サイトマップ > 和歌山県 江戸時代以前の文化財 > 加太春日神社本殿

b0212342_04564702.jpg

この神社の始まりはよくわかっていませんが、最初は天照大神(あまてらすおおかみ)を祀っていたそうです。それが鎌倉時代後期に藤原氏(平安時代の権力者?)の始まりである春日三社を合わせて祀ったことから、春日神社と呼ばれるようになりました。この本殿は安土桃山時代の1596年に建てられたもので、外部のところどころに豪華な彫刻が見られます。特に海辺にある村の神社らしく、蟇股(かえるまた。梁の上にあってその上の荷重を支える構造物)に恵比寿、貝、エビなど海に関係する題材が掘られているのは注目すべきところだそうです。また、迦陵頻伽(かりょうびんが)と呼ばれる上半身が人、下半身が鳥という仏教の想像上の鳥が蟇股の装飾に使われているのも、大変珍しいということです。昭和6年(1931年)に旧国宝に指定され、戦後に改めて国の重要文化財に指定されました。


加太春日神社本殿 フォトギャラリー(16MB・35枚)




アクセス


加太春日神社本殿は、赤5
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
南海電鉄 加太線 加太(かだ)駅から、徒歩約9分(700m)。

b0212342_05372932.jpg

b0212342_05384630.jpg

駅の入口の天井。
b0212342_05374803.jpg

b0212342_05391723.jpg



駐車場
参拝者用の駐車場は無いようです。

近くには時間貸の駐車場もありません。

加太港沿いに無料駐車スペースがあり、「漁業関係者以外駐車禁止」といった看板も見られなかったので、停めても問題ないと思います。
地図・青1。徒歩約4分(300m)。
b0212342_05424128.jpg

もし港沿いに駐車するのが気が引ける場合は、加太北ノ浜公園の無料駐車場に停めるというテもあります。収容台数 60〜70台。地図・青2

加太の港。
b0212342_05425933.jpg

加太港にある飛び地の金刀比羅宮。地図・赤3
b0212342_05481912.jpg






参拝のしかた


神社の入口(地図・青3)には門はなく、お参りはいつでも可能だと思います。
b0212342_06045520.jpg

社務所を兼ねていると思われる拝殿。
b0212342_06070365.jpg

社務所が開いている時間はわかりませんでした。
b0212342_06055269.jpg

b0212342_06082981.jpg

拝殿の奥には、本殿らしき建物の一部がちらりと見えます。
b0212342_06074793.jpg

拝殿に向かって左側の鳥居をくぐり。
b0212342_06083965.jpg

奥に進むと。
b0212342_06085649.jpg

拝殿の裏側に出て、本殿の斜め前をちらっと見ることができます。
b0212342_06092641.jpg

見ての通りですが、本殿は拝殿とピッタリ接続されており、建物の概要にあるエビ、迦陵頻伽の蟇股の装飾などは見ることができないようです。

本殿の屋根。
b0212342_06104044.jpg

b0212342_06132916.jpg

b0212342_06133912.jpg

現地案内看板。拝殿の横にあります。
b0212342_06111863.jpg


色々なお祭りが季節に応じて催されているようです。お祭りの時を狙って、訪ねてみるのもいいかもしれません。

祭事や神社の問い合わせ先は、神社の公式HPを参照してください。


ここからは、神社周りの町並みスナップです。
1
b0212342_06154386.jpg

2
b0212342_06155423.jpg

3
b0212342_06162170.jpg

4
b0212342_06163303.jpg

5
b0212342_06165587.jpg

6
b0212342_06170705.jpg

7
b0212342_06171655.jpg

8
b0212342_06173083.jpg

9
b0212342_06174274.jpg

10
b0212342_06175250.jpg


加太春日神社本殿 フォトギャラリー(16MB・35枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
加太春日神社 公式HP
和歌山市公式サイト
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-07-26 23:49 | 和歌山 | Comments(0)

サイトマップ > 和歌山県 近代文化遺産 > 宮﨑家住宅

b0212342_20192952.jpg
主屋

宮﨑家(みやざきけ。「崎」ではなく「﨑」)は、かつて加太(かだ)の港町で綿布製造業を営み、栄えた家です。主屋の二階は綿布製造の作業場として使われ、分厚い銅板張りの重厚な窓(折戸)が特徴となっています。かつての港町の風情を今に伝える主屋、土蔵、長屋門の三つの建物が、平成29年(2017年)に国の登録有形文化財となっています。


宮﨑家住宅 フォトギャラリー(16MB)




アクセス



宮﨑家住宅は、赤2


最寄りの駅から徒歩
南海電鉄 加太(かだ)駅から、徒歩約7分(500m)。



駐車場
宮﨑家住宅は現住の建物であり、見学者のための付属駐車場はありません。

周囲に時間貸の駐車場もありません。

現地から300m離れた場所に、加太港に面した無料駐車場があり、入口には関係者以外駐車禁止、といった看板は見当たらなかったので、港湾関係者でなくても駐車してよいのではと思います。
入口は地図・青1。

また現地から600m離れた場所に、加太北ノ浜公園の付属無料駐車場があり、そこに駐車することもできます。
入口は地図・青2。






見学のしかた


宮﨑家住宅は現住の建物であり、一般公開はしていません。
外観を公道から見学することはできます。

文化財であることを示す案内看板なども周囲には見当たりませんでした。

特別公開の情報もありません。2019.6


加太の町の目抜き通りに面しています。
b0212342_20504265.jpg

主屋 正面 1
b0212342_20512442.jpg

主屋 正面 2
b0212342_20514361.jpg

主屋 正面 西側。
b0212342_20495242.jpg

銅板張りの分厚い折戸が特徴的です。
b0212342_20485747.jpg

主屋の脇にはこんな立派な門もありました。こちらは文化財には指定されていません。
b0212342_20501229.jpg

主屋の裏(北側)に土蔵があります。いたってシンプル。
b0212342_20522794.jpg

右が土蔵、左が長屋門の建物。
b0212342_20530806.jpg

左が長屋門。文化財だと知ったのは後からだったので、ちゃんと撮影できませんでした。
b0212342_20534327.jpg


宮﨑家住宅 フォトギャラリー(16MB)

文化財分布マップ

このページは、
文化庁国指定文化財等データベース
わかやま新報 公式サイト
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-07-20 08:12 | 和歌山 | Comments(0)

サイトマップ和歌山県 江戸時代以前の文化財 > 根来寺境内
1
b0212342_09400726.jpg

2
b0212342_09401244.jpg

3
b0212342_09401864.jpg

4
b0212342_09402441.jpg

5
b0212342_09405167.jpg

6
b0212342_09405679.jpg

7
b0212342_09410019.jpg

8
b0212342_09410685.jpg

9
b0212342_09411003.jpg

10
b0212342_09414524.jpg

11
b0212342_09415025.jpg

12
b0212342_09415780.jpg

13
b0212342_09420824.jpg

14
b0212342_09424107.jpg

15
b0212342_09430872.jpg

16
b0212342_09431482.jpg

17
b0212342_09432157.jpg

18
b0212342_09433568.jpg

19
b0212342_09434128.jpg

20
b0212342_09443371.jpg

21
b0212342_09443806.jpg

22
b0212342_09444266.jpg

23 ↓ 最寄駅のJR和歌山線、岩出駅
b0212342_09445061.jpg


 和歌山県の最北、大阪府との境界には和泉山脈が横たわっており、根来寺(ねごろじ)はその一峰、一乗山の南麓と南側の前山と称される独立山塊状の山に挟まれた狭小な平地部と谷筋に立地する。かつての境内地の主要範囲は、東は菩薩峠、西は大門池東側の細尾根、南は東西に衝立のように延びる前山、北は和泉山脈南麓の北山であり、東西・南北とも約2kmに及ぶ。このなかに菩提川・大谷川・蓮華谷川などに形成された谷が入り組んでいる。
根来寺は一乗院大伝法院と号する新義真言宗の本山である。その淵源は大治5年(1130年)に覚鑁上人が高野山に大伝法院と密厳院を創建し、みずから大伝法院の座主となったことにはじまる。高野山中における金剛峰寺方と大伝法院方の対立により、正応元年(1288年)、頼瑜のとき根来に移転し、新義真言宗が成立した。室町時代には伝法堂院や大塔(国宝)が造営され、戦国時代にかけて大きく発展した。山内には円明寺などの塔頭子院が多数存在し、山内の坊舎2700余りとも伝えられ、大きな勢力をなしていた。この時期に紀北地方や泉南地方の小領主地侍層の子弟が根来の山内に入って、根来衆という僧兵集団となり強力な軍事力を構成した。こうしたなかで、天正13年(1585年)3月23日、豊臣秀吉の紀州攻めにあって、その多くが焼亡した。江戸時代に入り和歌山藩主の浅野家が復興し、大伝法堂・大門が再建され今日至る。
旧境内地の発掘調査は昭和51年(1976年)の広域農道建設を契機に始まった。このとき中世・近世の寺院遺構と焼き討ちに伴う焼土層が確認され、和歌山県と岩出市の教育委員会等により、これまで各所で継続的に行われ、大きな成果が上げられている。それによれば、15世紀から16世紀の段階に遺構の分布が急速に広がり、寺院が拡大していった様子がわかる。子院は斜面を造成して石垣などを配して平坦地をつくり、仏堂や住坊、倉庫・井戸・便所などを備えているのが一般的である。湯屋も確認されている。「根来寺伽藍古絵図」は作成年代が不明であるが、遺跡の状況と合致するところがあり、最盛期の様相を伝えるものと推定される。
発掘調査の出土品には多様なものが豊富にある。食膳具・煮炊具・調理具などの日常用品のほか、仏具、鉄砲玉・槍などの武器、筆・硯などの文具、お茶道具や茶臼などがある。焼き物は備前・瀬戸美濃・瓦器・土師器などの国産品のほか、中国・朝鮮・タイ・ベトナムなどで生産されたものがある。出土品は強く火を受けていたものが多く、焼き討ちの状況を如実に示す。
このように根来寺は中世に一大勢力をなした寺院の在り方をよく示し、多数の遺構を包蔵した往時の広大な境内地の全域が良好な状態で保存されている。また、現在まで法灯が継がれており、建造物や仏像などの多様な文化財が現境内地に残されている。中世における寺院の成立と展開、政治・経済等との関連等を具体的に知ることができる貴重な事例である。よって、史跡に指定し、保護を図ろうとするものである。
文化庁国指定文化財等データベース

根来寺へのアクセス

国宝 多宝塔(大塔) フォトギャラリー

重要文化財 大師堂 フォトギャラリー


by h9w457y8i | 2017-05-23 18:09 | 和歌山 | Comments(0)

サイトマップ和歌山県 江戸時代以前の文化財 > 根来寺大師堂

大師堂(だいしどう)は、真言宗を開宗した弘法大師・空海像を本尊として祀っている。明徳2年(1391年)建立。豊臣秀吉による焼打ちの戦火から免れ、昭和16年(1941年)、重要文化財に指定された。

1
b0212342_09240661.jpg

2
b0212342_09241048.jpg

3
b0212342_09241782.jpg

4
b0212342_09242334.jpg

5
b0212342_09242893.jpg

6
b0212342_09250597.jpg

7
b0212342_09251102.jpg

8
b0212342_09251688.jpg

9
b0212342_09252168.jpg

10
b0212342_09252558.jpg

11
b0212342_09255470.jpg

12
b0212342_09255846.jpg

13
b0212342_09260547.jpg

14
b0212342_09264695.jpg


文化財分布マップ(編集中)


by h9w457y8i | 2017-05-22 16:23 | 和歌山 | Comments(0)

サイトマップ和歌山県 江戸時代以前の文化財リスト > 根来寺 多宝塔

根来寺(ねごろじ)は、室町時代後期の最盛期には数万人の僧侶が暮らす一大宗教都市の中心であった。1万人を超える武装した僧侶を抱え、鉄砲隊も存在したほど。豊臣秀吉と対立し、天正13年(1585年)に焼き討ちにあう。
真言密教の教義を形の上で示したとされる多宝塔(たほうとう)は、天文16年(1547年)建立。豊臣秀吉の紀州征伐の焼打ちから残ったものだが、その頃の戦乱の弾痕がはっきりとみられる(とありますが、管理人は見つけられませんでした)。高さは約40m、横幅は約15mあり、日本最大の木造多宝塔。国内で唯一、普段から内部が見学できる多宝塔でもある。明治32年(1899年)に国宝に指定された。←根来寺公式サイト

根来寺へのアクセス

1
b0212342_06523836.jpg

2
b0212342_06534041.jpg

3
b0212342_06540514.jpg

4
b0212342_06551320.jpg

5
b0212342_08561224.jpg

6
b0212342_08561824.jpg

7
b0212342_08562349.jpg

8
b0212342_08565203.jpg

9
b0212342_08565800.jpg

10
b0212342_08570407.jpg

11
b0212342_08571088.jpg

12
b0212342_08571508.jpg

13
b0212342_08574537.jpg

14
b0212342_08575065.jpg

15
b0212342_08575599.jpg

16
b0212342_08580125.jpg

17
b0212342_08580684.jpg

18
b0212342_08592179.jpg

19
b0212342_08592777.jpg

20
b0212342_08593153.jpg

21
b0212342_09000041.jpg

22
b0212342_09001115.jpg

23
b0212342_09001611.jpg

24
b0212342_09005956.jpg

25
b0212342_09011128.jpg

26
b0212342_09012054.jpg

27
b0212342_09012595.jpg

28
b0212342_09013073.jpg


文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-05-20 07:05 | 和歌山 | Comments(0)

サイトマップ和歌山県 江戸時代以前の文化財リスト > 根来寺

b0212342_14342834.jpg


最寄駅から徒歩
最寄駅はJR和歌山線の岩出駅。(いわで)
徒歩約1時間(4.5km)。


バス
下記のバス停の位置は、こちらの見学用Google Mapを参照。

行き方 1
JR阪和線 和泉砂川駅(いずみすなかわ)東口を出て徒歩1分の、和歌山那賀バス「砂川駅前」バス停から、岩出駅方面行きに乗車。
時刻表、運賃は和歌山バス公式サイトを参照。
2017.5 乗車時間16分、460円。1〜2時間に1本。全国共通交通系ICカードは使用不可。現金の両替は1000円札か硬貨のみ。
「根来寺」(ねごろでら)バス停、あるいは「岩出図書館」(いわでとしょかん)下車。(バスは根来寺バス停か岩出図書館バス停のどちらかを経由する)
「根来寺」バス停から根来寺入口まで徒歩1分。
「岩出図書館」バス停から根来寺入口まで徒歩8分。

b0212342_23263005.jpg
岩出図書館バス停。道路上ではなく、図書館の駐車場内にある。


行き方 2
JR和歌山線 岩出駅(いわで)を出て徒歩1分、和歌山那賀バス「岩出駅前」バス停から、樽井駅前行きバスに乗車。
2017.5 乗車時間22分、400円。1〜2時間に1本。
「根来寺」、あるいは「岩出図書館」バス停下車。
バスに関する情報は、JR和泉砂川駅からの乗り方を参照。
b0212342_23365012.jpg
JR岩出駅。
b0212342_23354765.jpg
JR岩出駅前バス停。


駐車場
b0212342_23381990.jpg
施設付属無料駐車場。
駐車場の入り口はこちらの地図を参照。



拝観時間、拝観料などの情報は、根来寺公式ホームページを参照。

国宝 多宝塔(大塔) フォトギャラリー

重要文化財 大師堂 フォトギャラリー


by h9w457y8i | 2017-05-18 14:36 | 和歌山 | Comments(0)

サイトマップ > 和歌山県 江戸時代以前の文化財



国宝

国指定重要文化財
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行・わ

国指定史跡


b0212342_11554902.jpg
国宝 根来寺多宝塔(大塔)



国宝



金剛三昧院多宝塔
こんごうさんまいいん たほうとう
高野山内。鎌倉時代前期の貞応2年(1223年)建立。檜皮葺。



金剛峯寺不動堂
こんごうぶじ ふどうどう
高野山内。鎌倉時代前期の建立。



善福院 釈迦堂
ぜんぷくいん しゃかどう
鎌倉時代後期の嘉暦2年(1327年)建立。



長保寺
ちょうほうじ
大門、多宝塔、本堂
鎌倉時代後期建立。



b0212342_15495558.jpg根来寺 多宝塔(大塔)
ねごろじ たほうとう(だいとう)
室町時代後期建立。全国で唯一、内部が公開されている多宝塔。←現地案内看板






国指定重要文化財

(一部)

あ行

安楽寺多宝小塔
あんらくじ たほうしょうとう

上杉謙信霊屋
うえすぎけんしん たまや

雨錫寺阿弥陀堂
うじゃくじ あみだどう



か行

b0212342_11020775.jpg加太春日神社 本殿
かだかすがじんじゃ ほんでん
安土桃山時代の1596年の建築。当時の特色をよく表した様式となっている。各種の装飾は他に例のない珍しいものがあるが、一般参拝者は目にすることができない。
map 34.27507, 135.07463



吉祥寺薬師堂
きちじょうじ やくしどう

旧谷山家住宅
きゅう たにやまけ じゅうたく

旧中筋家住宅
きゅう なかすじけ じゅうたく
内蔵、御成門、表門、北蔵、主屋、長屋蔵

旧名手本陣妹背家住宅
きゅう なかてほんじん いもせけ じゅうたく
米蔵、主屋、南蔵

旧柳川家住宅
きゅう やながわけ じゅうたく
主屋、前蔵

熊野那智大社
くまのなちたいしゃ
第一殿(滝宮)、第二殿(証誠殿)、第三殿(中御前)、第四殿(西御前)、第五殿(若宮)、第六殿(八社殿)、御県彦社、鈴門及び瑞垣

熊野本宮大社
くまのほんぐうたいしゃ
第一殿・第二殿(西御前・中御前)、第三殿(証誠殿)、第四殿(若一王子)



粉河寺
こかわでら
本堂、千手堂、中門、大門
本堂は江戸時代中期、1720年の建築。幅7間、本瓦葺きの大型仏堂。
map 34.28094, 135.40593



護国院
ごこくいん
鐘楼、多宝塔、楼門

金剛三昧院
こんごうさんまいいん
客殿および台所、経蔵、四所明神社本殿(ししょみょうじんじゃほんでん)
高野山内。

金剛峰寺
こんごうぶじ
奥院経蔵、山王院本殿、大門、徳川家霊台(とくがわけれいだい)
高野山内。


さ行

佐竹義重 霊屋
さたけしげよし たまや
高野山内。



三郷八幡神社 本殿
さんごうはちまんじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1559年の建築。三間社流造、檜皮葺き。
map 34.12120, 135.16076



地蔵峰寺 本堂
じぞうぶじ ほんどう

慈尊院 弥勒堂
じそんいん みろくどう

十三神社
じゅうさんじんじゃ
本殿、摂社丹生神社本殿(せっしゃにうじんじゃほんでん)、摂社八幡神社本殿

浄妙寺
じょうみょうじ
多宝塔、本堂



白岩丹生神社 本殿
しらいわにうじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1560年の建築。一間社春日造、檜皮葺き。
map 34.07108, 135.25940



た行

長保寺鎮守堂
ちょうほうじ ちんじゅどう

長樂寺仏殿
ちょうらくじ ぶつでん

天満神社
てんまんじんじゃ
本殿、楼門、末社多賀神社本殿、末社天照皇太神宮豊受大神宮本殿

東照宮
とうしょうぐう
本殿、石の間、拝殿、唐門、東西瑞垣(東)、東西瑞垣(西)、楼門、東西廻廊(東)、東西廻廊(西)

道成寺
どうじょうじ
仁王門、本堂


な行

那智山青岸渡寺
なちさんせいがんとじ
宝篋印塔、本堂

丹生官省符神社本殿
にうかんしょうふじんじゃ ほんでん
第一殿、第二殿、第三殿

丹生都比売神社
にうつひめじんじゃ
本殿1、本殿2、本殿3、門楼



b0212342_15531641.jpg根来寺大師堂
ねごろじ だいしどう
室町時代前期の明徳2年(1391年)建立。



は行

広八幡神社
ひろはちまんじんじゃ
拝殿、本殿、楼門、摂社高良社本殿、摂社天神社本殿、摂社若宮社本殿



福勝寺
ふくしょうじ
本堂、求聞持堂(ぐもんじどう)
本堂は室町時代後期、1515年以前の建築。幅、奥行き共に三間。瓦葺き。
map 34.12878, 135.19320



普賢院 四脚門
ふげんいん しきゃくもん
江戸時代前期、1630年前後の建築。檜皮葺き。高野山の境内にある。
map 34.21358, 135.58657



ま行

増田家住宅
ますだけ じゅうたく
表門、主屋

松平秀康及び同母霊屋
まつだいらひでやす および どうははたまや

三船神社
みふねじんじゃ
本殿、摂社高野明神社本殿、摂社丹生明神社本殿(せっしゃ みうみょうじんじゃ ほんでん)


や行

薬王寺 観音堂
やくおうじ かんのんどう
室町時代前期、1347年の建築。幅、奥行き共に五間、瓦葺き。
map 34.07657, 135.26797


ら行・わ

利生護国寺 本堂
りしょうごこくじ ほんどう
室町時代前期(14世紀後半?)の建築。幅五間、本瓦葺き。
map 34.32456, 135.63376

和歌山城 岡口門
わかやまじょう おかぐちもん
江戸時代前期、1621年の建築。和歌山城の遺構は天守を含めほとんどが戦災で焼失し、この門だけが残った。
map 34.22669, 135.17428

66





国指定史跡

(一部)


b0212342_16024076.jpg根来寺庭園
ねごろじ ていえん


by h9w457y8i | 2017-05-16 08:16 | 和歌山 | Comments(0)

琴ノ浦温山荘の概要、画像はこちら



Google Map


b0212342_09262534.jpgJR海南(かいなん)駅からバス

海南駅西口、2番バス停(上の地図の黒アイコン)から、和歌山バスのJR和歌山駅行き、マリーナシティ行き、海南和歌山市駅行きのいずれかのバス(16、17、47、116、117、121のいずれかの系統)に乗車、琴の浦バス停(上の地図の黒アイコン)下車。
琴の浦バス停から琴の浦温山荘園入口まで、徒歩1分。
運賃160円、乗車時間約6分。運転間隔は、全ての系統を合わせて1時間に数本。
時刻表など詳細は、和歌山バス公式サイトへ。
↑ 海南駅西口、バスターミナル。画像中央にバスが停まっているところが2番バス停。

JR海南駅から徒歩 約30分(2.2km)

駐車場
施設付属駐車場あり。入口は上の地図の黒アイコン。1台1日300円。収容台数30台程度。料金は正門(上の地図のオレンジアイコン)横の管理事務所で支払い。


開園時間:9:00〜17:00
入園料:大人 400円。シニア、子供料金、学生料金、団体割引あり。
建物への入館料:100円
建物内部の見学は要予約 ←現地配布パンフレット 予約電話番号、メールアドレスは琴ノ浦温山荘園公式サイトへ。
休園日:月曜日(祝祭日の場合は翌火曜日)、12月1日〜2月末日の毎日。
琴ノ浦温山荘園公式サイト


和歌山県の近代文化遺産リスト


by h9w457y8i | 2016-04-30 09:31 | 和歌山 | Comments(0)

重要文化財
琴ノ浦温山荘
ことのうら おんざんそう

主屋
浜座敷
茶室



アクセス、見学のしかたはこちら

↓ 浜座敷
b0212342_09311124.jpg
琴ノ浦温山荘は、愛媛県生まれで明治21年(1888年)に日本で初めて動力伝達用革ベルトを製作し、その後、世界有数のベルトメーカーとなった新田帯革製造所(現ニッタ株式会社)の創業者、新田長次郎により造られた。当時海に面していた浜座敷は大正2年(1913年)、主屋(しゅおく)はその翌年、そして茶室は大正9年(1920年)に竣工。設計は長次郎の娘婿であり、愛媛県にある西洋館、萬翠荘(重要文化財)や愛媛県庁舎を手がけた木子七郎(きご しちろう)によるとみられる。「温山荘」の名称は、長次郎の求めに応じて東郷平八郎元帥が、翁の雅号「温山」より命名した。
当初は長次郎の健康維持のために使われていたが、在世中に一般にも開放され、長次郎没後はその遺志により財団法人が設立、その管理に当たっている。平成22年(2010年)、国の重要文化財に、そして庭園は国指定の名勝に指定された。
三つの主な建造物の他に、五つの門などが附(つけたり)として指定されている。
文化庁国指定文化財等データベース
←現地案内看板


↓ 主屋玄関(北面)
b0212342_09385493.jpg
主屋玄関
b0212342_09413949.jpgb0212342_09414217.jpg
↓ 主屋東面
b0212342_10022174.jpg
↓ 主屋南面
b0212342_10023327.jpg
左 主屋縁側 1        右 主屋室内
b0212342_10074640.jpgb0212342_10073906.jpg
主屋縁側 2, 3
b0212342_10091218.jpgb0212342_10103714.jpg
↓ 主屋西面
b0212342_10224973.jpg
b0212342_10280502.jpg
↓ 池と茶室
b0212342_09593956.jpg
主屋から茶室へ
b0212342_10051721.jpgb0212342_10053899.jpg
↓ 茶室
b0212342_10065699.jpg
↓ 茶室玄関
b0212342_10113091.jpg
↓ 浜座敷東面。雨天の平日、午後4時。雨戸が閉められてしまった。
b0212342_10163824.jpg
浜座敷 東面 1, 2
b0212342_10155085.jpgb0212342_10141909.jpg
附(つけたり)の供待部屋(ともまちべや)。来客を乗せた人力車夫の休憩場所だった。
b0212342_09431768.jpgb0212342_09434421.jpg
b0212342_09463983.jpgb0212342_09463408.jpg
左 附(つけたり)の正門     右 正門から主屋にかけて
b0212342_09324775.jpgb0212342_09325680.jpg
左 附の北冠木門
b0212342_09473286.jpgb0212342_09474957.jpg
左 附 南冠木門(編笠門)         右 池と主屋西面
b0212342_10181191.jpgb0212342_10182805.jpg
左 附 西冠木門         右 東屋
b0212342_10234499.jpgb0212342_10233822.jpg
主屋付近の池と庭園 1, 2
b0212342_09572389.jpgb0212342_09572874.jpg
池 1, 2
b0212342_10124732.jpgb0212342_10124249.jpg
左 新田長次郎像     右 庭園内の丘
b0212342_09364516.jpgb0212342_09365887.jpg
庭園内のトンネル。敷地西側の海岸に出られるが、落石のため通行禁止。2016.4
b0212342_10254428.jpgb0212342_10254869.jpg

アクセス・見学のしかたはこちら
和歌山県の近代文化遺産リスト


by h9w457y8i | 2016-04-29 09:49 | 和歌山 | Comments(0)


サイトマップ > 和歌山県 近代文化遺産



国指定重要文化財

国登録有形文化財

文化財分布マップ




国指定重要文化財



旧高野口尋常高等小学校校舎(橋本市立高野口小学校)
きゅう こうやぐち じんじょうこうとうしょうがっこう こうしゃ
瓦葺き、木造和風の大型学校建築。昭和12年(1937年)竣工。複数の長大な平屋建校舎を櫛形につないだ形状をしており、建築面積は3,500㎡を超える。現在も現役の小学校校舎として使用されており、見学は平日の16:00〜17:00。要予約。詳細は高野口小学校公式サイトを参照。あるいは事前に橋本市教育委員会文化スポーツ室(0736-33-3704)または橋本市立高野口小学校(0736-42-2061)に連絡。解説・画像は橋本市公式サイト参照。
map 34.30415, 135.55275

旧西村家住宅
きゅう にしむらけ じゅうたく
木造二階建、洋風建築小型住宅。保存修理のため、2019年3月末まで休館。問い合わせは新宮市公式サイトへ。
map 33.72787, 135.99267

b0212342_09292696.jpg琴ノ浦温山荘
ことのうら おんざんそう
主屋、茶屋、浜屋敷
大正時代、1913〜1920年の建築。瓦葺き、木造の和風別荘建築。一般公開。
map 34.15823, 135.19451







登録有形文化財

(一部)


樫野埼灯台旧官舎
  
旧加太警察署庁舎(中村家住宅主屋)
  
高野山大学図書館
  
南海電気鉄道鋼索線高野山駅駅舎
  
日本基督教団紀南教会
  


橋本警察署 高野幹部交番
はしもとけいさつしょ こうやかんぶこうばん
大正10年(1921年)竣工。木造二階建て、瓦葺き。ハーフティンバーと寺社建築を取り入れた擬洋風建築。



宮﨑家住宅
みやざきけ じゅうたく
主屋、土蔵、長屋門
主屋は大正7年(1918年)の竣工。宮﨑家は和歌山市北西部の港町、加太(かだ)で綿布製造業で栄えた家。建物は現在も住宅の一部として使用されており、内部は見学できない。外観は道路から見ることができる。
map 34.27573, 135.07605



湯浅小学校 講堂
ゆあさしょうがっこう こうどう


site map


by h9w457y8i | 2016-04-29 00:07 | 和歌山 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。