2018年 02月 10日 ( 1 )


サイトマップ東京都 近代文化遺産学習院旧正門


アクセス(行き方)

見学のしかた

門の説明

フォトギャラリー


b0212342_08320398.jpg



アクセス



こちらのGoogle Mapを参照。
東京メトロ 副都心線 西早稲田駅 出口1, 2, 3 のいずれからも、徒歩約3分。

見学用の付属駐車場はない。
半径300m以内に複数の民間駐車場がある。NAVITIME 駐車場案内ページにて、「西早稲田駅」で検索。






見学のしかた



一般道に面しており、常時見学が可能。






門の説明



学習院旧正門は、明治10年(1877年)、神田錦町に華族学校(現在の学習院)が開かれた際、その正門として建てられました。明治19年に校舎が焼失した後、鐘ヶ淵紡績株式会社(かつてのカネボウの前身)の手に渡りましたが、昭和3年(1928年)に目白の学習院本院に戻り、さらに第二次大戦の後、女子学習院が現在の地に移転してきたために、昭和25年(1950年)に今の場所に移されました。現在は学習院女子大学、学習院女子高等科・中等科の正門として使われています。
門は鋳鉄製で、左右に脇柱(4本ある門の柱のうち、外側のやや小さい2本の柱)と袖塀(脇柱の外側に続く門と接続した塀。この門の場合は長さ2mほどの鉄製)を持ち、本柱(4本ある柱のうち、内側の大きめの2本の柱)の間隔は5.5m、本柱と脇柱の間隔は1.7mと、大きな規模を誇っています。4本の柱は四角柱で、透かしの唐草模様が目を引きます。扉の構造自体は洋風の鉄扉となっていますが、和風の唐草模様や蕨手(わらびて)模様を取り入れており、和洋折衷のデザインとなっています。
製作者は定かではありませんが、埼玉県川口市で製作されたと伝えられています。当時の鋳造技術を知る上でも重要な遺品とされ、昭和48年(1973年)、国の重要文化財に指定されました。
新宿観光振興協会公式サイト文化庁国指定文化財等データベース、現地案内看板


やや分かりにくいが、門の裏側に大きな蕨手模様の飾りが見える。
b0212342_09055141.jpg

b0212342_09172066.jpg

フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-02-10 08:32 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。