兵庫県/近代文化遺産リスト布引水源地水道施設 > 概要


各建造物の概要






全体の概要

 布引水源地水道施設は、神戸港に注ぐ生田川(いくたがわ)の中流域に位置する上水道施設である。 全体計画や施設配置には、土砂流入防止を意図した貯水・取水機能に分水・放水機能を付加するなど特色がある。 神戸の創設水道施設で、建設当時全国でも最大規模を誇り、また当時の世界のレベルと遜色ない最新の土木技術が用いられており、堰堤以外の関連諸施設も土木技術史上極めて評価の高い施設群である。 堰堤など各建造物の意匠デザインも優れており、周囲の景観に配慮したものとなっている。 明治期を代表する水源地水道施設の一つとして重要である。

設計 日本最初の近代水道施設である横浜の水道を設計したイギリス人、H.S.パーマー、内務省雇技師のイギリス人W.K.バルトンによる提案・原案を経た後、人口急増に合わせて大幅に変更。最終的には神戸水道事務所の吉村長策及び佐野藤次郎が設計に当たった。



歴史的な経緯
 「布引水源地水道施設の建設は、神戸の近代水道史そのものといっても過言ではありません。
 慶応3年(1868年)の兵庫開港後開港地として発展し、明治22年(1889年)に神戸市が誕生しました。
 その後、神戸市は周辺の村々を編入しながら市域の拡大を進め、それに伴い人口の増加も著しくなりました。
 神戸市にとって、都市として更なる発展を遂げるためには、慢性的な水不足の解消と不衛生な飲料水がもたらす悪疫などの防除が大きな課題となりました。
 明治18年(1885年)、横浜の近代水道敷設(明治20年完成、日本最初の近代水道)の影響を受けて、神戸(市制施行以前の神戸区時代)でも水道敷設の気運が盛り上がりをみせ、明治20年(1887年)には、横浜の水道を設計したイギリス人H.S.パーマーに水道施設の設計を依頼しました。
 その成果として、明治21年(1888年)3月にパーマーからの設計書が提出されました。
 しかし、その後水道敷設について一時停滞する時期があり、明治23・24年(1890・1891年)に神戸でコレラ等の疫病が流行するに至り、再び水道敷設の世論が盛上りをみせることになりました。
 その間、神戸市の都市としての成長は目覚しく、パーマーの設計を再検討する必要に迫られ、明治25年(1892年)には、内務省雇技師のイギリス人W.K.バルトンに再度水道施設の設計を依頼し、明治26年(1893年)に原案となった計画書が提出されました。
 日清戦争のため一時水道敷設事業は休止を余儀なくされましたが、明治30年(1897年)5月に起工式が行われました。
 この時点でバルトンの原設計からすでに4年の月日が流れ、神戸市の人口増加の著しいことなどから、ダムの着工にあたっては根本的な設計変更(土堰堤からコンクリート堰堤へなど)が行われることになりました。これまで外国人技術者が設計してきましたが、設計変更にあたっては日本人技術者(吉村長策・佐野藤次郎ら)が中心となって進めることになりました。
 そうして、布引五本松堰堤は、当時としては日本最大の堤高33.3m、堤長110.3m、有効貯水量約76万㎥(建設時)の規模の重力式粗石コンクリートダムとして明治33年(1900年)3月に完成し、日本で7番目の近代水道として給水を開始しました。」

文化財としての評価
 「神戸市の初期の都市基盤整備事業の一つで、五本松堰堤の設計や当時の世界のレベルと遜色ない最新の土木技術が用いられており、堰堤以外の関連諸施設も土木技術史上極めて評価の高い施設群である。
 五本松堰堤は日本最古の水道専用の重力式コンクリートダムで、文化財的な価値を損なわずに堰堤耐震補強工事が実施され、現在も良好な状態で保存・使用されている全国的にも数少ない明治時代からの現役の水道施設です。
 堰堤など各建造物の意匠デザインも優れており、周囲の景観に配慮したものとなっている。
 以上のように、布引水源地水道施設は神戸市民のための現役の水道施設であると同時に、外国人技術者による当初設計はあったものの、設計変更にあたった佐野藤次郎ら日本人技術者の近代土木技術の粋を集めた土木建造物で明治期における日本の土木技術力の高さをしることのできる貴重なものであり、また、水源地周辺はハイキングルートとしても整備されており、周辺の自然・文化環境とともに多くの市民に愛されている。」






.

by h9w457y8i | 2013-12-31 07:39 | 兵庫 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。