サイトマップ > 東京都 近代文化遺産 > 日本工業倶楽部会館

b0212342_19353962.jpg

日本工業倶楽部は、大正6年(1917年)、当時の有力実業家が集まり、日本の工業を発展させることを目的に設立されました。設立後は重要経済問題や労働問題などについて政府に意見を述べ、戦後は日経連や経団連をはじめ経済団体の設立・育成に協力する一方、それらの団体と重複する事業は行いませんでした。
この建物は大正9年(1920年)に竣工。セセッション様式で、国賓をも迎えられるような、重厚かつ優雅なデザインとされました。近年、老朽化や耐震性の問題から建替が検討。建物の西側部分(正面に向かって左側)を保存するとともに、その他の部分を再現し、歴史的な景観を保全することとしました。保存改修工事は平成15年(2003年)に竣工。玄関、ロビー、階段、石造りの装飾はオリジナルのものを使用し、大食堂、大会堂はほぼ完全に保存されています。
平成11年(1999年)、造形の規範となっている建造物として、国の登録有形文化財となりました。


日本工業倶楽部会館 フォトギャラリー(23枚)




アクセス



日本工業倶楽部会館は赤マーカー3(青5の近く)
スマートフォンはこちらのマップ


駐車場
施設付属の有料駐車場があります。

収容台数 240台。
料金、営業時間などの詳細は、NAVITIME 駐車場検索ページにて、「日本工業倶楽部会館」で検索。

入口は上の地図、青マーカー5。






見学のしかた


日本工業倶楽部会館は、会員のみ入館できます。
と書かれた看板が玄関にありました。

ですので、見学は外観のみとなります。

ちなみに、倶楽部個人会員になるための案内は、こちら
まあ、私を含めふつーの人は会員にはなれないし、なる必要もないでしょう。

訪れたのは土曜日。丸の内のど真ん中ですが、人は少なめでした。
b0212342_08271956.jpg

セセッション様式。日本では珍しいようです。幾何学的、直線的なデザインが特徴ということです。
b0212342_08282792.jpg

↓ 屋根の上には男女の像。左の男性像はハンマーを手に、右の女性像は糸巻きを手にしています。それぞれ、当時主要工業だった石炭と紡績を表しています。
b0212342_08300027.jpg

国賓を迎えられるよう、重厚な玄関になっています。
b0212342_08391448.jpg

玄関横から。
b0212342_08394342.jpg

入口に接近。看板。
b0212342_08400488.jpg

玄関正面。中に入れないのが残念です。
b0212342_08405719.jpg

玄関から道路側。
b0212342_08435637.jpg

建物の西面。こちらは建設当時のまま保存されています。外壁をよく見ると、他の部分よりもレンガに経年によるムラがあります。
b0212342_08411907.jpg

建物近くの歩道。陽の光が柔らかく、人も少なめで穏やかな雰囲気でした。
b0212342_08442695.jpg


日本工業倶楽部会館 フォトギャラリー(23枚)

文化財分布マップ

このページは、
日本工業倶楽部公式サイト
文化庁国指定文化財等データベース
などの記述を参照しました。

by h9w457y8i | 2019-05-29 09:47 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。