サイトマップ > 京都府 江戸時代以前の文化財 > 浄土院養林庵書院

b0212342_14180686.jpg

浄土院(じょうどいん)は、室町時代の15世紀末、平等院修復のために建てられた塔頭(たっちゅう)です。養林庵書院(ようりんあん しょいん)は浄土院の中にあり、桃山時代の1601年、豊臣秀吉の居城であった伏見城から浄土院に移築されたと伝えられる建物です。伏見城に建てられた年代については資料が見つけられませんでした。
幅、奥行きがともに9mほどの檜皮葺(ひわだぶき)の建物で、広縁の中央には寛永の三筆の一人、松花堂昭乗による「養林庵」の扁額(横に長い額)がかかり、内部には狩野山雪工房による襖絵「籬(まがき)に梅図」、山楽による床壁絵「雪景楼閣山水図」が描かれています。書院、仏間、茶室という三つの要素を持ち、随書に桃山様式が見られます。庭には建物と見事に調和する、細川忠興(ほそかわ ただおき)の作といわれる洗練された平庭枯山水があります。
昭和2年(1927年)に国の特別保護建造物に指定され、戦後に改めて国の重要文化財に指定されました。


浄土院養林庵書院 Photo Gallery 7枚の画像


浄土院養林庵書院は、赤マーカー3
スマートフォンはこちらのマップ


2018.8現在、非公開となっています。下の画像程度の外観なら、平等院の敷地内から見ることができます。
特別一般公開の情報は見つけられませんでした。

平等院へのアクセス、参拝案内などは、平等院鳳凰堂案内ページを参照。

b0212342_14182288.jpg

b0212342_14183448.jpg

浄土院養林庵書院 Photo Gallery 7枚の画像

文化財分布マップ
by h9w457y8i | 2018-11-20 14:20 | 京都 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。