サイトマップ > 広島県 近代文化遺産 > 呉市入船山記念館

呉市の入船山(いりふねやま)記念館は、旧帝国海軍呉鎮守府の司令長官官舎が置かれた小高い丘の一帯からなっています。「鎮守府(ちんじゅふ)」とは、海軍主要基地の警備や防御に関することを司った機関のことです。現在は呉市が管理・運営しており、敷地内には、中心施設となる国の重要文化財「旧呉鎮守府司令長官官舎」、資料館、そしてここでご紹介する国の登録有形文化財、旧高烏砲台火薬庫と休憩所(旧東郷家住宅離れ)があります。(記念館という建物が文化財指定されている、というわけではありません)

↓ 休憩所となっている旧東郷家住宅離れは、帝国海軍軍人であり、日露戦争では連合艦隊司令長官だった東郷平八郎が、呉に在任していた明治23年(1890年)ごろに住んでいた邸宅の離れ座敷です。その後移築されましたが放置され、荒れ放題だったところ、昭和55年(1980年)に市によってこの場所に移築、復元されたものです。平成9年(1997年)に国の登録有形文化財となりました。
b0212342_08513910.jpg


↓ そして旧高烏(たかがらす)砲台火薬庫は、呉軍港に近い休山(やすみやま)に建設した高烏砲台に置かれていた倉庫です。堅牢な石造りを基本としトラス架構で瓦葺きの屋根を支えるという珍しい建築様式となっています。昭和42年(1967年)に現在の場所に移築・復元されました。こちらは平成23年(2011年)に国の登録有形文化財となりました。
b0212342_08571194.jpg


呉市入船山記念館 休憩所、旧高烏砲台火薬庫 フォトギャラリー(16MB・22枚)




アクセス



旧高烏砲台火薬庫は赤6、休憩所は赤7
スマートフォンはこちらのマップ


入船山記念館への行き方は、記念館敷地内にある国の重要文化財、旧呉鎮守府司令長官官舎のページを参照してください。






見学のしかた


呉市入船山記念館の開館時間、入館料、休館日などの最新情報は、記念館公式HPを参照してください。

2019.7
[開館時間] 9:00〜17:00
[入館料] 大人 250円
[休館日] 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始


休憩所(旧東郷家住宅離れ)は門の外にあるため、24時間、いつでも外観を見学できます。
また記念館の開館時間内であれば、内部も見学ができます。

休憩所なので、入館は無料です。
b0212342_09215113.jpg

一方、旧高烏砲台火薬庫は門の中にあるため、記念館の開館時間にのみ、外観と内部を見学できます。

入船山記念館の正門。
b0212342_09262951.jpg

正門の奥に火薬庫が見えます。
b0212342_09265838.jpg

門の上を見上げると、レトロな電球が。これは鎮守府時代からのもの?
b0212342_09400732.jpg

門を入ってまっすぐ進むと、火薬庫が右手にあります。
b0212342_09282483.jpg

火薬庫、正面。外壁は花崗岩です。
b0212342_09355979.jpg

火薬庫の入口。「一号館」の看板は、記念館がつけた名称です。
b0212342_09345028.jpg

入口の脇に、小さな石碑が複数。なんの碑でしょうか。
b0212342_09361038.jpg

内部。かなり重厚な造りです。
b0212342_09374826.jpg

b0212342_09381854.jpg

内部、電球。
b0212342_09373218.jpg

火薬庫の隣には、高角砲の砲身。呉軍港跡地の地中から発見されたものだそうです。
b0212342_09391459.jpg

火薬庫、現地案内看板
b0212342_09290105.jpg

記念館敷地内の案内図。
b0212342_09411238.jpg

記念館のすぐ前の道路。綺麗に整備され、いい雰囲気です。
b0212342_09413739.jpg


呉市入船山記念館 休憩所、旧高烏砲台火薬庫 フォトギャラリー(16MB・22枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
呉市入船山記念館 公式HP
文化庁 国指定文化財等データベース
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-08-17 20:45 | 広島 | Comments(0)

サイトマップ > 鹿児島県 近代文化遺産 > 鹿児島市庁舎本館

b0212342_13472875.jpg

鹿児島市庁舎の本館は、昭和12年(1937年)に竣工しました。設計は当時の大蔵省・営繕管財局。一般的な府県庁舎スタイルを踏襲したものですが、当時の岩元市長の強い意向により、ベースメント層(地下階)を設けずに道路からストレートに入れるようなプランニングを採っている点に特徴があるそうです。(これは多分、当時の大型公共施設建築物には半地下か地下階が設けられ、それが外から見えるように地下層と地面との間に溝が作られていたのが普通でしたが、それがない、という事なんだと思います)
平成10年(1998年)に、造形の規範となっている建造物として国の登録有形文化財となりました。


鹿児島市庁舎 本館 フォトギャラリー(16MP・14枚)




アクセス



鹿児島市庁舎本館は、赤4
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
鹿児島市電 市役所前 停留所から 徒歩1分。

鹿児島市電は一般的な路線バスと同じで、中乗り、前降り。
運賃は降車時に、運転席横の運賃箱に現金を入れます。
運賃は170円均一。
運転席横の両替機で1,000円札と硬貨の両替可能。

全国共通交通系ICカードは利用不可。2018.6

鹿児島市電の時刻表・乗り換え案内は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応しています。



駐車場
市役所付属の来庁者用無料駐車場があります。

駐車場への入口など詳細は鹿児島市役所公式サイトを参照してください。






見学のしかた



市庁舎の外観の見学は、門が開いていればいつでも可能です。

内部の見学も、玄関、廊下などの共用部分であれば開庁時間内はいつでも可能です。

写真撮絵については、個人で楽しむ範囲での写真撮影の場合に可能です。
ただし、職員や来庁者の顔は映らないように配慮をお願いします、ということでした。
←市役所への電話による問い合わせ

[開庁時間] 平日 8:30〜17:15
[閉庁日] 土・日・休日、12月29日〜1月3日。


1
b0212342_14080202.jpg

2
b0212342_14082316.jpg

3
b0212342_14091423.jpg

4
b0212342_14084775.jpg

そう、訪れたのは昨年の1月でした。私は西郷どん、観てなかったです。
b0212342_14083589.jpg

5
b0212342_14113785.jpg

6
b0212342_14120494.jpg

7
b0212342_14115329.jpg

8
b0212342_14110626.jpg

9
b0212342_14122464.jpg

玄関。
b0212342_14112040.jpg

10
b0212342_13465499.jpg

11
b0212342_14132165.jpg

この時、桜島が噴火を始めました。びっくりしたー
b0212342_14124334.jpg


鹿児島市庁舎 本館 フォトギャラリー(16MP・14枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは、
鹿児島市役所公式サイト
文化庁 国指定文化財等データベース
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-08-15 06:42 | 鹿児島 | Comments(0)

サイトマップ > 静岡県 近代文化遺産 > 旧岩科学校校舎

b0212342_18531067.jpg

旧岩科学校校舎(きゅう いわしながっこう こうしゃ)は、静岡県伊豆地区では最古の小学校です。学校の創設は明治6年(1873年)、校舎は明治13年(1880年)9月に建てられました。建物の設計・施工は土地の大工、菊地丑太郎と高木久五郎。外観の壁は寺社建築風の「なまこ壁」で、その一方、正面玄関の二階には洋風のバルコニーが付けられ、和洋折衷の擬洋風(ぎようふう)建築となっていいます。内装は、一階は教室など実用のための作りで、二階は客室でした。特に二階の床の間は、赤い壁で日の出を、緑の壁で松を表現し、また名工・入江長八によってほどこされた漆喰によるこて絵の千羽鶴が、一羽一羽形を変えて描かれていて、まるで壁から抜け出して日の出を目指して飛んでいるかのような姿となっています。この千羽鶴は左官技法と色彩技法を巧みに融合させた、長八作品の傑作です。昭和50年(1975年)に国の重要文化財となりました。


旧岩科学校校舎 フォトギャラリー(16MP・43枚)




アクセス



旧岩科学校校舎は、マーカーG
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
旧岩科学校校舎は伊豆半島の西側にありますが、西伊豆には鉄道は走っていません。最寄りの駅は伊豆急下田駅になりますが、徒歩の距離で28kmと、とても歩ける距離ではありません。



バス
東海バス 重文岩科学校(じゅうぶん いわしながっこう) バス停(地図・D)から徒歩1分。

伊豆急下田駅からだと、
伊豆急下田駅 3番バス乗り場(地図・B)から、東海バス W40系統 堂ヶ島(どうがしま)行きバスに乗車。
 ↓
[運行頻度] 1時間に1〜2本
[乗車時間] 50分〜1時間
[運賃] 1,250円
 ↓
松崎小学校 バス停(地図・C)下車。

ここで 東海バス W55系統 八木山(やぎやま)行きバスに乗り換え。

松崎小学校 バス停
 ↓
[運行頻度] 2〜3時間に1本
[乗車時間] 10分
[運賃] 260円
[距離] 3.2km
 ↓
重文岩科学校 バス停(地図・D)下車。

東海バスの時刻・料金・乗り換え検索は、各種乗り換え案内アプリやGoogle Map ルート案内機能が対応しています。

東海バスの路線バスは、前乗り、前降り。
運賃の支払いは現金のみ。ICカードは使用不可。
車内での両替は1,000円札のみ。



タクシー
上のバスでの行き方で、
伊豆急下田駅から乗る 東海バス W40系統 堂ヶ島行きのバスで、松崎小学校 停留所(地図・C)で下車。

松崎にはタクシー会社の伊豆土肥(とい)交通 松崎営業所があるので、あらかじめ電話しておけばよいのでは。
旧岩科学校までは3kmほど。
伊豆土肥交通(株) 0558-98-0111



駐車場
施設付属の無料駐車場があります。

入口は地図・E。

b0212342_19360088.jpg







見学のしかた


旧岩科学校校舎の開館時間、入館料、休館日の最新情報は、公式サイトを参照してください。

2019.8
[開館時間] 9:00〜17:00
[入館料] 300円
[休館日] なし。年中無休。

敷地内には、喫茶室、土産物店もあります。

また旧校舎の中では、小学生以上を対象としたまゆ玉人形を作る教室も随時開かれています。

詳しくは、松崎町振興公社公式サイト内、旧岩科学校校舎案内ページを参照してください。


敷地への入口。いかにも小学校の校門、と言った風情です。
b0212342_19513433.jpg

校門を抜けると、奥の方に旧校舎が見えてきます。
b0212342_19522368.jpg

b0212342_19532618.jpg

屋根瓦にも、「学」の文字が。
b0212342_19533983.jpg

石碑
b0212342_19535947.jpg

建物の入口。
b0212342_20020672.jpg

玄関脇の、生徒用昇降口。懐かしい響きですね。
b0212342_20023717.jpg

玄関。
b0212342_19561251.jpg

玄関の上に掲げられた額。立派ですね。
b0212342_19542654.jpg

玄関の上には小学校とは思えない、立派な龍の彫刻が。
b0212342_19545957.jpg

バルコニーの手すり。この辺は洋風建築の風情です。
b0212342_19553529.jpg

一階の廊下。
b0212342_19562696.jpg

かつての用務員室? 当時の暮らしが再現されていました。
b0212342_19565486.jpg

当時の教室風景。なんか先生、怖そうです。
b0212342_19572317.jpg

b0212342_20014945.jpg

当時使われていた教科書。先生が使っていた本でしょうか。難しそう...
b0212342_19594511.jpg

ほとんど垂直な、危ない階段。
b0212342_19574856.jpg

二階の窓から、屋根瓦。
b0212342_19582137.jpg

二階の客室。鮮やかな空色の天井が目を惹きます。
b0212342_19590975.jpg

二階、床の間。欄間の部分に鶴のこて絵が描かれています。
b0212342_20002258.jpg

このこて絵は近年になって修復したものだそうです。見事ですね。
b0212342_20011882.jpg

文化財の建物のすぐ横には、平成19年(2007年)に廃校となった松崎町立岩科小学校のかつての校舎があります。
b0212342_20030693.jpg



旧岩科学校校舎 フォトギャラリー(16MP・43枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
文化庁 国指定文化財等データベース
松崎町振興公社 公式サイト
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-08-13 07:11 | 静岡 | Comments(1)

サイトマップ > 千葉県 江戸時代以前の文化財 > 旧吉田家住宅

b0212342_08592748.jpg

吉田家は、千葉県北西部で平安時代から続くとされる豪農でした。長らく村の名主を勤め、江戸時代には幕府直轄の牧(まき。軍馬や牛の放牧場)を管理する牧士を任ぜられ、農民の身分ながら苗字・帯刀を認められていました。また金融業や穀物売買業、醤油醸造業も営み、大きな財力を誇ったと言います。現在残っている建造物は江戸時代後期に建てられたもので、平成16年(2004年)に柏市に寄贈されました。平成22年(2010年)に、主屋、書院、新座敷、長屋門、向蔵、新蔵、道具蔵、西門の8つの建物が国の重要文化財に指定されています。


旧吉田家住宅 フォトギャラリー(16MB・65枚)




アクセス



スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
つくばエクスプレス 柏の葉キャンパス駅 東口から、徒歩約40分(2.7km)。

JR 北柏(きたかしわ)駅 北口から、徒歩約43分(3km)。



バス
東武バス 「花野井(はなのい)神社」 バス停(地図・青3)から、徒歩約7分(500m)。

JR北柏駅からだと、
南口 2番バスのりば(地図・青2)から、東武バス 柏03系統 東急柏ビレッジ 行きバスに乗車。
 ↓
[乗車時間] 15分
[運賃] 200円
[運行頻度] 1時間に1〜2本
 ↓
花野井神社 バス停 下車。

東武バスの時刻表・料金検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応しています。

(Google Mapの場合、北柏駅の南口ではなく、北口にある「北柏駅入口」(地図・青1)からの乗車を案内するようです。どちらからでも柏03系統のバスに乗れますが、バス停への行きかたなどは、南口2番のりばの方が分かりやすいと思います)

東武バスは、PASMOSuicaでの運賃の支払いに対応しています。
それ以外の交通系ICカードでの支払いができるかどうかは、東武バス公式サイトでは確認できませんでした。



駐車場
施設付属の無料駐車場があります。

収容台数 46台。

駐車場入口。地図・青4
b0212342_09002051.jpg

駐車場の様子。地面が芝生になっています。
b0212342_09003204.jpg







見学のしかた


開館時間、入館料、休館日などの最新情報は、旧吉田家住宅歴史公園 公式HPを確認してください。

各種撮影やイベントで臨時休館や入館制限がされている場合があるので、公式サイトの入館制限予定表を事前に確認することをお勧めします。
(管理人はTV番組の撮影に当たり、書院や新座敷が見られませんでした...。残念)

2019.7
[開館時間] 9:30〜16:30
[入館料] 200円
[休館日] 月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始


無料の見学ガイドをしていただけます。
事前予約は必要ありません。
管理人は写真の撮影に集中したかったので丁重にお断りしましたが、側で聞いていると、とても丁寧で分かりやすく、好感の持てる雰囲気でした。オススメです。


また、ガイドツアーと富士見軒・森シェフによるランチがセットになった催しも定期的に開催されているようです。
詳細は旧吉田家住宅歴史公園に問い合わせてください。


長屋門が敷地への入口になっています。
b0212342_09011364.jpg

長屋門の裏側。
b0212342_09103962.jpg

↓ 新蔵(しんぐら)。長屋門をくぐると、すぐ左側にあります。
1階の壁が灰色なのは、ねずみ漆喰といって、灰を混ぜたものだから。
b0212342_09091093.jpg

新蔵の内部。
b0212342_09102047.jpg

主屋。幅が20m余りあります。
1
b0212342_09105834.jpg

2
b0212342_09135914.jpg

3
b0212342_09143297.jpg

4
b0212342_09144306.jpg

5
b0212342_09141740.jpg

6
b0212342_09151936.jpg

7
b0212342_09171121.jpg

主屋の中庭。
b0212342_09145593.jpg

↓ 書院。主屋のすぐ東側にあって、主屋と廊下で繋がっています。
この日はTV番組の撮影があり、一般見学者は立ち入り禁止でした。
b0212342_09153611.jpg

b0212342_09213472.jpg

向蔵(むかいぐら)。主に宝物類を納めていて、敷地内の蔵の中で最も格式が高い作りになっているそうです。
b0212342_09120615.jpg

b0212342_09132311.jpg

道具蔵。長屋門のすぐ東側にあります。内部は見られません。
b0212342_09193564.jpg

西門。主屋玄関のすぐ西側にあります。
b0212342_09133196.jpg

敷地のお庭。生活感を演出しつつ、美しく手入れされていて、いい感じです。
8
b0212342_09301098.jpg

9
b0212342_09303862.jpg

10
b0212342_09304995.jpg

重要文化財指定書。
b0212342_09164688.jpg


文化財とは全然関係ありませんが、
長屋門の内部を改造して作られた「長屋門カフェ」で、ハヤシライスのセットをいただきました。
b0212342_09202510.jpg

b0212342_09210257.jpg

ワインの風味が豊かで、酸味が抑えられ、コクのある、とっても美味しいハヤシライスでした。
b0212342_09211915.jpg

1,000円。オススメです!


旧吉田家住宅 フォトギャラリー(16MB・65枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
旧吉田家住宅歴史公園 公式HP
文化庁 国指定文化財等データベース
現地配布パンフレット
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-08-11 09:37 | 千葉 | Comments(0)

定山渓温泉の夏スナップ

サイトマップ > 街角スナップ 都市別リスト > 定山渓温泉

定山渓(じょうざんけい)温泉は、札幌市の南西部にあります。昨日まで、旅行で行ってました。

二見吊橋。
b0212342_07112497.jpg

吊橋から。紅葉の時期はとてもキレイだそうです。
b0212342_07120548.jpg

かっぱ大王。どういう謂れがあるのかはわかりませんが。賽銭箱もありました。
b0212342_07104354.jpg

定山渓温泉にはかっぱの伝説があるそうで、街のあちらこちらでかっぱ像を見ました。
b0212342_07124600.jpg

気温30度で蒸し暑い中の、足湯。意外と気持ちよかったです。
b0212342_07133715.jpg

岩戸観音堂。昭和7年(1932年)に開通した小樽定山渓自動車道の工事で命を落とした殉職者の方々を祀っています。
b0212342_06592927.jpg

堂内には、裏山にうがかれた洞窟への入口があり。有料で、中に納められた33体の観音様を見ることができるようになっています。
b0212342_07041259.jpg

洞内には蛍光灯が設置されているものの、結構薄暗く。
b0212342_07064780.jpg

100mほどの坑道?内に、観音様が安置されています。
b0212342_07084569.jpg

岩戸観音堂の周辺で見かけました。見たことない花ですね。
b0212342_07092448.jpg

b0212342_07093630.jpg

8月の暑い最中でしたが、あちらこちらで紫陽花を見かけました。さすが北海道。
b0212342_07103096.jpg

かつては立派なお風呂だったんでしょうが。
b0212342_07123421.jpg




by h9w457y8i | 2019-08-09 07:22 | 北海道 | Comments(0)

函館街角スナップ 夏

サイトマップ > 街角スナップ 都市別リスト > 函館



五稜郭タワーから。
b0212342_15265441.jpg

函館市電。
b0212342_15272537.jpg

夜の函館港。
b0212342_15274396.jpg

函館と言えば、坂。
b0212342_15300798.jpg

坂を下から。
b0212342_15281315.jpg

関東地方よりも紫陽花のシーズンは、やっぱり遅いですね。
b0212342_15284861.jpg

3
b0212342_15312846.jpg

1
b0212342_15293293.jpg

重要文化財の、函館ハリストス正教会復活聖堂
b0212342_15302346.jpg

坂の下から、旧函館区公会堂。重要文化財。
b0212342_15323840.jpg

2
b0212342_15295450.jpg

大谷派本願寺函館別院の大屋根。重要文化財。
b0212342_15314181.jpg

函館山には、雲がうっすらかかっていました。
b0212342_15334199.jpg

5
b0212342_15352126.jpg

4
b0212342_15350579.jpg


函館街角スナップ フォトギャラリー(16MP・29枚)

by h9w457y8i | 2019-08-07 09:45 | 北海道 | Comments(0)

サイトマップ > 滋賀県 近代文化遺産 > 琵琶湖疏水

b0212342_06362316.jpg

琵琶湖疏水(びわこそすい)は、琵琶湖の水を京都市内に導き利用することを目的に築造された都市疎水です。明治18年(1885年)から工事が行われ、国宝伽藍が立ち並ぶ三井寺(園城寺)の裏手の山、長等山(ながらやま)の下に掘られた第一隧道は、長さが2.4kmで当時日本で最も長く、また最初に竪坑方式で造られたトンネルでした。竪坑方式とは土砂の運搬や通気のために垂直に掘られた坑道のことです。明治23年(1890)に完成した疎水では船運も行われましたが、落差の大きい京都側の蹴上(けあげ)には鉄道が敷かれ、その上を船を乗せた台車が移動するインクラインも作られました。また蹴上には日本初の水力発電所が設けられ、その電力を使って、日本初の電気鉄道が京都市内を走り、工場も稼動し、京都市の発展に大きく貢献しました。
平成8年(1996年)に国の史跡に指定されています。


琵琶湖疏水 フォトギャラリー(16MP・14枚)




アクセス


琵琶湖疏水(滋賀県側)は、青
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
京阪電鉄 石山坂本線 三井寺(みいでら)駅から、徒歩約0分。

駅は疎水わきにあります。

びわ湖疎水船 乗船口(地図・青1)まで、徒歩約2分(150m)です。



駐車場
施設付属の駐車場はありません。

疎水の周辺には複数の時間貸駐車場があります。

NAVITIME 駐車場検索ページにて、「三井寺駅」で検索。






見学のしかた


琵琶湖疏水の滋賀県側で隧道以外の部分は、琵琶湖の取水口から第一隧道の入口まで、700mほど。
疎水は公道や橋から、いつでも見ることができます。

b0212342_08530174.jpg

疎水の両側には桜が植えられています。「琵琶湖疏水 桜」で画像検索すると、ここの桜が満開の画像が見られます。


観光船
琵琶湖疏水の隧道には歩行者は入ることはできませんが、
3月下旬から6月末までと、10月初めから11月末までの間、観光船が運行されています。
詳細は、びわ湖疎水船 公式HPを参照。

乗船口は、地図・青1の位置です。

[料金] 区間、時期により、1,500〜8,000円。
[運行頻度] 一日4〜5便。

要予約。電話で申込書を送ってもらうよう申請するか、サイトからダウンロードして、記入後郵送またはFAX。
ネットで予約もできます。

2019年秋の乗船は、8月20日から予約を受け付けるそうです。



↓ 大津閘門(こうもん)。水面に高低差がある水路に船を通すための門です。
地図・青2
b0212342_06372033.jpg

b0212342_06323123.jpg

r>よく見ると、画面右端に階段と通路が見えますが、通常はここは歩くことはできません。
b0212342_06391801.jpg

閘門の隣にある、ゴミなどを取り除く機構。
b0212342_06374156.jpg

閘門から第一隧道の入口までは、疎水の両脇に道路があって、柵もこんな感じでおしゃれです。
b0212342_06462654.jpg

琵琶湖疏水には第一から第三まで三つの隧道がありますが、それぞれの入口に、扁額(へんがく。石の額)が飾られています。
b0212342_06474748.jpg

肉眼ではわかりにくいですが、カメラの望遠レンズで拡大すると、「氣象萬千」と書かれているのがわかりました。
b0212342_06485250.jpg

「きしょうばんせん」と読みます。中国は宋の時代、岳陽樓記(がくようろうき)の一節から取ったもので、「千変万化する気象と風景の変化はすばらしい」という意味。伊藤博文の筆によるものだそうです。


琵琶湖疏水 フォトギャラリー(16MP・14枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
文化庁 国指定文化財等データベース
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-08-05 07:39 | 滋賀 | Comments(0)

サイトマップ > 神奈川県 近代文化遺産 > 旧内田家住宅

b0212342_15430641.jpg

通称「外交官の家」として親しまれている旧内田家住宅(きゅううちだけじゅうたく)は、ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などを務めた明治政府の外交官・内田定槌氏の邸宅として、明治43年(1910年)に東京・渋谷に建てられました。 設計者はアメリカ人で立教学校の教師として来日、その後建築家として活躍したJ. M. ガーディナーです。建物は華やかな装飾が特徴のアメリカン・ヴィクトリアンの影響を色濃く残しています。1階は食堂や大小の客間など重厚な部屋が、2階には寝室や書斎など生活感あふれる部屋が並んでいます。これらの部屋の家具や装飾にはアール・ヌーボー風のデザインとともに、19世紀イギリスで展開された美術工芸の改革運動、アーツ・アンド・クラフツのアメリカにおける影響も見られます。
横浜市は、平成9年(1997年)にこの館の寄贈を受け、現在の場所に移築復原し一般公開しました。そして同年、国の重要文化財に指定されました。


旧内田家住宅 フォトギャラリー(16MB・71枚)




アクセス


旧内田家住宅は赤1(青12付近)
スマートフォンの方はこちらのマップ


1. 最寄駅から徒歩(上り坂か階段あり)
JR根岸線 石川町駅 南口から、徒歩約5分。

↓ JR石川町駅 南口
b0212342_22050259.jpg

↓ 旧内田家住宅は「イタリア山庭園」の中にあります。こちらは駅に近い側の公園入口。(地図・青11)

↓ 地図・青11の入口から階段を上ります。



2. バス(バス停からほぼ平坦)
神奈川中央バス(通称「かなちゅうバス」) イタリア山庭園前 バス停(地図・青9)から、徒歩約2分。

JR および 横浜市営地下鉄 ブルーライン 桜木町駅からだと、
桜木町駅 東口 バスターミナル 1番のりば(地図・青8)から、神奈川中央バス 11系統 保土ヶ谷駅東口 行き バスに乗車。
 ↓
1時間に2〜3本。
乗車時間 約16分。
運賃 220円。全国共通交通系ICカード利用可能。
 ↓
イタリア山庭園前 バス停下車。

↓ イタリア山庭園前のバス停で降りて現地に向かうと、この入口から入ることになります。 地図・青12
b0212342_17042162.jpg




3. 駐車場
施設付属の駐車場はありません。

半径300m以内に複数の時間貸駐車場が多数あります。
NAVITIME駐車場検索ページにて、「イタリア山庭園」で検索。

この辺りは横浜でも屈指の観光エリアで、駐車料金も高いのですが、そんな中で、1時間300円という半額以下の料金で利用できる「山手公園駐車場」がオススメです。

駐車場へは、山手公園北側入口 交差点(地図・青13)を南へ。

駐車場入口。地図・青14。収容台数20台。
b0212342_16192810.jpg

ちなみに山手公園は、日本のテニス発祥の地とされている場所で、国の名勝に指定されています。
b0212342_07422082.jpg







見学のしかた


最新の開館時間、休館日、イベントなどについては、外交官の家公式サイトを参照してください。

2019.8
[開館時間] 9:30〜17:00(7、8月は18:00)
[休館日] 第4水曜日(休日の場合は翌日)、年末年始
[入館料] 無料

b0212342_16553887.jpg






管理人のおすすめポイント


横浜・山手の丘の上にはたくさんの洋館がありますが、国の重要文化財に指定されているのはこの旧内田家住宅のみ。最近保存・修理工事が完了し、その気品には一層の磨きがかかったような気がします。(他の洋館たちも保存状態はパーフェクトで、同じく重要文化財に指定されてもおかしくないと思うのですが...)
横浜観光の目玉、洋館たちが集中している外人墓地周辺から西へ約1kmと少し離れてはいますが、道すがら、数々の古い教会や瀟洒な建物たちを眺めながら歩くのも楽しいと思います。


南側の入口(地図・青12)から入ると、すぐ目の前に建物があります。
1
b0212342_16322469.jpg

2
b0212342_16323570.jpg

3
b0212342_16302502.jpg

4
b0212342_16540305.jpg

南側の庭には、バラが美しく咲いていました。
5
b0212342_16455848.jpg

6
b0212342_16531546.jpg

7
b0212342_16533931.jpg

建物の東面。
8
b0212342_16473939.jpg

9
b0212342_16481498.jpg

建物の北面。こっちの方が雰囲気がありますね。
10
b0212342_16291867.jpg

11
b0212342_16300783.jpg

12
b0212342_16491238.jpg

13
b0212342_17351797.jpg

14
b0212342_21593188.jpg

15
b0212342_16513089.jpg

建物の西側は、かつては和館が接続していましたが、それはほとんど残っていません。
b0212342_16541664.jpg

和館の名残りのすぐ隣には、コンクリート製の入口が接続しています。
16
b0212342_16465402.jpg

17
b0212342_16325591.jpg

18
b0212342_16340627.jpg

19
b0212342_16371621.jpg

20
b0212342_16554975.jpg

21
b0212342_16561848.jpg

22
b0212342_16563116.jpg

23
b0212342_16565029.jpg

建物の北東の角、1階。サンルームみたいですが、陽はちらっとしか当たりません。でもいい感じです。
24
b0212342_16355725.jpg

25
b0212342_16364853.jpg

26
b0212342_16550007.jpg

北東の角、2階。
27
b0212342_16514955.jpg

28
b0212342_16381993.jpg

29
b0212342_16380370.jpg

30
b0212342_16373514.jpg

2階の窓から。やっぱり、庭園の向こうはヨコハマですね。
b0212342_16393335.jpg

2階のお風呂場。
b0212342_16390715.jpg

文化庁が発行した文化財指定書。入口に、目立たないように掲げられていました。
b0212342_16420662.jpg

この家の持ち主だった、明治時代の外交官、内田定槌(うちだ さだつち)氏。
b0212342_16401917.jpg

案内看板
b0212342_16543061.jpg

イタリア山庭園内の様子。
31
b0212342_16484572.jpg

32
b0212342_16274933.jpg

33
b0212342_16510647.jpg

34
b0212342_16530049.jpg


なお、文化財とはなんの関係もありませんが、旧内田家住宅のすぐ隣に「ブラフガーデンカフェ」が併設。ランチもあり。

b0212342_16432440.jpg

b0212342_17354602.jpg

ピーチのタルトのドリンクセット。950円。夏にふさわしい、爽やかなお味でした〜。
b0212342_16450089.jpg


旧内田家住宅 フォトギャラリー(16MB・71枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは、
外交官の家 公式サイト
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-08-03 15:18 | 神奈川 | Comments(0)

サイトマップ > 石川県 近代文化遺産 > 尾山神社神門

b0212342_22325599.jpg

尾山神社(おやまじんじゃ)は、加賀藩の初代藩主・前田利家(まえだ としいえ)とその妻おまつの方を祀った神社で、明治6年(1873年)に歴代藩主の別邸があった土地に創建されました。神門(しんもん)は神社の正門として、明治8年(1875年)に建てられました。西洋の建築を正式に学んでいない日本の大工が、見よう見まねで洋風を取り入れて造った建造物を擬洋風建築(ぎようふうけんちく)と言い、この神門もそのうちの一つですが、この門はそこに中国風のデザインが加わる異様な形で、当時は「竜宮城を思わせる」「文明開化の西洋かぶれ」などと言われたようです。門は三層に別れていて、1層目は石室石を外壁に使った三連アーチですが、骨組みは完全な木造。最上部にはギヤマン(江戸時代のガラス製品。ここでは五色のガラス板)がはめ込まれています。かつては最上部で御神灯が点灯し、遠く日本海を航行する船の目印になったと言います。また屋根の上の避雷針は、日本最古のものです。昭和10年(1935年)に国の重要文化財に指定されています。


尾山神社 神門 フォトギャラリー(16MP・41枚)




アクセス


尾山神社神門は赤5
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR および 北陸鉄道 金沢駅 兼六園口(東口)から、徒歩約22分(1.6km)。



バス
北陸鉄道バス(通称「北鉄バス」)南町・尾山神社 バス停(地図・赤2)から、徒歩約4分。

JR および 北陸鉄道 金沢駅 東口 バスターミナルからだと、
3番のりば(地図・赤1)から、北陸鉄道バス 18系統 花里・東部車庫行きバスに乗車。
(この他にも、6, 8, 9, 10, 11番のりばから出発する別系統のバスが同じルートを通る。全てのバスを合わせると数分おきに出ていますが、18系統だけでも運行頻度が高いので、他系統は省略)
 ↓
[運行頻度] 1時間に4〜5本
[乗車時間] 5分
[運賃] 200円 全国共通交通系ICカードは利用不可。2019.8
 ↓
南町・尾山神社 バス停下車。

北鉄バスの運賃・時刻・乗り換え検索は、各種乗り換え案内アプリやGoogle Map ルート案内機能が対応しています。



駐車場
神社付属の参拝者用無料駐車場があります。
地図・赤3

b0212342_22513417.jpg






見学のしかた


神門は神社の参道にあって、外観は常時見学が可能です。

b0212342_22545077.jpg

一層目から上に登るハシゴがありますが、上層内部の特別公開情報は見つけられませんでした。2019.8
b0212342_22542303.jpg


参拝可能時間などについての情報もありません。
基本的に、いつでも参拝は可能だと思われます。

尾山神社についての問い合わせ先は、尾山神社公式HPを参照してください。


西側から、神門。
三層目に陽が当たって、ギヤマンの美しい色が浮き出ているのがわかるでしょうか。
b0212342_22554987.jpg

鳥居の下から、神門。
b0212342_22550545.jpg

1
b0212342_22570245.jpg

2
b0212342_22574593.jpg

3
b0212342_22575671.jpg

門の扉は、重厚感がある木製。美しい彫刻が施されていました。
b0212342_22584316.jpg

7
b0212342_23011655.jpg

4
b0212342_22581530.jpg

一層目は石造りのように見えますが、表面が石材に覆われているだけで、中は木造です。
b0212342_23035063.jpg

19
b0212342_23071101.jpg

17
b0212342_23043393.jpg

5
b0212342_22582578.jpg

6
b0212342_22583381.jpg

8
b0212342_23013479.jpg

二層目。
9
b0212342_23014756.jpg

10
b0212342_23023262.jpg

18
b0212342_23054034.jpg

三層目。
15
b0212342_23020284.jpg

16
b0212342_23033279.jpg

この避雷針は日本最古のものだそうです。
11
b0212342_23025284.jpg

12
b0212342_23021529.jpg

13
b0212342_23030888.jpg

14
b0212342_23032148.jpg

とても近代的なお守り売り場。
この売り場も神門も、伝統にとらわれない尾山神社のスタイルなんでしょうか。
b0212342_23055577.jpg

現地案内看板。
b0212342_22573283.jpg

境内には...誰の銅像? 前田利家かな?
b0212342_23073476.jpg

境内には美しい庭園が。
b0212342_23080673.jpg

b0212342_23092323.jpg

門から境内を横切り、東に進むと。
b0212342_23085223.jpg

門が見えてきます。地図・赤4
b0212342_23095081.jpg

東神門。かつての金沢城二の丸の門でした。江戸時代後期の建築で、登録有形文化財に指定されています。
b0212342_23104955.jpg

東神門の案内看板。
b0212342_23110778.jpg


尾山神社 神門 フォトギャラリー(16MP・41枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
尾山神社 公式サイト
金沢市 公式サイト
文化庁 国指定文化財等データベース
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-08-01 23:16 | 石川 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。