2019年 03月 11日 ( 1 )

サイトマップ > イギリスの世界遺産

ユネスコ公式サイト 世界遺産分布マップ

文化遺産 ストーンヘンジ



文化遺産



アイアンブリッジ渓谷
1779年に建造された鋼鉄製の橋、アイアン・ブリッジが掛かる渓谷。博物館も近くにある。ロンドンからはナショナル・レールとバスを乗り継いで4時間。時刻表はgoogle mapに反映されている。

ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会>

エジンバラの旧市街と新市街

オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地

b0212342_22515925.jpg河港都市グリニッジ
グリニッジ公園全体が世界遺産に登録されている。その中のグリニッジ天文台、旧王立海軍学校、クイーンズ・ハウスが一般公開されている。グリニッジ天文台は、航海技術の改善と航海中の経度計測を主目的として、1675年、チャールズ2世により設立された。
map 51.47685, -0.0005

b0212342_22414637.jpgカンタベリー大聖堂、聖オーガスティン大修道院及び聖マーティン教会
11世紀に建てられた大聖堂、修道院の跡、4世紀ごろに建てられたイギリス最古の教会堂が世界遺産に登録されている。カンタベリーは6世紀末にイギリスで初めてキリスト教の布教が始められた場所であり、イギリス国教会の総本山でもある。一般公開。ロンドンから日帰りが可能。
map 51.27979, 1.08279

キュー王立植物園
ロンドンの中心部から西に約10kmのテムズ川沿いにある。1759年に宮殿の庭園として造られた。現在では公園というよりも巨大な研究施設として世界的に有名だが、一般公開もされている。開園時間、入場料などの情報は、キュー植物園公式サイトを参照。

グウィネズのエドワード1世の城群と市壁群

コーンウォールとウェストデヴォンの鉱山景観

b0212342_22524570.jpgストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群
紀元前3,100年から同1,100年にかけて建造された巨石遺跡。天文学的な意味があるとされるが、その目的、建造方法などは完全には解明されていない。一般公開。ロンドンから電車とバスを乗り継いで、約2時間。間近に接近して見学できるが、普段は石に触れることはできない。
map 51.17888, -1.82621

セント・キルダ(複合遺産)

ソルテア

ダーウェント峡谷の工場群

ダラム城と大聖堂

ニュー・ラナーク

バース市街

バミューダ島の古都セント・ジョージと関連要塞群

ファウンティンズ修道院遺跡群を含むスタッドリー王立公園

ブレナヴォン産業用地

ブレナム宮殿

ポントカサステ水路橋と運河

リヴァプール - 海商都市(危機遺産)

ローマ帝国の国境線

b0212342_22532296.jpgロンドン塔
ロンドン中心部にある2000年以上の歴史を誇る砦。13世紀ごろにほぼ現在の形になった。17世紀までは王室の居城だったが、監獄として使われていた時代もあり、凄惨な拷問なども行われていたエピソードが有名。18世紀ごろからは観光名所となり、現在は歴史博物館として一般公開。
map 51.50811, -0.07594







自然遺産



ゴフ島及びインアクセシブル島

ジャイアンツ・コーズウェーとコーズウェー海岸

セント・キルダ(複合遺産)

ドーセット及び東デヴォン海岸

ヘンダーソン島

by h9w457y8i | 2019-03-11 08:07 | イギリス | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。