サイトマップ東京都 近代文化遺産三菱電機高輪荘

b0212342_14060943.jpg


三菱電機高輪荘(みつびしでんき たかなわそう)は、株取引で財をなした遠山芳三の東京邸です。昭和初期(1930年代)の建築で、木造2階建て、入母屋造(いりもやづくり)、桟瓦葺(さんかわらぶき)の近代和風邸宅。山の手の住宅地開発の様相を知る上で貴重、ということで、和風木造二階建て、瓦葺きの主屋、洋館、蔵の三棟が、平成12年(2000年)に国の登録有形文化財となっています。
文化庁国指定文化財等データベース

非公開。特別公開の情報もなし。高い塀に囲まれており、外観すらほとんど見ることができない。



上の地図、マーカー6
スマートフォンの方はこちらのマップ


b0212342_14125009.jpg

b0212342_14054929.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-01-24 08:27 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。