【重要文化財|聖徳記念絵画館】 行き方、見学のしかた (東京都 新宿区)

#外苑 #駐車場 #料金

サイトマップ東京都 国宝・重要文化財 > 聖徳記念絵画館



1 アクセス 詳細解説
 1-1 アクセスマップ
 1-2 最寄りの駅から徒歩
 1-3 駐車場
2 見学のしかた (開館時間など)
3 訪れた時の様子 (画像)
4 聖徳記念絵画館の説明
5 問い合わせ




1 【アクセス詳細情報】

1-1 アクセスマップ


聖徳記念絵画館は、赤マーカー1
スマートフォンで地図の右側が見にくい場合は、画面を横向きに。




1-2 最寄りの駅から徒歩

都営地下鉄大江戸線 国立競技場駅から、徒歩約5分(約400m)。

JR 信濃町駅から、徒歩約7分(約500m)。

東京メトロ 銀座線・半蔵門線 青山一丁目駅から、徒歩約14分(1.1km)。




1-3 駐車場

絵画館の周辺が、時間貸駐車場になっています。
入口は、地図・黒1。

営業時間、料金などの最新情報は明治神宮外苑公式サイト を参照。

2020.11
[営業時間] 5:30〜21:00 日曜日、祝日は入場規制あり。詳細はこちら。
[料金] 普通車 1日 1,600円
[収容台数] 約400台

駐車場入口。地図・黒1






2 【見学情報】

開館時間、入館料などの最新情報は、成徳絵画記念館公式サイト を参照。

2024.5
[開館時間] 9:00〜16:30 最終入館16:00(年末年始は時間短縮)
[入館料] 500円
[休館日] 水曜日。祝日の場合は翌日。都合により臨時休館あり。

見学の前に、開館しているかどうか、聖徳記念絵画館に問い合わせることをオススメします。
聖徳記念絵画館 電話番号 03-3401-5179

館内は、玄関のみ撮影可能。(現地で係員に確認済み)





3 【訪れた時の様子】

11月下旬、紅葉の季節。

紅葉スポットとしてはあまりにもベタ、かもしれませんが。

一度は行ってみたいと思っていた、明治神宮外苑前の、イチョウ並木。

先日、行ってきました。

まあ予想通り、人でいっぱいでしたね。

そして今回、イチョウ並木を抜けて向かったのは。
並木道のド延長線上に見える、
国指定重要文化財、聖徳(せいとく)記念絵画館、です。

幅は110m、高さ32m。
築90年以上。鉄筋コンクリート造りの建物としては、当時日本最大。かつ、日本で最初期の美術館でした。



建物の横に回り込んでみます。

建物の裏手は、駐車場になっていました。

正面に戻ってきて。





中に入ります。

入ってすぐの、玄関。






残念ながら、写真撮影はここまで。
玄関から先は、撮影禁止と言われました。

玄関を抜けると、巨大なホールの豪華さに、目を見張りました。

ホール全体を覆い尽くす、ピンクと灰色の大理石。
中央のホールは、あの丸い巨大なドーム屋根まで、床から吹き抜けになっていて。

ホールの両翼には、絵の展示室。

自然光が照明の代わりになる、ガラス張りの高い天井。
一辺が2mほどはあろうかと思われる大きな絵は、油絵と日本画が半々。
それらが二列に、一直線にズラリと並べられているのは、まさに壮観でした。

ここでその様子をお伝えできないのは残念ですが...。


美術には疎いので、絵の良さはわかりませんでしたが、
建物だけでも、期待した以上に満足でした。





4 【聖徳記念絵画館の説明】

聖徳記念絵画館(せいとくきねんかいがかん)は、大正15年(1926年)に建てられた美術館です。明治天皇の誕生から崩御までの出来事や、明治天皇・皇后の業績などについての絵画を展示する建物で、国民からの献金により、国内産の材料のみを使って建造されています。設計は、当時洋風公共建築を多く手がけた小林正紹(まさつぐ)。鉄筋コンクリート造、幅112m、ドームてっぺんまでの高さは32mもあり、当時の鉄筋コンクリート建造物の中では国内最大級の大きさでした。また、屋根とガラス天井の間に光を調節する幕を設けたり、絵と壁の間に空間を作って温度、湿度の調整に配慮するなど、当時の最新技術が使われています。
聖徳記念絵画館は、デザイン的にも構造的にも特筆すべき建物であることが評価され、平成23年(2011年)、国の重要文化財に指定されました。





5 【問い合わせ】

聖徳記念絵画館へ。
電話番号 03-3401-5179



このページは、以下の記載などを参照しています。
聖徳記念絵画館 公式サイト
文化庁国指定文化財等データベース
現地案内看板

(広告なしのサイト Google Blogger)


by h9w457y8i | 2024-05-12 17:14 | 東京 | Comments(0)

日本だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。


by h9w457y8i