カテゴリ:茨城( 18 )

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 笠間稲荷神社本殿

b0212342_07242930.jpg

笠間稲荷神社(かさまいなりじんじゃ)は、古事記によると飛鳥時代の651年、広い原野の中にあった大きなクルミの木の下に建てられたのが始まりと言われています。(なぜクルミなのかはわかりません) 日本神話に登場する神、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)を祀り、日本三大稲荷(どの神社が該当するのかについては諸説あります)の一つにも数えられ、年間300万人の参拝客があるという大きな神社です。この本殿は江戸時代末期の1860年に再建・竣工したもので、全ての部材にヒノキ材を用いた権現造(ごんげんづくり)となっており、柱や壁など至る所に当時の名工による精巧な彫刻が施されています。
昭和63年(1988年)、国の重要文化財に指定されました。


笠間稲荷神社本殿 フォトギャラリー(43枚)




アクセス



笠間稲荷神社本殿は赤4


最寄りの駅から徒歩
JR笠間駅から、徒歩約20分(1.5km)。



バス
JR友部駅 北口からかさま観光周遊バス
または
JR笠間駅から茨城交通の路線バスを利用することになります。

運行頻度は午前中のみだったり、数時間に1本と少ないのですが、乗り継げば1時間に1本程度で使えると思います。

茨城交通公式サイトの時刻・料金検索を使うと、周遊バスと路線バスの乗り継ぎも検索対象となり、便利です。

検索の際は、ランドマークに出発地名(駅名など)、「笠間稲荷神社」と入力するのがいいと思います。
バス停の位置は、検索結果からわかるようになっています。



駐車場
神社付属の参拝者用無料駐車場が二つあります。
境内駐車場 25台
地蔵前駐車場 90台

↓ 境内駐車場の入口。地図1
「社有地につき駐車禁止」という看板がありますが、その左側の道を突き当たり(白いバンが見えているところ)まで進み、右に曲がったところにある駐車場は、参拝者用です。神社社務所に確認済み。
b0212342_08551986.jpg

b0212342_08553847.jpg

神社入り口から300mほど離れたところにある、地蔵前駐車場。地図2
b0212342_08563891.jpg

b0212342_08564723.jpg







見学のしかた


神社境内への参拝可能時間の記述は公式HPには見当たりませんでした。
境内へ入り、本殿外観を見学するのは常に可能だと思います。

神社前の商店街。土産物店、飲食店などで、そこそこ活気があります。
b0212342_09223217.jpg

神社への参道沿いにある、仲見世。いろんな和スイーツに惹かれました。
b0212342_09200769.jpg

楼門。
b0212342_09074350.jpg

拝殿。こちらは鉄筋コンクリートでした。
b0212342_09081989.jpg

拝殿の右側から裏に回ると、本殿に接近できます。

b0212342_09091253.jpg

本殿正面を斜めから。本殿正面は拝殿に接続されているため、本殿を真正面から見ることはできません。
b0212342_09263774.jpg
正面のひさし(向拝と言います)周辺には、細かい彫刻がびっしりです。
b0212342_09120068.jpg

屋根裏かど
b0212342_09130201.jpg

裏側遠景
b0212342_09142223.jpg

裏側。
b0212342_09135571.jpg

裏側の彫刻。キンキラな色が着いていないところが、いいです。塗料が剥げてしまったのではなく、最初から色が着けられていません。江戸時代後期の特徴だそうです。
b0212342_09133446.jpg

b0212342_09145156.jpg

大切な彫刻を守るための金網が厳重に張られているので、よく見えなかったりしますが...。
b0212342_09153238.jpg

生き生きとした彫刻には、目を見張ります。
b0212342_09182338.jpg

現地案内看板
b0212342_09131820.jpg

裏側にはなぜかお稲荷さんが固まっていました。
b0212342_09150096.jpg

境内には巨大な藤棚があり、ゴールデン・ウィーク頃には薄紫の花が一斉に咲き乱れるそうです。ちょっと遅かった...。
b0212342_09190559.jpg


笠間稲荷神社本殿 フォトギャラリー(43枚)

文化財分布マップ

このページは、笠間稲荷神社 公式HP
笠間市 公式サイト
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-05-27 16:28 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 楞厳寺山門

b0212342_18114108.jpg

楞厳寺(りょうごんじ)は臨済宗妙心寺派に属するお寺で、鎌倉時代以前に宋から来日した千岩という僧によって創建されたと伝えられています。室町時代になって、笠間城を築いた笠間時朝(かさま ときとも)によって保護され、それ以来笠間氏の菩提寺となりました。
山門(さんもん)は本堂から東に400mほど離れた、田んぼに囲まれた参道にポツンと建っています。室町時代中頃(15世紀前半)に建造されたものとみられ、宋の影響を強く受ける禅宗様という建築様式となっています。全体的には簡素な作りですが、細かい部分の意匠に優れているということです。


楞厳寺山門 フォトギャラリー(41枚)




アクセス



楞厳寺山門は赤3


最寄りの駅から徒歩
徒歩圏内(3km以内)に鉄道の駅はありません。
敢えて言えば、JR笠間駅がもっとも近く、徒歩の道のりで約5.8km離れています。



バス
徒歩圏内にバス停もありません。
敢えて言えば、茨城交通の石井神社前 バス停(上の地図、赤2)が3.6kmのところにありますが、平日のみの運行で、1日に5本しかなく、バスを使ってのアクセスは現実的ではないと思います。



タクシー
JR笠間駅前にタクシー乗り場があります。



レンタサイクル
JR笠間駅前に笠間市営の観光案内所があり、その中にレンタサイクルの事務所があります。

[貸し出し時間] 8:30〜17:00(冬は16:00まで)
[料金] 1日 300〜500円
[休業日] 年末



駐車場
山門のすぐ裏手に、乗用車が2台ほど停められるスペースがあります。
b0212342_18492585.jpg

↓ また、山門から300mほど寺の境内方向に向かったところに、参拝者用無料駐車場(地図・赤1)があります。
画像にはありませんが、「参拝者以外駐車禁止」と書かれた看板があったので、山門見学の際には駐車して良いと思われます。
b0212342_18500955.jpg

カーナビを使われる場合は、楞厳寺の電話番号を入力するとよいでしょう。
0296-72-4733

なお、山門に至る車道はクルマ1台がやっと通れるほどの幅(3mほど?)しかないので、注意が必要です。






見学のしかた


山門は、楞厳寺境内から400mほど離れた田んぼの中に、ポツンと一棟だけ建っています。
公道に面していますので、いつでも見学できます。

ただ、門の周囲には柵が巡らされていますので、門をくぐることはできません。

クルマ1台がやっと通れる道を進むと、門が見えてきました。
b0212342_19080429.jpg

門の表側。
b0212342_19074708.jpg

門の正面。柵があって、門はくぐれません。
b0212342_19095720.jpg

門の裏手、西側。
b0212342_18585618.jpg

茅葺きの屋根は心がホッコリするので、好きです。
b0212342_18591779.jpg

屋根裏の部分。装飾を見ると、数十年以内に改修されているような感じです。
b0212342_19004117.jpg

屋根裏、破風部分。
b0212342_19022099.jpg

額には「竟堅門」と書かれています。
b0212342_19104827.jpg

門の裏手。
b0212342_19122584.jpg

重要文化財であることを示す看板。ですが、文化財の説明文はありません。
b0212342_19055451.jpg

門の案内看板かと思いきや、なぜか寺にある重要文化財の仏像に関する説明でした。
b0212342_19063080.jpg

きた道とは別の道から。のどかな田園風景、いいですね〜。
b0212342_19091256.jpg

境内方面から。
b0212342_19143183.jpg

門から、境内方向。
b0212342_19151634.jpg

お寺の説明文が駐車場前にありました。
b0212342_19154050.jpg

駐車場前から、境内へ登る階段。
b0212342_19172318.jpg

本堂は立派でした。
b0212342_19174501.jpg


楞厳寺山門 フォトギャラリー(41枚)

文化財分布マップ

このページは、笠間市公式サイト
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-05-26 08:27 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 竜禅寺三仏堂

b0212342_05513656.jpg

竜禅寺(りゅうぜんじ)は茨城県南部、利根川にほど近い場所にある天台宗の寺です。釈迦、弥陀、弥勒の三仏をまつっていることから「三仏堂」(さんぶつどう)の名が付くこのお堂は室町時代後期の建築であろうと言われ、堂内からは永禄12年(1569年)と記された木札が見つかっています。建造当時の部材が今でも良い状態で残されているということです。正面以外の屋根の下には、建物を取り囲むように細長い屋根付きの構造物がありますが、これを裳階(もこし)と言い、このように建物の三方にあるのは珍しいと言うことです。中国風の禅宗様と和様が混ざった様式、と言うことですが、どこにその特徴が見られるのかは、正直よくわかりません。
昭和51年(1976年)、国の重要文化財に指定されました。


竜禅寺三仏堂 フォトギャラリー(43枚)




アクセス



竜禅寺三仏堂は赤2


最寄りの駅から徒歩
関東鉄道 常総(じょうそう)線 稲戸井(いなとい)駅から、徒歩約10分(700m)。

稲戸井駅 駅舎。
b0212342_06240610.jpg


駐車場
参拝者用の無料駐車場があります。

↓ 入口は地図・赤1。
b0212342_06250755.jpg

b0212342_06254354.jpg






見学のしかた


竜禅寺境内には、いつでも入れる状態です。
三仏堂の外観であれば、いつでも見学できます。

ただし、三仏堂の周囲には柵が設けられていて、縁側に上がったり、内部に入ったりすることはできません。
b0212342_06285083.jpg

事前にお寺に連絡すれば、内部を案内してくださるようです。
竜禅寺 電話番号 0297-78-8225

内部の写真撮影許可を得た、という非公式情報もあるようです。

正面。
b0212342_06315041.jpg

正面のアップ。あまり古い雰囲気はありません。建具は新しいものなのでしょうか。
b0212342_06384317.jpg

正面縁側と軒下。
b0212342_06370815.jpg

正面やや斜めから。
b0212342_06430400.jpg

こういう茅葺きのお堂は、どこかホンワリとした安心感を感じます。新緑が綺麗でした。
b0212342_06334388.jpg

軒下、角。
b0212342_06391925.jpg

軒下の組物。簡素な作りだと思います。
b0212342_06394354.jpg

南面はお墓に面しています。
b0212342_06350144.jpg

背面を本堂近くから。
b0212342_06374191.jpg

側面の裳階(もこし)。
b0212342_06353133.jpg

背面の裳階。
b0212342_06360126.jpg

三仏堂の裏に、本堂がありました。
b0212342_06381556.jpg

三仏堂のそばには、今は廃墟と化したナゾの店の跡が。かつての土産物店?
b0212342_06340599.jpg

周囲はいかにも田舎な風情です。
b0212342_06343796.jpg

現地案内看板。お堂のもの。
b0212342_06421034.jpg

現地案内看板。平将門伝説に関するもの。
b0212342_06425018.jpg


竜禅寺三仏堂 フォトギャラリー(43枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財の詳細位置をプロットしています)

このページは、
現地案内看板
取手市公式サイト
茨城県公式サイト
などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-05-11 06:50 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 鹿島神宮

鹿島神宮への行き方・参拝のしかた、概要などは前回の記事へ。

b0212342_16524923.jpg
鹿島神宮 拝殿


スマートフォンはこちらのマップ


今回の訪問は、神社の正面入り口ではなく、裏口にあたる御手洗駐車場から入りました。無料で比較的停めやすいということだったので。地図・紫3
b0212342_16035104.jpg

駐車場の横の入口から境内に入ります。
b0212342_16284415.jpg

御手洗公園。
b0212342_17082858.jpg

b0212342_17092168.jpg

b0212342_17095727.jpg

御手洗池。1日に40万リットル以上の湧水があるそうです。透明に澄んだ水が印象的でした。
b0212342_17114586.jpg

森の中の坂を登ります。地図・紫3から赤1への道。この画像は後ろを振り返っているので下り坂です。
b0212342_17065649.jpg

摂社奥宮本殿。建物の説明は前回の記事を参照してください。
b0212342_16293000.jpg

奥宮本殿だけでなく、境内全体が鬱蒼とした森に覆われています。
b0212342_17134508.jpg

奥宮本殿から要石方向へ。
b0212342_17152119.jpg

要石。地中に巨大な本体があり、地震を起こすナマズの頭を抑え込んでいるという言い伝えがあります。
b0212342_17184999.jpg

水戸の徳川光圀が、石の全容を知ろうと石の周りを職人に掘らせましたが、どこまで掘っても底に辿り着かず、怪我人が続出したので諦めたと言われています。
b0212342_17172257.jpg

奥宮から本宮方向への参道。
b0212342_17191857.jpg

b0212342_17194606.jpg

b0212342_17200051.jpg

b0212342_17250462.jpg

参道の途中に鹿園がありました。
b0212342_17202465.jpg

鹿島神宮では鹿は神の遣いとされています。
b0212342_17205330.jpg

仮殿。国指定重要文化財。
b0212342_17211084.jpg

↓ 仮殿の向かい側にある拝殿。拝殿の後ろに、幣殿、石の間、本殿があります。いずれも国の重要文化財に指定されています。
b0212342_16182004.jpg

本殿。
b0212342_16485879.jpg

b0212342_17285426.jpg

楼門。国指定重要文化財。
b0212342_16513716.jpg

b0212342_17242908.jpg

表参道側、神社正面入口に出ました。
b0212342_17251541.jpg

八重桜がキレイでした。
b0212342_16530944.jpg

クルマを停めた御手洗池に戻り。お腹がペコペコだったので、その横にあった茶屋で、お団子を買いました。
b0212342_17270922.jpg

b0212342_17273035.jpg

b0212342_17275173.jpg


鹿島神宮への行き方・参拝のしかた、概要などは前回の記事へ。

鹿島神宮 フォトギャラリー(126枚)

by h9w457y8i | 2019-04-25 16:37 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 鹿島神宮

b0212342_16182004.jpg
鹿島神宮 拝殿

鹿島神宮(かしまじんぐう)は茨城県南東部にある、大変古い、格式の高い神社です。創建は日本神話の時代、伝説上の人物である初代天皇、神武天皇が即位した際に建てられたと神社に残る古文書などに書かれています。祀られているのは武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)という神話に登場する武道の神様で、歴代の武家政権から厚い信仰を受けてきました。
鬱蒼とした広い森に覆われた境内には、本殿、拝殿、幣殿、石の間、楼門、仮殿、摂社奥宮本殿の国指定重要文化財建造物があり、また境内は国の史跡に指定されています。


境内散策の様子は、次回の記事を参照。


鹿島神宮 フォトギャラリー(126枚)




アクセス



スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR鹿島神宮駅 南口から 楼門まで、徒歩約12分(700m)。


駐車場
神社付属の参拝者用駐車場が複数あります。

駐車場の入口は、上の地図 紫1〜4。

このうち、無料駐車場が二つあります。
神社拝殿・本殿に近い第二駐車場(地図 紫2)は平日は空きがありますが、土日はいつも満車にあることが多そうです。

第二駐車場 入口。上の地図、紫2
b0212342_16021302.jpg

こちらは有料の第一駐車場 入口。地図 紫1
b0212342_16025191.jpg

一方、奥宮に近い御手洗駐車場は穴場と言える存在で、土日でもちらほら空きがあります。
今回の訪問ではそちらを利用しました。
御手洗駐車場。上の地図、紫3
b0212342_16035104.jpg







見学のしかた


拝観時間の制限はなく、通常の参拝は常時可能です。

重要文化財に指定されている7棟のうち、拝殿のみ、正式参拝の手続きを経て内部に入ることができます。
受付などは鹿島神宮公式サイトを参照してください。

それ以外の建物に関しては、特別公開の情報はありません。

表参道。
b0212342_16515814.jpg

神社の正面入口。
b0212342_16540228.jpg

八重桜がキレイでした。
b0212342_16530944.jpg

↓ 拝殿(はいでん)。江戸時代前期、1619年の建築。人間が神様にお祈りする場所。
b0212342_16524923.jpg

拝殿は国の重要文化財に指定されています。
b0212342_16424528.jpg

拝殿正面。
b0212342_16484177.jpg

↓ 本殿。拝殿と同時期に建築。神様を祀る場所で、基本的に人間は入れません。
b0212342_16452992.jpg

本殿も国指定重要文化財建造物。
極彩色は綺麗ですけれど、個人的にこういう金ピカはあんまり好きじゃありません。
b0212342_16485879.jpg

本殿の屋根。
b0212342_16471793.jpg

↓ 幣殿(へいでん)および石の間。下の画像の中央部分で、左側の拝殿と右側の本殿を結ぶ建物。いずれも拝殿・本殿と一体となっており、同時期に建てられました。どちらも重要文化財です。
b0212342_16425659.jpg

↓ 仮殿(かりでん)。江戸時代前期、1617年の建築。本殿を新築するにあたり、旧本宮(現在の本殿の場所にあった建物で、現・奥宮本殿)に祀っていた御神体を一旦こちらに移し、旧本宮を移設、新本殿が完成するまで、ここで祀っていました。
b0212342_16402852.jpg

b0212342_16403821.jpg

b0212342_16404816.jpg

↓ 楼門(ろうもん)。江戸時代前期、1634年の建築。高さは13mあり、元は檜皮葺きでしたが、1970年ごろに現在の銅板葺きに葺き替えられました。
b0212342_16513716.jpg

b0212342_16491058.jpg

b0212342_16522530.jpg

↓ 摂社奥宮本殿(せっしゃ おくみや ほんでん)。江戸時代初期、1605年の建築。徳川家康が関ヶ原の戦いに勝ったことのお礼に、現在本殿がある場所に建てました。その後、新しい本殿を建てるにあたり、現在の位置に移築されました。
b0212342_16293000.jpg

b0212342_16542502.jpg

b0212342_16352611.jpg

b0212342_16353968.jpg


訪問した時の境内散策はこちら

鹿島神宮 フォトギャラリー(126枚)

文化財分布マップ

このページの記述は、
鹿島神宮公式HP
文化庁国指定文化財等データベース
現地案内看板
などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-04-23 10:55 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 佐竹寺本堂

b0212342_16413023.jpg

佐竹寺(さたけじ)は、平安時代に花山天皇の祈願で創建された真言宗の古刹です。当時は現在地から700mほど離れた場所に建てられ、観音寺と称していたそうです。その後、鎌倉時代から江戸時代にかけて常陸国を支配した佐竹氏の祈願所となり、一時は廃れて戦火にも見舞われましたが、室町時代後期の1546年、現在地に本堂が再建されました。正面の火頭窓(かとうまど)や柱、組物などに桃山建築の先駆けとしての様式が見られるとされています。
明治39年(1906年)に旧国宝に指定、そして戦後に改めて重要文化財に指定されました。


佐竹寺本堂 フォトギャラリー(28枚)




アクセス



佐竹寺本堂はマーカー3
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR常陸太田(ひたちおおた)駅から、徒歩約38分(2.6km)。


バス
一応、現地から徒歩1分のところに、茨城交通「天神」バス停(上の地図、マーカー2)があります。
JR常陸太田駅前から乗車して、乗車時間約30分。
ですが、1日に2本しか運行していません。
拝観に使うには現実的ではないでしょう。

JR常陸太田駅前にタクシー乗り場があります。


駐車場
参拝者用の無料駐車場があります。
上の地図、マーカー1。
収容台数 4台。
いつでも駐車できるようです。

b0212342_23414963.jpg







見学のしかた


境内に入るための門はありますが、拝観時間などの記載はなかったので、常識的な範囲で、いつでも拝観可能かと思われます。

拝観者用駐車場のすぐ横に、仁王門が建っています。
b0212342_23461514.jpg

仁王門の中から本堂とは逆方向。
b0212342_23470455.jpg

仁王門の下から、本堂を臨みます。
b0212342_23472771.jpg

b0212342_23475725.jpg

屋根は茅葺きとなっています。
古びてはいますが、それがまたいい味になっていると思います。
b0212342_23481486.jpg

b0212342_23534966.jpg

正面中央にはこけら葺きの唐破風が設けられています。
b0212342_23490855.jpg

b0212342_23520795.jpg

b0212342_23510769.jpg

壁のない柱が立ち並ぶ部分は、外陣(げじん)と言います。
b0212342_23522141.jpg

本堂の裏側。改めて、その大きさを実感します。茅葺きの仏殿としては異例の大きさでしょう。
b0212342_23540431.jpg

b0212342_23544457.jpg

軒下。
b0212342_00061385.jpg

正面周辺には、千社札が鬼のように貼り付けてありました。
b0212342_00063516.jpg

b0212342_00070979.jpg

そして柱の上には、象?や獅子?の彫り物が。
これも桃山建築先駆けの証なのでしょうか。
b0212342_00080027.jpg

現地案内看板
b0212342_23464520.jpg


佐竹寺本堂 フォトギャラリー(28枚)

文化財分布マップ

このページの記載は、常陸太田市公式サイト
現地案内看板
などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-04-04 07:53 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 西蓮寺

b0212342_19300055.jpg
西蓮寺 仁王門

西蓮寺(さいれんじ)は天台宗の寺で、奈良時代の782年、桓武天皇の祈願により創建されたと伝えられる古刹です。
仁王門(におうもん)はかつて山門(さんもん)として、室町時代後期の1543年に建立されたもので、元々は二階建ての楼門でしたが、江戸時代中期に上の二階部分が取り壊されて、現在の形になりました。そして江戸時代末期の1860年に現在の場所に移され、仁王門に改められました。梁の上にある山の形をした蟇股(かえるまた)などに室町時代の特徴が見られるとされています。
相輪橖(そうりんとう)は天台宗の仏塔の一種で、鎌倉時代後期の1287年、弁慶が元寇に勝利した記念に建てたとされています。最上部には相輪と呼ばれる金属製の装飾があり、高さは9m余り。柱の外見は銅製ですが木製の芯の周りに銅板を貼り付けたもので、芯の腐食のために幾度か修理されています。直近では1977年に解体修理が行われました。
仁王門、相輪橖共に、大正6年(1917年)に旧国宝に、戦後に改めて国の重要文化財に指定されています。

b0212342_20010074.jpg
西蓮寺 相輪橖

西蓮寺 フォトギャラリー (72枚)



アクセス


相輪橖はマーカー5
仁王門はマーカー6
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
徒歩圏(道のりで3km以内)に鉄道の駅はありません。
敢えて言えば、鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線 北浦湖畔(きたうらこはん)駅がもっとも近い駅ですが、道のりで16kmほどあります。


バス
徒歩圏(道のりで3km以内)にバス停はない模様です。もっとも近いバス停は霞ヶ浦広域バスの「道の駅たまつくり」(上の地図、マーカー3)となりますが、JR土浦駅から乗車時間55分、早朝と夜間を除けば1日3本のみです。


駐車場
お寺付属の無料駐車場があります。
収容台数は約10台。入口は上の地図、マーカー1, 2

無料駐車場。
b0212342_19592023.jpg

駐車場入口看板。上の地図、マーカー1。
b0212342_19595056.jpg






見学のしかた


境内への立ち入りを制限する塀や門はなく、仁王門と相輪橖はいつでも拝観できます。

b0212342_20065074.jpg

b0212342_20035083.jpg

b0212342_20070382.jpg

室町時代後期の特徴を示す、仁王門の蟇股。
b0212342_20060182.jpg

仁王門の中。千社札がたくさん貼ってあります。
b0212342_20075058.jpg

b0212342_20042925.jpg

b0212342_20112667.jpg

周りを覆う銅板には、寄進した人の名前がたくさん彫ってあります。
b0212342_20115833.jpg

相輪橖の基部。
b0212342_20123681.jpg

b0212342_20104689.jpg

境内にある2本の大銀杏は毎年美しい紅葉を見せてくれることで有名です。

b0212342_20131228.jpg

b0212342_20101330.jpg

b0212342_20051328.jpg


この西蓮寺、本来なら静かで雰囲気のあるいいお寺のはずなんですが...。
仁王門の近く、駐車場に面したところに、微妙なかふぇみたいな店があり。
b0212342_20141055.jpg

そこから、大音量の演歌がエンドレスで流されていました。
b0212342_20175593.jpg

あそこまで大音量にしなくても…と思いました。

西蓮寺 フォトギャラリー (72枚)

文化財分布マップ

この記事は現地案内看板などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-03-23 08:36 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 近代文化遺産 > 鈴木家住宅養蚕小屋

b0212342_14293784.jpg

鈴木家住宅 養蚕(ようさん)小屋は、明治30年(1897年)頃に建てられました。地下がレンガ造りになっていて、蚕のエサになる桑を蓄える倉庫になっていたり、二階の屋根には通風を良くするための越屋根(屋根のてっぺんの出っ張り)が付けられていたりと、養蚕のために適した造りとなっています。
国土の歴史的景観に寄与しているものとして、平成15年(2003年)に国の登録有形文化財となりました。


鈴木家住宅養蚕小屋 フォトギャラリー (13枚)


鈴木家住宅養蚕小屋は青マーカー2

建物のすぐ横にはほとんど使われていないような公民館(上の地図、青マーカー1)があり、その前にクルマを停められるスペースがあります。

下の画像でもわかりますが、2019年2月時点ではかなり荒れ果てており、文化財という趣は全くありません。

ですので当然ながら、内部も非公開です。

レンガ造りとなっている地下への入口。
b0212342_14400780.jpg

b0212342_14403422.jpg

越屋根。通風のための開口部です。蚕の細菌感染を防ぎます。
b0212342_14510812.jpg

壁が剥がれていたり、屋根が崩れたりしています。ここまで荒れていると、内部もかなり痛んでいると思われます。
b0212342_14405290.jpg

b0212342_14423581.jpg

b0212342_14424072.jpg

文化財分布マップ

この記事は文化庁国指定文化財等データベースを参照しています。
更新を通知する

by h9w457y8i | 2019-02-04 06:47 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 椎名家住宅

b0212342_21233523.jpg

椎名家(しいなけ)は江戸時代以前からこの土地に住む旧家で、かつては村役を務め、大きな屋敷を持っていました。現在でも敷地の周囲に土塁や空堀が残っています。この住宅は昭和45年(1970年)から2年をかけて解体修理工事が行われ、その際に江戸時代中期の1674年に建てられたことがわかりました。現存する東日本の古民家の中では最古です。千葉県北部から茨城県南部にかけた分布する「ひろま型」と呼ばれる形式で、解体修理工事で建てられた当初の姿に復元されています。
この地方の中世の代表的な住宅として重要であり、昭和43年(1968年)に国の重要文化財に指定されました。


椎名家住宅 フォトギャラリー(27枚)



アクセス


椎名家住宅は赤マーカー6
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
徒歩圏(3km以内)に鉄道の駅はありません。
敢えて言えば、JR常磐線 神立(かんだつ)駅から道のりで7.5kmほどです。


バス
JR土浦駅西口 4番バス乗り場(上の地図、赤マーカー4)から、霞ヶ浦広域バス 玉造駅(と言っても鉄道の駅ではありません)行きに乗車。
 ↓
霞ヶ浦広域バスの料金・時刻検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Mapルート案内機能が対応しています。
早朝、夜間を除くと1日3本。
乗車時間 約35分。520円。
全国共通交通系ICカード利用可能。
 ↓
「下原」バス停下車。上の地図、赤マーカー5
バス停から現地まで徒歩約25分(1.9km)。


駐車場
椎名家住宅の前庭に車を停めるスペースがあります。
無料。常に進入可能です。
個人の敷地ですが、乗り入れや駐車には特に許可はいらないようです。

近くの県道に、「椎名家住宅」の道案内看板があります。
上の地図、赤マーカー1および2。

駐車スペース。
b0212342_21524128.jpg






見学のしかた


椎名家住宅の敷地には、入場を制限する門や塀はありません。
ただ、建物は個人の所有物で、敷地も個人のものなので、非常識にならないような時刻での見学がよいでしょう。

現地案内看板には、内部見学は金・土・日曜日に可能、と書かれていますが、金曜日に訪れたところ、管理をされている方などはいらっしゃらず、入口も閉まっていました。

b0212342_22122593.jpg

椎名さんの親戚という近所の方に声をかけたところ、市役所に連絡した方がいいだろう、と言われました。
なので内部を見学したい場合は、かすみがうら市生涯学習課に連絡してみてください。

なお、今回はその親戚の方が、裏口から内部に案内してくださいました。
(ただし、土間に入るだけで、ざしきに上がるのは遠慮してほしい、と言われました。ここは現地案内看板どおりですね)

4
b0212342_22124997.jpg

5
b0212342_22132932.jpg

6
b0212342_22134599.jpg

7
b0212342_22135700.jpg

8
b0212342_22140735.jpg

9
b0212342_22141762.jpg

10
b0212342_22142757.jpg

椎名家住宅 フォトギャラリー(27枚)

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2019-02-02 20:03 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 近代文化遺産 > 旧小野瀬家住宅

b0212342_13103089.jpg

小野瀬家(おのせけ)は、江戸時代から絞油製造業や肥料商を営んできた家です。明治時代に入ると財を成し、龍ケ崎の銀行の発起人や国会議員になるなどの活躍を見せました。建物は主屋と店舗からなり、はっきりした建築年代は不明ですが、大正初期(1920年前後)に建てられたと思われます。典型的な木造町家建築で、当時の豪商の様子が伺えます。平成16年(2004年)に国の登録有形文化財に登録されました。
龍ケ崎市公式サイト文化庁国指定文化財等データベース


旧小野瀬家住宅 Google Photo Album(PC版のみ高画質1600万画素)



アクセス



旧小野瀬家住宅は、青マーカー
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
関東鉄道 竜ヶ崎線 竜ヶ崎駅から、徒歩約11分(800m)。


バス
関東鉄道 竜ヶ崎線 竜ヶ崎駅前から、
龍ケ崎市コミュニティバス 循環内回りバスに乗車。
 ↓
運行頻度 1時間に1本、毎時30分発。乗車時間 3分。
龍ケ崎市コミュニティバスの時刻検索について、各種乗り換え案内アプリ、Google Mapルート案内機能は非対応。
運賃 100円。運転席近くの乗車口から乗車時に、現金で支払う。全国共通交通系ICカード利用不可。
 ↓
「上町辻(かみまちつじ)」バス停(上の地図、青マーカー1)下車。現地まで徒歩0分。


駐車場
見学者用駐車場なし。周辺に時間貸駐車場もない。

2
b0212342_15234656.jpg







見学のしかた



内部見学は要予約。詳細は龍ケ崎市商工会(0297-62-1444)へ問い合わせ。

店舗の外観は道路から見ることができます。

3
b0212342_15273820.jpg

4
b0212342_15280908.jpg

5
b0212342_15283819.jpg

6
b0212342_15290804.jpg

7
b0212342_15293902.jpg

8
b0212342_15300881.jpg

9
b0212342_15303830.jpg

10
b0212342_15310919.jpg

旧小野瀬家住宅 Google Photo Album(PC版のみ高画質1600万画素)

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-10-12 09:30 | 茨城 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。