カテゴリ:兵庫( 19 )

サイトマップ > 兵庫県 江戸時代以前の文化財 > 円教寺 > 建造物解説・訪問記

b0212342_15045529.jpg
灯篭の奥に、食堂(じきどう)

円教寺(えんぎょうじ・圓教寺とも)への詳しい行き方、拝観のしかたは、前回の投稿ページを参照してください。


円教寺は赤マーカー 1〜8
スマートフォンはこちらのマップ

円教寺 フォトギャラリー(141枚)


円教寺のある書写山(しょしゃざん)の上に上がる、書写山ロープウェイ、山頂駅。
b0212342_07063128.jpg

その近くに、境内への入口(志納所)があります。
そこで、入山料500円を払います。
b0212342_07292680.jpg

ここから本堂の摩尼殿(まにでん)まで、登りくだりが結構ある道を1kmくらい歩きます。
それがキツイかも、という方は、入山料と合わせて1,000円で、摩尼殿までのシャトルバスに乗ることができます。

自分は今回、歩いて境内を散策することにしました。

境内を歩くときの地図は、入口でもらえるパンフレットのものがわかりやすいと思います。
b0212342_07323512.jpg

志納所を出るとすぐに、ソコソコ急な登り坂となります。
b0212342_15183156.jpg

運動不足なので、息が切れます...。

坂の途中、道の両側には観音様が点々と立っていました。
あまり古さは感じられません。
b0212342_15180580.jpg

坂の途中から、姫路市街。暑くもなく寒くもなく、とても気持ち良かったです。
訪れたのは3月で、菜の花畑が遠くに見えました。
b0212342_15191037.jpg

仁王門をくぐります。
b0212342_15195266.jpg

参道の両側には、寄進された方の石碑がズラッと並んでいました。
b0212342_15203075.jpg

↓ 塔頭(たっちゅう)、寿量院(じゅりょういん)。地図・赤1。平安時代、円教寺の創建とほぼ同時期に建立されました。客殿、庫裏、棟門が国の重要文化財に指定されています。
1
b0212342_15211898.jpg

2
b0212342_05533543.jpg

9
b0212342_05553520.jpg

この寿量院、普段は非公開ですが、この中で精進料理をいただくことができます。
3
b0212342_05540351.jpg

4
b0212342_05541426.jpg

なかなか評判は良いみたいですが、4〜11月のみ、5名以上、3日前までに要予約、などの制限があります。
予約など詳細は、食べログなどのグルメサイトを参照してください。


しばらく行くと、別の塔頭があります。
十妙院(じゅうみょういん)。地図・赤2。こちらは江戸時代前期、1691年の建立。客殿、庫裏、唐門が国指定重要文化財です。
5
b0212342_15293167.jpg

6
b0212342_05550515.jpg

7
b0212342_05551704.jpg

非公開ですが、秋のもみじまつりの時期、11月中旬の3日間のみ、特別公開されます。
もみじまつりについては円教寺公式サイトを参照してください。

そして急な坂を下ると、目の前に大きなお堂が見えてきます。
b0212342_15311206.jpg

摩尼殿(まにでん)。とても立派なお堂ですが、大正時代に焼けてしまい、現在のものは昭和に入ってから再建されました。国指定ではなく、姫路市の指定文化財になっています。

b0212342_15350275.jpg

摩尼殿から、さらに境内の奥に進みます。

たくさんのお地蔵様
b0212342_15352585.jpg

道標?に光
b0212342_15362097.jpg

瑞光院。
b0212342_15381601.jpg

上り坂の途中から、振り返る。
b0212342_16092067.jpg

そして、三つの大きな建物に囲まれた広場に出ました。
円教寺、修行道場の中心部だった場所です。
b0212342_15392581.jpg

左手、南にあるのが常行堂(じょうぎょうどう)。地図・赤5。室町時代前期の1453年の建立です。舞台が前面に突き出しているのが特徴です。国指定重要文化財です。
b0212342_15422922.jpg

常行堂の裏側。
b0212342_15425320.jpg

中央奥、広場の西にあるのが食堂(じきどう)です。地図・赤6。室町時代中期、1465年前後に再建されたものと言われています。かつては修行僧の寝食に使う寮でした。幅は40mもあり、江戸時代以前の総二階建て仏堂としては他に例がないそうです。国指定重要文化財です。
b0212342_15475244.jpg

b0212342_15481288.jpg

b0212342_15483493.jpg

食堂の中は資料館や写経ができる場所となっており、一般公開されています。
b0212342_15492486.jpg

b0212342_15493671.jpg

食堂の二階。
b0212342_07463304.jpg

奥に見えるのは大講堂です。
b0212342_15501116.jpg

広場右手、北にあるのが大講堂(だいこうどう)です。地図・赤7。室町時代中期、1440年から1490年頃にかけて建造されました。修行道場としての中心的存在で、円教寺の本堂に当たります。こちらも国の重要文化財に指定されています。
b0212342_15552779.jpg

b0212342_15555496.jpg

食堂の裏手を少し左に進むと、鐘楼があります。地図・赤3。鎌倉時代末期、1332年に再建されたものです。国指定重要文化財。
b0212342_15561332.jpg

鐘楼の更に奥には、金剛堂(こんごうどう)があります。地図・赤4。元は普賢院という塔頭のお堂でした。室町時代後期、1544年の建立。国指定重要文化財。
b0212342_16004455.jpg

食堂の裏に戻って、急な坂を下っていくと。
b0212342_16020343.jpg

円教寺の最奥部、奥之院が見えてきます。地図・
b0212342_16023947.jpg

↓ 奥之院の左手にある、御法堂拝殿(ごほうどう はいでん)。地図・赤8。安土桃山時代、1589年の建立。国指定重要文化財。
b0212342_16080910.jpg

拝殿に対する本殿は広場を挟んで向かい側にある二つの御法堂で、通常の神社では本殿のすぐ近くに配置される拝殿が、本殿とこんなに離れて建っているのは珍しいそうです。弁慶が子供の頃、ここで修行したとされ、弁慶の学問所とも呼ばれます。その時の勉強机が食堂に展示されていました。

御法堂拝殿の裏手。
b0212342_16075121.jpg

b0212342_16085117.jpg

↓ 奥之院中央の、開山堂。地図・赤9。江戸時代前期の1671年に再建されたものです。国指定重要文化財。円教寺を開山した性空を祀ったお堂で、堂内にある等身大の木像内部に、上人の遺骨が納められています。
b0212342_16123284.jpg

開山堂の提灯
b0212342_16131762.jpg

開山堂の板
b0212342_16140366.jpg

天井の彫刻
b0212342_16134344.jpg

↓ 開山堂の軒下の四隅には、左甚五郎が彫ったとされる力士の彫刻があります。このうちの一つは、屋根の重さに耐えかねて逃げ出した、という伝説があります。
b0212342_16143754.jpg

伝説にある北西隅がどうなっているかは、見ずに終わってしまいました。

↓ そして奥之院の本殿である御法堂。広場の右手にあります。二つに分かれており、右が乙天社(地図・赤10)、左が若天社(地図・赤11)です。室町時代末期の建築。どちらも国指定重要文化財。円教寺を創建した性空上人がこの山で修行中、常にそばで仕えていた童子を祀ったもので、山の守護神とされています。
b0212342_16171279.jpg

b0212342_16204549.jpg

b0212342_16213743.jpg


国指定文化財建造物の更に詳しい解説などは、円教寺公式サイト、あるいはこちらのフォトギャラリー(141枚)にある現地案内看板を参照してください。

円教寺への行き方、参拝のしかたの詳細は、前回の投稿記事へ。

by h9w457y8i | 2019-07-03 06:13 | 兵庫 | Comments(0)

サイトマップ > 兵庫県 江戸時代以前の文化財 > 円教寺

b0212342_05191522.jpg
右から、常行堂、食堂、大講堂

円教寺(えんぎょうじ・圓教寺とも)は姫路市中心部から北に6kmほど離れた標高370mの山、書写山(しょしゃざん・書寫山とも)の上にある天台宗のお寺です。創建は平安時代半ばの966年。西の比叡山と呼ばれるほど大規模で格の高いお寺で、かつては天台宗三大道場の一つとも言われていました。
鬱蒼とした森が広がる広い境内には多くの重要文化財建造物が建ち並んでいます。鎌倉時代の末期から室町時代中期、1330年頃〜1490年にかけて建てられたもので、大規模なものもいくつかあり、中でも、幅40mの食堂(じきどう)は江戸時代以前に建てられた総二階の仏教建造物の中では最大で、他に例がありません。また境内は国の史跡にも指定されています。
紅葉の名所としても有名で、秋にはライトアップもされ、多くの参拝者・観光客で賑わうそうです。

重要文化財建造物の簡単な説明や訪問記は、こちらのページへ。


円教寺 フォトギャラリー(16MB・141枚)




アクセス



円教寺は赤マーカー
スマートフォンはこちらのマップ


円教寺は書写山の山の上にあり、そこへは山の麓から歩いても行けますが、書写山ロープウェイを使って山を登るのが一般的でしょう。
以下は、ロープウェイ山麓駅までの行き方です。

最寄りの駅から徒歩
徒歩圏(道のり3km以内)に最寄駅はありません。
バスかタクシー、自家用車利用が無難かと。

JR余部(よべ)駅から徒歩約57分(4.1km)なので、ちょっと頑張れば歩けない距離ではありませんが、ロープウェイで山の上に上がってからも結構歩くので、片道だけ歩くにしても結構キツイかと。


バス
姫路駅北口バスターミナル 10番のりば(地図・紫1。紫2付近)から、
神姫(しんき)バス 8系統 書写山(しょしゃざん)ロープウェイ 行きバスに乗車。
 ↓
[乗車時間] 約30分
[運賃] 270円 全国共通交通系ICカード利用可能
[運行頻度] 1時間に2本程度
 ↓
終点 書写山ロープウェイ バス停(紫4。紫6付近)下車。

神姫バスの時刻・料金検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート検索機能が対応しています。
ただし、Yahoo路線ではなぜか「書写山ロープウェイ」バス停は検索結果に反映されませんでした。
8系統の時刻表は神姫バス公式サイトでも検索できます。


このバスとロープウェイの乗車券がセットになった割引チケットがあります。
1,400円。便利ですし、140円お得です。
神姫バス 姫路駅前案内所(10番のりばから歩いて1分。紫マーカー3)で販売しています。

↓ JR姫路駅北口を出てすぐ、左を向いたところ。
10番バスのりばへは、目の前にエスカレーターがあるので、これで上の歩道に上がります。
紫マーカー2。
b0212342_06341874.jpg

↓ 書写山ロープウェイ バス停。紫マーカー4。(6付近)
姫路駅へ帰る時もここからバスに乗車します。
b0212342_06353518.jpg



駐車場
書写山ロープウェイ利用者用の無料駐車場があります。地図・紫6

収容台数は270台。(臨時駐車場を含めます)

円教寺公式サイトのアクセス案内ページにはカーナビを使うときの注意として、
「円教寺」「書写山」で目的地を設定せず、
「書写の里・美術工芸館」
079-267-0301
で設定するように書かれています。
ただし、それだと工芸館専用の駐車場に向かってしまいます。
円教寺参拝者用駐車場の入口からは150mほど離れているので、注意が必要です。
上の地図、紫マーカー6の参拝者用駐車場入口はピンポイントで場所を示しています。誤差はほぼありません。

駐車場入口。地図・紫6。
b0212342_07041915.jpg

駐車場。
b0212342_06371820.jpg



書写山ロープウェイの営業時間、料金、時刻表などの最新情報は、書写山ロープウェイ公式サイトを参照してください。

2019.7
[始発] 8:30
[終発] 上り・下り、季節、曜日によってまちまち。もっとも早いのは、16:45が最終。
[料金] 往復1,000円
[運行頻度] 15分に1本
[定休日] なし。ただし2月に定期点検のため臨時休業あり。要問い合わせ。


ロープウェイきっぷ売り場。紫マーカー5(6付近)。
b0212342_07044298.jpg

↓ ロープウェイからは姫路市とその向こうに瀬戸内海が一望できます。
山麓から山頂まで約4分。
ゴンドラ内ではガイドの方がわかりやすい解説をしてくださいます。
b0212342_07055048.jpg

山頂駅
b0212342_07063128.jpg






拝観のしかた



円教寺の拝観時間、入山料、各種イベントなどは、円教寺公式サイトを参照してください。

2019.4
[拝観時間] 特に制限なし。
[入山料] 500円


↓ ロープウェイ山頂駅近くにある、境内入口。
ここで入山料を払います。
b0212342_07292680.jpg

ロープウェイ山頂駅から本堂の摩尼殿(まにでん)までは、登り下りが結構ある約1kmの道を歩きますが、有料のシャトルバスを利用することもできます。
往復 500円。運行頻度 1時間に3本。


円教寺境内の案内図は、境内入口でもらえるパンフレットのものが一番わかりやすいです。
b0212342_07323512.jpg

かつてはGoogle Mapも使えましたが、2019.3のゼンリン契約解除により、境内の表示がかなり簡略化され、使いにくくなってしまいました。


円教寺の境内には、塔頭の寿量院(じゅりょういん。壽量院とも)があり、客殿、庫裏、棟門が国の重要文化財に指定されています。これらは通常は非公開ですが。

b0212342_07361887.jpg

そこで精進料理をいただくことができます。

b0212342_19431167.jpg

要予約。
原則5名以上。
営業は4〜11月で、12〜3月は休業。

評判はかなり良いようです。

予約や料理などの詳細は、食べログなどのグルメサイトを参照してください。


また、もう一つの塔頭、十妙院も通常非公開ですが、こちらは毎年11月下旬の3日間、書写山もみじまつりが開催される時期に合わせ、特別公開されます。

b0212342_08054087.jpg

もみじまつりの詳細は、円教寺公式サイト、あるいは姫路市公式サイトを参照してください。
昨年(2018年)は、11月16日(金)〜11月18日(日)の3日間に特別公開されました。

b0212342_07463472.jpg
奥之院

重要文化財建造物の簡単な説明や訪問記は、こちらのページへ。


円教寺 フォトギャラリー(16MB・141枚)

文化財分布マップ

このページは、
圓教寺公式サイト
姫路市公式サイト
文化庁国指定文化財等データベース
神姫バス公式サイト
現地案内看板
などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-07-01 20:58 | 兵庫 | Comments(0)

サイトマップ > 兵庫県 江戸時代以前の文化財



国宝

国指定重要文化財
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行・わ

文化財分布マップ


b0212342_10243241.jpg
国宝 姫路城(大天守、西小天守、乾小天守)
2010.2



国宝


一乗寺 三重塔
いちじょうじ さんじゅうのとう
平安時代後期、1171年の建築。他に5件の国指定重要文化財建造物がある。
map 34.85898, 134.81896

鶴林寺
かくりんじ
本堂、太子堂
本堂は室町時代前期、1397年の建築。幅7間、奥行き6間、本瓦葺き。
太子堂は更に古く、平安時代後期の1112年の建築。幅、奥行き共に三間、檜皮葺。
map 34.75228, 134.83258

浄土寺 浄土堂(阿弥陀堂)
じょうどじ じょうどどう(あみだどう)
鎌倉時代前期、1192年の建築。幅、奥行き共に三間。本瓦葺き。
map 34.86411, 134.96115

太山寺 本堂
たいさんじ ほんどう
鎌倉時代後期、1285年の建築。幅7間、奥行き6間、銅板葺き。
map 34.69654, 135.06743

朝光寺 本堂
ちょうこうじ ほんどう
室町時代前期(1420年前後)の建築。幅、奥行き共に7間、本瓦葺き。
map 34.93247, 135.04386



b0212342_10245358.jpg姫路城
ひめじじょう
大天守、乾小天守、東小天守、西小天守、イ・ロ・ハ・ニの渡櫓
安土桃山時代、1608年の竣工。世界文化遺産でもある。
map 34.83944, 134.69390






国指定重要文化財



あ行

明石城
あかしじょう
巽櫓(たつみやぐら)、坤櫓(ひつじさるやぐら)
双方、江戸時代前期、1630年前後の建築。見学に関しては明石城公式HPを参照。
map 34.65280, 134.99178

赤淵神社 本殿
あかぶちじんじゃ ほんでん
室町時代中期、1400年前後の建築。三間社流造、こけら葺き。
map 35.32677, 134.84114

天津神社本殿
あまつじんじゃ ほんでん
map 34.90921, 135.11645

斑鳩寺 三重塔
いかるがでら さんじゅうのとう
室町時代末期、1565年の建築。本瓦葺き。
map 34.83703, 134.57600

一乗寺
いちじょうじ
本堂、妙見堂、護法堂、弁天堂、五輪塔
本堂は江戸時代前期、1624年の建築。幅9間、奥行き8間、本瓦葺き。三重塔は国宝。
map 34.85928, 134.81897

稲荷神社本殿
いなりじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1546年の建造。一間社隅木入春日造、板葺き。覆屋に覆われており、拝観できるかどうか不明。
map 34.914760, 135.12090



b0212342_14043342.jpg円教寺
えんぎょうじ
大講堂、金剛堂、奥之院(開山堂、護法堂乙天社、護法堂若天社、護法堂拝殿)、常行堂、食堂(じきどう、左画像中央)、鐘楼
室町時代中期(1450年前後)の建築。全て間近で見られる。食堂内部は資料館として公開されている。
map 34.88976, 134.65800



温泉寺
おんせんじ
本堂、宝篋印塔
本堂は室町時代前期、1387年の建築。幅、奥行き共に5間、銅板葺き。
map 35.62408, 134.80024

か行

鶴林寺
かくりんじ
本堂、護摩堂、行者堂、鐘楼、常行堂、太子堂
map 34.75220, 134.83259

春日神社 能舞台
かすがじんじゃ のうぶたい
江戸時代末期、1861年の建築。様々な資料も残り、西日本屈指の近世能舞台として高い価値がある。
map 35.07813, 135.21908

賀茂神社
かもじんじゃ
本殿、摂社片岡社太田社本殿、摂社貴布祢社若宮社本殿、摂社榲尾社本殿、権殿、唐門、東回廊、西回廊
本殿は江戸時代中期、1699年の建築。三間社流造、檜皮葺き。
map 34.76593, 134.50282

伽耶院
がやいん
本堂、多宝塔、三坂明神社本殿
本堂は江戸時代前期、1646年の建築。幅、奥行き共に5間、本瓦葺き。
map 34.80556, 135.05883

歓喜院聖天堂
かんきいん しょうてんどう
室町時代中期、1411年の建築。三間社流造、檜皮葺き。
map 34.88154, 135.14779

旧岡田家住宅
きゅう おかだけ じゅうたく
店舗、酒蔵
江戸時代中期、1674年建築の造り酒屋。町家建築の中では年代が古く、珍しい存在。
map 34.78202, 135.41703

旧友井家住宅
きゅう ともいけ じゅうたく
江戸時代中期、1700年前後の農家建築。幅12m、茅葺き。
map 35.08570, 134.99957

久久比神社 本殿
くくひじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1507年の建築。三間社流造、こけら葺。
map 35.55738, 134.84357

御霊神社 本殿
ごりょうじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1470年の建築。幅一間、檜皮葺き。
map 34.90268, 135.19903

さ行

酒垂神社 本殿
さかだれじんじゃ ほんでん
室町時代中期、1444年の建築。一間社流造、こけら葺き。
map 35.55564, 134.86981

酒見寺 多宝塔
さかみでら たほうとう
江戸時代前期、1662年の建築。
map 34.93494, 134.82949

石峯寺
しゃくぶじ
薬師堂、三重塔
三重塔は室町時代中期(15世紀前半)の建築。銅板葺き。
map 34.83256, 135.13729



b0212342_14035899.jpg十妙院
じゅうみょういん
客殿及び庫裏、唐門
江戸時代中期、1691年の建築。書写山円教寺の塔頭。非公開。
map 34.89042, 134.65789



b0212342_14032705.jpg寿量院
じゅりょういん
客殿及び庫裏、棟門
江戸時代中期、1688年の大型寺院建築。書写山円教寺の敷地内にある。瓦葺き、および銅板葺き。5名以上の事前予約で精進料理がいただける。それ以外の見学は不可。詳細は食べログ公式サイトを参照。
map 34.88944, 134.65934



浄土寺 薬師堂
じょうどじ やくしどう
室町時代後期、1517年の建築。幅、奥行き共に5間、本瓦葺き。境内には国宝の浄土堂がある。
map 34.86411, 134.96115

随願寺
ずいがんじ
本堂、開山堂、経堂、鐘楼、唐門
本堂は江戸時代中期、1692年の建築。幅7間、奥行き6間、本瓦葺き。
map 34.87216, 134.71274

住吉神社 本殿(加東市)
すみよしじんじゃ ほんでん
室町時代中期、1492年の建築。三間社流造、檜皮葺き。
map 34.96677, 135.05956

住吉神社 本殿(三田市)
すみよしじんじゃ ほんでん
室町時代中期、1436年の建築。三間社流造、檜皮葺き。
map 34.94045, 135.11665

た行

大国寺本堂
たいこくじ ほんどう
map 35.06608, 135.14762

太山寺
たいさんじ
本堂、仁王門
map 34.69655, 135.06748

高売布神社 本殿
たかめふじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1513年の建築。一間社流造、檜皮葺き。
map 34.95877, 135.26734

多田神社
ただじんじゃ
本殿、拝殿、随神門
本殿は江戸時代前期、1667年の建築。幅5間、奥行き3間、檜皮葺き。
map 34.86103, 135.40275

長遠寺
ちょうおんじ
本堂、多宝塔
map 34.71819, 135.41202

朝光寺
ちょうこうじ
本堂、鐘楼
map 34.93247, 135.04387

天満神社本殿
てんまんじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1544年の建築。一間社流造。覆屋の中にある。
map 34.93038, 134.54423

東光寺 本堂
とうこうじ ほんどう
map 34.89096, 135.16037

戸隠神社 本殿
とがくしじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1524年の建築。一間社春日造、杉皮葺き。覆屋に覆われている。
map 34.88330, 135.36793

徳光院 多宝塔
とくこういん たほうとう
map 34.70955, 135.19576

な行

豊歳神社 本殿
とよとしじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1511年の建築。一間社春日造、こけら葺き。覆屋の中にある。
map 34.87076, 135.16983

中島神社 本殿
なかじまじんじゃ ほんでん
map 35.52542, 134.86263

永富家住宅
ながとみけ じゅうたく
主屋、長屋門、籾納屋、大蔵、乾蔵、内蔵、味噌蔵、東蔵
主屋は江戸時代後期、1820年の建築。幅26m、瓦葺きの豪農住宅建築。
map 34.83992, 134.52965

名草神社
なぐさじんじゃ
本殿、拝殿、三重塔
三重塔が最も古く、1527年の建築。こけら葺き。
map 35.42242, 134.65556

西宮神社
にしのみやじんじゃ
表大門、大練塀(表大門の北、表大門南門間、南門の西)
表大門は安土桃山時代、大練塀は室町時代中期(15世紀前半)の築造。
map 34.73572, 135.33457

如意寺
にょいじ
阿弥陀堂、三重塔、文殊堂
map 34.69925, 135.01989

は行

箱木家住宅
はこぎけ じゅうたく
主屋、座敷
室町時代後期、1500年前後の建築。国内最古級の古民家。幅11m、茅葺き。江戸時代に既に「千年家」の異名で呼ばれた。
map 34.76951, 135.10299

長谷寺 妙見堂
はせでら みょうけんどう
室町時代中期の神社建築。一間社流造。
map 35.14136, 135.32201

八幡神社 三重塔
はちまんじんじゃ さんじゅうのとう
室町時代中期、1466年の建築。
map 34.76763, 135.13072

八幡神社
はちまんじんじゃ
本殿、拝殿
小野市。拝殿は室町時代前期、1350年前後の建築。幅7間、本瓦葺き。 国宝浄土寺内にある。本殿は室町時代後期。
map 34.8643, 134.96156

八幡神社
はちまんじんじゃ
本殿、拝殿
丹波市。安土桃山時代、1585年の建築。本殿は三間社流造、檜皮葺き。
map 35.1309, 135.07941

八幡神社 本殿
はちまんじんじゃ ほんでん
宝塚市中筋。室町時代後期、1500年前後の建築。一間社春日造。檜皮葺き。
map 34.81893, 135.37699

八幡神社 本殿
はちまんじんじゃ ほんでん
宝塚市並豆。室町時代中期、1403年の建築。三間社流造、こけら葺き。
map 

日出神社 本殿
ひいでじんじゃ ほんでん
map 35.48837, 134.99319

姫路城
ひめじじょう
イの渡櫓、ロの渡櫓、ハの渡櫓、ニの渡櫓、ホの櫓、ヘの渡櫓、トの櫓、チの櫓、リの一渡櫓、リの二渡櫓、折廻り櫓、井郭櫓、帯の櫓、帯郭櫓、太鼓櫓、ニの櫓、ロの櫓、化粧櫓、カの渡櫓、ヌの櫓、ヨの渡櫓、ルの櫓、タの渡櫓、ヲの櫓、レの渡櫓、ワの櫓、カの櫓、菱の門、いの門、ろの門、はの門、にの門、への門、との一門、との二門、との四門、ちの門、りの門、ぬの門、水の一門、水の二門、備前門、との四門東方土塀、との四門西方土塀、との二門東方土塀、との一門東方土塀、への門東方土塀、への門西方土塀、水の一門北方築地塀、水の一門西方土塀、ニの櫓南方土塀、水の五門南方土塀、イの渡櫓南方土塀、にの門東方上土塀、にの門東方下土塀、ロの櫓東方土塀、ロの櫓西方土塀、はの門東方土塀、はの門西方土塀、はの門南方土塀、ろの門東方土塀、ろの門西南方土塀、化粧櫓南方土塀、ワの櫓東方土塀、カの櫓北方土塀、菱の門西方土塀、菱の門南方土塀、菱の門東方土塀、いの門東方土塀、太鼓櫓南方土塀、太鼓櫓北方土塀、帯郭櫓北方土塀、井郭櫓南方土塀、トの櫓南方土塀
いずれも安土桃山時代から江戸時代にかけての、1601〜1609年に建造。櫓(やぐら)、門、塀は構造的に複数が連続しているものがほとんど。27の櫓、15の門、32の土塀が指定されている。
map 34.83944, 134.69390

広峯神社
ひろみねじんじゃ
本殿、拝殿、宝篋印塔
本殿は室町時代中期、1444年の建築。幅11間の大型神社建築。檜皮葺き。
map 34.87380, 134.70035

福祥寺 本堂内宮殿及び仏壇
ふくしょうじ ほんどうない きゅうでん および ぶつだん
室町時代前期、1368年の建築。
map 34.6497, 135.11186

船屋形
ふなやかた
江戸時代中期、1700年前後の建築。幅5間、奥行き一間の船の屋形部分。船の本体は失われ、屋形部分だけを陸上に定置したもの。普段は非公開だが、年に数回外観および内部が特別公開される。詳細は「神戸市 船屋形」で検索。
map 34.69212, 135.18140

古井家住宅
ふるいけ じゅうたく
室町時代後期(1500年前後)の建築。幅14m、かやぶきの古民家。土・日・祝日のみ公開。詳細は姫路市公式サイトへ。
map 35.03487, 134.59826

堀家住宅
ほりけ じゅうたく
主屋、浜座敷、裏座敷、内蔵、乾蔵、二番蔵、浜蔵、三番蔵、四番蔵、五番蔵、大乾蔵、八番蔵及び九番蔵、六番蔵及び七番蔵、東蔵、十番蔵、味噌部屋、柴小屋及び漬物部屋、コナシ部屋、養蚕部屋、牛小屋、長屋門、西門、オウラ北門
江戸時代中期、1767年の建築。庄屋を務めた豪農で、主屋を中心に多数の土蔵が取り囲むようにして建つ、かなり大規模屋敷構えが保存されており、貴重。現住のため非公開。11月下旬に2日間だけ特別公開される。詳細はたつの市教育委員会へ。
map 34.86862, 134.55173

本興寺
ほんこうじ
方丈、開山堂、三光堂
三光堂が最も古く室町時代後期、1500年前後の建築。三間社流造、銅板葺き。
map 34.71736, 135.41442

ま行

満願寺 九重塔
まんがんじ きゅうじゅうのとう
鎌倉時代後期、1293年の建造。高さ3mほどの石塔。接近可能。
map 34.83898, 135.39359

御形神社本殿
みかたじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1527年の建築。三間社流造、檜皮葺き。
map 35.18941, 134.62998

弥勒寺 本堂
みろくじ ほんどう
室町時代前期、1380年の建築。幅3間、奥行き5間、本瓦葺き。
map 34.93609, 134.66269

や行

指定なし


ら行・わ

若王子神社 本殿
わかおうじじんじゃ ほんでん
室町時代中期、1408年の建築。三間社流造、板葺き。覆屋に覆われているが間近で拝観可能。
map 34.77106, 135.13653

若宮八幡宮 本殿
わかみやはちまんぐう ほんでん
室町時代後期、1564年の建築。三間社流造、こけら葺き。
map 34.92093, 135.07107

by h9w457y8i | 2019-06-09 19:28 | 兵庫 | Comments(0)

サイトマップ > 兵庫県 近代文化遺産 > うろこの家

b0212342_10180690.jpg

天然石スレート(粘板岩の一種)を外壁に貼り付けた外観から「うろこの家」の愛称で知られるこの建物は、明治時代後期(1910年前後)に外国人向けの高級借家として、神戸の外国人居留地に建てられました。その後、居留地の外国人たちが北野地区に移住していったため、大正時代に現在の北野地区に移築されました。昭和43年(1968年)まで居住していたE・ハリヤー氏が最後の住人であったことから、旧ハリヤー邸という名称も付いています。外壁の「うろこ」は約3,000枚に及びます。室内も各部屋や暖炉など、建造当時の姿がほぼそのまま保存されています。
「国土の歴史的景観に寄与している」として、平成10年(1998年)に国の登録有形文化財となりました。


うろこの家 フォトギャラリー(41枚)




アクセス



うろこの家は赤5
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
神戸市営地下鉄、
北神電鉄の
新神戸駅 南出口から、徒歩約12分(700m)。

JR三ノ宮駅
または
神戸市営地下鉄、
阪急電鉄、
阪神電鉄の
三宮駅、または神戸三宮駅から、徒歩約23分(1.5km)。



バス
シティー・ループ線北野異人館(きたのいじんかん)」バス停(地図・青1)から、徒歩約6分(300m)。

シティー・ループの時刻・料金検索は、NAVITIMEなど一部の乗り換え案内アプリが対応しています。
Google Map ルート案内機能では対応していません。2019.2

シティー・ループ「地下鉄三宮駅前」バス停(地図・青2)からだと、乗車時間10分、運賃260円。
全国共通交通系ICカード利用可能。

各異人館をはじめとする観光スポットで、シティー・ループ車内で買える一日乗車券(660円)を提示すれば、入場料の割引が受けられます。
うろこの家では、通常1,050円のところ、50円の割引が適用されます。
詳しくはシティー・ループ公式サイトへ。



駐車場
施設付属の駐車場はありません。

半径400m以内に複数の有料駐車場があります。
NAVITIME 駐車場検索ページにて、「うろこの家」で検索。






見学のしかた


うろこの家の開館時間、入館料、休館日などの最新情報は、異人館うろこグループ公式サイトを参照。

2019.3
[開館時間]
4月1日〜9月30日 9:30〜18:00
10月1日〜3月31日 9:30〜17:00

[入館料] 1,050円(子供 200円)

年中無休。


うろこの家の隣には、うろこの家ソックリの展望ギャラリーが建っています。
パッと見には、この二つで一つの建物のように見えます。
個人的には展望ギャラリー、こんなに似せるのはどうなの、と思いました。
b0212342_10524011.jpg

3
b0212342_10542832.jpg

4
b0212342_10545257.jpg

5
b0212342_10550519.jpg

こぢんまりしておしゃれな玄関。
b0212342_10551678.jpg

7
b0212342_10565541.jpg

8
b0212342_10575202.jpg

9
b0212342_10581329.jpg

10
b0212342_11001074.jpg

11
b0212342_11003075.jpg

12
b0212342_11005388.jpg

13
b0212342_11011774.jpg

2階の窓から。
b0212342_11015140.jpg

15
b0212342_11021339.jpg

16
b0212342_11031454.jpg

17
b0212342_11033928.jpg


うろこの家 フォトギャラリー(41枚)

文化財分布マップ

この記事は、
文化庁国指定文化財等データベース
異人館うろこグループ公式サイト
現地案内看板
などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-05-07 11:02 | 兵庫 | Comments(0)

サイトマップ > 兵庫県近代文化遺産 > 旧トーマス住宅

b0212342_09465358.jpg

尖塔のてっぺんに風見鶏が据えられていることから「風見鶏の館」の愛称で親しまれるこの住宅は、明治42年(1909年)ごろ、ドイツ人の貿易商、ゴットフリート・トーマス氏の自宅として建てられました。設計はドイツ人の建築家、ゲオルグ・デ・ラランデ。外壁の色鮮やかなレンガの色調、石積みの玄関ポーチなど、重厚な雰囲気を持っています。異人館が立ち並ぶ神戸の北野山本地区では、唯一のレンガ張り建築物です。また室内のデザインはドイツの伝統的な様式を取り入れながら、19世紀から20世紀初頭にかけての新しい芸術運動、アールヌーヴォーの動きを感じさせます。
昭和58年(1983年)から1年余りをかけて保存修理工事を行い、当時の写真などを参考にして、出来るだけ元の姿を再現しました。昭和53年(1978年)には国の重要文化財に指定されています。


旧トーマス住宅 フォトギャラリー (62枚)



アクセス


旧トーマス住宅は赤1
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR 三ノ宮(さんのみや)駅
または
神戸市営地下鉄・神戸新交通・阪神電鉄・阪急電鉄 三宮(さんのみや)駅から、
徒歩約16分(1.4km)。

新幹線・神戸市営地下鉄・北神急行鉄道 新神戸駅から、徒歩約15分(1km)。


バス
シティー・ループ線 北野異人館(きたのいじんかん)バス停(地図・青1)から、徒歩約4分(250m)。

シティー・ループの時刻・料金検索は、NAVITIME バス乗換案内など一部の乗り換え案内アプリが対応しています。
Google Map ルート案内機能では対応していません。2019.5

シティー・ループ 地下鉄三宮駅前 バス停(地図・青2)からだと、乗車時間10分、運賃260円。
全国共通交通系ICカード利用可能。

各異人館をはじめとする観光スポットで、シティー・ループ車内で買える一日乗車券(660円)を提示すれば、入場料の割引が受けられます。
旧トーマス住宅では、10%の割引(50円の割引)が適用されます。
詳しくはシティー・ループ公式サイトへ。


駐車場
施設付属の駐車場はありません。
半径300m以内に複数のコイン・パーキングがあります。
NAVITIME 駐車場検索ページにて、「風見鶏の館」で検索。

b0212342_09472729.jpg






見学のしかた


最新の開館時間、入館料、休館日などの情報は、風見鶏の館 公式サイトを参照してください。

2019.5
開館時間 9:00〜18:00。ただし最終入館は17:45まで。
入館料 500円。ただし萌黄の館(小林家住宅)との共通入館券あり。850円 → 650円。
休館日 2月、6月の第一火曜日。ただし祝日の場合は翌日。

入館に際しては、各種注意事項があります。
館内では飲食禁止、
トイレなし、
館内での写真撮影は可能ですが、自撮り棒・一脚・三脚の使用禁止、
などです。
詳細は 風見鶏の館 公式サイト を参照してください。

3
b0212342_09474639.jpg

4
b0212342_09480213.jpg

5
b0212342_09482165.jpg

玄関。ちょっとわかりにくいですが、石の柱のてっぺんの飾り、アールヌーヴォーの流れを汲んでいるとされています。
b0212342_09493209.jpg

応接間。
b0212342_09494220.jpg

応接間の照明。このデザインもアールヌーヴォーだということです。
b0212342_09495542.jpg

9
b0212342_09505245.jpg

ダイニング。天井にはドイツ古城風の小梁が見えます。大きな暖炉、どっしりした食器棚など、重厚感たっぷりです。
b0212342_09510508.jpg

11
b0212342_09524558.jpg

12
b0212342_09530463.jpg

13
b0212342_09532161.jpg

書斎。北東向きで直接陽は当たりませんが、柔らかい光が常に差し込むように工夫されています。
b0212342_09533377.jpg

15
b0212342_09551276.jpg


旧トーマス住宅 フォトギャラリー (62枚)

文化財分布マップ
(全国の全ての国宝、国指定重要文化財建造物の詳細位置をプロットしてあります)

このページは、
現地案内看板
風見鶏の館 公式サイト
神戸市 公式サイト
神戸シティー・ループ 公式サイト
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-05-05 09:05 | 兵庫 | Comments(0)

サイトマップ > 兵庫県 近代文化遺産 > アメリカンハウス

b0212342_14512119.jpg

文化財登録名「アメリカンハウス(旧ハムウェイ邸)」となっているこの建物は、昭和初期(1930年ごろ?)に建てられた住宅です。場所は神戸市の北野地区、いわゆる異人館と言われる洋館が立ち並ぶ地区にあります。「昭和初期の洋館として造形の規範となっている」ということで、平成15年(2003年)に国の登録文化財となっています。
2019.5現在は、スタジオハローズという写真撮影スタジオとなっており、内部の一般公開はしていません。




アクセス


アメリカンハウスは赤マーカー3
スマートフォンはこちらのマップ


アメリカンハウスは、国指定重要文化財「小林家住宅(旧シャープ住宅)」の隣に建っています。
アメリカンハウスへのアクセスは、小林家住宅へのアクセスを参照してください。

b0212342_10482470.jpg

b0212342_10483579.jpg

b0212342_10484597.jpg

b0212342_10485467.jpg

アメリカンハウス フォトギャラリー(16MB)

文化財分布マップ

このページの記載は文化庁国指定文化財等データベースを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-05-03 17:57 | 兵庫 | Comments(0)

サイトマップ > 兵庫県 近代文化遺産 > 小林家住宅(旧シャープ住宅)

b0212342_11181810.jpg

小林家住宅(旧シャープ住宅)は、明治36年(1903年)に神戸のアメリカ総領事、ハンター・シャープ氏の邸宅として建設されました。設計は、重要文化財の同志社大学ハリス理化学館も手がけたイギリス人のアレクサンダー・ネルソン・ハンセルと言われています。
建物は典型的なコロニアル様式で、外観や室内のデザインに格調の高さがうかがえます。
明治41年(1908年)にシャープ氏が日本から去ると建物は所有者を変え、昭和19年(1944年)に神戸電鉄の社長だった小林氏が最後の所有者となりました。昭和53年(1978年)まで小林家の住宅として使われ、昭和55年(1980年)に国の重要文化財に指定されました。
昭和62年(1987年)から2年をかけて半解体修理が行われ、この時にそれまでの白い外観から、竣工当時の黄緑色の外観に塗り直されました。平成元年(1989年)に修理が終わってからは、その外観から「萌黄の館(もえぎのやかた)」という愛称で呼ばれるようになりました。


小林家住宅(旧シャープ住宅) フォトギャラリー(65枚)




アクセス



小林家住宅は赤2(赤3のすぐ近く)
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
JR 三ノ宮(さんのみや)駅、または
神戸市営地下鉄・神戸新交通・阪神電鉄・阪急電鉄 三宮(さんのみや)駅から、
徒歩約16分(1.4km)。

新幹線・神戸市営地下鉄・北神急行鉄道 新神戸駅から、徒歩約15分(1km)。



バス
シティー・ループ線(神戸市営バスの一部)「北野異人館(きたのいじんかん)」バス停(上の地図、青マーカー1)から、徒歩約5分(300m)。

シティー・ループの時刻・料金検索は、一部の乗り換え案内アプリ、Yahoo路線検索が対応しています。
Google Map ルート案内機能では対応していません。2019.2

シティー・ループ「地下鉄三宮駅前」バス停(上の地図、青マーカー2)からだと、乗車時間10分、運賃260円。

シティー・ループでは全国共通交通系ICカード利用可能。

各異人館をはじめとする観光スポットで、シティー・ループ車内で買える一日乗車券(660円)を提示すれば、入場料の割引が受けられます。
小林家住宅(萌黄の館)では、50円の割引が適用されます。
詳しくはシティー・ループ公式サイトへ。



駐車場
施設付属の駐車場はありません。
半径300m以内に複数のコイン・パーキングがあります。
NAVITIME 駐車場検索ページにて、「萌黄の館」で検索。






見学のしかた


開館時間、入館料、閉館日などの最新情報は、神戸北野異人館街公式サイトを参照してください。

2019.3
開館時間 9:00〜18:00
入館料 350円(旧トーマス住宅(風見鶏の館)との共通券は650円)
高校生以下は無料。
休館日 2月第3水・木曜日

玄関から中に入る前に、券売機でチケットを買います。
旧トーマス住宅(風見鶏の館)で共通券を買った場合は、玄関で係りの方にそれを伝えます。
b0212342_13020108.jpg

3
b0212342_13031192.jpg

4
b0212342_13034126.jpg

5
b0212342_13040426.jpg

3つの煙突は、平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災で全て地上に落下してしまいました。
現在付いているのは復元されたものです。
b0212342_13043298.jpg

庭の片隅には、落下した煙突がそのまま残されていました。
b0212342_13063091.jpg

b0212342_13065323.jpg

建物の西面。左右で形の違う出窓があるのが、この建物の特徴と言われています。
屋根をよく見ると、洋館なのに瓦葺きですね。
b0212342_13070898.jpg

10
b0212342_13082189.jpg

11
b0212342_13084564.jpg

12
b0212342_13091112.jpg

13
b0212342_13091975.jpg

14
b0212342_13092891.jpg

15
b0212342_13095083.jpg

2階ベランダ。
b0212342_13100057.jpg

2階ベランダからの眺め。
b0212342_13154123.jpg

18
b0212342_13104987.jpg

19
b0212342_13110358.jpg


小林家住宅(旧シャープ住宅) フォトギャラリー(65枚)

文化財分布マップ
(国内の国宝・重要文化財建造物を網羅しています)

このページの記述は、神戸市公式サイトなどを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-04-27 22:53 | 兵庫 | Comments(0)

サイトマップ > 兵庫県 近代文化遺産 > 増田家住宅

b0212342_06142487.jpg

増田家住宅(旧モロゾフ家住宅)については、昭和26年(1951年)に竣工した住宅、という以外、ほとんど情報がありません。モロゾフさんという方が最初の住人だったのでしょうが、どういう方だったのか。お菓子のモロゾフ創業者が神戸に在住していたロシア人ということで、その一族と何か関係があるのか? いずれにしても、現在は増田さんのお家ということで、内部見学はおろか、現地案内看板もない、普通の住宅です。
平成24年(2012年)、造形の規範となっている建築物ということで、主屋、石垣、塀が国の登録有形文化財となりました。


増田家住宅 フォトギャラリー(16MB)




アクセス



増田家住宅は、赤マーカー6
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
新神戸駅、三ノ宮駅、三宮駅が最寄駅になります。
それぞれから、概ね徒歩20〜25分。


バス
シティー・ループ線「北野異人館(きたのいじんかん)」バス停(上の地図、青マーカー1)から、徒歩約7分(500m)。

シティー・ループの時刻・料金検索は、一部の乗り換え案内アプリが対応しています。
Google Map ルート案内機能では対応していません。2019.2

シティー・ループ「地下鉄三宮駅前」バス停(上の地図、青マーカー2)からだと、乗車時間10分、運賃260円。
全国共通交通系ICカード利用可能。

各異人館をはじめとする観光スポットで、シティー・ループ車内で買える一日乗車券(660円)を提示すれば、入場料の割引が受けられます。
詳しくはシティー・ループ公式サイトへ。


駐車場
普通の現住住宅なので、見学者用の駐車場はありません。

半径400m以内に複数の有料駐車場があります。
NAVITIME 駐車場検索ページにて、「萌黄の館」で検索。萌黄の館(小林家住宅)からの位置関係は上の地図を参照。






見学のしかた


増田さんが生活されている一般住宅であり、見学は公道から外観を見るのみです。内部は非公開で、特別公開の情報もありません。2019.3

家自体は直線を基調とした大きな建物で、イカつい感じですが、白い壁に、ピンク色に塗られた鎧戸や扉が可愛らしい印象でした。

b0212342_06503575.jpg

b0212342_06505444.jpg

b0212342_06511953.jpg


増田家住宅 フォトギャラリー(16MB)

文化財分布マップ

この記事は、文化庁国指定文化財等データベースを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-04-12 07:53 | 兵庫 | Comments(0)

サイトマップ > 兵庫県 近代文化遺産 > 北野物語館

b0212342_06320663.jpg

北野物語館(きたのものがたりかん)は、明治40年(1907年)にアメリカ人のM. J. シェー氏の邸宅として建てられました。玄関の真上、2階に格子窓がありますが、実はベランダを壁で囲った部分。これは19世紀末から20世紀初頭に欧米植民地で流行した「コロニアル・スタイル」と呼ばれる建築様式の特徴と言えます。日本=アジア、ということから、オリエンタルなデザインにしたということなんでしょうか。
当初は現在位置から北東方向に約300m離れた場所にありましたが、平成7年(1995年)の阪神淡路大震災で大きな被害を受けて解体が決定した際、神戸市がその部材を譲り受け、平成13年(2001年)に現在地に移築・復元しました。オリエル ・ウィンドウ(壁面から四角く出っ張っている出窓)を備えるなど造形の規範となっているとして、平成15年(2003年)には国の登録有形文化財となりました。
(正直、どの部分がオリエル・ウィンドウなのかよくわかりませんが...)


北野物語館 フォトギャラリー(16MB)




アクセス



北野物語館は赤マーカー4
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
上の地図やGoogle Mapなどを参照してください。

最寄駅は、
JR、神戸市市営地下鉄、北神急行電鉄の新神戸駅
JR三ノ宮駅
神戸市市営地下鉄、阪神電鉄、阪急電鉄、神戸新交通(ポートライナー)の三宮駅
になると思います。


バス
シティー・ループ線北野異人館(きたのいじんかん)」バス停(上の地図、青マーカー1)から、徒歩約3分(200m)。

シティー・ループの時刻・料金検索は、一部の乗り換え案内アプリが対応しています。
Google Map ルート案内機能では対応していません。2019.2

シティー・ループ「地下鉄三宮駅前」バス停(上の地図、青マーカー2)からだと、
「北野異人館」バス停まで、乗車時間10分、運賃260円。

全国共通交通系ICカード利用可能。

各異人館をはじめとする観光スポットで、シティー・ループ車内で買える一日乗車券(660円)を提示すれば、入場料の割引が受けられます。

詳しくはシティー・ループ公式サイトへ。


駐車場
店舗付属、施設付属の駐車場がありません。

NAVITIME 駐車場検索ページにて、「スターバックスコーヒー神戸北野異人館店」で検索。






見学のしかた


現在は、スターバックス・神戸北野異人館店として営業しています。2019.3

2019.3
[営業時間] 8:00〜22:00
[定休日] 不定休


お店の内外は、海外からの観光客で賑わっていました。
b0212342_08295841.jpg

3
b0212342_08310517.jpg

4
b0212342_08312011.jpg

5
b0212342_08313089.jpg

6
b0212342_08313975.jpg

7
b0212342_08320011.jpg

8
b0212342_08320830.jpg

9
b0212342_08323067.jpg

10
b0212342_08323901.jpg

11
b0212342_08325672.jpg

12
b0212342_08330585.jpg

13
b0212342_08331544.jpg


北野物語館 フォトギャラリー(16MB)

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2019-03-19 08:44 | 兵庫 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。