サイトマップ > 山梨県 近代文化遺産 > 勝沼堰堤

b0212342_05034847.jpg

勝沼堰堤(かつぬま えんてい)は、大正6年(1917年)に竣工したコンクリート製の砂防ダムです。全長は38m、高さは19mという大規模なもので、日川(ひかわ)の蛇行部分をうまく利用し、自然の滝のような雰囲気を持っています。定礎板や水深計も残っており、保存状態は極めて良好です。全国にある砂防ダムの中でも初期段階のものとして貴重な近代土木遺産と言えるでしょう。
←現地案内看板、山梨県公式サイト



アクセス



「勝沼堰堤」は、上の地図、緑マーカー1
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR勝沼ぶどう郷駅から、徒歩約45〜50分(3.1km)。


バス
甲州市営バス(市民バス)で、JR塩山駅南口から「甲州市縦断線」乗車。
あるいは
JR勝沼ぶどう郷駅から「ワインコース」乗車。
「大善寺」バス停(上の地図、赤マーカー3)下車、徒歩7分。

ただしこれらのバスは1日に3〜4本しかなく、あまり使い勝手がよくなさそう。


駐車場
見学者用施設付属駐車場あり。無料。上の地図、緑マーカー2。収容台数3〜4台。

2 ↓ 国道20号線沿いの案内看板。緑マーカー3
b0212342_05053869.jpg

3 ↓ 駐車場。緑マーカー2
b0212342_05060496.jpg






見学のしかた



屋外にあり、常時見学が可能。周辺は「砂防学習公園」として整備されており、ダイナミックな堰堤(ダム)を上下から見学できるように、見学者用通路が造られています。
4
b0212342_05211508.jpg

5 ↓ 見学者用の階段を降りていくと、ダイナミックなダムの水流を下から仰ぎ見ることができます。
b0212342_05093279.jpg

6 ↓ ダムを下から見ると、ダイナミックな水流が。
b0212342_05140840.jpg

7 ↓ 駐車場横にはピクニックエリアがあり、ベンチも設けられています。
b0212342_05250482.jpg

8
b0212342_05112020.jpg

9
b0212342_05130624.jpg

10
b0212342_05150105.jpg

11
b0212342_05161239.jpg

12
b0212342_05171061.jpg

13
b0212342_05182019.jpg

14
b0212342_05191931.jpg

15
16
b0212342_05084522.jpg

17 ↓ ダムの上には水神様が祀られていました。
b0212342_05222904.jpg

18
b0212342_05292947.jpg

19
b0212342_05300825.jpg

20
b0212342_05305310.jpg

21 ↓ ダム周辺はのどかな山村、といった風情。
b0212342_05321988.jpg

22
b0212342_05330714.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-09-29 06:13 | 山梨 | Comments(0)

サイトマップ > 山梨県 江戸時代以前の文化財 > 大善寺本堂 > フォトギャラリー

1

2
b0212342_10425454.jpg

3
b0212342_10434286.jpg

4
b0212342_10443198.jpg

56    
b0212342_10463366.jpg
7    
b0212342_10471410.jpg
8    
b0212342_10500722.jpg
9    
b0212342_10511590.jpg
10    
b0212342_10522367.jpg
11    
b0212342_10531900.jpg
12    
b0212342_10541891.jpg
13    
b0212342_11005798.jpg
14    
b0212342_11014736.jpg
15    
b0212342_11022403.jpg
16    
b0212342_11030301.jpg
17    
b0212342_11035150.jpg
18    
b0212342_11043587.jpg
19    
b0212342_11053040.jpg
20    
b0212342_11061768.jpg
21    
b0212342_11065926.jpg
22    
b0212342_11103245.jpg
23    
b0212342_11113528.jpg
24    
b0212342_11123047.jpg
25    
b0212342_11132592.jpg
26    
b0212342_11142698.jpg
27    
b0212342_11164504.jpg
28    
b0212342_11173194.jpg
29    
b0212342_11201558.jpg
30    
b0212342_11211092.jpg
31    
b0212342_11220611.jpg
32    
b0212342_11230483.jpg
33    
b0212342_11234916.jpg


by h9w457y8i | 2018-09-16 05:52 | 山梨 | Comments(0)

サイトマップ > 山梨県 江戸時代以前の文化財 > 大善寺本堂



奈良時代の始め、718年。甲斐の国、勝沼の地に僧の行基がやって来て、渓谷の石の上で修行したところ、夢にブドウを手にした薬師如来が現れました。それを喜んだ行基がその姿を刻んで安置したのが、大善寺の始まりと伝えられています。その後行基は薬としてブドウを栽培し、薬園を作って村人たちを救いました。これが元で、甲州地方にブドウ栽培が広まったとされています。
本堂は、鎌倉時代後期、1286年の建築。建築年代がわかっている建物としては、山梨県最古です。大きさは1辺が24mの正方形と大型で、檜皮葺(ひわだぶき)の流麗な線と合わせ、落ち着きと力強さをよく表しているとされています。昭和29年(1954年)に大規模な解体復元補修が行われ、翌年の昭和30年(1955年)、国宝に指定されました。
本堂の中には厨子があり、その中に薬師三尊像が安置されているので、薬師堂とも呼ばれます。そのうちの一体、本像の薬師如来像は、平成に入ってから、寺の伝承に従い、左手のブドウが復元されました。秘仏として納められており普段は非公開ですが、5年に一度、特別に一般公開されます。


大善寺本堂 フォトギャラリー



アクセス


大善寺本堂は、赤マーカー3
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR勝沼ぶどう郷駅から、徒歩約35分(2.6km)。駅に停車する列車は1時間に1〜2本。


バス
JR塩山駅 南口から、甲州市営バスの甲州市縦断線に乗車。
あるいは、
JR勝沼ぶどう郷駅から、甲州市 市民バス ワインコース乗車。

いずれも「大善寺」バス停下車。上の地図、赤マーカー2。バス停からお寺の入口まで徒歩1分。
ただしこれらのバスは1日に3〜4本しかなく、あまり使い勝手がよくなさそう。


タクシー
JR勝沼ぶどう郷駅にタクシー 乗り場あり。お寺まで約2.8km。


駐車場
お寺付属の有料駐車場あり。収容台数約40台。

↓ 大善寺入口。上の地図、赤マーカー1。


↓ 入口を入ってすぐのところに受付がある。ここで拝観料、駐車料金を払う。


↓ 駐車場入口。受付で駐車料金を払うとカードをもらえるので、そのカードを遮断機に入れる。







拝観のしかた


最新の拝観時間、拝観料、薬師如来像特別公開などの情報は、大善寺公式HPを参照。

2018.3
拝観時間
4〜11月 9:00〜16:30
12〜3月 9:00〜16:00
ただし最終受付は拝観終了時刻の30分前。

拝観料
大人一人 500円。そのほか団体、学生割引あり。

年中無休。

次回の秘仏公開は、平成30年(2018年)10月1日〜10月14日の予定。

本堂内には薬師三尊像が納められた厨子だけでなく、大善寺にゆかりのある歴史上の人物の紹介など、ちょっとした資料コーナーも設けられている。

堂内の写真撮影は不可。←現地案内看板

↓ 本堂(薬師堂)へは、まず楼門をくぐる。


↓ 山門を抜けると石段。


↓ 門のような楽堂の下をくぐる。


↓ 楽堂の内部。展望台のようになっている。


↓ 楽堂の中から見た甲府盆地。
b0212342_11053040.jpg

↓ 楽堂を抜けると、目の前に本堂がでんと構える。一般的な薬師堂は縦横3間(5.5mくらい)なのに対して、こちらは約24m。突出して大きい。さすが国宝。
b0212342_10531900.jpg




↓ 大善寺では、住職が育てたブドウから作ったワインやジュース、または抹茶をいただくこともできます。いずれも、拝観料 + 300円。受付で拝観料と一緒に払います。詳しくは大善寺公式サイトへ。


↓ 管理人はクルマで来たので、ブドウジュースをいただいた。爽やかでとても美味しかったです。オススメ。


大善寺本堂 フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-09-15 06:47 | 山梨 | Comments(0)

サイトマップ > 山梨県 近代文化遺産 > 旧睦沢学校校舎

b0212342_15243545.jpg

旧睦沢学校校舎(きゅう むつざわがっこう こうしゃ)は、明治8年(1875年)、巨摩郡(こまぐん)睦沢村(今の甲斐市)に建てられた小学校の校舎でした。
この建物は、当時の県令(現在でいう県知事)・藤村紫朗(ふじむらしろう)が積極的に奨励した擬洋風建築で、明治前期には甲府市内の多くの官公舎、学校、商家などがこの様式で建てられました。明治10年(1877年)に甲府を訪れたイギリス公使のアーネスト・サトウは、街中に西洋式の建築が立ち並ぶ様子に驚き、その数は街の規模からして日本一だと日記に書き残しています。
建物は、正面中央の玄関前に車が停められるようなスペースとそのための屋根、2階ベランダ、出入り口や窓の黒塗りのアーチ型の枠、両開きのガラス戸と鎧戸の二重扉など、西洋風のデザインが見て取れます。外壁は漆喰塗りの日本壁で、建物の四隅は黒漆喰で石積みのようにし、屋根は桟瓦葺で、中央に太鼓楼と呼ばれる塔屋をのせています。
昭和41年(1966年)には武田氏館跡(甲府市内、武田神社付近)に移築、藤村紫朗にちなみ「藤村記念館」と名付けられ、歴史や民俗の教育資料館として一般公開されました。昭和42年(1967年)には国の重要文化財に指定。甲府駅周辺の再開発に伴い、歴史景観の再生、市民や観光客の交流ガイダンス施設として活用することを目的に、平成22年(2010年)、現在の甲府駅北口に再び移築・復元されました。
文化庁国指定文化財等データベース甲府市公式サイトなど

旧睦沢学校校舎 フォトギャラリー



アクセス


旧睦沢学校校舎は赤マーカー1
スマートフォンの方はこちらのマップ

JR甲府駅 北口から、徒歩1分。

施設付属の駐車場はない。
半径200m以内に多数の有料駐車場がある。
NAVITIME 駐車場案内ページにて、「甲府駅」で検索。






見学のしかた



開館時間、休館日などの見学情報は、甲府市公式サイト、または山梨県観光ネット公式サイトを参照。

2018.1
開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、12/29〜1/3
入館料 無料

館内での写真撮影は自由。





管理人のおすすめポイント



再開発できれいに整備され、広々とした甲府駅北口。付近には近代的な雰囲気のコンクリート建築が建ち並んでいます。そこに、ポツンと建つ和洋折衷の建物。正直、ちょっと唐突感を覚えました。駅前の風情作りに一役買っている、という感じではないでしょう。それはさておき。現在の山梨県では数少ない明治時代の建物で、それだけで貴重と言えます。擬洋風建築としても典型的な例で、外観はかなり美しく保たれています。一般公開されていて、内部を気軽に見学できるのもいいですね。ただ、内部は資料館として新しく改装されており、あまり趣は感じられませんでした。資料館として使うのも悪くないと思いますが、地の利を生かして、カフェとかレストランとして利用する、というのはどうかなと思いました。


b0212342_16003797.jpg

b0212342_16004533.jpg

b0212342_15394978.jpg

b0212342_15485803.jpg

旧睦沢学校校舎 フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-09-05 13:17 | 山梨 | Comments(0)

サイトマップ > 山梨県 近代文化遺産 > 旧睦沢学校校舎 > フォトギャラリー

旧睦沢学校校舎(藤村記念館)へのアクセス、見学のしかたはこちらのページへ。

1
b0212342_16002142.jpg

2
b0212342_16002689.jpg

3
b0212342_16003065.jpg

4
b0212342_16003797.jpg

5
b0212342_16004533.jpg

6
b0212342_16012935.jpg

7
b0212342_16013627.jpg

8
b0212342_16015504.jpg

9
b0212342_16020739.jpg

10
b0212342_16021412.jpg

11
b0212342_16024661.jpg

12
b0212342_16025308.jpg

13
b0212342_16025710.jpg

14
b0212342_16030645.jpg

15
b0212342_16031398.jpg

16
b0212342_16040396.jpg

17
b0212342_16040700.jpg

18
b0212342_16041757.jpg

19
b0212342_16042585.jpg

20
b0212342_16043873.jpg

21
b0212342_16053762.jpg

22
b0212342_16054147.jpg

23
b0212342_16054749.jpg

24
b0212342_16055495.jpg

25
b0212342_16062961.jpg

26
b0212342_16072240.jpg

27
b0212342_16072920.jpg

28
b0212342_16073280.jpg

29
b0212342_16073665.jpg

30
b0212342_16074223.jpg

31
b0212342_16082417.jpg

32
b0212342_16082933.jpg

33
b0212342_16084099.jpg

34
b0212342_16085513.jpg

35
b0212342_16085919.jpg

36
b0212342_16094423.jpg

37
b0212342_16095918.jpg

38
b0212342_16100591.jpg

39
b0212342_16101619.jpg


by h9w457y8i | 2018-08-25 06:27 | 山梨 | Comments(0)


サイトマップ山梨県 近代文化遺産祝橋


アクセス(行き方)

見学のしかた

橋の説明

1
b0212342_16043136.jpg



アクセス



スマートフォンの方はこちらのマップ
祝橋は、オレンジマーカー 1


最寄りの駅から徒歩

JR勝沼ぶどう郷駅から、徒歩約30分(2.1km)。緩い下り坂。


バス

JR勝沼ぶどう郷駅から、甲州市営バス ぶどうコース 2 循環バス、あるいは、ワインコース 2 循環バスに乗車。
8:45前後、13:15前後発。均一料金 300円、所要時間 10分。
「祝橋」バス停(上の地図、オレンジマーカー 2)下車。バス停から現地まで、徒歩約1分。


駐車場

施設付属駐車場なし。
橋は現在、車両通行止め、歩行者のみ通行可能であり、橋の両端の広い道路部分に駐車できる。上の地図、オレンジマーカー 3 or 4

2
b0212342_16323238.jpg
オレンジマーカー 4





見学のしかた



屋外にあり、常時見学が可能。歩いて、あるいは自転車で橋を渡ることもできる。

3
b0212342_16484839.jpg

4
b0212342_16472786.jpg





橋の説明



祝橋(いわいばし)は、この場所にかかる三代目の橋です。二代目の吊り橋が老朽化していたことと、国鉄勝沼駅からぶどうを出荷するために、自動車の通行に耐えられる橋が必要であったことからコンクリート製の橋として計画され、昭和5年(1930年)に竣工しました。開通式典には近隣の町村から多くの見物客が訪れ、「眼鏡橋」の愛称で、ぶどうの里のシンボルとして全国に紹介されたそうです。橋は長さ68m、幅6mあまりのコンクリートアーチ橋で、昭和初期の貴重な土木工作物として、平成9年(1997年)に国の登録有形文化財となりました。←現地案内看板、甲州市観光協会公式サイト

5
b0212342_17044710.jpg

6
b0212342_17061373.jpg

7
b0212342_17130718.jpg

8
b0212342_23001704.jpg

9 橋の上から川の上流を見たところ。
b0212342_23002203.jpg

10 橋の上から見た下流側。2本の橋脚は4代目に当たる新祝橋。
b0212342_23002682.jpg

11
b0212342_23005025.jpg

12 手前が三代目祝橋の欄干。向こう側が新祝橋の欄干。
b0212342_23010381.jpg

13
b0212342_23010781.jpg

14
b0212342_23014249.jpg

15
b0212342_23014711.jpg

16
b0212342_23015102.jpg

17
b0212342_23021741.jpg

18
b0212342_23022072.jpg

19
b0212342_23022958.jpg

20
b0212342_23023351.jpg

21 上の地図、オレンジマーカー3の道路。車が来ることはないので見学時の駐車スペースとして使える。
b0212342_23023715.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-02-24 12:41 | 山梨 | Comments(0)

サイトマップ > 山梨県 江戸時代以前の文化財

国宝

国指定重要文化財

文化財分布マップ


国宝 大善寺 本堂



国宝


清白寺仏殿
せいはくじ ぶつでん
室町時代中期(1415年)建立。檜皮葺。外観はいつでも見学可能と思われる。

b0212342_09075218.jpg大善寺 本堂
だいぜんじ ほんどう
鎌倉時代後期(1286年)建立。檜皮葺。山梨県内では最古の建築物とされる。
map 35.65716, 138.74301







国指定重要文化財


浅間神社摂社山宮神社本殿
あさまじんじゃ せっしゃやまみやじんじゃ ほんでん

b0212342_09095726.jpg穴切大神社本殿
あなきりだいじんじゃ ほんでん
桃山時代(1500年代後半)建立の、檜皮葺、幅一間の小さな社。非公開。外観を横の壁から覗ける程度。
map 35.66266, 138.56108

安藤家住宅
あんどうけじゅうたく
表門、北蔵、主屋、文庫蔵、南蔵
主屋は、江戸時代中期に建てられた茅葺きの古民家。

雲峰寺
うんぽうじ
庫裏、書院、本堂、仁王門
室町時代中期(1,500年頃)の建築。仁王門は風情豊かな景観の中にあり、四季を通して訪れる写真家も多い。

恵林寺四脚門
えりんじ しきゃくもん
室町時代(1606年)建立。恵林寺は武田信玄の菩提寺として有名。境内には信玄にまつわる宝物館もある。公式サイト

塩沢寺地蔵堂
えんたくじ じぞうどう
江戸時代前期建立。茅葺。

小佐野家住宅
おさのけ じゅうたく
蔵、主屋
江戸時代末期。主屋は鉄板葺き。富士講御師の住宅。世界遺産「富士山」の構成要素。現住のため非公開。富士吉田市歴史民族博物館にレプリカがある。

観音堂(長作観音堂)
かんのんどう
鎌倉時代後期(1,300年頃)の建築。銅板葺き。

b0212342_10232785.jpg北口本宮富士浅間神社
きたぐちほんぐう ふじせんげんじんじゃ
西宮本殿、東宮本殿、本殿
江戸時代前期(1615年)建立。いずれも檜皮葺。本殿の内部は絢爛な装飾あり。世界遺産「富士山」の構成要素。

旧高野家住宅
きゅう たかのけ じゅうたく
馬屋、小屋、主屋、巽蔵、東門、文庫蔵
主屋は江戸時代後期に建てられた茅葺風銅板葺き二階建ての民家。「突上げ屋根」というこの地方の特色がよくでている。一般公開。見学についての詳細は甲州市公式サイトを参照。

旧外川家住宅
きゅうとがわけじゅうたく
主屋、中門、離座敷
江戸時代後期(1768年)建立の、富士山御師の住宅。世界遺産「富士山」の構成要素。鉄板葺きで、あまり風情は感じられない。一般公開。見学についての詳細は富士の国やまなし観光ネット公式サイト参照。

旧平田家住宅
きゅうひらたけじゅうたく
江戸時代中期に建てられた茅葺の古民家。武田信玄家臣の末裔と言われる上級農家住宅。一般公開。見学に関する詳細は富士の国やまなし観光ネットを参照。

窪八幡神社(大井俣窪八幡神社)
くぼはちまんじんじゃ
神門、摂社若宮八幡神社拝殿、摂社若宮八幡神社本殿、鳥居、拝殿(庁屋)、本殿、末社高良神社本殿(まっしゃたからじんじゃほんでん)、末社武内大神本殿(まっしゃたけのうちだいじんほんでん)、末社比咩三神社本殿(まっしゃひめさんじんじゃほんでん)
室町時代後期(1500年頃)の建立。本殿・拝殿は檜皮葺の立派な建物。公式HPはこちら

熊野神社
くまのじんじゃ
拝殿、本殿
室町時代中期。檜皮葺。

向岳寺(向嶽寺)中門
こうがくじ ちゅうもん
室町時代後期(1500年代中頃)、檜皮葺。向嶽寺は寺院自体が非公開だが、中門の前までは立ち入りができる。

光照寺薬師堂
こうしょうじ やくしどう
室町時代後期(1500年代中頃)、銅板葺き、小規模な薬師堂。

最恩寺仏殿
さいおんじ ぶつでん
室町時代中期。銅板葺き。窓の形など中国の様式が垣間見れる貴重な建物。

慈眼寺
じげんじ
庫裏、鐘楼門、本堂
江戸時代前期。本堂は茅葺きの大規模な伽藍。

清白寺庫裏
せいはくじ くり

善光寺
ぜんこうじ
山門、本堂
本堂は江戸時代後期(1789年)。山門ともに、銅板葺きの大型伽藍。

高室家住宅
たかむろけじゅうたく
主屋、新蔵、長屋門、離れ、文庫蔵、弁財天堂、前蔵、味噌蔵、籾蔵
江戸時代後期(1788年)に建てられた医師の住宅。現住のため非公開。過去の特別公開の様子は甲府市公式サイトを参照。

武田八幡神社本殿
たけだはちまんじんじゃ ほんでん
室町時代後期(1541年)。檜皮葺の趣のある建物。

長谷寺本堂
ちょうこくじ ほんどう
室町時代後期(1524年)。銅板葺きの小規模な伽藍。

天神社本殿
てんじんじゃ ほんでん
室町時代後期(1522年)。檜皮葺、幅一間の小さな社。

東光寺仏殿
とうこうじ ぶつでん
室町時代後期。檜皮葺。内部は非公開。

中牧神社本殿
なかまきじんじゃ ほんでん
室町時代後期(1478年)。檜皮葺き、幅一間の小さな社。

富士御室浅間神社本殿
ふじおむろせんげんじんじゃ ほんでん
桃山時代。銅板葺き。幅一間の小さな社。世界遺産「富士山」の構成要素。

星野家住宅
ほしのけじゅうたく
主屋、文庫蔵、籾蔵及び味噌蔵
江戸時代末期。二階建て、銅板葺き。本陣建築、というらしい。主屋は養蚕に使われていた。内部の見学は要予約。主屋は道路に面しているため見学可能。見学については大月市公式サイト参照。

本遠寺
ほんおんじ
鐘楼堂、本堂
江戸時代前期(1650年)建立。檜皮葺き? 幅五間。

門西家住宅
もんざいけ じゅうたく
江戸時代中期。茅葺の特にこれといった特色のなさそうな古民家。公開されているかどうかは不明。

八代家住宅
やつしろけじゅうたく
隠居屋、穀蔵、主屋、長屋門、文庫蔵、味噌蔵
主屋は江戸時代後期(1808年)、藁葺きの古民家。現住のため非公開だが、公開情報もあり。北杜市公式サイト参照。

山梨岡神社本殿
やまなしおかじんじゃ ほんでん
室町時代後期。こけら葺きの小規模な社。


by h9w457y8i | 2017-03-12 06:05 | 山梨 | Comments(0)

サイトマップ > 山梨県 近代文化遺産

文化財分布マップ



国指定重要文化財



b0212342_08591076.jpg旧睦沢学校校舎(藤村記念館)
きゅう むつざわがっこう こうしゃ
明治8年(1875年)竣工の小学校校舎。その後、当時の県知事で山梨の近代化に尽力した藤村紫朗にちなんで名を藤村記念館に変え、数度の移築を経て資料館として一般公開されている。
map 35.66788, 138.57011

八ツ沢発電所施設
やつざわ はつでんしょ しせつ
取水堰堤、取水口制水門、取水口沈砂池、第1号隧道、第1号開渠、第2号隧道、第1号水路橋、第3号隧道、第2号水路橋、第4号隧道、第3号水路橋、第5号隧道、第4号水路橋、第6・7・8・9・10・11号隧道、大野調整池堰堤、大野調整池制水門、大野調整池余水路、第12・13・14・15・16・17・18号隧道、水槽、水槽余水路
現役の発電所施設であり、非公開。いくつかの施設は近くの道路などから外観を垣間見ることができる。発電所の解説は、東京電力公式サイト参照。






国登録有形文化財(一部)



b0212342_09025457.jpg祝橋
いわいばし
昭和5年(1930年)竣工。コンクリートアーチ橋。現在ではすぐ隣に新しい鉄骨製の橋がかけられ、この橋は歩行者のみ通行できる。
map 35.65885, 138.73152

b0212342_09040571.jpg勝沼堰堤
かつぬま えんてい
大正6年(1917年)竣工。川の蛇行点で岩盤自体を堰堤として利用。人工物ながら自然の滝のような景観が特徴。周囲は公園として整備されている。
map 35.6538, 138.74665

b0212342_09051828.jpg旧田中銀行
きゅう たなかぎんこう
主屋、土蔵
明治時代後半、1900年前後の建築。当初は電信通信局舎として建てられ、大正期は銀行社屋として用いられた。擬洋風建築の好例。
map 35.662, 138.72954


by h9w457y8i | 2011-05-31 02:10 | 山梨 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。