Canterbury Cathedral, St Augustine's Abbey, and St Martin's Churchサイトマップ > イギリスの世界遺産 > カンタベリー

b0212342_09461981.jpg
聖カンタベリー大聖堂

ロンドンから東に約100km。カンタベリーは、597年にイギリスで初めてキリスト教の布教が行われた場所です。ローマ教皇から派遣された修道士により大聖堂の前身が創建され、11世紀にロマネスク様式で完成。その大聖堂の中で12世紀、時の王ヘンリ2世と対立したトマス・ベケット大司教が暗殺されてしまいます。その後トマス・ベケットは殉教の聖人として崇められるようになり、人々が祈りを捧げると、重い病や怪我が次々に治ったという伝説が生まれました。それ以来、大聖堂には多くの巡礼者が訪れるようになります。その後、大聖堂は火災で焼失。12〜16世紀にゴシック様式で再建されますが、さまざまな建築様式が混在し、入口のクライストチャーチゲートはバロック様式、地下にはロマネスク様式の古い聖堂が残されています。堂内から見上げることのできる数多くの美しいステンドグラスは、ベケットの生涯が描かれたもの。そして最奥部のトリニティ・チャペルは、巡礼者たちが最後に礼拝する神聖な場所です。1本のろうそくが床に立てられていますが、その床下にはベケットが埋葬されているそうです。

b0212342_10050868.jpg

b0212342_10052113.jpg

16世紀、ヘンリ8世は離婚問題のこじれからローマ教会と決別し、国王を首長とする英国国教会を設立。カンタベリー大聖堂はその総本山となりました。
一方、大聖堂と同時期に同じ修道士により建てられた聖オーガスティン大修道院は、英国国教会設立と共に閉鎖され、今は廃墟になっています。大聖堂と修道院の変遷は、王権と教皇権の複雑にからみあった対立の歴史を象徴しています。
また、カンタベリーの街の外れにある聖マーティン教会は、現存するイギリス国内の教会の中でもっとも古いものとして知られています。教会はイギリスでのキリスト教布教が始まる前から、すでに私的な祈りの場として存在していたようで、建てられたのは4世紀半ばではないかと考えられています。
これら聖カンタベリー大聖堂、聖オーガスティン大修道院、聖マーティン教会とその敷地は、1988年、世界文化遺産に登録されました。


カンタベリーの世界遺産 フォトギャラリー (101枚)




アクセス



「カンタベリー大聖堂」は、赤マーカー1
「聖オーガスティン修道院跡」は、赤マーカー2
「聖マーティン教会」は、赤マーカー3
スマートフォンはこちらのマップ


ロンドン市街にあるセント・パンクラス国際駅(St. Pancras International 上の地図、青マーカー6)から、ナショナル・レールで、カンタベリー・ウエスト駅(青マーカー1)まで。

特急列車で約1時間〜1時間15分。1時間に2本。
片道14〜32ポンド(格安から正規料金まで、公式サイトで買うことができます。2,200〜4,900円)。

ちなみに、ナショナル・レールは同じ日に往復する場合、片道料金で往復できます。

ロンドン、パンクラス駅。マーゲイト行きの特急列車に乗りました。
b0212342_09551517.jpg

b0212342_09552511.jpg

カンタベリー・ウエスト駅。上の地図、青マーカー1
b0212342_09555311.jpg

b0212342_09561108.jpg


カンタベリー・ウエスト駅(上の地図、青マーカー1)から、カンタベリー大聖堂入口(青マーカー 3)まで、徒歩約12分(900m)。

大聖堂から聖オーガスティン大修道院跡入口(青マーカー 4)まで、徒歩約8分(600m)。

聖オーガスティン大修道院跡入口から聖マーティン教会入口(青マーカー 5)まで、徒歩約6分(400m)。

カンタベリー大聖堂の正面。
b0212342_09572423.jpg






見学のしかた


聖カンタベリー大聖堂
2019.3
開館時間 夏 9:00〜17:30、冬 9:00〜17:00、日曜日 12:30〜14:30 入館は閉館時間の30分前までに。
定休日 不明(おそらくクリスマスは見学不可)
拝観料 12.5 ユーロ 年齢により割引料金あり。

最新の情報は、カンタベリー大聖堂公式サイト(英語)を参照。

カンタベリー大聖堂入口。上の地図、青マーカー3。ここで入館料を払います。
b0212342_09591896.jpg

b0212342_09592621.jpg



聖オーガスティン修道院跡
2019.3
開場時間 4〜9月 10:00〜18:00、10月 10:00〜17:00、11〜3月 土・日のみの開園で、10:00〜16:00。
入園料 6.9ポンド
休園日 4〜10月 なし。11〜3月 月〜金曜日。

最新の情報は、イングリッシュ・ヘリテッジ公式サイト(英語)を参照。

入口に掲載されていた入園案内。上の地図、青マーカー4
b0212342_10002545.jpg

3月下旬の平日に訪れたため、門は閉ざされていました。

園内には休憩所もあるようです。右側の建物。
b0212342_10012726.jpg

b0212342_10013620.jpg


聖マーティン教会
開館時間 火・木・土曜日 11:00〜15:00、日曜日 9:45〜10:30
入館料 無料
休館日 月・水・金曜日
←現地案内看板

聖マーティン教会の入口。青マーカー 5
b0212342_10022081.jpg

b0212342_10023047.jpg

b0212342_10023932.jpg






管理人のおすすめポイント


ロンドンからわずか1時間の快適な特急列車の旅で行けるカンタベリー。そこは中世の雰囲気が色濃く漂う、数時間の散策にはぴったりのこじんまりとした街です。カンタベリー大聖堂は壮大で、かつ再建と増改築が重ねられたせいでとても複雑な形をしており、様々な教会様式を見て取ることができます。個人的には、地下の暗いロマネスク様式の聖堂、そして現代風?のちょっと写実的な美しいステンドグラスが印象的でした。聖オーガスティン大聖堂跡と聖マーティン教会には入場できず、外から様子をちらっと見る程度でしたが、近代的な修復のあとは全く見られず、数百年前の世界に迷い込んだような、古〜い建造物とその敷地の雰囲気を味わうことができると思います。また、カンタベリーの街の散策も楽しい。築数百年の民家を改装したおしゃれなレストランやパブ、土産物店などが、中心部の目抜き通り沿いに所狭しと立ち並び、片田舎の小さな街とは思えないほど活気があります。管理人が訪れたのは3月。観光シーズンではないにもかかわらず、街の中心部は観光客やヨーロッパ中から集まってきた修学旅行生で賑わっていました。11〜3月に訪れると寒いし、聖オーガスティン大修道院跡の見学が制限されてしまうため、4〜10月の訪問がオススメです。

聖カンタベリー大聖堂のステンドグラス。
b0212342_10084711.jpg

聖カンタベリー大聖堂の地下、ロマネスク様式の薄暗い聖堂。こういう雰囲気が好きです。
b0212342_10100329.jpg

カンタベリーの街の入口。上の地図、青マーカー2
b0212342_10073766.jpg

街は観光客で賑わっていました。
b0212342_10083473.jpg


カンタベリーの世界遺産 フォトギャラリー (101枚)

カンタベリーの街の様子は、こちらの街角スナップへ。

文化財分布マップ (世界遺産は訪問済みのみ)

この記事の記載は、
阪急交通社公式サイト
聖カンタベリー大聖堂公式サイト
ユニセフ公式サイト
現地案内看板などを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-03-12 08:38 | イギリス | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。