「近代文化遺産見学案内所」にお越し頂き、ありがとうございます。

2018年3月1日から、より高画質な画像を投稿できる goo blog での記事掲載を試しています。

当面は、そちらでの記事upになると思います。

よろしくお願いします。

by h9w457y8i | 2018-03-14 07:12 | 雑記帳 | Comments(0)


サイトマップ > 千葉県 江戸時代以前の文化財 > 本佐倉城跡 > フォトギャラリー


スマートフォンの方はこちらのマップ

1 駐車場(上の地図、マーカー3)付近。
b0212342_10072951.jpg

2
b0212342_10073538.jpg

3
b0212342_10091823.jpg

4
b0212342_10092223.jpg

5
b0212342_14142466.jpg

6 東光寺ビョウ。マーカー1
b0212342_10112168.jpg

7
b0212342_10112821.jpg

8
b0212342_10114527.jpg

9
b0212342_10125300.jpg

10
b0212342_10125826.jpg

11
b0212342_10130219.jpg

12
b0212342_14135502.jpg

13 東山虎口。内郭への玄関口で、蛇行した狭い坂と二つの門で非常に厳重に作られ、固い守りが可能だったとされます。マーカー2
b0212342_10151787.jpg

14
b0212342_10152259.jpg

15
b0212342_10152692.jpg

16
b0212342_10152990.jpg

17 城跡の北には水田が広がり、その奥に京成電鉄が走っています。当時はその線路があるあたりまで、印旛沼が広がっていました。江戸時代の大規模な干拓で、現在は水田となっています。
b0212342_10153296.jpg

18
b0212342_14114008.jpg

19 Ⅳ郭虎口。名称の伝承はなく、大型の門の跡が見つかっています。マーカー5
b0212342_10161315.jpg

20 大堀切。二つの郭(城山と奥ノ山)の間にある堀切で、高低差は6m。門が設置されていました。マーカー6
b0212342_10240857.jpg

21
b0212342_10241390.jpg

22
b0212342_10241731.jpg

23 城山への通路と城山虎口。城山に入るための出入り口。マーカー7
b0212342_10262624.jpg

24
b0212342_10263153.jpg

25
b0212342_10263435.jpg

26 城山。城主の居住・執務のための場所。台所や倉庫もありました。マーカー8
b0212342_13383107.jpg

27
b0212342_13383548.jpg

28
b0212342_13383872.jpg

29
b0212342_13384201.jpg

30
b0212342_13384711.jpg

31 奥ノ山。マーカー9。千葉氏の守護神、妙見さまを祀った妙見宮があり、妙見郭とも呼ばれました。
b0212342_13420390.jpg

32
b0212342_13420733.jpg

33
b0212342_13425917.jpg

34
b0212342_13430551.jpg

35 奥ノ山の斜面。かなりの高さまで急勾配で土が盛られているのがわかります。
b0212342_13444971.jpg

36
b0212342_13445399.jpg

37
b0212342_13450071.jpg

38 倉跡。マーカー10。米を備蓄したりしていた場所と思われます。7つある内郭のなかで最大の広さです。
b0212342_13481517.jpg

39
b0212342_13481994.jpg

40
b0212342_14101227.jpg

41 本佐倉城跡の周囲には竹林が広がっていますが、中を見ると結構荒れていました。
b0212342_13455039.jpg

42 妙見神社。マーカー11。千葉氏の守護神で、もともと奥ノ山にありましたが、この場所に移設されました。移設時期は不明です。
b0212342_13510478.jpg

43
b0212342_13510701.jpg

44
b0212342_13511165.jpg

45
b0212342_13511408.jpg

46
b0212342_13511893.jpg

47 城跡の南には集落と田んぼが広がっていますが、かつてはここに中池と呼ばれる池がありました。戦国時代には貴重な水源池だったと考えられます。マーカー12
b0212342_13534491.jpg

48
b0212342_13534803.jpg

49
b0212342_13535376.jpg

50
b0212342_13540064.jpg

51
b0212342_13540517.jpg

52 水の手。中池と同じく水源池だったところです。現在は水はなく、窪地となっています。マーカー13
b0212342_13565878.jpg

53
b0212342_13581448.jpg

54 セッテイ空堀。マーカー14。セッテイ(マーカー17)と呼ばれた内郭は、ひときわ深く大規模な空堀に取り囲まれていました。画像ではわかりにくいですが、高低差は16mもあり、現在でもかつての姿をほぼそのまま残していると言われています。セッテイは、人質を捕らえていたか、あるいは接待のための館が存在していたと考えられている場所です。
b0212342_14020612.jpg

55
b0212342_14020909.jpg

56 セッテイ虎口。セッテイへの出入り口です。マーカー15
b0212342_14035638.jpg

57
b0212342_14040011.jpg

58
b0212342_14040339.jpg

59
b0212342_14040715.jpg

60 金明竹という珍しい種類の竹が、城跡の周囲には群生しています。緑と黄色の縦縞模様の竹です。マーカー16
b0212342_14055553.jpg

61 倉跡とセッテイの間にある空堀。マーカー18。高低差10m。
b0212342_14071929.jpg

62 南奥虎口。マーカー19。東山虎口と同じく、城北側の玄関口でした。当時はこの虎口には木戸と板塀が張り巡らされ、虎口の内側は外からは見えないようになっていました。
b0212342_14093443.jpg

63
b0212342_14093718.jpg

記事中の解説は、酒々井町公式サイトを参考にしました。

by h9w457y8i | 2018-03-08 10:29 | 千葉 | Comments(0)


サイトマップ > 千葉県 江戸時代以前の文化財 > 本佐倉城跡


アクセス(行き方)

見学のしかた

史跡の説明

フォトギャラリー(見どころポイントの解説付き)


b0212342_13215493.jpg




アクセス




スマートフォンの方はこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩

京成電鉄 京成本線 大佐倉駅から、徒歩約10分(800m)。
JR酒々井(しすい)駅 西口から、徒歩約25分(1.8km)。


バス

京成電鉄 京成本線 京成佐倉駅 南口 2番バスのりば(上の地図、マーカー21)から、ちばグリーンバス 本佐倉線 京成酒々井駅行きバスに乗車。
1時間に1本、運賃240円、全国共通交通系ICカード利用可。乗車時間8分。

または

京成電鉄 京成本線 京成酒々井駅 東口から、ちばグリーンバス 本佐倉線 田町車庫行きバスに乗車。
1時間に1本、運賃230円、乗車時間8分。

いずれも、「山道(やまみち)」バス停(マーカー22)下車。バス停から妙見神社(上の地図、マーカー11)まで、徒歩約8分(600m)。

バスの時刻表はちばグリーンバス公式サイトを参照。


駐車場

付属無料駐車場あり。上の地図、マーカー3。収容台数およそ30台。
b0212342_09320785.jpg

駐車場への行き方は、上の地図、マーカー20から伸びている青ライン参照。
県道137号線沿い、マーカー20に、本佐倉城跡入口の看板が立っている。
カーナビによっては、酒々井小学校南側の道(上の地図、「避けるべきルート」)を西に行く案内をするかもしれないが、小学校の西側で道やカーブがかなり細くなっており、田んぼに脱輪の恐れあり。オススメしない。






見学のしかた



城跡と駐車場の入口には門がなく、いつでも見学できる。
入場無料。

城跡の土地はほとんどが私有地らしい。ところどころに畑があったり梅の木が植わっているので注意。

オススメの順路と見学ポイントの解説が載ったPDFパンフレットを、酒々井町公式サイトからダウンロード(2.7MB)できる。

城跡のところどころに、QRコードが付いた案内用の道標がある。スマートフォンをQRコードにかざすと、酒々井町公式サイト内、本佐倉城跡のページにつながる。
b0212342_13312200.jpg


酒々井ふるさとガイドの会によるガイドツアーもあり。少人数対応可。要予約。

駐車場に簡易トイレあり。
b0212342_09513869.jpg







史跡の説明



本佐倉城跡(もとさくらじょうあと)は、今から約500年前の室町時代、1470年前後に造られた中世戦国時代の城跡です。当時水上交通の大動脈であった印旛浦(今の印旛沼)に面し、主要街道が交差する陸上交通の要衝の地に築かれました。城の主は千葉氏一族。約100年間で9代の城主が本佐倉城を本拠地としました。治めていた国は下総国(現在の千葉県北部と茨城県南部)で、関東でも有数の名族でした。しかし、豊臣秀吉の天下統一により、敵対していた千葉氏は1590年に滅亡。江戸時代初期に本佐倉城は廃城となりました。
城は、千葉県内最大級である面積約35万㎡の規模を誇り、7つの内郭と3つの外郭から構成されていました。防御性の高い内郭群は城主のための郭、広大な外郭群は家臣の屋敷地および軍団の駐屯地と考えられ、さらにその周囲に城下町が形成されました。本佐倉城は石垣を使わない「土の城」。全て土の造成によって構築された大規模な空堀や土塁には、雄大な「折れ」「出枡形」「隅枡形」が明瞭に残り、戦国時代の城郭の特徴を見ることができます。このように本佐倉城跡は中世城郭の形をよく留める城跡として貴重であり、平成10年(1998年)に国の史跡に指定されました。
←現地案内看板、酒々井町(しすいまち)公式サイト

城跡の郭や空堀、虎口(出入り口)などの画像や解説は、こちらのフォトギャラリーへ。

b0212342_09595109.jpg


文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-03-06 17:28 | 千葉 | Comments(0)


サイトマップ > インドの世界遺産 > クトゥブ・ミナール > フォトギャラリー

1
b0212342_19182711.jpg

2
b0212342_19183688.jpg

3
b0212342_19184422.jpg

4
b0212342_19185761.jpg

5
b0212342_19190570.jpg

6
b0212342_19194178.jpg

7〜10 アラーイ・ミナール。完成していればクトゥブ・ミナールを超える巨大な塔になっていたといわれる。
7
b0212342_19214714.jpg

8
b0212342_19215279.jpg

9
b0212342_19220104.jpg

10
b0212342_19220856.jpg

11
b0212342_19230023.jpg

12〜17 イレトゥミシュ廟
12
b0212342_19230623.jpg

13
b0212342_19231335.jpg

14
b0212342_19231943.jpg

15
b0212342_19232506.jpg

16
b0212342_19265082.jpg

17
b0212342_19265710.jpg

18
b0212342_19305195.jpg

19
b0212342_19310345.jpg

20
b0212342_19310839.jpg

21
b0212342_19314879.jpg

22
b0212342_19322110.jpg

23
b0212342_19323322.jpg

24
b0212342_19324080.jpg

25
b0212342_19325162.jpg

26
b0212342_19333209.jpg

27
b0212342_19334724.jpg

28
b0212342_19335544.jpg

29〜31 アライ・ダルワーザ
29
b0212342_19382706.jpg

30
b0212342_19384834.jpg

31
b0212342_19393242.jpg

32〜44 クトゥブ・ミナール
32
b0212342_19414382.jpg

33
b0212342_19415206.jpg

34
b0212342_19420939.jpg

35
b0212342_19423939.jpg

36
b0212342_19434838.jpg

37
b0212342_19435679.jpg

38
b0212342_19440333.jpg

39
b0212342_19441115.jpg

40
b0212342_19442093.jpg

41
b0212342_19453721.jpg

42
b0212342_19454376.jpg

43
b0212342_19454852.jpg

44
b0212342_19455983.jpg

45
b0212342_19471805.jpg

46
b0212342_19474061.jpg

47
b0212342_19474695.jpg

48
b0212342_19475332.jpg

49
b0212342_19475740.jpg

50
b0212342_19480615.jpg

51
b0212342_19485029.jpg

52
b0212342_19490747.jpg

53
b0212342_19491683.jpg

54〜60 クワットゥル・イスラーム・モスク
54
b0212342_19512145.jpg

55
b0212342_19512801.jpg

56
b0212342_19521512.jpg

57
b0212342_19523777.jpg

58
b0212342_19524250.jpg

59
b0212342_19524749.jpg

60
b0212342_19525267.jpg

61
b0212342_19544387.jpg

62
b0212342_19545053.jpg

63
b0212342_19545488.jpg

64
b0212342_19550092.jpg

文化遺産分布マップ

by h9w457y8i | 2018-03-05 08:59 | インド | Comments(0)


サイトマップインドの世界遺産クトゥブ・ミナール


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_16444468.jpg




アクセス




スマートフォンの方はこちらのマップ


旅行会社の現地オプショナル・ツアー
JTBのサイトに、デリーの観光名所を巡る現地参加型ツアーが紹介されており、その中にクトゥブ・ミナールが入っていた。1日140アメリカドルから。


最寄りの駅から徒歩
デリーメトロ(地下鉄) Yellow Line、Saket駅(サケット。上の地図、マーカー3)から、徒歩約25分(1.6km)。
メトロ自体は安全だが、駅からの女性一人での徒歩は避けたほうがいいかもしれない。それほど危険という雰囲気ではないけれど、慣れていないとカオスな雰囲気にちょっと気が引けると思う。


タクシー
タクシーをチャーター。ニューデリー中心部からだと、片道約1時間〜1時間30分。往復と見学合わせて4時間前後のチャーター。1,000〜2,000ルピー(1,800〜3,600円)。タクシーの種類や運転手との交渉次第。

b0212342_17282200.jpg

↓ こういうのは、乗り心地よりも何よりも旅情を最優先、という方向き。
b0212342_17282763.jpg

b0212342_17424018.jpg






見学のしかた



開園時間 7:00〜17:00
入園料 500ルピー(約900円)
休園日 不明。
←現地案内看板

↓ チケット売り場。上の地図、マーカー1。一番右が外国人用の窓口。それ以外はインド国民用の窓口で、入園チケットが30ルピーで売られている。
b0212342_17351758.jpg

↓ チケット売り場では、このようなプラスチック製のトークンを手渡される。
b0212342_17370830.jpg

↓ チケット売り場から道路を挟んで向かい側に、入口がある。上の地図、マーカー2。
b0212342_17361264.jpg

↓ 入口もインド国民と外国人で分けられている。外国人は一番左。
b0212342_17370291.jpg

↓ セキュリティ・チェックを受けた後、トークンを自動改札機みたいな機械にタッチして中に入る。
b0212342_17414003.jpg







遺産の説明



ニューデリーの南郊外約15kmに位置するインド最古のイスラム遺跡群。1192年、後に奴隷王朝を打ち立てるクトゥブ・ウッディーン・アイバクが、北インドを制圧した記念に建立したのがクトゥブ・ミナールです。本来は礼拝の時を知らせるためのものですが、国内のヒンドゥー教徒たちに対するイスラムの勢力誇示という意味合いが強かったようです。
見上げるクトゥブ・ミナールの高さは約72.5m。5層からなる塔の壁には、コーランの章句やアラベスクが刻まれ、辺りを払うほどの気品と威厳を漂わせています。その傍らに立つのが、クワットゥル・イスラーム・モスク。破壊したヒンドゥー寺院の石材を再利用したため、偶像崇拝を認めないイスラムにありながら、回廊の列柱に女神像が残っています。赤砂岩の塔やモスクは夕陽を浴びてさらに美しく輝きます。
モスクの中庭には、チャンドラヴァルマンの鉄柱が立っています。4世紀に鍛造された高さ約7.2mの鉄柱ですが、雨ざらしにもかかわらずほとんど錆びていないのは、100%に近い、高い純度の鉄が使われているからと言われています。また均整のとれた美しい門、アライ・ダルワーザ、壁を覆うレリーフ彫刻が見事なイレトゥミシュ廟、未完成のアラーイ・ミナールなど、見どころが目白押しです。
阪急交通社公式サイトユネスコ世界遺産公式サイト


b0212342_17460675.jpg






管理人のおすすめポイント



有名なタージマハルよりもずっと手軽に行ける世界遺産。イスラム建築では世界最高の高さを誇る塔は、その迫力だけでなく、表面にびっしりと刻まれた彫刻の緻密さも必見です。それ以外の遺産も、イスラム建築としては珍しいレリーフや形だったりするみたいで、もしもデリーに来ることがあったら、ぜひ訪れて欲しいと思う場所です。


b0212342_18413211.jpg

b0212342_18415715.jpg

b0212342_18421545.jpg

フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-03-04 07:46 | インド | Comments(0)


サイトマップ神奈川県 江戸時代以前の文化財仮粧坂

1
b0212342_10083441.jpg


仮粧坂(文化庁のサイトおよび現地案内看板では「けはいざか」。実際の呼称は「けわいざか」と思われます)は、鎌倉の北西から藤沢、武蔵方面(現在の神奈川県北部から埼玉県にかけて)に抜ける「鎌倉往還上ノ道(かみのみち)」、別名「武蔵路」の出入り口に当たります。海と山に囲まれた鎌倉に入るための峠道、「鎌倉七口」の一つで、鎌倉交通の要衝であり、南北朝時代の1333年、新田義貞(鎌倉幕府を滅ぼした武士の一人)の鎌倉攻めでは激戦地となりました。
鎌倉時代に書かれた歴史書「吾妻鏡」には、ここは鎌倉の中で小町屋および売買所を構えてもよい場所 = 商業地区の一つとして、「気和飛坂山上(仮粧坂の山上)と書かれています。坂の頂上部は葛原岡(くずはらおか)とも呼ばれ、1332年の後醍醐天皇の倒幕計画に関わった日野俊基(ひのとしもと)が斬首された刑場でもありました。坂の頂上付近にはこの日野俊基の墓が残されています。
仮粧坂は、昭和44年(1969年)に国の史跡に指定されました。指定地区の北部には、地蔵や五輪塔などの浮き彫りを持つ特徴的なやぐら群(瓜ヶ谷やぐら群。やぐらとは岩の壁を四角くくり抜いたもので、古い納骨施設)があります。また周辺の発掘調査では多数の火葬跡が発見されており、ここが交通の要衝であると同時に、鎌倉で亡くなった者たちをあの世に送り出す場所であったことが明らかになっています。
←現地案内看板、文化庁国指定文化財等データベース


JRおよび江ノ島電鉄 鎌倉駅 西口から、徒歩約22分(1.4km)。


スマートフォンの方はこちらのマップ


鎌倉駅 西口を出たら、海蔵寺(上の地図、マーカー4)方面へ。

2 上の地図、マーカー 1の案内看板。
b0212342_11510264.jpg

3 マーカー 2の案内看板。
b0212342_11515678.jpg

4 住宅地の中を進むと、やぐらの跡?
b0212342_11523319.jpg

5
b0212342_11532061.jpg

6
b0212342_11532499.jpg

7 入口。坂の北側に当たる。画像ではわかりにくいが、壁のような傾斜部にジグザグに道がついている。
b0212342_11535152.jpg

8 車両は通れない。
b0212342_13330907.jpg

9 他の切通(きりどおし)とは違い、道の表面が砂を固めたような感じになっている。滑りやすい。
b0212342_13342671.jpg

10 坂というよりも、急な階段。
b0212342_13354611.jpg

11
b0212342_13355081.jpg

12 坂の下を振り返る。
b0212342_13364786.jpg

13 頂上部から。
b0212342_13371747.jpg

14
b0212342_13374019.jpg

15 頂上部。
b0212342_13380596.jpg

16 坂の頂上部入口。マーカー3付近。
b0212342_13381356.jpg

17
b0212342_13395335.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-03-03 07:07 | 神奈川 | Comments(0)


サイトマップ東京都 近代文化遺産伊勢五

1
b0212342_19065046.jpg


伊勢五(いせご)は、江戸時代中期、1700年代前半から現在店舗がある場所で商いを続ける米屋です。「伊勢五」の名称は、創業者の今井五郎右衛門の屋号「伊勢屋」とその名前から取ったものです。
店舗主屋は明治初期(1870年ごろ)の建築、蔵は土蔵造りの二階建てで大正12年(1923年)の建築です。昭和34年(1959年)ごろに改造し、正面はガラス戸に、土間は広くなりました。現在の看板は、その時に新調したものです。
店舗と蔵は、国土の歴史的景観に寄与しているとして、平成15年(2003年)に国の登録有形文化財となりました。
伊勢五公式サイト


都営地下鉄 三田線 千石(せんごく)駅 A4出口から徒歩約6分(450m)。

付属駐車場はない。
半径200m以内に有料駐車場多数あり。NAVITIME駐車場検索ページにて、「伊勢五 千石」で検索。

開店時間、閉店日、店舗や蔵の見学の可否などは不明。
伊勢五へのメール・電話での問い合わせは、伊勢五公式サイトを参照。




上の地図のマーカー4
スマートフォンの方はこちらのマップ


2
b0212342_19295303.jpg

3
b0212342_19300714.jpg

4
b0212342_19301379.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-03-01 07:58 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。