アメリカ/公共交通機関の乗り方サンディエゴ・トロリー > 乗り方


路線図     時刻表     料金     チケットの買い方     乗り方


水色の文字は、日本の一般的な鉄道とは異なる部分。
赤色の文字は、乗車時の要注意事項。

サンディエゴ・トロリーでは、いわいる信用乗車制度を採用している。つまり、駅には改札口がなく、乗車前にチケットを検札する係員もいない。改札をしなくても、旅客はみんな正しい料金のチケットなりデイ・パスを持っている、という前提で運行されている。


1.
駅に着いたらまず、片道きっぷを買うか、デイ・パスがチャージされたコンパス・カードを買うか、あるいはコンパス・カードにデイ・パスをチャージ(「リロード」と呼ばれる)する。

左 コンパス・カード       右 片道きっぷ
b0212342_08472725.jpgb0212342_08511801.jpg


2.
コンパス・カードで乗車する場合の注意点。片道きっぷで乗る場合は3.へ。

有効なデイ・パスがチャージされたコンパス・カードを持っていても、毎回乗車前に、チケット自動販売機か、「バリデーター」と呼ばれる機械の、コンパスのロゴ部分にコンパス・カードをタッチして、デイ・パスを有効にしておく(Validate/バリデートと呼ばれる)必要がある。*1

左 バリデーター         右 チケット自動販売機の操作部分
b0212342_06310632.jpgb0212342_10215809.jpg
全ての駅のホーム(普通はホームの両端付近)には、左上画像のような「Validator(バリデーター)」と呼ばれる機械が設置されている。
有効なデイ・パスがチャージされたカードをタッチすると、バリデーター、あるいはチケット自販機の液晶画面に「Thank You」か「Already Touched」と表示される。

金額が足りない場合は「insufficient purchase」、
有効時間が過ぎている場合は「expire」と表示される。
これらの場合は、乗車前にコンパス・カードにデイ・パスをチャージする。



3.

b0212342_06351761.jpgb0212342_06352061.jpgb0212342_10220424.jpg
自分が乗る列車の行き先が書かれたプラットフォームへ(左上画像)。路線図を参照。路線図はプラットフォーム(中上画像)か自動券売機(右上画像)に表示されている。

片道きっぷで乗るときのルールはこちら。

向かい側のプラットフォームに渡るには、列車が駅にいないか接近していなければ、線路を勝手に横断していいらしい。
列車が駅に止まっているときは、駅の中の横断歩道を歩く。
列車の直前・直後の横断はキケン! 発車間際は、ブザーか警報音が鳴っていたと思うが、定かではない。



4.

b0212342_06402642.jpg列車が近づいたら、プラットフォームの黄色い線の後ろに下がって待つ。

大きな駅では、ブザーか、昔懐かしい踏切の「カンカン」というような音が鳴り響く。



5.
列車が到着したら、ドアにあるボタンを押してドアを開ける。

左 Green Lineの新型車両。列車の色とLine名とは関係がない。
中 新型車両のボタン。ボタンの周りに緑のライトが点灯していたら、そのドアを開けられる。
右 旧型車両のボタン。開けられるドアのボタンが緑色に点灯する。
b0212342_06423422.jpgb0212342_06424239.jpgb0212342_06424625.jpg
車内の様子。左は新型車両、右は旧型車両。
b0212342_06445156.jpgb0212342_06445338.jpg
トロリーの車内ではしばしば検札が行われる。デイ・パスの場合は、検札係員が持っている機械にコンパス・カードをかざす。
無賃乗車や悪質な期限切れの場合、裁判所への召喚状を渡されることがある。*1 そういう誤解に巻き込まれないために、デイ・パスで乗車の際は、乗車前に、必ず毎回コンパス・カードを機械にタッチしてバリデートを済ませておく。
例えば、1デイ・パスがチャージされたコンパス・カードを持って、1日に5回、トロリーに乗り降りする場合、最初の購入もしくはチャージを除いた、各乗車前=合計4回、機械にタッチする。
罰金の金額は不明。



6.
降車するときは、駅で完全に列車が停止した後、やはりドアのボタンを押してドアを開ける。

左 新型車両のドア。
右 旧型車両のボタン。ボタンはドアにはなく、ドア近くの柱にくっついている。開けられるドアのボタンは「PRESS TO OPEN DOOR」と表示される。
b0212342_06461002.jpgb0212342_06461652.jpg


*1 コンパス・カード公式サイト/FAQページより


mark8
by h9w457y8i | 2013-12-29 06:11 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。