サイトマップ > 石川県 近代文化遺産 > 尾山神社神門

b0212342_22325599.jpg

尾山神社(おやまじんじゃ)は、加賀藩の初代藩主・前田利家(まえだ としいえ)とその妻おまつの方を祀った神社で、明治6年(1873年)に歴代藩主の別邸があった土地に創建されました。神門(しんもん)は神社の正門として、明治8年(1875年)に建てられました。西洋の建築を正式に学んでいない日本の大工が、見よう見まねで洋風を取り入れて造った建造物を擬洋風建築(ぎようふうけんちく)と言い、この神門もそのうちの一つですが、この門はそこに中国風のデザインが加わる異様な形で、当時は「竜宮城を思わせる」「文明開化の西洋かぶれ」などと言われたようです。門は三層に別れていて、1層目は石室石を外壁に使った三連アーチですが、骨組みは完全な木造。最上部にはギヤマン(江戸時代のガラス製品。ここでは五色のガラス板)がはめ込まれています。かつては最上部で御神灯が点灯し、遠く日本海を航行する船の目印になったと言います。また屋根の上の避雷針は、日本最古のものです。昭和10年(1935年)に国の重要文化財に指定されています。


尾山神社 神門 フォトギャラリー(16MP・41枚)




アクセス


尾山神社神門は赤5
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR および 北陸鉄道 金沢駅 兼六園口(東口)から、徒歩約22分(1.6km)。



バス
北陸鉄道バス(通称「北鉄バス」)南町・尾山神社 バス停(地図・赤2)から、徒歩約4分。

JR および 北陸鉄道 金沢駅 東口 バスターミナルからだと、
3番のりば(地図・赤1)から、北陸鉄道バス 18系統 花里・東部車庫行きバスに乗車。
(この他にも、6, 8, 9, 10, 11番のりばから出発する別系統のバスが同じルートを通る。全てのバスを合わせると数分おきに出ていますが、18系統だけでも運行頻度が高いので、他系統は省略)
 ↓
[運行頻度] 1時間に4〜5本
[乗車時間] 5分
[運賃] 200円 全国共通交通系ICカードは利用不可。2019.8
 ↓
南町・尾山神社 バス停下車。

北鉄バスの運賃・時刻・乗り換え検索は、各種乗り換え案内アプリやGoogle Map ルート案内機能が対応しています。



駐車場
神社付属の参拝者用無料駐車場があります。
地図・赤3

b0212342_22513417.jpg






見学のしかた


神門は神社の参道にあって、外観は常時見学が可能です。

b0212342_22545077.jpg

一層目から上に登るハシゴがありますが、上層内部の特別公開情報は見つけられませんでした。2019.8
b0212342_22542303.jpg


参拝可能時間などについての情報もありません。
基本的に、いつでも参拝は可能だと思われます。

尾山神社についての問い合わせ先は、尾山神社公式HPを参照してください。


西側から、神門。
三層目に陽が当たって、ギヤマンの美しい色が浮き出ているのがわかるでしょうか。
b0212342_22554987.jpg

鳥居の下から、神門。
b0212342_22550545.jpg

1
b0212342_22570245.jpg

2
b0212342_22574593.jpg

3
b0212342_22575671.jpg

門の扉は、重厚感がある木製。美しい彫刻が施されていました。
b0212342_22584316.jpg

7
b0212342_23011655.jpg

4
b0212342_22581530.jpg

一層目は石造りのように見えますが、表面が石材に覆われているだけで、中は木造です。
b0212342_23035063.jpg

19
b0212342_23071101.jpg

17
b0212342_23043393.jpg

5
b0212342_22582578.jpg

6
b0212342_22583381.jpg

8
b0212342_23013479.jpg

二層目。
9
b0212342_23014756.jpg

10
b0212342_23023262.jpg

18
b0212342_23054034.jpg

三層目。
15
b0212342_23020284.jpg

16
b0212342_23033279.jpg

この避雷針は日本最古のものだそうです。
11
b0212342_23025284.jpg

12
b0212342_23021529.jpg

13
b0212342_23030888.jpg

14
b0212342_23032148.jpg

とても近代的なお守り売り場。
この売り場も神門も、伝統にとらわれない尾山神社のスタイルなんでしょうか。
b0212342_23055577.jpg

現地案内看板。
b0212342_22573283.jpg

境内には...誰の銅像? 前田利家かな?
b0212342_23073476.jpg

境内には美しい庭園が。
b0212342_23080673.jpg

b0212342_23092323.jpg

門から境内を横切り、東に進むと。
b0212342_23085223.jpg

門が見えてきます。地図・赤4
b0212342_23095081.jpg

東神門。かつての金沢城二の丸の門でした。江戸時代後期の建築で、登録有形文化財に指定されています。
b0212342_23104955.jpg

東神門の案内看板。
b0212342_23110778.jpg


尾山神社 神門 フォトギャラリー(16MP・41枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
尾山神社 公式サイト
金沢市 公式サイト
文化庁 国指定文化財等データベース
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-08-01 23:16 | 石川 | Comments(0)

サイトマップ > 石川県 江戸時代以前の文化財 > 成巽閣

b0212342_06155894.jpg

成巽閣(せいそんかく)は、江戸時代末期の1863年、加賀藩主の前田斉泰(まえだ なりやす)が母の隠居所として建てた住宅建築です。金沢城から見て南東方向、つまり巽(たつみ)の方角であることから、当初は巽新殿と呼ばれましたが、明治7年(1874年)に兼六園が一般公開される際に成巽閣と改称しました。一階が武家書院造り、二階が数寄屋風の書院造りで、幕末の大名屋敷建築を代表するものとして高く評価されています。昭和13年(1938年)に国宝に、昭和25年(1950年)に改めて国の重要文化財に指定されました。また付属する庭園「飛鶴庭(ひかくてい)」は国の名勝に指定されています。


成巽閣 フォトギャラリー(16MB・12枚)




アクセス



成巽閣はオレンジ4
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR金沢駅 東口から、徒歩約40分(2.7km)。



バス
北陸鉄道バス(通称「北鉄バス」)「県立美術館・成巽閣」バス停(地図・青2)から徒歩1分。

JR金沢駅からだと、
東口バスターミナル 6番乗り場から、「兼六園シャトルバス」に乗車。
 ↓
運賃200円。乗車時間16分。20分おき。
 ↓
「県立美術館・成巽閣(せいそんかく)」バス停 下車。

北鉄バスの時刻・料金検索は北鉄バス公式サイトへ。
Google Map ルート案内機能でも対応しています。
NAVITIMEやYahoo路線など、各種乗り換え案内アプリ・サイトは非対応です。2019.6

また、北鉄バスは全国共通交通系ICカードに非対応です。2019.6

両替は車内で。
一日フリー乗車券もあります。

北鉄バスのフリー乗車券の購入場所、バス停の位置、乗り方などは、詳細がわかりやすく書かれたこちらの北鉄バス公式サイトを参照してください。

なお、他の最寄りバス停として、「出羽町(でわまち)」バス停(地図・青3)があります。金沢駅東口からバスが5分に1本ほどの頻度で出ていますが、乗り場、系統が複数あって旅行者にはわかりづらいと思うので、ここでは省略しています。



駐車場
施設付属の無料駐車場があります。

駐車場の入口は、成巽閣の門と共通です。地図・オレンジ1。
b0212342_08082916.jpg

「えっ、ここにクルマを入れるの...?」という雰囲気ですが、ちゃんと「観覧者用駐車場」の案内が。
b0212342_08450281.jpg

↓ 駐車スペースは前庭で、乗用車7台となっています。
ちょっと停めるのは気が引けるような雰囲気です...。
b0212342_08092852.jpg


この他にも、徒歩1分のところに兼六園上パーキング(入口は地図・オレンジ3)があります。
2019.6
[料金] 平日 100円/20分。休日 100円/15分。
[営業時間] 24時間
[収容台数] 32台





見学のしかた


成巽閣の開館時間、入館料、休館日などの最新情報は、成巽閣 公式HPで確認してください。

2019.6
[開館時間] 9:00〜17:00(最終入館は16:30)
[入館料] 大人 700円
[休館日] 水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

内部では、前田家に伝わる着物、人形など様々なものが展示されています。

館内での写真撮影は不可。←入館受付で確認済み。


b0212342_08462190.jpg

正面入口。さすが大名屋敷の風格です。
b0212342_08423870.jpg

b0212342_08402110.jpg

入口正面、屋根。立派な装飾が目を惹きます。
b0212342_08425088.jpg

前田家の家紋ですね。
b0212342_08395253.jpg

館内は撮影禁止ですが、入口から見える範囲なら良い、ということでしたので、撮らせていただきました。
b0212342_08435599.jpg

この画像では内部は質素に見えますが、奥の方はもっと立派な造りになっているようです。
b0212342_08444400.jpg

今回は時間の関係で内部見学はできませんでした...。

現地案内看板。
b0212342_08393007.jpg


成巽閣 フォトギャラリー(16MB・12枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
成巽閣 公式HP
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-06-23 06:26 | 石川 | Comments(0)

サイトマップ > 石川県 近代文化遺産 > 旧金澤陸軍兵器支廠

b0212342_10355587.jpg

旧金澤陸軍兵器支廠(きゅう かなざわ りくぐん へいきししょう)は、旧日本陸軍の兵器庫として明治42年(1909年)から大正3年(1914年)にかけて建てられました。3つの細長いレンガ造りの建物からなっており、それぞれの長さが85〜90mもあります。西側から、第五號兵器庫(だいごごう へいきこ)、第六號兵器庫、第七號兵器庫と名が付いています。戦後は金沢美術工芸大学の校舎として使用され、昭和61年(1986年)に石川県立歴史博物館として開館しました。博物館として再活用するにあたり、外観は創建当時の姿を忠実に復元し、内装は建物の文化財としての価値と、展示設備との調和がはかられました。歴史的建造物の保存と博物館としての再利用が評価され、平成2年(1990年)には国の重要文化財に指定され、翌年には日本建築学会賞も受賞しています。平成27年(2015年)には三棟のニックネームを「いしかわ赤レンガミュージアム」とし、新しく開館した加賀本多博物館と歴史博物館が共存する形にリニューアル・オープンしています。

建物の構造、県による改修などについての詳細は、石川県公式サイトを参照してください。


旧金澤陸軍兵器支廠(石川県立歴史博物館) フォトギャラリー(16MB・35枚)




アクセス



旧金澤陸軍兵器支廠は、青6〜8
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
金沢駅 東口から徒歩約37分(2.8km)。



バス
北陸鉄道バス(通称「北鉄バス」)の「県立美術館・成巽閣(せいそんかく)」バス停(地図・青2)から、徒歩約3分(200m)。

JR金沢駅からだと、
東口バスターミナル 6番乗り場から、「兼六園シャトルバス」に乗車。
 ↓
運賃200円。乗車時間16分。20分おき。
 ↓
「県立美術館・成巽閣(せいそんかく)」バス停 下車。

北鉄バスの時刻・料金検索は北鉄バス公式サイトへ。
Google Map ルート案内機能でも対応しています。
NAVITIMEやYahoo路線など、各種乗り換え案内アプリ・サイトには非対応です。2019.6

また、北鉄バスは全国共通交通系ICカードに非対応です。2019.6

両替は車内で。
一日フリー乗車券もあります。

北鉄バスのフリー乗車券の購入場所、バス停の位置、乗り方などは、詳細がわかりやすく書かれたこちらの北鉄バス公式サイトを参照してください。

なお、旧金澤陸軍兵器支廠(石川県立歴史博物館)の最寄りバス停として、「出羽町(でわまち)」バス停(地図・青3)があります。金沢駅東口からバスが頻繁に出ていて本数も多いのですが、乗り場、系統が複数あって旅行者にはややこしいので、ここでは省略しています。



駐車場
施設付属の無料駐車場があります。
入口は地図・青4。

ここが満車の場合は、石引駐車場(地図・青5)へ。2時間まで無料となるサービス券を県立歴史博物館の総合受付で配布しています。

駐車場入口。
b0212342_10365103.jpg







見学のしかた


石川県立歴史博物館の開館時間、入館料、休館日は、石川県立歴史博物館公式サイトを参照。

2019.6
[開館時間] 9:00〜17:00(入管は16:30まで)

[入館料] 常設展示 300円、加賀本多博物館とのセット 500円。企画展示は別途料金。

[休館日] 展示物整理などのため、不定期に月に2〜4日。詳細はHP参照。

館内での写真撮影は、階段、ホールなどの共用部分のみ可能と受付で言われました。


第七號(ごう)兵器庫。地図・青8
1
b0212342_10390173.jpg

2
b0212342_10393866.jpg

3
b0212342_10383310.jpg

4
b0212342_10384601.jpg

5
b0212342_11425703.jpg

6
b0212342_11442448.jpg

7
b0212342_10142123.jpg

8
b0212342_17345723.jpg

第6号兵器庫(地図・青7)と第7号兵器庫の間に、博物館の入口があります。
b0212342_17352069.jpg

第6号兵器庫と第7号兵器庫をつなぐ渡り廊下。ここが博物館の入口です。
b0212342_12035891.jpg

渡り廊下の側には、休憩スペースの「ほっとサロン」があります。喫茶店ではありません。
b0212342_12060678.jpg

第六號兵器庫。
b0212342_10144529.jpg

第5号兵器庫。5号、6号、7号、それぞれ形はほとんど同じです。
1
b0212342_10151295.jpg

2
b0212342_12052324.jpg

3
b0212342_12053411.jpg

第7号兵器庫の入口。建築当初はこんな感じだったのでしょうか。
b0212342_12074275.jpg

倉庫とは思えない、明治時代ならではの豪華な階段。
b0212342_12083793.jpg

b0212342_12092529.jpg

b0212342_12093532.jpg

b0212342_12094539.jpg

第6号兵器庫の1F部分。
b0212342_11443569.jpg

b0212342_12030770.jpg

窓周りは、しっかりリニューアルされています。
b0212342_12032224.jpg

窓を外から見ました。
b0212342_12102588.jpg

b0212342_12132461.jpg

外壁。レンガの積み方は、一段ごとに並べ方を変えるイギリス積みです。
b0212342_12111586.jpg

現地案内看板。
b0212342_10372044.jpg

b0212342_12133897.jpg


旧金澤陸軍兵器支廠(石川県立歴史博物館) フォトギャラリー(16MB・35枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
石川県立歴史博物館 公式サイト
石川県 公式サイト
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-06-21 06:28 | 石川 | Comments(0)

サイトマップ > 石川県 江戸時代以前の文化財 > 尾崎神社

b0212342_18241861.jpg
尾崎神社 本殿

尾崎神社(おざきじんじゃ)は、江戸時代前期の1643年に創建された神社です。加賀藩主・前田光高(まえだ みつたか)が、曽祖父の徳川家康を祀るために金沢城の北の丸に建立しました。本殿には朱塗りの彫刻や飾り金具が施され、日光東照宮の縮図とも言われています。明治11年(1878年)、金沢城内に陸軍省が駐屯することになり、現在地に移設されました。
本殿、拝殿、幣殿、中門、透塀が、昭和6年(1931年)に国の重要文化財(厳密に言うと旧国宝 → 戦後に重要文化財)に指定されています。


尾崎神社 フォトギャラリー (12枚)



アクセス


尾崎神社は黒マーカー3〜6
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR金沢駅 東口、または 北陸鉄道金沢駅から、徒歩約22分(1.5km)。


バス
北陸鉄道バス(通称 北鉄バス) 武蔵ヶ辻(むさしがつじ)バス停(上の地図、黒マーカー1)から、徒歩約8分(600m)。

北鉄バスの路線・時刻・料金検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能に対応しています。
全国共通交通系ICカードには非対応。2019.1

なお、JR金沢駅東口バスターミナルからだと、武蔵ヶ辻バス停まで乗車時間5分。200円。
数多くの系統がこの路線を運行しており、合計すると運行頻度は数分に1本。
JR金沢駅東口バスターミナルのバス乗り場は、それぞれの系統によって異なります。
バスターミナルの詳しい乗り場位置などは、北陸鉄道公式サイトを参照。


駐車場
神社付属の有料駐車場あり。
駐車場入り口は、上の地図、黒マーカー2。

b0212342_18251378.jpg

1時間200円。
「車のナンバー、入庫時間、出庫時間、料金を書き込み、料金と一緒に備え付けの箱に入れる」と看板にありましたが、用紙はなかったので、料金だけポストに入れればいいのではないかと思います。
b0212342_18252396.jpg






拝観のしかた


2019.1
拝観時間 7:00〜20:00

拝観料 無料

年中無休。

神社への問い合わせ先については、石川県神社庁公式サイトを参照。
電話番号:076-231-0127(2019.1)

拝殿。
b0212342_18255475.jpg

中門。拝殿と本殿の間にあります。
b0212342_18260827.jpg

透塀(すきべい)。本殿を取り囲んでいます。
b0212342_18271240.jpg

尾崎神社 フォトギャラリー (12枚)

文化財分布マップ

この記事は金沢市観光協会公式サイト文化庁国指定文化財等データベースなどを元にしています。



by h9w457y8i | 2019-02-12 08:04 | 石川 | Comments(0)

サイトマップ > 石川県 江戸時代以前の文化財 > 金沢城土蔵

b0212342_19494412.jpg

この土蔵は江戸時代後期、1848年に武具倉庫として建てられました。天井裏を土壁で塗り込め、その上に瓦を葺く鞘屋根という構造になっています。幅、奥行きが15m x 22mで、全国のお城の中にある土蔵の中でも最大級の規模です。明治期以降、陸軍によって被服倉庫として使われ、その頃から「鶴丸倉庫」と呼ばれるようになりました。
平成20年(2008年)に国の重要文化財に指定されています。


金沢城土蔵(鶴丸倉庫) フォトギャラリー 13枚の画像



アクセス


金沢城土蔵(鶴丸倉庫)は黄色マーカー13
スマートフォンはこちらのマップ


金沢城土蔵(鶴丸倉庫)は、金沢城公園の中にあり、普段は外観のみ見学できます。

また、4〜11月には、毎月数日間、内部が特別公開されます。
特別公開に関しては、兼六園・金沢城管理事務所に問い合わせるか、「鶴丸倉庫 公開」で検索してください。

金沢城公園へのアクセス、公園の入園案内は、石川門紹介ページを参照。
2
b0212342_19545241.jpg

3
b0212342_19551020.jpg

4
b0212342_19551919.jpg

5
b0212342_19552802.jpg

金沢城土蔵(鶴丸倉庫) フォトギャラリー 13枚の画像

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2019-02-06 16:03 | 石川 | Comments(0)

サイトマップ > 石川県 江戸時代以前の文化財 > 金沢城三十間長屋

b0212342_09124069.jpg

日本のお城では、倉庫と防壁を兼ねた細長い建物を「多聞櫓(たもんやぐら)」と言いますが、金沢城ではそれを「長屋(ながや)」と呼びます。三十間長屋はその長さから名付けられました。
元々この場所には、江戸時代初期に櫓を持つ三十間長屋が建てられていましたが、1759年に焼失し、しばらくは石の土台だけが残されていました。現在残るこの長屋は、幕末の1858年に再建されたものです。長さは三十間よりも若干短い、26.5間(48.2m)となっています。
建物は高い石垣の上の縁に立っており、入り口は上の画像のように天守の方に向いていますが、そちらは実は裏側で、石垣側の表側が、城下に睨みを効かせていました。

↓ こちらが建物の表側
b0212342_09280364.jpg


金沢城 三十間長屋 Photo Gallery 画像15枚
Mobile      PC



アクセス


金沢城 三十間長屋は、黄色マーカー12
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR金沢駅、北鉄金沢駅から、徒歩約35分(2.5km)。


バス
北鉄バス 香林坊周辺のバス停から、徒歩約12分(800m)。

北陸鉄道バス(通称「北鉄バス」)の時刻・料金検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応しています。
全国共通交通系ICカードは使用不可。2018.12 車内での両替は1000円札と硬貨のみ。
JR金沢駅 東口バスターミナルから、乗車時間10分、200円。
金沢駅東口バスターミナルの詳しい乗り場案内はこちら


駐車場
金沢城三十間長屋は金沢城公園の中にありますが、公園の付属駐車場はありません。
半径500m以内に多数の時間貸駐車場があります。
NAVITIME 駐車場検索ページにて「三十間長屋」で検索。

b0212342_11534667.jpg






見学のしかた


金沢城三十間長屋は、金沢城公園の中にあります。
公園の開園時間、休園日、入園料に関しては、石川県公式サイトの金沢城公園案内HPを参照。

2018.12
開園時間
<3/1〜10/15> 7:00〜18:00
<10/16〜2/28> 8:00〜17:00
年中無休。
入園無料。


三十間長屋の内部は、普段は非公開ですが、しばしば期間限定で特別公開されるようです。
直近では、2019年2月、および3月の何日間か、内部が特別公開されます。
詳細はJRおでかけネットを参照。
あるいは、金沢城公園に問い合わせ。

b0212342_11541707.jpg

b0212342_11542659.jpg

b0212342_11544151.jpg

金沢城 三十間長屋 Photo Gallery 画像15枚
Mobile      PC

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-12-27 13:02 | 石川 | Comments(0)

サイトマップ > 石川県 江戸時代以前の文化財 > 金沢城石川門

b0212342_04030614.jpg

現在の石川門は金沢城公園の表門として使われていますが、江戸時代までは搦手(からめて)門、つまり裏門として機能していました。前田利家が戦国時代に入城して以降に建てられたものと思われ、石川郡の方を向いていたので石川門の名が付けられました。また金沢城の中でも重要な門として、河北門、橋爪門とともに「三御門」と呼ばれました。江戸時代の中頃、1759年に大火事で全焼し、1788年に再建。その後は幾度もの解体修理を経て、今に至っています。形式は重厚な枡形(ますがた)門で、表門、櫓(やぐら)門、多聞櫓(たもんやぐら)、渡櫓、菱櫓、太鼓塀が組み合わさってできています。
昭和10年(1935年)に旧法により国宝に指定(現行法では重要文化財指定相当)され、昭和25年(1950年)に現行法で改めて国の重要文化財に指定されました。重要文化財指定書には石川門の構成要素として、表門、表門北方太鼓塀、表門南方太鼓塀、櫓門、続櫓、櫓、附属左方太鼓塀、附属右方太鼓塀の8棟が記載されています。


金沢城石川門 Photo Gallery



アクセス



金沢城石川門は、黄色マーカー
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR金沢駅 東口、あるいは北陸鉄道 北鉄金沢駅から、徒歩約30分(2.2km)。


バス
北陸鉄道バス 「兼六園下・金沢城」バス停 2(上の地図、黄色マーカー2)、または、「兼六園下・金沢城」バス停 3(黄色マーカー3) から徒歩約4分(300m)。
バス停から門まで急な上り坂あり。

北陸鉄道バス(通称「北鉄バス」)の時刻・料金検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応しています。
全国共通交通系ICカードは使用不可。2018.8 車内での両替は1000円札と硬貨のみ。
JR金沢駅 東口バスターミナルから、乗車時間10分、200円。
金沢駅東口バスターミナルの詳しい乗り場案内はこちら


駐車場
石川県営 兼六駐車場(有料)から、徒歩約4分(300m)。急な上り坂あり。
駐車場入り口は、上の地図、黄色マーカー1。
7:00〜22:00、1時間350円。収容台数 500台以上。






見学のしかた


金沢城石川門は、金沢城公園の入口門となっています。
公園の開園時間、休園日、入園料に関しては、石川県公式サイトの金沢城公園案内HPを参照。

2018.8
開園時間
<3/1〜10/15> 7:00〜18:00
<10/16〜2/28> 8:00〜17:00
年中無休。
入園無料。

石川門の櫓(やぐら)内部には入れません。

城内の他の櫓などには、入ることができるものもあります。


↓ 櫓と太鼓塀。
b0212342_04034227.jpg

↓ 塀や門の角にある、こういうお城のミニチュアみたいなのを「櫓(やぐら)」と言います。目的は防御と見張り。石川門の櫓は内部見学ができません。
b0212342_04052490.jpg

↓ 枡形門のL字型の作りをよく表しています。左側が櫓門、右側が表門。
b0212342_04074234.jpg

b0212342_04075587.jpg

↓ 太鼓塀(たいこべい)の裏側。
b0212342_04081743.jpg

金沢城石川門 Photo Gallery

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-11-07 07:43 | 石川 | Comments(0)

サイトマップ > 石川県 江戸時代以前の文化財



国指定重要文化財
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行

文化財分布マップ


国指定重要文化財 金沢城 石川門



国指定重要文化財


あ行

江沼神社 長流亭
えぬまじんじゃ ちょうりゅうてい
大聖寺藩(加賀藩の支藩)の藩主、前田利直の別邸として、江戸中期の1706年に建てられた。内部の建具や欄間などの意匠が優れている。一辺が9m前後の正方形に近い形をしている。こけら葺き。一般公開。加賀旅・まちネット公式サイトを参照。
map 36.30953, 136.30747



b0212342_09083885.jpg尾崎神社
おざきじんじゃ
本殿、中門、透塀、拝殿及び幣殿
江戸時代前期、1643年の創建。徳川家康を祀っており、朱塗りの彫刻や飾り金具など、日光東照宮の縮図とも言われる。拝観自由。
map 36.56923, 136.65747




か行

b0212342_09104537.jpg金沢城
かなざわじょう
石川門(左画像)、三十間長屋土蔵(鶴丸倉庫)
加賀藩前田家の居城。
石川門は江戸時代後期、1788年の建築。敵の襲撃を鈍らせるため、複数の門と櫓からなる「桝形」という複雑な構造をとっている。一般公開。
map 36.56535, 136.66134



上時国家住宅
かみときくにけ じゅうたく
主屋、米蔵、納屋
主屋は江戸時代末期、1831年。茅葺、幅29mの大型古民家。
map 37.44789, 137.08022



喜多家住宅(野々市市 ののいちし)
きたけ じゅうたく
主屋、道具倉
元々は越前藩の武士だった喜多家。江戸時代中期からは商家として油屋や酒店を営んだ。主屋は江戸時代末期に建てられた町屋で、幅22m、桟瓦葺。一般公開。野々市市公式サイトを参照。
map 36.53212, 136.61563



喜多家住宅(羽咋市 はくいし)
きたけ じゅうたく
主屋、表門、道具倉、味噌倉
喜多家は十村役を務めていた豪農。主屋は江戸時代末期に建てられた。桟瓦葺の大型住宅。一般公開。石川旅ネット公式サイト参照
map 36.8046, 136.74207



旧小倉家住宅
きゅう おぐらけ じゅうたく
江戸時代末期。白山山麓地方の代表的な民家。幅16m、とち葺。一般公開。見学については石川県立白山ろく民俗資料館HPを参照。
map 36.17981, 136.62282



旧鯖波本陣 石倉家住宅
きゅう さばなみほんじん いしくらけ じゅうたく
主屋、土蔵、馬屋、表門
石倉家は北国街道、越前鯖波宿の本陣で、参勤大名の宿泊に使われた。江戸時代末期には人馬継立問屋(宿場で馬や人足の手配をする元締め)も営んでいた。現在は金沢湯涌江戸村に移築され一般公開。
map 36.49089, 136.75728



旧松下家住宅
きゅう まつしたけ じゅうたく
江戸末期に建てられた小型の商店。板葺きの屋根には重石が載っている。金沢湯涌江戸村に移築され、一般公開。
map 36.49048, 136.75658



黒丸家住宅
くろまるけ じゅうたく
主屋、納屋、味噌蔵、米蔵
黒丸家は奥能登に室町時代ごろから住む土豪。住宅は江戸時代前期の建築で、石川県では最古の古民家。主屋は幅約22mの大型住宅。茅葺。現住のため非公開。
map 37.4518, 137.16673



気多神社
けたじんじゃ
本殿、拝殿、神門、摂社白山神社本殿、摂社若宮神社本殿
本殿は江戸時代後期、1787年の建築で、あまり例のない両流造。幅三間、檜皮葺。
map 36.92601, 136.76745



小松天満宮
こまつてんまんぐう
本殿、石の間、幣殿及び拝殿、神門
江戸時代前期、1657年。本殿は桁行三間、銅版葺。複雑な形状をしている。
map 36.4161, 136.44858




さ行

座主家住宅<
ざすけ じゅうたく
江戸時代中期。能登地方南部の典型的な農家。幅約14m、茅葺。外観のみ見学可能。七尾市公式サイト参照。
map 37.14408, 136.81741



志摩
しま
江戸時代後期、1830年。木造二階建て、切妻造りの茶屋建築。茶屋町の佇まいをよく残す金沢市東山ひがし重要伝統的建造物群保存地区の中心に位置し,保存状態は良好。「ひがし」に残る茶屋の典型を示す遺構。内部も含め一般公開。詳細は志摩公式HPへ。
map 36.57261, 136.66689



b0212342_06293596.jpg成巽閣
せいそんかく
加賀藩主・前田斉泰(まえだなりやす)が母親の隠居所として、江戸時代末期の1863年、兼六園内に建てた。一部二階建て、木造こけら葺き。一般公開。見学については成巽閣公式HP参照。
map 36.56107, 136.66316




た行

大乗寺 仏殿
だいじょうじ ぶつでん
江戸時代中期、1702年。桁行三間、こけら葺き。
map 36.53246, 136.65907



忠谷家住宅
ちゅうやけ じゅうたく
主屋、新座敷、背戸蔵(せどぐら)、新蔵
江戸時代末期。北前船の船主の住宅。桟瓦葺、幅19mの古民家。
map 36.35118, 136.30781



時国家住宅
ときくにけ じゅうたく
江戸時代中期。茅葺、幅24mの大型古民家。
map 37.45011, 137.07819




な行

那谷寺
なたでら
本堂(本殿、拝殿、唐門)、護摩堂、三重塔、書院および庫裏、鐘楼
map 36.31105, 136.42098




は行

白山神社 本殿
はくさんじんじゃ ほんでん
室町時代後期。三間社流造、銅板葺。
map 37.40935, 137.21385



藤津比古神社 本殿
ふじつひこじんじゃ ほんでん
室町時代中期。三間社流造、こけら葺き。室町時代以前の遺構は北陸地方に少なく、貴重な存在。
map 37.14319, 136.81873




ま行

松尾神社 本殿
まつおじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1559年ごろ。一間社流造。本殿は覆屋に覆われている。本殿の手前には茅葺の拝殿がある。
map 37.10491, 136.77217



妙成寺
みょうじょうじ
本堂、経堂、庫裏、五重塔、三光堂(さんこうどう)、三十番神堂(さんじゅうばんしんどう)、書院、鐘楼、祖師堂、仁王門
本堂は桃山時代、1604年の建築。桁行五間、こけら葺き。
map 36.95448, 136.77601



明泉寺五重塔
みょうせんじ ごじゅうのとう
室町時代前期。石造りの石塔で、墓碑のようなイメージ。
map 37.23003, 137.05691




や行

薬王院五輪塔
やくおういん ごりんとう
室町時代前期。石塔。
map 36.28796, 136.36203


by h9w457y8i | 2018-11-03 17:36 | 石川 | Comments(0)

サイトマップ > 石川県 近代文化遺産 > 旧石川県第二中学校本館

b0212342_20384295.jpg

この建物は、明治32年(1899年)に石川県第二中学校の本館として建てられました。設計者は石川県工師の山口孝吉。ヨーロッパ諸国植民地のアメリカ大陸や東南アジアの建物で多く見られる、コロニアル・スタイルという様式を採用した洋風建築ですが、屋根は瓦葺きとなっています。両端にある銅板葺きの二つの尖塔と、中央の尖った屋根を合わせて「三尖塔校舎」の愛称で金沢市民に長らく愛されてきたそうです。昭和53年(1978年)からは、昭和時代の庶民の暮らしに関する資料を展示する博物館として、一般公開されています。近代学校建築の発展過程を知る上で高い価値がある、ということで、平成29年(2017年)に国の重要文化財に指定されました。
← 現地案内看板、金沢くらしの博物館公式サイト


旧石川県第二中学校本館 Google Photo Album
PC版では1600万画素(一部4200万画素)の画像が表示されます。



アクセス



旧石川県第二中学校本館は、紫マーカー3
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR金沢駅 兼六園口(東口)から、徒歩約45分(3.3km)。


バス
北鉄バス 石引町(いしびきちょう)バス停(上の地図、紫マーカー1)から、徒歩1分。

北鉄バス(北陸鉄道バス)の時刻・料金検索、乗り換え検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応。
運賃の支払いは、現金または北鉄バス専用カードのみ。
全国共通交通系ICカードには非対応。2018.10

JR金沢駅東口バスターミナルから石引町 バス停までは、複数の乗り場から、複数の系統のバスが出ている。
金沢駅東口バスターミナル、系統別の詳しい乗り場案内は、北鉄バス公式サイトを参照。
全ての系統を合わせて運行頻度は1時間に2〜3本。乗車時間約25分。

城下まち周遊バス 一日フリー乗車券を使用する場合は、石引町バス停はエリア外なので、出羽町バス停で下車。
詳細は金沢くらしの博物館公式サイトを参照。


駐車場
施設付属無料駐車場あり。
収容台数 4台。普通車のみ。

2 ↓ この正門からクルマで入ります。上の地図、紫マーカー2。
中学校の敷地内にあり、門も中学校と共有なので、入るのにちょっと気が引けますが。
b0212342_19333459.jpg

3 ↓ 門を入ってすぐに左に曲がると、駐車場があります。
b0212342_20400296.jpg






見学のしかた


旧石川県第二中学校本館は、金沢市立紫錦台(しきんだい)中学校の敷地内にあり、「金沢くらしの博物館」として一般公開されています。

2018.10
開館時間 9:30〜17:00(最終入館は16:30)

入館料 300円

休館日 展示替え期間、および年末年始。
展示替え期間については博物館に問い合わせ

館内には、昭和30年代?のお茶の間の様子が再現されていたり、昭和初期の子供の着物体験ブースなどもあり、ちょっとした体験型博物館として、気軽に楽しめる展示内容となっています。

4
b0212342_21523209.jpg

5
b0212342_21525106.jpg

6
b0212342_21530603.jpg

7
b0212342_21531610.jpg

8
b0212342_21533006.jpg

9
b0212342_21534045.jpg

10
b0212342_21535024.jpg

旧石川県第二中学校本館 Google Photo Album

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-10-18 05:47 | 石川 | Comments(0)

サイトマップ > 石川県 近代文化遺産 > 旧第四高等中学校本館

b0212342_11205654.jpg

この建物は、かつての第四高等中学校の本館として明治24年(1891年)に建てられました。高等中学校は、東京の帝国大学進学の予備教育を行う学校、もしくは地方における最高学府の意味合いを持った学校で、その後、第四高等学校(通称「四高」)と改称されて、北陸地方のエリート教育を担いました。昭和25年(1950年)の学制改革で閉校となり、教育機関としての機能は金沢大学に引き継がれました。現在は県立石川四高記念文化交流館として一般公開されています。
建物の設計は、当時文部技師だった山口半六、久留正道。1階は主に教員室や事務室、2Fは教室となっていました。
旧第四高等中学校本館は、現在では数少ない明治時代の煉瓦造り洋風学校建築で貴重な存在であることから、昭和44年(1969年)、国の重要文化財に指定されました。
石川四高記念文化交流館公式サイト、現地案内看板


旧第四高等中学校本館 Google Photo Album 16MP



アクセス



旧第四高等中学校本館は、緑マーカー2
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR金沢駅 東口から、徒歩約30分(2.2km)。


バス
北陸鉄道バス 「香林坊(こうりんぼう) 1・3」バス停(上の地図、緑マーカー1)から、徒歩1分。

JR金沢駅からは、金沢駅東口バスターミナル(上の地図、青マーカー1付近)から乗車。香林坊に向かうバスの乗り場は複数ある。詳しい乗り場案内は北陸鉄道バス公式サイトを参照。運賃200円、乗車時間約10分。運行頻度は複数の系統合わせて数分に1本。

北陸鉄道バス(通称「北鉄バス」)の時刻、料金検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応。
バスは中乗り、前降り。乗車時に整理券を取る。下車時に現金を運賃箱へ。運賃箱に両替機が併設。両替できるのは硬貨と1000円札のみ。
全国共通交通系ICカードは利用不可。2018.10


駐車場
施設付属の駐車場はない。

建物は、金沢市街の中心、香林坊のすぐ近くにあり、半径300m以内に多数の時間貸有料駐車場がある。
NAVITIME 駐車場検索ページにて、「石川四高記念文化交流館」で検索。






見学のしかた



旧第四高等中学校本館は、現在石川四高記念文化交流館として一般公開されています。
内部は、第四高等学校の資料などを展示している石川四高記念館と、石川県ゆかりの明治時代以降の文学関連資料などを展示している石川近代文学館に分かれています。

2018.10

開館時間 9:00〜17:00(多目的利用室など施設利用の場合は21:00まで)

休館日 年末年始

入館料
石川四高記念館 無料
石川近代文学館 大人 360円

写真撮影
展示室内では撮影禁止。
入口、廊下、階段などの共用部分、多目的利用室、復元教室、レトロ体験室では撮影可能です。

夜は日没から22:00まで、外観がライトアップされます。

2
b0212342_07282914.jpg

3 ↓ 建物は煉瓦造り。外観が単調にならないように、白いレンガや釉薬(ゆうやく)を塗ったレンガを効果的に外壁に使用しています。
b0212342_07314950.jpg

4
b0212342_07331824.jpg

5
b0212342_07354291.jpg

6
b0212342_07360537.jpg

7
b0212342_07362301.jpg

8
b0212342_07371773.jpg

9
b0212342_07393568.jpg

10
b0212342_07400525.jpg

11
b0212342_07402500.jpg

12
b0212342_07404400.jpg

13
b0212342_07553427.jpg

旧第四高等中学校本館 Google Photo Album 16MP

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-10-08 07:52 | 石川 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。