カテゴリ:東京( 112 )

【重要文化財】 日本橋

アクセス

趣のある古そうな橋だけど、いつ頃できたの? なぜ重要文化財?

フォトギャラリー

東京都の近代文化遺産

1
b0212342_22151635.jpg



アクセス

Google Map

東京メトロ 銀座線・半蔵門線 「三越前」駅 B5, B6出口(いずれも階段のみ)から、徒歩0分。
「三越前」駅 B4出口(エレベーター)から、徒歩1分。

東京メトロ 銀座線・東西線、都営地下鉄 「日本橋」駅 B9出口(エスカレーター及びエレベーターあり)から、徒歩約2分。

JR東京駅 八重洲口から、徒歩約10分(800m)。





橋の説明

明治44年(1911年)に竣工した石造2連アーチ橋です。日本の国道の起点で、国道1号、4号、6号、14号、15号、17号、20号がここから始まっています。橋の長さは49m、幅は28mで、花崗岩の壁石は切石積みという積み方になっています。設計は米元晋一(よねもとしんいち)、装飾は、旧横浜正金銀行本店本館(今の神奈川県立歴史博物館旧館)も設計した妻木頼黄(つまきよりなか)が担当しました。装飾に使われている金属は全て青銅で,中央2箇所と橋の四隅に花形のランプが付いた柱が建っており、その柱の根元には中国の伝説の動物、「麒麟」が座しています。ルネッサンス式の橋本体に、和、洋、中を折衷させた装飾が見事に調和しています。
日本橋は、技術的,デザイン的に優れた明治期を代表する現役の石造アーチ道路橋という点で貴重であり、平成11年(1999年)、国の重要文化財に指定されました。
なお現在は画像にあるように、首都高速の都心環状線に上空を完全に覆われてしまい、デザイン性にも優れた由緒ある橋とその周辺の景観が台無しになってしまっています。平成18年(2006年)に、「日本橋みち会議」という有識者会議が、高速道路を地下に埋めて景観を取り戻すという提言をまとめましたが、そのためには5,000億円という莫大な費用がかかるという試算が出ました。この提言、その後どうなったのでしょうか。具体的に語られた記憶はありません。


2
b0212342_22312137.jpg

3
b0212342_22335259.jpg

4
b0212342_23014658.jpg

5
b0212342_23020184.jpg

6
b0212342_23024685.jpg

7
b0212342_23025972.jpg

8
b0212342_23031065.jpg

9
b0212342_23032666.jpg

10
b0212342_23033915.jpg

11
b0212342_23041957.jpg

12 ↓附(つけたり)に指定されている、日本国道路元標のレプリカ。全ての道はここから始まる、という印。本物は橋の真ん中、道路上に埋まっている。(附とは、その文化財の歴史的価値を明らかにする資料などのことで、重要文化財に附属して指定される)
b0212342_22333644.jpg

13 ↓道路の真ん中に、小さなマンホールのようなものが埋まっている。それが「日本国道路元標」。車がひっきりなしに走っているので接近は難しく、真上からの画像はない。
b0212342_23040469.jpg

14
b0212342_23064092.jpg

15
b0212342_23073607.jpg

16
b0212342_23075123.jpg

17
b0212342_23081186.jpg

18 ↓隣の橋から見た日本橋。
b0212342_23083356.jpg



by h9w457y8i | 2016-11-05 06:59 | 東京 | Comments(0)

東京都 / 近代文化遺産リスト聖徳記念絵画館 概要 > アクセス・見学のしかた

b0212342_12264736.jpg


アクセス(行き方)



都営地下鉄 大江戸線 国立競技場駅から徒歩約5分(約400m)。
JR中央線 信濃町駅から徒歩約7分(約500m)。
東京メトロ 銀座線・半蔵門線 青山一丁目駅から徒歩約14分(1.1km)。

施設付属有料駐車場あり。
駐車場の入口は、上の地図の黒アイコン。
一日1,550円。収容台数約400台。
詳細は明治神宮外苑公式サイト参照。




見学のしかた

開館時間:09:00〜17:00
閉館日:年中無休(都合により休館することもあり)
入館料:500円。「施設維持協力金」という名目。

館内の写真撮影禁止。



by h9w457y8i | 2016-09-24 11:27 | 東京 | Comments(0)

アクセス・見学のしかた

東京都の近代文化遺産リスト


b0212342_12172066.jpg



聖徳記念絵画館は、東京都新宿区、明治神宮外苑にあり、明治天皇・昭憲皇太后(明治天皇の皇后)の生涯にわたる事績を描いた絵画が展示されている美術館である。
竣工は大正15年(1926年)、設計はコンペティションの結果、小林正紹の原図を基に明治神宮造営局において佐野利器指導のもと、高橋貞太郎、小林政一が実施設計を行った。施工は主に大倉土木(現大成建設)が担当した。鉄筋コンクリート造、外壁および外階段には岡山県万成産花崗石、画室を除く壁面、中央大広間は、国産大理石と一部タイルを使用。幅112m、高さは中央ドーム頂点まで32m。
鉄筋コンクリート造の建物としては建設当時、国内最大規模を誇り、技術的にも最新のものが導入された。特に中央棟頂部のドームは、当時として最大級のスパン15メートルの鉄筋コンクリート造ドーム型シェルである。設備面でも、絵画の木製裏板と躯体壁の間に空間を確保して温湿度調整に配慮し、絵画室の採光では屋根とガラス天井の間に遮光調整幕を配するなどの工夫が認められる。
聖徳記念絵画館は、我が国最初期の美術館建築である。西欧の様式建築の手法を基調としながら、幾何学形態を強調した新しい造形表現をみせており、意匠的に価値が高い。またドームのシェル構造や絵画室の採光などに最新の技術を導入するなど、技術史的にも意義が認められる。
平成23年(2011年)、国の重要文化財に指定された。


↓ 外苑前街路樹
b0212342_13171939.jpg

↓ 街路樹北端から。
b0212342_13192565.jpg

↓ 正面中央
b0212342_13204484.jpg
b0212342_13253185.jpg
b0212342_13215883.jpg
b0212342_13225248.jpg
b0212342_13230614.jpg

↓ 正面入口上のステンドグラス
b0212342_13233688.jpg

↓ 1Fは外苑事務所として使われている。
b0212342_13240309.jpg

b0212342_13243976.jpg

↓ 北面
b0212342_13244837.jpg

↓ 西隣りは、新国立競技場予定地。
b0212342_13260371.jpg


内部は写真撮影不可のため、画像はない。

アクセス、見学のしかたはこちらのブログ記事参照。


by h9w457y8i | 2016-09-22 13:30 | 東京 | Comments(0)

サイトマップ > 東京都 江戸時代以前の文化財

文化財分布マップ


国宝

国指定重要文化財

国指定史跡




国宝

正福寺地蔵堂
しょうふくじ じぞうどう
外部の見学は常時可能。内部の特別公開は年に3回ほど。詳細は東村山市公式サイト参照。





国指定重要文化財


浅草神社
あさくさじんじゃ
拝殿、本堂および幣殿>
神社の由緒、境内図、社殿の詳細、年中行事などについては、浅草神社公式ホームページを参照。
池上本門寺
いけがみほんもんじ
五重塔、宝塔

円融寺本堂
えんゆうじ ほんどう
外観は寺の門が開いている間は常時見学が可能。
大場家住宅
おおばけじゅうたく
表門、主屋
江戸時代後期に建てられた藁葺きの代官屋敷。一般公開。見学についての詳細は東京観光財団公式サイト参照。

寛永寺
かんえいじ
旧本坊表門(黒門)、清水堂

観音寺
かんのんじ
阿弥陀堂、仁王門、本堂

旧因州池田屋敷表門
きゅう いんしゅういけだやしき おもてもん
通称「黒門」。東京国立博物館の敷地と道路との境界にある。表側、裏側双方接近して見学可能。週末は開門される。
map  35.71813, 139.77465

旧江戸城
きゅうえどじょう
清水門  map 35.69275, 139.75276
城外桜田門(左画像)  map 35.67859, 139.75364
田安門  map 35.69404, 139.74932
常時見学が可能。
旧加賀屋敷御守殿門(赤門)
きゅうかがやしき ごしゅでんもん

旧寛永寺五重塔
きゅうかんえいじ ごじゅうのとう

旧十輪院宝蔵
きゅう じゅうりんいん ほうぞう
東京国立博物館敷地内にある。外観は博物館開館時間内は見学可能。
map  35.71888, 139.77462

旧台徳院霊廟惣門
きゅう だいとくいん れいびょう そうもん
一般道に面しており、常時見学可能。

旧永井家住宅
きゅうながいけじゅうたく
江戸時代中期の建築。町田薬師池公園内にあり、内部を含め一般公開。
厳有院霊廟
げんゆういん れいびょう
奥院唐門、奥院宝塔、水盤舎(すいばんしゃ)、勅額門
徳川吉宗の霊廟。一般公開。要予約。有料。見学に関しての詳細は寛永寺公式サイト特別参拝を参照。

護国寺
ごこくじ
月光殿(旧日光院客殿)、本堂

小林家住宅
こばやしけじゅうたく
江戸時代中期に建てられた藁葺き民家。一般公開。詳細は檜原村公式サイト参照。

金剛寺
こんごうじ
仁王門、不動堂

常憲院霊廟
じょうけんいん れいびょう
奥院唐門、奥院宝塔、水盤舎、勅額門
徳川綱吉の霊廟。一般公開。要予約。有料。見学に関しての詳細は寛永寺公式サイト特別参拝を参照。

瑞聖寺大雄宝殿
ずいしょうじ だいゆうほうでん
瑞聖寺は江戸時代(1670年)に創建。大雄宝殿はその約90年後の1757年に建てられた。内部見学は瑞聖寺に問い合わせ。

浅草寺伝法院
せんそうじ でんぼういん
客殿、玄関、小書院、新書院、大書院、台所
浅草寺の本坊。修行道場でもある。建物は非公開だが、国の名勝に指定されている庭園は春に特別公開される。詳細は浅草寺公式サイト参照。

浅草寺二天門
せんそうじ にてんもん
浅草寺の境内にあり、常時見学が可能。
雑司ケ谷鬼子母神堂
ぞうしがや きしもじんどう

増上寺三解脱門
ぞうじょうじ さんげだつもん
一般道に面しており、常時見学が可能。
東照宮社殿
とうしょうぐう しゃでん
唐門、透塀、石造明神鳥居、拝殿、幣殿、本殿

根津神社
ねづじんじゃ
唐門、透塀(すきべい)(唐門東方、唐門西門間、西門北方)、西門、拝殿、幣殿、本殿、楼門

有章院(徳川家継)霊廟二天門
ゆうしょういん(とくがわいえつぐ)れいびょうにてんもん
2017.10現在、修復工事中により見学不可。覆いで隠されていてほとんど見えない。





国指定史跡(一部)


亀甲山古墳
かめのこやま こふん
多摩川沿いにある東京都最大の古墳。5世紀前半の築造と考えられる。公園の中にあり、接近可能。ただし古墳は全体が鬱蒼とした森に覆われ、形の判別は困難。また周囲はフェンスで囲まれており、古墳に登ったり内部を見学することはできない。
map  35.58918, 139.66711

by h9w457y8i | 2016-08-10 07:22 | 東京 | Comments(0)

東京都/近代文化遺産リスト > 旧前田家本邸 トップページ

国指定重要文化財
旧前田家本邸
きゅうまえだけ ほんてい

洋館
和館
洋館渡廊下
和館渡廊下
茶室待合
和館門及び塀
門衛所
正門及び塀



概要

フォトギャラリー・動画

アクセス・地図

見学要領・問い合わせ




by h9w457y8i | 2015-11-16 09:45 | 東京 | Comments(1)

東京都の近代文化遺産

b0212342_921238.jpg

「明治政府は,諸外国との条約改正に先立ち,近代国家としての体制を整えるため,明治19年(1889年)に西洋式の建築による官庁集中計画に着手しました。そして,その計画案の策定のためにドイツの高名な建築家で,共同の建築事務所を開いていたエンデとベックマンを招へいしました。
 まず,ベックマンが来日し,大規模な官庁集中計画案を作成しましたが,その帰国後,完成案を持ってエンデが来日しました。エンデは,当時の政治状況や反対者の意見を考慮して,ベックマン案を縮小し,日比谷に諸官庁を建てる案を作成しました。
 実際に建てられたのは,司法省と大審院(後の最高裁判所)の建物でした。司法省の庁舎(赤れんが棟)は,明治21年(1888年)に着工され,同28年(1895年)に竣工しました。赤れんが棟は,関東大震災ではほとんど被害を受けませんでしたが,昭和20年(1945年)の戦災によりれんが壁とれんが床を残して消失しました。戦後,同25年までに改修され,その後,法務省の本館として使用されてきました。そして,平成3年に復原改修工事が始められ,平成6年(1994年)に創建当時の姿に復原されました。
 なお,赤れんが棟の外観は,平成6年(1994年)12月に国の重要文化財に指定されています。」
 重要文化財指定は外観のみで、内装は含まれない。




建物北側。桜田門交差点より。
b0212342_96998.jpg

b0212342_934469.jpg


法務省の敷地内、建物西面。
b0212342_951737.jpg

b0212342_954621.jpg


建物3階、法務史料展示室前の廊下から、建物東面。
b0212342_962516.jpg

20100202







見学メモ

アクセス
<鉄道>
JR山手線・京浜東北線 有楽町駅から徒歩約10分
東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線 霞ヶ関駅A1出口から徒歩約3分
東京メトロ有楽町線 桜田門駅5番出口から徒歩約1分
東京メトロ日比谷線・千代田線 日比谷駅、および都営三田線日比谷駅 A100出口から徒歩約6分

<クルマ>
見学者用の施設付属駐車場はない。*2
日比谷公園の東側に、民間駐車場が点在している。法務省西門まで、いずれも徒歩約8~11分(約600~900m)。NAVITIME駐車場検索にて、「法務省」で検索。


google map

普段の見学
正門を入って建物の西側の敷地、および建物3階北側、法務史料展示室とメッセージ・ギャラリーが一般公開されている。開館は平日の10:00~18:00。無料。詳しくは法務省法務史料展示室見学案内ページ参照。
敷地内に立ち入るには、正門横の守衛所にて、建物と史料展示室の見学を行いたいと申し出る。
建物西側の庭は指定された範囲内(腰高の柵があったと思う)からなら、自由に外観を撮影してよいと言われた。ただし、公用車がしばしば通るので気をつけるように、とのこと。
建物の見学者用玄関にいた案内職員に、建物内部の撮影の可否を聞いたところ、撮影は遠慮して欲しいとのことだった。
建物東面は広い庭に面しているが、そこは見学者立ち入り禁止。3階展示室前の廊下から建物の東面外観だけを撮影したい、と展示室の係員にお願いしたところ、快諾していただけた。

見学所要時間 1時間

特別公開
情報は見つけられなかった。

問い合わせ
見学についての問い合わせは、法務史料展示室へ。


*1 文化財基本データに関しては、文化庁文化財等データベースより。
*2 法務省公式サイト内、法務資料展示室見学案内ページより。
by h9w457y8i | 2012-07-27 09:02 | 東京 | Comments(2)

きゅういそのけじゅうたく おもてもん

大正2年(1913年)、竣工。
四脚門(よつあしもん)*1、切妻造(きりづまづくり)*1、南北屋根塀及び脇門附属、銅板葺
国指定重要文化財 平成17年(2005年)指定。





旧磯野家住宅は,実業家の磯野敬が建設した住宅である。東京に残る数少ない明治末期から大正初頭にかけての邸宅建築のひとつであり、材料・意匠・技法・構成において伝統的な木造建築の技術と明治以降の大工技術の創意とが融合した近代和風建築の作品として高い価値がある。
表門は、尾州檜の太い丸太材を柱に用いた四脚門である。*2
一方、同じく国の重要要文化財に指定されている主屋は、屋根や壁が銅板でできており、かつては「銅御殿(あかがねごてん)」と呼ばれていた。*3




地下鉄「茗荷谷」駅から徒歩約3分。深い木立が涼しげな敷地が現れる。旧磯野家住宅である。
b0212342_1075433.jpg


その敷地の最南端に位置するのが、表門。普段は閉ざされており、一般人は門をくぐることはできない。
b0212342_10104199.jpg


よく吟味された材料がふんだんに使われている。*3
b0212342_101146100.jpg

b0212342_10125575.jpg


表札に「大谷」とあるのは、大谷さんがお住まいになっているわけではなく、特殊財団法人大谷美術館の管理下にあるから。 
b0212342_1014633.jpg


現地案内看板。
b0212342_10142181.jpg






見学メモ
アクセス
<鉄道>
東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷(みょうがだに)」駅から、徒歩約3分。
<クルマ>
施設付属駐車場はない。付近にいくつか有料駐車場がある。s-parkのサイト参照。ただし都心部に近いこともあってか、平日昼間は満車のことが多いようだ。


google map

普段の見学
門の外観のみなら、一般道に面しているため自由に見学できる。ただし門の奥の敷地は、普段は非公開であり、門は閉ざされている。

特別公開
春と秋に、数日間一般公開される。大谷美術館に事前申し込みが必要。詳しくは、PORTAL TOKYOのサイトへ。
このうち秋の公開は、文化の日前後に催される「東京文化財ウィーク」期間中の公開スケジュールに組み込まれている。2010年の公開情報はこちら。一日20名のため抽選となることがある。入場500円。

問い合わせ
大谷美術館へ。上記PORTAL TOKYOへのリンクを参照。


*1 用語解説
*2 文化庁文化財等データベース
*3 現地案内看板
by h9w457y8i | 2011-07-20 10:34 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。