サイトマップ茨城県 近代文化遺産シャトーカミヤ旧醸造場施設フォトギャラリー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27

28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-01-04 11:00 | 茨城 | Comments(0)


サイトマップ茨城県 近代文化遺産シャトーカミヤ旧醸造場施設


アクセス(行き方)

見学のしかた

文化財の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


国指定重要文化財 シャトーカミヤ旧醸造場施設 事務所



アクセス



スマートフォンの方はこちらのマップ


牛久(うしく)駅 東口から、徒歩約9分。

施設と提携している大型有料駐車場あり。割引あり。
詳細は牛久シャトー公式サイト/アクセス・利用案内へ。

タイムズ牛久中央」と提携。収容台数280台。1時間100円、1日最大300円(平日のみ)、牛久シャトーでの利用金額1,000円以上は2時間、2,000円以上は4時間無料。
駐車場入口のピンポイント案内は、上の埋め込み地図を参照。

重要文化財 発酵室






見学のしかた


開園時間 09:00〜21:00
休園日 年末年始
入園・入館料 無料

「事務所」 現在も施設の事務所として使用されており、内部は非公開。
「発酵室」 神谷傳兵衛記念館として内部を一般公開。10:00〜17:00
「貯蔵庫」 フレンチレストラン「キャノン」として営業中。11:30〜21:00。月曜日定休(例外あり)。ただし、レストランの内装は重要文化財指定から除外されている。←文化庁国指定文化財等データベース

重要文化財 貯蔵庫






施設の説明


オエノンホールディングス株式会社シャトーカミヤ(現・牛久シャトー)旧醸造場施設は、神谷伝兵衛が創設したワイン醸造施設で、現存する事務室、醗酵室、貯蔵庫は明治36年(1903年)9月竣工とみられる。本施設は、明治中期の本格的な煉瓦造ワイン醸造所の主要部がほぼ完存しており、高い歴史的価値がある。とりわけ醗酵室は、各階ごとに配された設備構成等から当時のワイン醸造工程を窺うことが可能であり、産業技術史上も重要である。また事務室は、シャトーを名乗るに相応しい意匠を有し、明治中期の煉瓦造建築の意匠水準を計るうえでも価値が高い。平成20年(2008年)に国の重要文化財に指定された。
文化庁国指定文化財等データベース

牛久シャトー(旧シャトーカミヤ)は、実業家である神谷傳兵衛(かみや でんべえ)が明治36年(1903年)に茨城県牛久市に開設した日本初の本格的ワイン醸造場です。フランスに現存した醸造場をモデルに、ボルドー地方の技術を用いて、葡萄の栽培からワインの醸造・瓶詰めを一貫して行なっていました。現在は、約6万㎡ある敷地内に、当時の建物を活かした記念館やレストランを展開し、ワインの歴史を紹介するとともに“食の楽しさ”を提供しています。
牛久シャトー公式サイト







管理人のおすすめポイント


事務所、発酵室、貯蔵庫のいずれも、非常に良く管理が行き届いています。100年以上経った古いレンガ造りの建物の、長いあいだ風雪に耐えた趣きをしっかり残しつつ、みすぼらしさを全く感じさせない。国内に数ある大型レンガ造文化財の中でも、あそこまでしっかり保存・管理されたものはなかなかないと思います。そしてもっとも興味をそそられたのは、発酵室1Fと地下室の、重厚で暗〜い雰囲気。巨大な発酵用の樽が当時のままずらりと並んでいる様子、特に、見学できる資料館としてはありえない暗さの地下室の怪しさ。あの演出センスは特筆モノです。是非こちらのフォトギャラリーを見ていただきたいと思います。
そして重要文化財の「貯蔵庫」を改装したフレンチレストラン「キャノン」。そこでランチをいただこうと、開店直後、弾む気持ちでドアを開けたのですが、「予約がいっぱいでご案内できません」と丁重に断られました。きっと美味しいんでしょうね...。

発酵室 醸造場地下室

フォトギャラリー

文化財分布マップ


by h9w457y8i | 2018-01-02 09:19 | 茨城 | Comments(0)


サイトマップ茨城県 近代文化遺産横利根閘門フォトギャラリー

b0212342_20014880.jpg

1
b0212342_11045074.jpg

2
b0212342_11052083.jpg

3
b0212342_11055000.jpg

4
b0212342_11072640.jpg

5
b0212342_11081455.jpg

6
b0212342_11282506.jpg

7
b0212342_11282801.jpg

8
b0212342_11283390.jpg

9
b0212342_11284083.jpg

10
b0212342_11290361.jpg

11
b0212342_11290764.jpg

12
b0212342_11291136.jpg

13
b0212342_11291474.jpg

14
b0212342_11291840.jpg

15
b0212342_11294721.jpg

16
b0212342_11295108.jpg

17
b0212342_11295550.jpg

18
b0212342_11295985.jpg

19
b0212342_11300374.jpg

20
b0212342_11312672.jpg

21
b0212342_11313196.jpg

22
b0212342_11313484.jpg

23
b0212342_11313875.jpg

24
b0212342_11314167.jpg

25
b0212342_11321024.jpg

26
b0212342_11321425.jpg

27
b0212342_11321704.jpg

28
b0212342_11322167.jpg

29
b0212342_11322468.jpg

30
b0212342_11324956.jpg

31
b0212342_11325349.jpg

32
b0212342_11325703.jpg

33
b0212342_11330041.jpg

34
b0212342_11330494.jpg

35
b0212342_11333284.jpg

36
b0212342_11333630.jpg

37
b0212342_11333950.jpg

38
b0212342_11334318.jpg

39
b0212342_11334772.jpg

40
b0212342_11341449.jpg

41
b0212342_11341788.jpg

42
b0212342_11342110.jpg

43
b0212342_11342471.jpg

44
b0212342_11342880.jpg

45
b0212342_11345159.jpg

46
b0212342_11345851.jpg

47
b0212342_11350281.jpg

48
b0212342_11350605.jpg

49
b0212342_11382190.jpg

50
b0212342_11382470.jpg

51
b0212342_11382881.jpg

52
b0212342_11383095.jpg

53
b0212342_11383432.jpg

54
b0212342_11390568.jpg

55
b0212342_11390992.jpg

56
b0212342_11391434.jpg

57
b0212342_11391970.jpg

58
b0212342_11392558.jpg

59
b0212342_11395915.jpg

60
b0212342_11400332.jpg


by h9w457y8i | 2017-10-15 08:13 | 茨城 | Comments(0)


サイトマップ茨城県 近代文化遺産横利根閘門

文化財分布マップ


アクセス(行き方)

見学のしかた

施設の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_11570745.jpg

b0212342_21431559.jpg



アクセス



地図の上の方、利根川北岸の赤い印が横利根閘門、南岸の赤い印は文化財附(つけたり)。
スマートフォンの方は、こちらのマップへ。


駅から徒歩

<横利根閘門へ>
JR佐原駅 北口から、徒歩40分(2.9km)。

(つけたり)の利根川治水利記功碑と中川吉造胸像所へ>
JR佐原駅 北口から、徒歩18分(1.8km)。


路線バス

<横利根閘門>へ

JR佐原駅 南口 2番のりばから、香取市コミュニティバス「佐原循環バス 北佐原・新島ルート」に乗車。
「横利根閘門公園」バス停下車。
1日4本、2〜3時間に1本。乗車時間約10分。300円。
時刻表その他、香取市コミュニティバスについては、香取市公式サイトへ。

または、

JR佐原駅 南口 2番のりばから、関鉄観光バス 与田浦線 「扇島」または「潮来車庫」行きバスに乗車。
「閘門」バス停下車。
2時間に1本程度。乗車時間約13分。運賃の表示なし。
時刻表は、関鉄観光バス公式サイト、もしくは香取市公式サイト(より詳細)へ。

b0212342_22121641.jpg
香取市コミュニティバス 「横利根閘門公園」バス停


駐車場

横利根閘門のそばには横利根閘門ふれあい公園の駐車場が、利根川南岸の附近くには佐原河川敷緑地の駐車場がある。それぞれ無料。
駐車場への入口は、上のGoogle Mapを参照。

b0212342_08002872.jpg
横利根閘門ふれあい公園の駐車場

b0212342_08014372.jpg
佐原河川敷緑地 駐車場





見学のしかた


横利根閘門周辺は「横利根閘門ふれあい公園」として整備されており、常時見学が可能。

2017.9 現地を訪れた際は、閘門を動かすための機械はいつでも作動できるような状態になっていた。定期的な作動の情報はない。
b0212342_06461050.jpg


ただ、訪問時の公園は雑草が生い茂り、かなり残念な感じに荒れ果てていた。
b0212342_06482302.jpg

b0212342_06483991.jpg


附(つけたり)の「利根川治水利記功碑」、「中川吉造胸像所」は、利根川南岸の堤防の上にあり、こちらも常時見学が可能。
閘門からは徒歩路で3.3km離れているけれど...。
b0212342_06523783.jpg
附・利根川治水利記功碑





施設の説明


横利根閘門(よことね こうもん)は大正3年(1914年)から、中川吉造を中心に進められた約7年の大工事の末、大正10年(1912年)に完成し、100年以上経った現在も利用されている、我が国最大級の規模を持つ煉瓦造複閘式閘門です。閘門から約600m手前の地点で,利根川の本流と合流しています。閘門の建設は,横利根川や霞ヶ浦沿岸地域の治水,利根川流域の水運の発達に大きな貢献をしました。横利根閘門の設計及び施工の水準は高く、両端を内開きと外開きの二重の門扉とした複閘式閘門です。我が国における土木技術史上,煉瓦造閘門のひとつの到達点を示す近代化遺産としての価値により、平成12年(2000年)に国の重要文化財に指定されました。
横利根閘門は、大正10年(1921年)の完成後、昭和10年(1935年)頃までは年間5万隻にもおよぶ船舶の航行がありましたが、その後鉄道やトラックの発達に伴い舟運は衰退しました。最近では、漁船や釣舟、モーターボートなど年間1~2千隻程度の船舶が利用しています。
閘門の両側は、緑地を生かした西洋庭園や水辺広場、ピクニック広場、展望広場、芝生広場、休憩広場などがあるレクリエーション施設「横利根閘門ふれあい公園」として整備されており、憩いの場として利用されています。また横利根川付近は、ヘラブナ釣りのポイントとして有名です。多くの釣り人で賑わいます。 ←稲敷市観光協会公式サイト

b0212342_08201635.jpg
利根川側の閘門。右が外開き扉、左が内開き扉。それぞれに2枚ずつ、合計4枚の扉が使われている。これとほぼ同じものが、閘室を挟んで反対側にもある。
b0212342_08230116.jpg






管理人のおすすめポイント


明治・大正時代の煉瓦造産業遺産、土木遺産に興味がある方は、是非とも訪れていただきたい遺産です。現役で稼働しているというところが素晴らしい。でも現在は1日に数隻が利用するのみで、閘門が作動しているところを見られることは滅多にないそうです。
あと、ふれあい公園は結構おしゃれな東屋とかもあり、いい雰囲気だとは思うのですが、いかんせん整備が全然されておらず、雑草だらけで荒れ果てているのが残念です。せっかくの立派な公園ですので、せめて草刈りだけでもしていただければ、市の公式サイトにもあるように、家族づれの憩いの場として復活するかもしれないのにな、と思ったりしました。

b0212342_08325179.jpg


by h9w457y8i | 2017-10-13 12:01 | 茨城 | Comments(0)


サイトマップ茨城県 江戸時代以前の文化財

文化財分布マップ


b0212342_21133657.jpg
国指定重要文化財 佐竹寺本堂



国指定重要文化財



大塚家住宅
おおつかけ じゅうたく
江戸時代中期に建てられた大型農家。幅18m、茅葺き。一般公開。

小山寺三重塔
おやまじ さんじゅうのとう
室町時代中期の寛正6年(1465年)竣工。珍しいとち葺き。

笠間稲荷神社本殿
かさま いなりじんじゃ ほんでん

b0212342_15335206.jpg 鹿島神宮
 かしまじんぐう
 石の間、仮殿、摂社奥宮本殿、拝殿、幣殿、本殿、楼門
 江戸時代前期、元和5年(1619年)頃に建立。

旧弘道館
きゅう こうどうかん
至善堂、正庁、正門
江戸末期に建てられた瓦葺きの大型和風建築。一般公開。見学についての詳細は茨城県公式サイト参照。

旧飛田家住宅
きゅう とびたけ じゅうたく
江戸中期、茅葺きの大型古民家。古河公方公園内にあり、外観は一般公開。内部の公開については情報なし。

西蓮寺
さいれんじ
相輪橖(そうりんとう)、仁王門
相輪橖は鎌倉時代後期、弘安10年(1287年)に建てられた青銅の塔。仁王門は室町時代後期の天文12年(1543年)に建てられた。

b0212342_15345129.jpg 佐竹寺本堂
 さたけでら ほんどう
 室町時代後期。

坂野家住宅
さかのけ じゅうたく
江戸時代中期から後期。茅葺きの大型曲家住宅。一般公開。見学についての詳細は常総市公式サイトへ。

椎名家住宅
しいなけ じゅうたく
江戸時代中期、延宝2年(1674年)に建てられた、茅葺きの農家。竣工時期がはっきりしている東日本の古民家では最古。見学は金・土・日曜日。

善光寺楼門
ぜんこうじ ろうもん
室町時代後期の建築。茅葺き。常時見学可能。

大宝八幡神社本殿
たいほうはちまんじんじゃ ほんでん
桃山時代、天正5年(1577年)建立。茅葺き風の銅板葺き。趣はあまりない?

内外大神宮
ないげだいじんぐう
外宮本殿、御遷殿(ごせんでん)、内宮本殿
内宮・外宮本殿は江戸時代中期、延宝7年(1679年)建立で、幅三間、茅葺きを銅板で覆っている。御遷殿は桃山時代の天正2年(1574年)建立、幅一間、茅葺きで、覆屋の中にある。

中崎家住宅
なかざきけ じゅうたく
江戸時代中期、元禄元年(1688年)竣工の茅葺き古民家。

八幡宮本殿
はちまんぐう ほんでん
桃山時代、慶長3年(1598年)建立。

塙家住宅
はにわけ じゅうたく
主屋、土間
江戸時代後期竣工の、茅葺き古民家。

平井家住宅
ひらいけ じゅうたく
江戸時代中期。茅葺きの大型古民家。丁寧な作りで保存状態もかなり良いらしい。一般公開。内部の見学は要予約。竜ヶ崎駅からバス、新利根中学校前バス停から徒歩約16分。施設付属駐車場あり。見学についての詳細は稲敷市公式サイトを参照。

佛性寺本堂
ぶっしょうじ ほんどう
桃山時代の天正13年(1585年)建立。桟瓦形銅板葺きの八角堂。

薬王院本堂
やくおういん ほんどう
室町時代後期、享禄2年(1529年)の建立。幅七間、茅葺形銅板葺き。

山本家住宅
やまもとけ じゅうたく
江戸時代中期竣工の、茅葺き平屋建ての曲り家の漁師の住宅。

b0212342_15363652.jpg 来迎院多宝塔
 らいごういん たほうとう
 室町時代後期、弘治2年(1556年)建立。

b0212342_15372326.jpg 竜禅寺三仏堂
 りゅうぜんじ さんぶつどう
 室町時代後期、16世紀中頃に建てられた。茅葺き、幅三間。

楞厳寺山門
りょうごんじ さんもん
室町時代中期(15世紀初めから15世紀半ば)に建てられた四脚門。茅葺き。田んぼの中に山門だけがぽつんと建っている。


by h9w457y8i | 2017-09-11 08:00 | 茨城 | Comments(0)


サイトマップ茨城県 近代文化遺産


国指定重要文化財

国登録有形文化財

文化財分布マップ


b0212342_06323700.jpg
国指定重要文化財 横利根閘門



国指定重要文化財



石岡第一発電所施設
いしおか だいいち はつでんしょ しせつ
沈砂池、第一号水路橋、第二号水路橋、水槽余水路、調圧水槽、本館発電機室、本館旧変圧器室、本館変電室
我が国最初の鉄筋コンクリート製発電所。現役の発電施設。近くの道路からであれば、外観を見るのは可能。敷地内に入っての見学は不明。見学については、東京発電公式サイト参照。なお、上記以外に「水槽」が重要文化財に指定されていたが、東日本大震災により滅失したため、文化財指定を解除された。

旧茨城県立太田中学校講堂 (茨城県立太田高等学校資料館)
きゅう いばらぎけんりつ おおた ちゅうがっこう こうどう
木造洋風建築。平屋建。高等学校の敷地内にあり非公開。毎年秋に特別一般公開される。2016年は10/19〜10/23。公開日以外の見学も受け付けている。詳細、問い合わせは茨城県立太田第一高等学校、または常陸太田市公式サイト参照。
  
旧茨城県立土浦中学校本館
きゅう いばらぎけんりつ つちうら ちゅうがっこう ほんかん
木造平屋建て、ゴシック様式建築。茨城県立土浦第一高等学校の敷地内にある。修復工事のため、平成30年(2018年)3月まで閉鎖。それ以降は公開日設定の予定。詳細は土浦第一高等学校同窓会公式サイト参照。

b0212342_16113819.jpg シャトーカミヤ旧醸造場施設
 しゃとーかみや きゅう じょうぞうじょう しせつ
 事務室、醗酵室、貯蔵庫
 明治36年(1903年)竣工。かつてのワイン醸造施設。現在は醸造場の歴史などを紹介
 する施設として一般公開。内外のワイン販売、付属レストランあり。
 map 35.97783, 140.14732

b0212342_16120454.jpg 横利根閘門
 よことね こうもん
 大正10年(1912年)竣工。現役の水運施設。屋外にあり、常に見学可能。周辺は公園
 として整備されている。ただし2017.8時点では雑草が生い茂り荒れ果てていた。施設付
 属無料駐車場あり。
 map 35.91174, 140.49457







国登録有形文化財 (一部)



小澤家住宅主屋
おざわけ じゅうたく しゅおく

旧植竹庄兵衛家住宅洋館
きゅう うえたけひょうべえけ じゅうたく ようかん

旧小野瀬家住宅店舗
きゅう おのせけ じゅうたくてんぽ
大正時代の木造二階建商家住宅。道路に面しており、外観の見学は常時可能。内部も見学可能のようだ。詳細は龍ケ崎市公式サイトへ。


by h9w457y8i | 2017-08-12 09:01 | 茨城 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。