サイトマップ > 神奈川県 江戸時代前の文化財 > 朝夷奈切通

大切通

朝夷奈切通(あさいな きりどおし)は、山と海に囲まれた鎌倉に通じる7つの切通、「鎌倉七口」のうちの一つで、7つの中でももっとも峠の標高が高く、急な道とされています。「切通」とは、峠を削って道にした部分、あるいはその部分を含む道路のことを言います。朝夷奈切通は、鎌倉時代の1241年に峠の岩を削る工事が始まりました。切通の鎌倉とは反対側、横浜市側には、当時「六浦津(むつらのつ)」と呼ばれる天然の良港があり、時の執権、北条氏はこれを鎌倉の外港として利用。鎌倉と六浦を結ぶ朝夷奈切通は、重要な交通路となりました。江戸時代まで、切通は麓の村人たちによって整備が繰り返し行われ、切通の入口付近には複数の供養塔が残っています。また明治期には、切通の頂上、大切通付近に茶屋があったことが記録されています。その後も切通は県道として利用されていましたが、昭和31年(1956年)、切通を迂回する現在の県道204号線が開通すると、街道としての役目を終えました。切通周辺はその後開発がほとんど行われなかったため、現在でも往時の姿を比較的良く残していると言われています。
昭和44年(1969年)、鎌倉七口の一つとして鎌倉の地勢と外部との連絡状況を示す重要な遺構である、との理由で、国の史跡に指定されました。そして平成20年(2008年)には、切通周辺のやぐら(中世の納骨施設)群や鎌倉の守護神とされる熊野神社なども、切通を構成する一部として、史跡に追加指定されています。
横浜市教育委員会公式サイト、横浜市教育委員会による現地案内看板など


朝夷奈切通 フォトギャラリー



切通入口へのアクセス


スマートフォンはこちらのマップ


1. 最寄りの駅から徒歩
1-1. 横浜市側(東側)入口へ。上の地図、赤マーカー3
京浜急行 逗子線 六浦(むつうら)駅 西口から、徒歩約30分(2.1km)。39mの標高差あり、緩い上り坂が続く。
または、
京浜急行 本線 金沢八景(かなざわはっけい)駅から、徒歩約40分(2.8km)。ほぼ平坦。

1-2. 鎌倉市側入口(上の地図、赤マーカー4)への徒歩圏内の駅はない。もっとも近いJR鎌倉駅から、約4.2km(徒歩約55分)。


2. バス
バスの時刻表、乗り方などの情報は、京浜急行バス公式サイト、または神奈川中央交通バス公式サイトへ。

2-1. バスで横浜市側(東側)入口へ。 赤マーカー3

京浜急行 本線 金沢八景駅から
神奈川中央交通バス(通称「神奈中バス」。バスにペイントされているロゴは「Kanachu」)1番バスのりば(上の地図、青マーカー1)から、
神奈中バス 船08系統 大船駅行きバス
神奈中バス 金24系統 上郷ネオポリス行きバス
神奈中バス 金25系統 上郷ネオポリス行きバス
のいずれかに乗車。運行頻度は3つの系統を合わせて1時間に3〜4本。

あるいは、

京浜急行バス 2番バスのりば(青マーカー2)から、鎌24系統 鎌倉駅行きバスに乗車。運行頻度は1時間に2本。

いずれのバスでも、乗車時間8分、運賃210円。全国共通交通系ICカード使用可能。中乗り、前降り。

「朝比奈(あさひな)」バス停下車。バス停から入口まで徒歩約2分。

金沢八景駅前 京浜急行バス 2番バスのりば。
b0212342_17485341.jpg

朝比奈バス停。


朝比奈バス停の目の前にこんな感じの案内看板があるので、入口までの道はすぐにわかる。
b0212342_17514455.jpg

b0212342_17514803.jpg

入口までの道。
b0212342_19094291.jpg

切通、横浜側入口。右側の道。
b0212342_19094878.jpg

入口にある案内看板。




2-2. バスで鎌倉市側(西側)入口へ。 赤マーカー4

JR および 江ノ島電鉄 鎌倉駅 東口 5番バスのりば(青マーカー4)から、京浜急行バスの
鎌23系統 鎌倉霊園正門前太刀洗(かまくられいえんせいもんまえ たちあらい)行きバス
鎌24系統 金沢八景駅行きバス
のいずれかに乗車。運行頻度は両方の系統を合わせて1時間に5〜6本。乗車時間12分、運賃210円。全国共通交通系ICカード使用可能。中乗り、前降り。
「十二所(じゅうにそ)」バス停(青マーカー5)下車。バス停から入口まで徒歩約9分(600m)。ほぼ平坦。

JR鎌倉駅 東口改札口から、5番バスのりばを見たところ。改札口のすぐ目の前にある。
b0212342_17472162.jpg

十二所バス停。
b0212342_17461575.jpg

十二所バス停から鎌倉市側入口への道を見たところ。
b0212342_17464965.jpg

このような案内も所々にある。
b0212342_19113718.jpg

最初は道の両側に住宅などが立ち並ぶが、やがて建物はなくなり、山道っぽくなっていく。
b0212342_19121050.jpg

b0212342_19121560.jpg





鎌倉市側の入口。左側の道。



3. 駐車場
史跡付属の駐車場はない。
横浜市側入口の半径500m以内に複数の駐車場あり。NAVITIME駐車場案内ページにて、「朝比奈」(バス停)で検索。
鎌倉市側入口の周辺には時間貸し駐車場はない。

小切通(赤マーカー2)







歩く時の注意点


横浜市側入口と鎌倉市側入口の距離は、約1km。手で何かを掴まなくては登れないような、崖のような坂はないが、所々に急な部分はある。普通の運動靴であれば通過可能。
ただし、峠の大切通から鎌倉側は常時水が流れていて、滑りやすくなっている。防水か、ぐっしょり濡れても良い靴を履いてくることをオススメする。雨の後は川のようになっており、進むのがためらわれるほど。





岩の壁に掘られた「やぐら」


熊野神社







管理人のおすすめポイント



いつ行っても足が濡れる。それさえ気にしなければ、鎌倉にある7つの切通のうち、もっともダイナミックな岩の開削部分を見られる切通です。また、多数のやぐらや熊野神社などの古い宗教施設もあり、普通のハイキングコースでは味わえない、なんだか神秘的な雰囲気すら漂っています。急な坂はちょこっとありますが、1kmと距離は短く、それほどの体力は必要としません。切通の両端入口それぞれの近くに、頻繁に運行しているバスの停留所があり、アクセスもgood。いつもと違う鎌倉散策を楽しみたければ、しっかりした運動靴を履いた上で、是非訪れていただきたいです。

b0212342_20121547.jpg

b0212342_20122276.jpg

フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-09-04 05:37 | 神奈川 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。