただし収容可能台数が少ないので、土・日曜日、祝日の駐車は難しいかもしれない。





建物の説明


明治神宮宝物殿(めいじじんぐう ほうもつでん)は、明治天皇・昭憲皇太后にゆかりの品々を収蔵、展示するための施設として、大正10年(1921年)に建てられました。設計者は明治神宮造営局の大江新太郎です。
展示施設の「中倉(ちゅうそう)」を中心として左右対称に複数の建物を配置し、奈良の正倉院を模した、校倉風大床造りなどの独特な和風デザインでまとめられています。文化庁のサイトによると、「わが国の伝統的な建築様式を集成し、力強い造形表現を実現しており、高い価値が認められる」とあります。また、鉄筋コンクリート造りの和風建築としては日本最初期のものであり、建築技術史上においても重要な存在です。
これらの点が評価され、平成23年(2011年)、展示の中心となる「中倉」をはじめ13の建物が国の重要文化財に指定されました。
←現地案内看板、文化庁国指定文化財等データベース

重要文化財に指定された明治神宮宝物殿の建物。建物名の右の数字は、上の地図の赤マーカー番号。
中倉 1
東倉 2
西倉 3
東廊 4
西廊 5
東橋廊 6
西橋廊 7
東渡廊 8
西渡廊 9
北廊 10
車寄 11
事務所 12
正門 13

2
b0212342_14585833.jpg

3
b0212342_14590494.jpg

4
b0212342_14590962.jpg

5
b0212342_14591991.jpg

6
b0212342_14592541.jpg

7
b0212342_14595593.jpg

8
b0212342_15000329.jpg

9
b0212342_15000996.jpg

10
b0212342_15003298.jpg

11
b0212342_15003729.jpg

12
b0212342_15011811.jpg

13
b0212342_15012715.jpg

14
b0212342_15013578.jpg

文化財分布マップ

# by h9w457y8i | 2018-02-27 07:17 | 東京 | Comments(0)


サイトマップ鹿児島県 近代文化遺産磯珈琲館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明


1
b0212342_07151802.jpg



アクセス



スマートフォンの方はこちらのマップ
磯珈琲館は、赤マーカー 3


最寄りの駅から徒歩
JR および 鹿児島市電 鹿児島駅から、徒歩約35分(2.5km)。


バス
以下の3種類のバスがある。いずれも、JR および 鹿児島市電 鹿児島中央駅 東口 バスターミナルからの乗車。

1.
東4バス乗り場(上の地図、青マーカー3)から、鹿児島市営 かごしまシティビューバスに乗車。
30分に1本。乗車時間 50分。運賃均一190円。
「仙巌園前(せんがんえんまえ)」バス停下車。上の地図、青マーカー1。現地まで徒歩約1分。
全国共通交通系ICカード使用不可(2018.2)。降車時に運転席横の運賃箱に現金で支払い。車内で1,000円札および硬貨の両替可能。600円の一日乗り放題乗車券もあり。時刻表は鹿児島市交通局公式サイトへ。

2.
東4バス乗り場(上の地図、青マーカー3)から、鹿児島交通バス まち巡りバスに乗車。
20分に1本。乗車時間 30分。運賃均一 170円。「仙巌園前(せんがんえんまえ)」バス停下車。現地まで徒歩1分。
運賃の支払い方法、乗り方などの情報は公式サイトにはない。500円の一日乗り放題乗車券あり。問い合わせ先、時刻表などの情報は、いわさきコーポレーション公式サイトへ。

3.
東7バス乗り場(上の地図、青マーカー4)から、
南国交通バス 10系統「蒲生・楠田」行きバス
鹿児島交通バス 「伊敷二ュータウン東-国分営業所 重久車庫」行きバス
鹿児島交通バス 「志布志駅前」行きバス
のいずれかに乗車。
全てを合わせて1時間に1〜3本。乗車時間 20分前後。運賃 190円。
「仙巌園前(せんがんえんまえ)」バス停下車。上の地図、青マーカー1。現地まで徒歩約1分。
どのバスも全国共通交通系ICカード使用不可(2018.2)。降車時に運転席横の運賃箱に現金で支払い。車内で1,000円札および硬貨の両替可能。
時刻表は、NAVITIME バス乗換案内ページにて検索。(各バス運行会社のサイトよりもこちらの方がわかりやすい印象)


駐車場
建物の周辺が付属の無料駐車場となっている。収容台数 50台以上。






見学のしかた



2018.2 現在、 スターバックス 鹿児島仙巌園店として営業している。店内は改装され、竣工当初の面影はほとんどない。

2
b0212342_15310571.jpg






建物の説明



磯珈琲館(旧芹ヶ野島津家金山鉱業事業所)(いそ こーひーかん・きゅう せりがの しまづけ きんざんこうぎょう じぎょうしょ)は、明治37年(1903年)、鹿児島県串木野村(現在の鹿児島県西部、串木野市)に島津家の金鉱山事務所として建てられました。昭和61年(1986年)、現在の位置に移築。壁は下見板張り、2階のベランダにはアーチがあり洋風の外観ですが、屋根は瓦葺きの和風となっています。
文化庁国指定文化財等データベース

3
b0212342_15304980.jpg

4
b0212342_15314306.jpg

5
b0212342_15314737.jpg

6
b0212342_15313929.jpg

7
b0212342_15313522.jpg

8
b0212342_15313146.jpg

文化財分布マップ

# by h9w457y8i | 2018-02-26 15:36 | 鹿児島 | Comments(0)


サイトマップ山梨県 近代文化遺産祝橋


アクセス(行き方)

見学のしかた

橋の説明

1
b0212342_16043136.jpg



アクセス



スマートフォンの方はこちらのマップ
祝橋は、オレンジマーカー 1


最寄りの駅から徒歩

JR勝沼ぶどう郷駅から、徒歩約30分(2.1km)。緩い下り坂。


バス

JR勝沼ぶどう郷駅から、甲州市営バス ぶどうコース 2 循環バス、あるいは、ワインコース 2 循環バスに乗車。
8:45前後、13:15前後発。均一料金 300円、所要時間 10分。
「祝橋」バス停(上の地図、オレンジマーカー 2)下車。バス停から現地まで、徒歩約1分。


駐車場

施設付属駐車場なし。
橋は現在、車両通行止め、歩行者のみ通行可能であり、橋の両端の広い道路部分に駐車できる。上の地図、オレンジマーカー 3 or 4

2
b0212342_16323238.jpg
オレンジマーカー 4





見学のしかた



屋外にあり、常時見学が可能。歩いて、あるいは自転車で橋を渡ることもできる。

3
b0212342_16484839.jpg

4
b0212342_16472786.jpg





橋の説明



祝橋(いわいばし)は、この場所にかかる三代目の橋です。二代目の吊り橋が老朽化していたことと、国鉄勝沼駅からぶどうを出荷するために、自動車の通行に耐えられる橋が必要であったことからコンクリート製の橋として計画され、昭和5年(1930年)に竣工しました。開通式典には近隣の町村から多くの見物客が訪れ、「眼鏡橋」の愛称で、ぶどうの里のシンボルとして全国に紹介されたそうです。橋は長さ68m、幅6mあまりのコンクリートアーチ橋で、昭和初期の貴重な土木工作物として、平成9年(1997年)に国の登録有形文化財となりました。←現地案内看板、甲州市観光協会公式サイト

5
b0212342_17044710.jpg

6
b0212342_17061373.jpg

7
b0212342_17130718.jpg

8
b0212342_23001704.jpg

9 橋の上から川の上流を見たところ。
b0212342_23002203.jpg

10 橋の上から見た下流側。2本の橋脚は4代目に当たる新祝橋。
b0212342_23002682.jpg

11
b0212342_23005025.jpg

12 手前が三代目祝橋の欄干。向こう側が新祝橋の欄干。
b0212342_23010381.jpg

13
b0212342_23010781.jpg

14
b0212342_23014249.jpg

15
b0212342_23014711.jpg

16
b0212342_23015102.jpg

17
b0212342_23021741.jpg

18
b0212342_23022072.jpg

19
b0212342_23022958.jpg

20
b0212342_23023351.jpg

21 上の地図、オレンジマーカー3の道路。車が来ることはないので見学時の駐車スペースとして使える。
b0212342_23023715.jpg

文化財分布マップ

# by h9w457y8i | 2018-02-24 12:41 | 山梨 | Comments(0)


サイトマップ神奈川県 江戸時代以前の文化財朝夷奈切通フォトギャラリー


1 京浜急行 金沢八景駅前 京急バス2番のりば。ここからバスに乗る。
b0212342_08031645.jpg

2 朝比奈バス停。ここから切通入口までは徒歩数分。
b0212342_08032212.jpg

3 朝比奈バス停のすぐ横にある案内看板。
b0212342_08032792.jpg

4
b0212342_08033104.jpg

5 朝比奈バス停から横浜市側入口への道。
b0212342_08033597.jpg

6 切通の横浜市側入口。切通は右側の道。
b0212342_08041511.jpg

7 入口に設置された案内看板。
b0212342_08042038.jpg

8
b0212342_08042425.jpg

9
b0212342_08042866.jpg

10 かつての道普請で亡くなった人足を弔うためか。
b0212342_08043223.jpg

11 横浜横須賀道路の下を通る。切通を歩いていて、開発されているのはここくらい。
b0212342_08050927.jpg

12
b0212342_08051726.jpg

13
b0212342_08052391.jpg

14 今でも土嚢などで補修されている。
b0212342_08052885.jpg

15 実際、管理人が歩いている最中もあちこちで小さな落石があった。
b0212342_08053267.jpg

16〜19 小切通。
16
b0212342_08062343.jpg

17
b0212342_08062704.jpg

18
b0212342_08063158.jpg

19
b0212342_08063605.jpg

20
b0212342_08064901.jpg

21
b0212342_08072009.jpg

22 中世の納骨施設、"やぐら"の跡。切通の周囲にはこのようなやぐらが多数残されている。
b0212342_08072474.jpg

23
b0212342_08072824.jpg

24
b0212342_08073112.jpg

25
b0212342_08073411.jpg

26
b0212342_08082596.jpg

27
b0212342_08082880.jpg

28
b0212342_08083198.jpg

29〜34 大切通。高さは20mほどありそう。
29
b0212342_08083595.jpg

30
b0212342_08083814.jpg

31
b0212342_08184398.jpg

32
b0212342_08185002.jpg

33 横浜市と鎌倉市の境界にあたる。
b0212342_08185413.jpg

34
b0212342_08185706.jpg

35〜44 熊野神社と参道。大切通から参道が分岐している。参道はここしかなく、自動車は通れない。社の修復などはさぞかし大変なんだろう。
35
b0212342_08202789.jpg

36
b0212342_08203233.jpg

37
b0212342_08203638.jpg

38
b0212342_08203987.jpg

39
b0212342_08204307.jpg

40
b0212342_08204674.jpg

41
b0212342_08214867.jpg

42
b0212342_08215900.jpg

43
b0212342_08215213.jpg

44
b0212342_08215594.jpg

45
b0212342_08250157.jpg

46
b0212342_08250590.jpg

47 訪れた頃は極寒の日が続き、昼間でもツララが。
b0212342_08250989.jpg

48 いつ訪れても、大切通から西側の道には水が流れている。湧き水があるのだろう。
b0212342_08251343.jpg

49
b0212342_08251699.jpg

50
b0212342_08251930.jpg

51
b0212342_08282493.jpg

52
b0212342_08282855.jpg

53
b0212342_08283245.jpg

54 西へ。坂を下っていく。
b0212342_08283545.jpg

55
b0212342_08283912.jpg

56
b0212342_08284250.jpg

57
b0212342_08291911.jpg

58 鎌倉市側の入口に近づくと、車両も通れそうな道になってきた。
b0212342_08301160.jpg

59
b0212342_08301797.jpg

60 鎌倉市側の入口。
b0212342_08302393.jpg

61 左側の道が切通。
b0212342_08311103.jpg

62 鎌倉市側の入口には、昭和16年(1941年)に立てられた石碑がある。当時の観光案内のようだ。
b0212342_08315001.jpg

63
b0212342_08315437.jpg

64
b0212342_08334343.jpg

65
b0212342_08334639.jpg

66 さらに西に歩くと、住宅地の中に出る。
b0212342_08344226.jpg

67
b0212342_08344948.jpg

68
b0212342_08345350.jpg

69 鎌倉市側からのアクセスで降りるバス停、十二所(じゅうにそ)。
b0212342_08354245.jpg

70 十二所バス停から切通に通じる道路の入り口を見たところ。
b0212342_08362810.jpg

71 鎌倉駅東口、5番バスのりば。ここからのバスで、十二所バス停に向かう。
b0212342_08363207.jpg


# by h9w457y8i | 2018-02-22 15:53 | 神奈川 | Comments(0)


サイトマップ東京都 近代文化遺産私の家(清家清自邸)


1
b0212342_09560240.jpg


「私の家」は、日本を代表する建築家、清家清(せいけ きよし。1918 - 2005)が、30代の時に両親宅の敷地内に建てた自宅です。建てられたのは昭和29年(1954年)。平屋建ての鉄筋コンクリート造。有名な建築家の自宅だからどれほど豪華なのかと思いきや、建物の幅10m、奥行き5m、建築面積(建物が土地を占有する面責)わずか50㎡、地下部分を含めた延べ床面積も70㎡という小型住宅です。清家は、日本のあるべき住宅の姿を追求し、落ち着けて掃除で疲労しない広さを、50㎡と割り出したそうです。そしてこの住宅の驚くべきところは、玄関がない。そしてドアや仕切りも一切なし。ワンルームに居間、寝室、書斎が割り振られていることです。洗面所やトイレにすらドアはありません。その代わり、低い床下、移動式の畳などで、家の中と庭を一体と感じられるような工夫がなされています。
一般公開はされていませんが、国の登録有形文化財となっています。
文化庁国指定文化財等データベースほか


アクセスマップはこちら

東急電鉄 池上線 洗足池駅から、徒歩約12分(800m)。上り坂あり。

現住かどうかは不明。非公開。特別公開情報も見つけられなかった。敷地には高いコンクリートの壁が巡らされ、家の外観も見学は不可能。

2 画像に写っているトレーラーみたいなグレーの構造物が、家の屋根。
b0212342_10214358.jpg

3
b0212342_10215032.jpg

4
b0212342_10215755.jpg

5
b0212342_10231642.jpg

6
b0212342_10232042.jpg

7 勝手口?
b0212342_10232435.jpg

文化財分布マップ

# by h9w457y8i | 2018-02-20 10:34 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30