サイトマップ > 北海道 近代文化遺産 > 函館ハリストス正教会復活聖堂

b0212342_10331517.jpg

函館は、日本ハリストス(「ハリストス」はロシア語で「キリスト」の意味)正教会発祥の地です。初代宣教師は、幕末の日露和親条約によってロシア領事と共に函館に着任し、木造の教会を建造しましたが火災で焼けてしまいました。現在の教会は2代目で、大正5年(1916年)に建てられました。設計は河村伊蔵。規模は小さいですが煉瓦造りの本格的な教会堂で、外観はロシアのビザンチン様式を基本とし、屋根にはロシア正教会の特色であるネギ花のような形のクーポラ(小ドーム)が載っています。また内部には、聖人を描いた聖障(イコノスタス)が多数飾られています。建築当初の重さ約2トンもあった大鐘は、大正12年(1923年)の関東大震災で大破した東京のニコライ堂に移され、代わりに大小6つの鐘が付けられました。この鐘の音から教会は「ガンガン寺」と呼ばれ親しまれましたが、その鐘も戦時中は金属供出で取り外されました。現在の鐘は昭和58年(1983年)に取り付けられたものです。この年に、教会堂は国の重要文化財に指定されています。
←現地案内看板、北海道公式サイト文化庁国指定文化財等データベース


函館ハリストス正教会復活聖堂 Google Photo Album



アクセス



函館ハリストス正教会復活聖堂は、赤マーカー1(赤マーカー11付近)
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
函館市電 5系統 「末広町」停留所から、徒歩約8分(500m)。上り坂。

函館市電は中乗り、前降り。乗り降りのしかた、運賃の支払い方は路線バスとほぼ同じ。
5系統は1時間に5本。全国共通交通系ICカード利用可能。
函館市電の時刻、運賃、乗り換え案内の検索は、各種乗り換え案内アプリ、ウェブサイト、Google Map ルート案内機能が対応しています。


バス
函館バス 「元町」停留所(上の地図、赤マーカー10)から、徒歩約5分(300m)。上り坂。

函館バスは中乗り、前降り。全国共通交通系ICカード利用可能。
函館バスの時刻、運賃、乗り換え案内の検索は、各種乗り換え案内アプリ、ウェブサイト、Google Map ルート案内機能が対応しています。


駐車場
教会付属の拝観者用駐車場はありません。
有料の時間貸し駐車場も付近にはほとんどありません。半径500m以内にはいくつかあるようです。
NAVITIME駐車場検索ページにて、「函館ハリストス正教会」で検索。






拝観のしかた


拝観については、函館ハリストス正教会公式HPを参照。

2018.10
拝観時間
月〜金曜日 10:00〜17:00
土曜日 10:00〜16:00
日曜日 13:00〜16:00
毎年12/24の「市民クリスマス」の際は、上記に関わらず10:00〜19:00

拝観料 200円

拝観休止日
12/25〜3月中旬の冬季期間。ただし表記の仕方が曖昧なので、教会に要確認。問い合わせ先は教会HPへ。

堂内での写真撮影は原則不可。←現地案内看板

教会の歴史や活動について、希望者は教会拝観担当者から説明を受けることができます。

薄暗い堂内の造りは一般にイメージされるキリスト教会のものとはかなり違っていました。祭壇の後ろには巨大な衝立(ついたて)のようなイコノスタス(聖障)があり、そこに聖人の絵が多数描かれています。
教会内部の画像は、「たびらい」教会紹介ページで見ることができます。


b0212342_10344853.jpg

b0212342_10351949.jpg

b0212342_10354069.jpg

b0212342_10361059.jpg

b0212342_10361362.jpg

函館ハリストス正教会復活聖堂 Google Photo Album

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-10-24 07:31 | 北海道 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。