サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 佐竹寺本堂

b0212342_16413023.jpg

佐竹寺(さたけじ)は、平安時代に花山天皇の祈願で創建された真言宗の古刹です。当時は現在地から700mほど離れた場所に建てられ、観音寺と称していたそうです。その後、鎌倉時代から江戸時代にかけて常陸国を支配した佐竹氏の祈願所となり、一時は廃れて戦火にも見舞われましたが、室町時代後期の1546年、現在地に本堂が再建されました。正面の火頭窓(かとうまど)や柱、組物などに桃山建築の先駆けとしての様式が見られるとされています。
明治39年(1906年)に旧国宝に指定、そして戦後に改めて重要文化財に指定されました。


佐竹寺本堂 フォトギャラリー(28枚)




アクセス



佐竹寺本堂はマーカー3
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR常陸太田(ひたちおおた)駅から、徒歩約38分(2.6km)。


バス
一応、現地から徒歩1分のところに、茨城交通「天神」バス停(上の地図、マーカー2)があります。
JR常陸太田駅前から乗車して、乗車時間約30分。
ですが、1日に2本しか運行していません。
拝観に使うには現実的ではないでしょう。

JR常陸太田駅前にタクシー乗り場があります。


駐車場
参拝者用の無料駐車場があります。
上の地図、マーカー1。
収容台数 4台。
いつでも駐車できるようです。

b0212342_23414963.jpg







見学のしかた


境内に入るための門はありますが、拝観時間などの記載はなかったので、常識的な範囲で、いつでも拝観可能かと思われます。

拝観者用駐車場のすぐ横に、仁王門が建っています。
b0212342_23461514.jpg

仁王門の中から本堂とは逆方向。
b0212342_23470455.jpg

仁王門の下から、本堂を臨みます。
b0212342_23472771.jpg

b0212342_23475725.jpg

屋根は茅葺きとなっています。
古びてはいますが、それがまたいい味になっていると思います。
b0212342_23481486.jpg

b0212342_23534966.jpg

正面中央にはこけら葺きの唐破風が設けられています。
b0212342_23490855.jpg

b0212342_23520795.jpg

b0212342_23510769.jpg

壁のない柱が立ち並ぶ部分は、外陣(げじん)と言います。
b0212342_23522141.jpg

本堂の裏側。改めて、その大きさを実感します。茅葺きの仏殿としては異例の大きさでしょう。
b0212342_23540431.jpg

b0212342_23544457.jpg

軒下。
b0212342_00061385.jpg

正面周辺には、千社札が鬼のように貼り付けてありました。
b0212342_00063516.jpg

b0212342_00070979.jpg

そして柱の上には、象?や獅子?の彫り物が。
これも桃山建築先駆けの証なのでしょうか。
b0212342_00080027.jpg

現地案内看板
b0212342_23464520.jpg


佐竹寺本堂 フォトギャラリー(28枚)

文化財分布マップ

このページの記載は、常陸太田市公式サイト
現地案内看板
などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-04-04 07:53 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 西蓮寺

b0212342_19300055.jpg
西蓮寺 仁王門

西蓮寺(さいれんじ)は天台宗の寺で、奈良時代の782年、桓武天皇の祈願により創建されたと伝えられる古刹です。
仁王門(におうもん)はかつて山門(さんもん)として、室町時代後期の1543年に建立されたもので、元々は二階建ての楼門でしたが、江戸時代中期に上の二階部分が取り壊されて、現在の形になりました。そして江戸時代末期の1860年に現在の場所に移され、仁王門に改められました。梁の上にある山の形をした蟇股(かえるまた)などに室町時代の特徴が見られるとされています。
相輪橖(そうりんとう)は天台宗の仏塔の一種で、鎌倉時代後期の1287年、弁慶が元寇に勝利した記念に建てたとされています。最上部には相輪と呼ばれる金属製の装飾があり、高さは9m余り。柱の外見は銅製ですが木製の芯の周りに銅板を貼り付けたもので、芯の腐食のために幾度か修理されています。直近では1977年に解体修理が行われました。
仁王門、相輪橖共に、大正6年(1917年)に旧国宝に、戦後に改めて国の重要文化財に指定されています。

b0212342_20010074.jpg
西蓮寺 相輪橖

西蓮寺 フォトギャラリー (72枚)



アクセス


相輪橖はマーカー5
仁王門はマーカー6
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
徒歩圏(道のりで3km以内)に鉄道の駅はありません。
敢えて言えば、鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線 北浦湖畔(きたうらこはん)駅がもっとも近い駅ですが、道のりで16kmほどあります。


バス
徒歩圏(道のりで3km以内)にバス停はない模様です。もっとも近いバス停は霞ヶ浦広域バスの「道の駅たまつくり」(上の地図、マーカー3)となりますが、JR土浦駅から乗車時間55分、早朝と夜間を除けば1日3本のみです。


駐車場
お寺付属の無料駐車場があります。
収容台数は約10台。入口は上の地図、マーカー1, 2

無料駐車場。
b0212342_19592023.jpg

駐車場入口看板。上の地図、マーカー1。
b0212342_19595056.jpg






見学のしかた


境内への立ち入りを制限する塀や門はなく、仁王門と相輪橖はいつでも拝観できます。

b0212342_20065074.jpg

b0212342_20035083.jpg

b0212342_20070382.jpg

室町時代後期の特徴を示す、仁王門の蟇股。
b0212342_20060182.jpg

仁王門の中。千社札がたくさん貼ってあります。
b0212342_20075058.jpg

b0212342_20042925.jpg

b0212342_20112667.jpg

周りを覆う銅板には、寄進した人の名前がたくさん彫ってあります。
b0212342_20115833.jpg

相輪橖の基部。
b0212342_20123681.jpg

b0212342_20104689.jpg

境内にある2本の大銀杏は毎年美しい紅葉を見せてくれることで有名です。

b0212342_20131228.jpg

b0212342_20101330.jpg

b0212342_20051328.jpg


この西蓮寺、本来なら静かで雰囲気のあるいいお寺のはずなんですが...。
仁王門の近く、駐車場に面したところに、微妙なかふぇみたいな店があり。
b0212342_20141055.jpg

そこから、大音量の演歌がエンドレスで流されていました。
b0212342_20175593.jpg

あそこまで大音量にしなくても…と思いました。

西蓮寺 フォトギャラリー (72枚)

文化財分布マップ

この記事は現地案内看板などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-03-23 08:36 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 近代文化遺産 > 鈴木家住宅養蚕小屋

b0212342_14293784.jpg

鈴木家住宅 養蚕(ようさん)小屋は、明治30年(1897年)頃に建てられました。地下がレンガ造りになっていて、蚕のエサになる桑を蓄える倉庫になっていたり、二階の屋根には通風を良くするための越屋根(屋根のてっぺんの出っ張り)が付けられていたりと、養蚕のために適した造りとなっています。
国土の歴史的景観に寄与しているものとして、平成15年(2003年)に国の登録有形文化財となりました。


鈴木家住宅養蚕小屋 フォトギャラリー (13枚)


鈴木家住宅養蚕小屋は青マーカー2

建物のすぐ横にはほとんど使われていないような公民館(上の地図、青マーカー1)があり、その前にクルマを停められるスペースがあります。

下の画像でもわかりますが、2019年2月時点ではかなり荒れ果てており、文化財という趣は全くありません。

ですので当然ながら、内部も非公開です。

レンガ造りとなっている地下への入口。
b0212342_14400780.jpg

b0212342_14403422.jpg

越屋根。通風のための開口部です。蚕の細菌感染を防ぎます。
b0212342_14510812.jpg

壁が剥がれていたり、屋根が崩れたりしています。ここまで荒れていると、内部もかなり痛んでいると思われます。
b0212342_14405290.jpg

b0212342_14423581.jpg

b0212342_14424072.jpg

文化財分布マップ

この記事は文化庁国指定文化財等データベースを参照しています。
更新を通知する

by h9w457y8i | 2019-02-04 06:47 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 椎名家住宅

b0212342_21233523.jpg

椎名家(しいなけ)は江戸時代以前からこの土地に住む旧家で、かつては村役を務め、大きな屋敷を持っていました。現在でも敷地の周囲に土塁や空堀が残っています。この住宅は昭和45年(1970年)から2年をかけて解体修理工事が行われ、その際に江戸時代中期の1674年に建てられたことがわかりました。現存する東日本の古民家の中では最古です。千葉県北部から茨城県南部にかけた分布する「ひろま型」と呼ばれる形式で、解体修理工事で建てられた当初の姿に復元されています。
この地方の中世の代表的な住宅として重要であり、昭和43年(1968年)に国の重要文化財に指定されました。


椎名家住宅 フォトギャラリー(27枚)



アクセス


椎名家住宅は赤マーカー6
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
徒歩圏(3km以内)に鉄道の駅はありません。
敢えて言えば、JR常磐線 神立(かんだつ)駅から道のりで7.5kmほどです。


バス
JR土浦駅西口 4番バス乗り場(上の地図、赤マーカー4)から、霞ヶ浦広域バス 玉造駅(と言っても鉄道の駅ではありません)行きに乗車。
 ↓
霞ヶ浦広域バスの料金・時刻検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Mapルート案内機能が対応しています。
早朝、夜間を除くと1日3本。
乗車時間 約35分。520円。
全国共通交通系ICカード利用可能。
 ↓
「下原」バス停下車。上の地図、赤マーカー5
バス停から現地まで徒歩約25分(1.9km)。


駐車場
椎名家住宅の前庭に車を停めるスペースがあります。
無料。常に進入可能です。
個人の敷地ですが、乗り入れや駐車には特に許可はいらないようです。

近くの県道に、「椎名家住宅」の道案内看板があります。
上の地図、赤マーカー1および2。

駐車スペース。
b0212342_21524128.jpg






見学のしかた


椎名家住宅の敷地には、入場を制限する門や塀はありません。
ただ、建物は個人の所有物で、敷地も個人のものなので、非常識にならないような時刻での見学がよいでしょう。

現地案内看板には、内部見学は金・土・日曜日に可能、と書かれていますが、金曜日に訪れたところ、管理をされている方などはいらっしゃらず、入口も閉まっていました。

b0212342_22122593.jpg

椎名さんの親戚という近所の方に声をかけたところ、市役所に連絡した方がいいだろう、と言われました。
なので内部を見学したい場合は、かすみがうら市生涯学習課に連絡してみてください。

なお、今回はその親戚の方が、裏口から内部に案内してくださいました。
(ただし、土間に入るだけで、ざしきに上がるのは遠慮してほしい、と言われました。ここは現地案内看板どおりですね)

4
b0212342_22124997.jpg

5
b0212342_22132932.jpg

6
b0212342_22134599.jpg

7
b0212342_22135700.jpg

8
b0212342_22140735.jpg

9
b0212342_22141762.jpg

10
b0212342_22142757.jpg

椎名家住宅 フォトギャラリー(27枚)

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2019-02-02 20:03 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 近代文化遺産 > 旧小野瀬家住宅

b0212342_13103089.jpg

小野瀬家(おのせけ)は、江戸時代から絞油製造業や肥料商を営んできた家です。明治時代に入ると財を成し、龍ケ崎の銀行の発起人や国会議員になるなどの活躍を見せました。建物は主屋と店舗からなり、はっきりした建築年代は不明ですが、大正初期(1920年前後)に建てられたと思われます。典型的な木造町家建築で、当時の豪商の様子が伺えます。平成16年(2004年)に国の登録有形文化財に登録されました。
龍ケ崎市公式サイト文化庁国指定文化財等データベース


旧小野瀬家住宅 Google Photo Album(PC版のみ高画質1600万画素)



アクセス



旧小野瀬家住宅は、青マーカー
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
関東鉄道 竜ヶ崎線 竜ヶ崎駅から、徒歩約11分(800m)。


バス
関東鉄道 竜ヶ崎線 竜ヶ崎駅前から、
龍ケ崎市コミュニティバス 循環内回りバスに乗車。
 ↓
運行頻度 1時間に1本、毎時30分発。乗車時間 3分。
龍ケ崎市コミュニティバスの時刻検索について、各種乗り換え案内アプリ、Google Mapルート案内機能は非対応。
運賃 100円。運転席近くの乗車口から乗車時に、現金で支払う。全国共通交通系ICカード利用不可。
 ↓
「上町辻(かみまちつじ)」バス停(上の地図、青マーカー1)下車。現地まで徒歩0分。


駐車場
見学者用駐車場なし。周辺に時間貸駐車場もない。

2
b0212342_15234656.jpg







見学のしかた



内部見学は要予約。詳細は龍ケ崎市商工会(0297-62-1444)へ問い合わせ。

店舗の外観は道路から見ることができます。

3
b0212342_15273820.jpg

4
b0212342_15280908.jpg

5
b0212342_15283819.jpg

6
b0212342_15290804.jpg

7
b0212342_15293902.jpg

8
b0212342_15300881.jpg

9
b0212342_15303830.jpg

10
b0212342_15310919.jpg

旧小野瀬家住宅 Google Photo Album(PC版のみ高画質1600万画素)

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-10-12 09:30 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 来迎院多宝塔 > フォトギャラリー

来迎院多宝塔 アクセス・拝観のしかた

画像をクリックすると、1,600万画素、約3MBの画像が表示されます。
サイズが書かれている画像をクリックすると、4,220万画素の元画像が表示されます。

1
b0212342_12105930.jpg

2 13MB
b0212342_13073916.jpg

3 16.5MB
b0212342_11113884.jpg

4
b0212342_13083955.jpg

5
b0212342_13120931.jpg

6
b0212342_13124297.jpg

7
b0212342_13293685.jpg

8
b0212342_12141904.jpg

9
b0212342_13311202.jpg

10 11.3MB
b0212342_13315744.jpg

11
b0212342_13322875.jpg

12
b0212342_13331867.jpg

13
b0212342_13334538.jpg

14
b0212342_13341161.jpg

15
b0212342_12144970.jpg

16
b0212342_12123855.jpg

17
b0212342_13353947.jpg

18
b0212342_13364737.jpg

19
b0212342_12133432.jpg

20
b0212342_13382737.jpg

21
b0212342_12153979.jpg

22
b0212342_12032896.jpg

23
b0212342_12165704.jpg

お寺周辺をちょっと歩いて、スナップ撮影してみました。
24 9.1MB
b0212342_12174062.jpg

25 10.6MB
b0212342_13403545.jpg

26
b0212342_13405890.jpg

27 7.1MB
b0212342_12191890.jpg

28 11.6MB
b0212342_12200251.jpg


by h9w457y8i | 2018-09-27 08:29 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 江戸時代以前の文化財 > 来迎院多宝塔

b0212342_11113884.jpg

来迎院(らいごういん)は室町時代に創建された天台宗の寺院で、この多宝塔(たほうとう)は室町時代の後期に、江戸崎城(現在の茨城県南部、稲敷市にあった)の城主、土岐治英(とき はるひで)が先祖の霊を供養するために建てたとされます。「多宝塔」とは多宝如来(たほうにょらい)を安置する塔のことで、2層目が円形をしているのが特徴です。西日本には多く分布していますが、東日本にはほとんど例がありません(来迎院の他には千葉県の石堂寺のみ)。しかも東日本ではもっとも古い塔であり、とても貴重な文化財です。平成18年(2006年)に国の重要文化財に指定されています。
← 現地案内看板、茨城県教育委員会


来迎院多宝塔 高画質フォトギャラリー



アクセス



来迎院多宝塔は赤マーカー3
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
関東鉄道 竜ヶ崎(りゅうがさき)線 竜ヶ崎駅から、徒歩約20分(1.5km)。

竜ヶ崎駅は竜ヶ崎線の終点駅。1時間に2本。


バス
関東鉄道 竜ヶ崎線 竜ヶ崎駅 バス乗り場から、
龍ケ崎市コミュニティバス 外回り線に乗車。

1時間に1本。竜ヶ崎駅を毎時03分に出発。100円均一。全国共通交通系ICカードは利用不可。お釣りがもらえるかどうかは不明。詳細は龍ケ崎市公式サイトを参照。

来迎院 バス停(上の地図、赤マーカー1。3の近く)下車。現地まで徒歩約4分(200m)。


駐車場
参拝者用無料駐車場あり。
入口は上の地図、赤マーカー2(3の近く)。

↓ 駐車場入口
b0212342_12032896.jpg

↓ 駐車場。収容台数6台くらい?
b0212342_12035804.jpg







拝観のしかた



来迎院の公式HPはない。2018.9
拝観時間の案内も見つけられませんでした。

多宝塔は境内の中にあり、外観はいつでも見学が可能だと思います。
内部は非公開。

拝観についての問い合わせは来迎院(0297-62-3474)へ。


b0212342_13073916.jpg

↓ 多宝塔の周りは開けていて、お墓に囲まれていました。
b0212342_13083955.jpg

↓ 多宝塔の特色は、この2層目の丸い形。
b0212342_12123855.jpg

b0212342_12141904.jpg

b0212342_12144970.jpg

b0212342_12133432.jpg

↓ こちらは本堂。
b0212342_12153979.jpg

b0212342_12165704.jpg

↓ お寺の周りをちょこっとスナップ撮影。のどかな田園風景が広がっています。
b0212342_12174062.jpg

b0212342_12191890.jpg

b0212342_12200251.jpg

来迎院多宝塔 高画質フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-09-26 17:16 | 茨城 | Comments(0)


サイトマップ茨城県 近代文化遺産シャトーカミヤ旧醸造場施設フォトギャラリー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27

28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-01-04 11:00 | 茨城 | Comments(0)

サイトマップ > 茨城県 近代文化遺産 > シャトーカミヤ旧醸造場施設



アクセス(行き方)

見学のしかた

文化財の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


国指定重要文化財 シャトーカミヤ旧醸造場施設 事務所



アクセス



スマートフォンの方はこちらのマップ


牛久(うしく)駅 東口から、徒歩約9分。

施設と提携している大型有料駐車場あり。割引あり。
詳細は牛久シャトー公式サイト/アクセス・利用案内へ。

タイムズ牛久中央」と提携。収容台数280台。1時間100円、1日最大300円(平日のみ)、牛久シャトーでの利用金額1,000円以上は2時間、2,000円以上は4時間無料。
駐車場入口のピンポイント案内は、上の埋め込み地図を参照。

重要文化財 発酵室






見学のしかた


開園時間 09:00〜21:00
休園日 年末年始
入園・入館料 無料

「事務所」 現在も施設の事務所として使用されており、内部は非公開。
「発酵室」 神谷傳兵衛記念館として内部を一般公開。10:00〜17:00
「貯蔵庫」 フレンチレストラン「キャノン」として営業中。11:30〜21:00。月曜日定休(例外あり)。ただし、レストランの内装は重要文化財指定から除外されている。←文化庁国指定文化財等データベース

重要文化財 貯蔵庫






施設の説明


オエノンホールディングス株式会社シャトーカミヤ(現・牛久シャトー)旧醸造場施設は、神谷伝兵衛が創設したワイン醸造施設で、現存する事務室、醗酵室、貯蔵庫は明治36年(1903年)9月竣工とみられる。本施設は、明治中期の本格的な煉瓦造ワイン醸造所の主要部がほぼ完存しており、高い歴史的価値がある。とりわけ醗酵室は、各階ごとに配された設備構成等から当時のワイン醸造工程を窺うことが可能であり、産業技術史上も重要である。また事務室は、シャトーを名乗るに相応しい意匠を有し、明治中期の煉瓦造建築の意匠水準を計るうえでも価値が高い。平成20年(2008年)に国の重要文化財に指定された。
文化庁国指定文化財等データベース

牛久シャトー(旧シャトーカミヤ)は、実業家である神谷傳兵衛(かみや でんべえ)が明治36年(1903年)に茨城県牛久市に開設した日本初の本格的ワイン醸造場です。フランスに現存した醸造場をモデルに、ボルドー地方の技術を用いて、葡萄の栽培からワインの醸造・瓶詰めを一貫して行なっていました。現在は、約6万㎡ある敷地内に、当時の建物を活かした記念館やレストランを展開し、ワインの歴史を紹介するとともに“食の楽しさ”を提供しています。
牛久シャトー公式サイト







管理人のおすすめポイント


事務所、発酵室、貯蔵庫のいずれも、非常に良く管理が行き届いています。100年以上経った古いレンガ造りの建物の、長いあいだ風雪に耐えた趣きをしっかり残しつつ、みすぼらしさを全く感じさせない。国内に数ある大型レンガ造文化財の中でも、あそこまでしっかり保存・管理されたものはなかなかないと思います。そしてもっとも興味をそそられたのは、発酵室1Fと地下室の、重厚で暗〜い雰囲気。巨大な発酵用の樽が当時のままずらりと並んでいる様子、特に、見学できる資料館としてはありえない暗さの地下室の怪しさ。あの演出センスは特筆モノです。是非こちらのフォトギャラリーを見ていただきたいと思います。
そして重要文化財の「貯蔵庫」を改装したフレンチレストラン「キャノン」。そこでランチをいただこうと、開店直後、弾む気持ちでドアを開けたのですが、「予約がいっぱいでご案内できません」と丁重に断られました。きっと美味しいんでしょうね...。

発酵室 醸造場地下室

フォトギャラリー

文化財分布マップ


by h9w457y8i | 2018-01-02 09:19 | 茨城 | Comments(0)


サイトマップ茨城県 近代文化遺産横利根閘門フォトギャラリー

b0212342_20014880.jpg

1
b0212342_11045074.jpg

2
b0212342_11052083.jpg

3
b0212342_11055000.jpg

4
b0212342_11072640.jpg

5
b0212342_11081455.jpg

6
b0212342_11282506.jpg

7
b0212342_11282801.jpg

8
b0212342_11283390.jpg

9
b0212342_11284083.jpg

10
b0212342_11290361.jpg

11
b0212342_11290764.jpg

12
b0212342_11291136.jpg

13
b0212342_11291474.jpg

14
b0212342_11291840.jpg

15
b0212342_11294721.jpg

16
b0212342_11295108.jpg

17
b0212342_11295550.jpg

18
b0212342_11295985.jpg

19
b0212342_11300374.jpg

20
b0212342_11312672.jpg

21
b0212342_11313196.jpg

22
b0212342_11313484.jpg

23
b0212342_11313875.jpg

24
b0212342_11314167.jpg

25
b0212342_11321024.jpg

26
b0212342_11321425.jpg

27
b0212342_11321704.jpg

28
b0212342_11322167.jpg

29
b0212342_11322468.jpg

30
b0212342_11324956.jpg

31
b0212342_11325349.jpg

32
b0212342_11325703.jpg

33
b0212342_11330041.jpg

34
b0212342_11330494.jpg

35
b0212342_11333284.jpg

36
b0212342_11333630.jpg

37
b0212342_11333950.jpg

38
b0212342_11334318.jpg

39
b0212342_11334772.jpg

40
b0212342_11341449.jpg

41
b0212342_11341788.jpg

42
b0212342_11342110.jpg

43
b0212342_11342471.jpg

44
b0212342_11342880.jpg

45
b0212342_11345159.jpg

46
b0212342_11345851.jpg

47
b0212342_11350281.jpg

48
b0212342_11350605.jpg

49
b0212342_11382190.jpg

50
b0212342_11382470.jpg

51
b0212342_11382881.jpg

52
b0212342_11383095.jpg

53
b0212342_11383432.jpg

54
b0212342_11390568.jpg

55
b0212342_11390992.jpg

56
b0212342_11391434.jpg

57
b0212342_11391970.jpg

58
b0212342_11392558.jpg

59
b0212342_11395915.jpg

60
b0212342_11400332.jpg


by h9w457y8i | 2017-10-15 08:13 | 茨城 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。