京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き

#一覧 #文化財

サイトマップ京都府 > 国宝・重要文化財


国宝
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
ら行

国指定重要文化財
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行・わ

名称のみ簡易版リスト(編集中)




スマートフォンで地図の右側が見にくい場合は、画面を横向きに



【国宝】

国宝・あ行

京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_11335887.jpg石清水八幡宮 本社
いわしみずはちまんぐう ほんしゃ
本殿、摂社武内社本殿、瑞籬、幣殿及び舞殿、楼門、東門、西門、廻廊(楼門東門間、楼門西門間、背面)
京都府南部、京都市街外れの小高い丘の上にある大規模神社。石清水八幡宮は、平安時代の始め僧の行教が創建した。国宝に指定されている本殿その他は江戸時代初期、17世紀初期の建築。楼門や廻廊は一般参拝ルートで拝観可能。廻廊内部の幣殿及び舞殿を見学するツアーが一日2回催行されている。境内に7棟、飛地境内に1棟の国指定重要文化財建造物がある。
34.87967, 135.70004


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_16030988.jpg宇治上神社
うじがみじんじゃ
拝殿、本殿
京都府南部、宇治市街の外れ、宇治川と山の間にある中規模神社。本殿は平安時代中期、1060年ごろの建築で、現存する日本最古の神社建築。本殿は三棟の内殿とそれらを覆う覆屋(画像)からなる。覆屋のすきまから内殿を見ることができる。自由に拝観・見学可能。境内は世界遺産「古都京都の文化財」の構成遺産の一つ。境内には国指定重要文化財の摂社春日神社本殿がある。
34.89206, 135.81143


国宝・か行

海住山寺 五重塔
かいじゅうせんじ ごじゅうのとう
京都府南部、奈良県との府県境付近の山の頂上近くにある中規模寺院。鎌倉時代前期、1214年の建築。三間五重塔婆、本瓦葺。大きな初重もこしが特徴。高さ約18mと小ぶり。周囲は森。寺務所からはやや離れており、外観を自由に見学可能と思われる。境内には国指定重要文化財の文殊堂がある。駐車場あり。岡崎バス停(奈良交通)から1.8km。
34.77667, 135.86201

賀茂御祖神社(下鴨神社)
かもみやじんじゃ
東本殿、西本殿
京都市街北部にある大規模神社。創建は京都の寺社では最古級とされ、初代天皇・神武天皇の時代(1世紀初頭)とも伝えられる。隣り合った二つの本殿は江戸時代末期、1863年の建築。三間社流造、檜皮葺。詳細は不明だが、本殿は拝殿越しにちらりと見える程度と思われる。境内には他に31棟の国指定重要文化財建造物があり、本殿と合わせて世界文化遺産「古都京都の文化財」に登録されている。また境内は国指定史跡でもある。
35.03914, 135.77300

賀茂別雷神社(上賀茂神社)
かもわけいかづちじんじゃ
権殿、本殿
京都市街北部の大規模神社。京都最古級の神社とされ、創建は初代天皇・神武天皇の時代(1世紀初頭)と伝えられる。隣り合った2棟はいずれも江戸時代末期、1863年の建築。三間社流造、檜皮葺。詳細は不明だが、中門から2棟の外観がチラリと見える程度と思われる。境内には他に34棟の国指定重要文化財建造物があり、国宝と合わせて世界遺産「古都京都の文化財」に登録されている。また境内は国指定史跡でもある。
35.06047, 135.75269

観智院 客殿
かんちいん きゃくでん
京都駅の近くにある。教王護国寺(東寺)の塔頭。江戸時代初期、1605年の建築。13x14m、一重、入母屋造。通常は外観を含め非公開。公道からは建物の一部がチラリと見える程度と思われる。春と秋に公開されるらしいが詳細は不明。問い合わせはリンク参照。
34.98264, 135.74789


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_11260813.jpg北野天満宮
きたのてんまんぐう
本殿、石の間、拝殿及び楽の間
京都市街西部にある大規模神社。菅原道真を祀り、学問に御利益があるとされる神社で有名。本殿は江戸時代初期、1607年の建築。5x4間、一重、入母屋造、檜皮葺。列挙した3つは接続して一つの建造物となっている。周囲は瑞垣で囲まれており、その上から屋根が見える程度と思われる。境内には7棟の重要文化財建造物がある。
35.03148, 135.73502


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_14135384.jpg教王護国寺(東寺)
きょうおうごこくじ
五重塔、金堂、大師堂(西院御影堂)、蓮花門
京都駅の西隣にある大規模寺院。地面からの高さ約55m、日本で最も高い木造建築物である五重塔は、江戸時代前期、1643年の建築。いずれも間近で自由に見学可能。蓮花門は通り抜けはできない。世界遺産「古都京都の文化財」構成遺産の一つ。国指定史跡でもある。
34.98089, 135.74801


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_11261346.jpg清水寺 本堂
きよみずでら ほんどう
京都市街東部の山沿いにある大規模寺院。本堂は江戸時代前期、1633年の建築。9x7間、懸造および寄棟造、一重、檜皮葺。正面には「清水の舞台」が張り出していることで有名。内部含め一般公開。世界遺産「古都京都の文化財」の構成遺産の一つ。境内には15棟の国指定重要文化財建造物がある。境内は国指定史跡でもある。
34.99488, 135.78509


高山寺 石水院(五所堂)
こうざんじ せきすいいん(ごじょどう)
京都市街から北に数kmの山中にある中規模寺院。石水院は鎌倉時代前期、13世紀ごろの建築。3x3間、一重、入母屋造、こけら葺。内部も含め一般公開。アクセスなどの詳細はリンク参照。境内には国指定重要文化財の2つの石塔がある。世界遺産「古都京都の文化財」の構成遺産の一つ。境内は国指定史跡。
35.06014, 135.67856

光明寺 二王門
こうめいじ におうもん
京都市北部の山の尾根にある小規模寺院。仁王門は鎌倉時代前期、1248年の建築。三間一戸二重門、入母屋造、とち葺。寺務所からは離れており、周囲は完全に山の中で人家などは全くない。常時自由に見学可能。駐車場あり。あやべ温泉前バス停(あやバス)から2.2km。
35.38746, 135.44237

広隆寺 桂宮院 本堂
こうりゅうじ けいきゅういん ほんどう
京都市街西部にある中規模寺院。桂宮院本堂は鎌倉時代前期、1251年以前の建築。八角円堂、一重、檜皮葺。詳細は不明だが、門のある土壁に囲まれ、普段の見学は門から10mほど離れた本堂を見る程度と思われる。季節によって、日曜・祝日のみ外観見学可能という情報あり。要問い合わせ。境内の講堂は重要文化財。
35.015058, 135.705428


国宝・さ行

三宝院
さんぽういん
唐門、殿堂表書院
京都市南東部、山に挟まれた住宅地と山の間にある大規模寺院、醍醐寺の境内にある。双方安土桃山時代、16世紀末〜17世紀初頭の建築。詳細は不明だが表書院は見学可能と思われる。要問い合わせ。唐門は間近で見学が可能だが通り抜けはできない。殿堂の表書院以外と宝篋印塔は重要文化財指定。庭園は国指定史跡。
34.95209, 135.81951

慈照寺(銀閣寺)
じしょうじ
銀閣、東求堂(とうぐどう)
京都市街東部の山裾にある中規模寺院。銀閣は室町時代中期、1489年の建築。8x7m、二重、宝形造、こけら葺。外観のみ一般公開。5m以内には近づけない。東求堂は3mほどまで接近できるが、内部拝観はできない模様。境内と庭園は国指定史跡。世界遺産「古都京都の文化財」の構成遺産の一つでもある。
35.02655, 135.79805

浄瑠璃寺(九体寺)
じょうるりじ(くたいじ)
本堂、三重塔
京都府南部、奈良県との府県境の山間にある中規模寺院。双方、平安時代後期、12世紀後半ごろの建築。本堂は11x4間、一重、寄棟造、本瓦葺。いずれも間近で自由に外観見学可能。内部拝観は不可と思われる。駐車場あり。浄瑠璃寺バス停(奈良交通)から200m。
34.71564, 135.87265


国宝・た行

醍醐寺
だいごじ
金堂、五重塔、清滝宮拝殿(せいりゅうぐうはいでん)、薬師堂
京都市南東部、山に挟まれた住宅地と山の間にある大規模寺院。京都府最古の木造建造物である五重塔は、平安時代中期、952年の建築。高さ約38m。薬師堂は山裾の境内から400m高い山頂付近にある。いずれも外観は自由に見学可能。内部は金堂のみ入口から内部を見られる。境内には他に3棟の国指定重要文化財がある。駐車場あり。醍醐三宝院バス停(京阪バス)からすぐ。
34.95079, 135.82245

大仙院 本堂 (方丈)
だいせんいん ほんどう
京都市街北部、大規模寺院である大徳寺境内にある塔頭寺院。本堂は室町時代後期、1513年の建築。15x11m、一重、入母屋造、銅板葺。外観、内部ともに一般公開されていると思われる。境内には国指定重要文化財の書院がある。また庭園は国の名勝に指定されている。駐車場あり。大徳寺前バス停(京都市営バス)から境内入口まですぐ。
35.04456, 135.74574

大徳寺
だいとくじ
方丈および玄関、唐門
京都市街北部にある大規模寺院。方丈は江戸時代前期、1635年の建築。30x17m、一重、入母屋造、桟瓦葺。いずれも外観、内部見学、通り抜けの可否は不明。問い合わせは大徳寺(075-491-0019)へ。境内には11棟の国指定重要文化財建造物がある。また境内は国指定史跡に、方丈庭園は国の特別名勝に指定されている。駐車場あり。大徳寺前バス停(京都市営バス)から境内入口まですぐ。
35.04401, 135.74643

大報恩寺 本堂(千本釈迦堂)
だいほうおんじ ほんどう(せんぼんしゃかどう)
京都市街北部にある中規模寺院。本堂は鎌倉時代前期、1227年の建築。5x6間、一重、入母屋造、檜皮葺。内部の厨子が附指定。外観は自由に見学可能。内部は非公開。特別公開情報なし。駐車場あり。上七軒バス停(京都市バス)から300m。
35.03188, 135.73986

知恩院
ちおんいん
本堂(御影堂)、三門
京都市街東部の山裾にある大規模寺院。本堂は江戸時代前期、1639年の建築。11x9間、一重、入母屋造、本瓦葺。外観、内部ともに一般公開。三門は通り抜け可能。境内には9棟の国指定重要文化財建造物がある。また方丈庭園は国の名称に指定されている。境内で精進料理をいただけたり、宿泊、写経などの各種体験も可能。詳細はリンク参照。駐車場あり。知恩院前バス停(京都市バス)から300m。
35.00551, 135.78269

東福寺 三門
とうふくじ さんもん
京都市街東部にある大規模寺院。山門は室町時代中期、1405年の建築。五間三戸二階二重門、入母屋造、本瓦葺。周囲には柵が設けられ、普段は10m以内に接近できないが、外観見学は自由に可能。三門の特別公開あり。詳細はリンクの「行事」参照。境内には10棟の国指定重要文化財建造物がある。また方丈庭園は国の名勝に指定されている。駐車場あり。東福寺バス停(京都市バス)から300m。
34.97595, 135.77374


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_13313111.jpg豊国神社 唐門
とよくにじんじゃ からもん
京都市街東部にある中規模神社。唐門は安土桃山時代、16世紀末〜17世紀初頭の建築。唐門は通り抜けはできないが、外観見学は間近で可能。唐門から先の敷地には入れない。周囲に多数の時間貸駐車場あり。博物館・三十三間堂前バス停(京都市バス)から400m。
34.99160, 135.77206


国宝・な行

南禅寺 方丈
なんぜんじ ほうじょう
京都市街東部の山裾にある大規模寺院。方丈は大方丈と小方丈からなり、安土桃山時代、17世紀後半の建築。外観と内部の一部が一般公開。境内の三門と勅使門は国指定重要文化財、境内は国指定史跡、方丈庭園は指定名勝となっている。方丈庭園は観覧可能。駐車場あり。京都市地下鉄蹴上駅から800m。
35.01149, 135.79454

二条城
にじょうじょう
二の丸御殿(遠侍及び車寄、式台、大広間、蘇鉄之間、黒書院(小広間)、白書院(御座の間))
京都市街中央部にある大規模城郭。二の丸御殿は江戸時代前期、1625年前後の建築。外観、内部ともに一般公開。境内には22棟の国指定重要文化財建造物がある。また二の丸庭園は国の特別名勝に指定されている。国宝・重要文化財に指定されている建造物は、世界文化遺産「古都京都の文化財」の構成要素として登録されている。
35.01376, 135.74978

仁和寺 金堂
にんなじ こんどう
京都市街北部の山麓部にある大規模寺院。金堂は江戸時代初期、1613年の建築。7x5間、一重、入母屋造、本瓦葺。外観は自由に見学可能。内部拝観は不明。境内には14棟の国指定重要文化財建造物、また8棟の国登録有形文化財建造物がある。仁和寺は世界文化遺産「古都京都の文化財」の構成要素に登録されている。
35.03113, 135.71382


国宝・は行

京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_16044872.jpg平等院 鳳凰堂
びょうどういん ほうおうどう
中堂、北翼廊、南翼廊、尾廊
平等院は京都府南部、宇治市の市街地にある大規模寺院。平安時代の有力貴族、藤原氏ゆかりの寺院で、現在は特定の宗派に属さない。鳳凰堂は平安時代中期、1053年に造られた。世界遺産「古都京都の文化財」構成遺産の一つ。2014年10月、2年の歳月をかけた大修理が完了し、創建時の姿が再現されている。一般公開。京阪・宇治駅から600m、JR・宇治駅から800m。駐車場あり。
34.88929, 135.80767


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_16080176.jpg法界寺 阿弥陀堂
ほうかいじ あみだどう
京都市南東部の住宅地にある小規模寺院。阿弥陀堂は平安時代、11世紀半ばごろの建立。当時流行していた極楽浄土への憧れの具現化として各地に建てられた典型的な阿弥陀堂建築の一つ。内部の拝観可能。境内には国指定重要文化財の本堂=薬師堂がある。日野薬師バス停からすぐ。駐車場あり。
34.93415, 135.81491


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_14144672.jpg本願寺
ほんがんじ
阿弥陀堂、唐門、北能舞台、黒書院及び伝廊、書院(対面所及び白書院)、飛雲閣、御影堂(ごえいどう・画像)
京都駅近くにある大規模寺院。境内は世界遺産「古都京都の文化財」構成遺産の一つであり、国指定史跡でもある。御影堂は幅62m、奥行き54mの巨大木造建築物。隣の阿弥陀堂は幅45m。北能舞台、各書院、飛雲閣は普段は非公開。特別公開あり。
34.99229, 135.75170


国宝・ま行

妙喜庵 茶室(待庵)
みょうきあん ちゃしつ(たいあん)
京都府南西部、大山崎町の住宅地にある。安土桃山時代の1582年に千利休により建造され、その後移築。日本最古の茶室建築。普段は外観も含め非公開。見学したい場合は、1ヶ月以上前に往復はがきで要予約。内部への立ち入りはできず、写真撮影も禁止。JR・山崎駅からすぐ。駐車場なし。
34.89218, 135.68046


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_13281186.jpg妙法院 庫裏
みょうほういん くり
京都市南東部、東山区の住宅地にある中規模寺院。庫裏の外観は、開門されているときはいつでも参拝可能。内部は普段非公開。春と秋に一般公開される。内部の写真撮影は不可。境内には国指定重要文化財の大書院、玄関がある。京都駅から1.8km、東山七条バス停からすぐ。駐車場あり。
34.99043, 135.77522


国宝・ら行

竜吟庵 方丈
りょうぎんあん ほうじょう
京都市南東部、東山区の山裾にある大規模寺院、東福寺の境内にある。室町時代前期、1387年の建築。現存する最古の方丈。17x13m、一重、入母屋造、こけら葺。内部を含め一般公開されているようだが詳細は不明。リンク先に問い合わせ。JR・東福寺駅から東福寺入口まで600m。駐車場あり。
34.97743, 135.77484

龍光院 書院
りょうこういん しょいん
京都市北西部、北区の住宅地内にある大規模寺院、大徳寺の境内にある。書院は江戸時代前期、17世紀前半の建築。3〜10畳の6室と茶室からなる。一重、寄棟造、こけら葺。外観を含め参拝情報は不明。大徳寺に問い合わせ。
35.04201, 135.74360


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_14153052.jpg蓮華王院 本堂(三十三間堂)
れんげおういん ほんどう(さんじゅうさんげんどう)
京都市南東部、東山区の住宅地にある大規模寺院。鎌倉時代、1266年建立。幅118mの大伽藍。一般公開。京阪・七条駅から600m。周辺に複数のバス停あり。駐車場あり。
34.98811, 135.77174







国指定重要文化財


重要文化財・あ行

愛宕神社 本殿
あたごじんじゃ ほんでん
鎌倉時代後期。一間社流造。檜皮葺。大正時代に改築され建材は一部一新されたが、オリジナルの部材も保存されている。どこに保存されているかなど詳細は不明。本殿は覆屋の中にあり、どの程度外観が見えるかも不明。覆屋自体には接近可能。
35.04106, 135.58694

荒見神社 本殿
あらみじんじゃ ほんでん
安土桃山時代、1603年の建築。三間社流造。檜皮葺。接近可能。
34.84095, 135.78404

安養寺 宝塔
あんようじ ほうとう
鎌倉時代後期。高さ2.4mの石塔。一般公開。
35.00375, 135.78426

安楽寿院 五輪塔
あんらくじゅいん ごりんとう
鎌倉時代後期、1287年。石造の五輪塔。高さ3m。一般公開。
34.95329, 135.75383

為因寺 宝篋印塔
いいんじ ほうきょういんとう
鎌倉時代後期、1265年。高さ2.1m。傘の四隅の飾りが異様に大きい特異な形。一般公開。
35.04725, 135.68134

伊佐家住宅
いさけ じゅうたく
主屋、長蔵、内蔵、東蔵、乾蔵
主屋は江戸時代中期、1734年の茅葺古民家。見学は要予約。10名以上?。詳細はこちら
34.86507, 135.74673

石田家住宅
いしだけじゅうたく
江戸時代前期の1650年。現存する日本最古の農業古民家。冬季を除いた週末に一般公開。詳しくはこちら
35.27502, 135.47523

石田神社 境内社 恵比須神社 本殿
いしだじんじゃ けいだいしゃ えびすじんじゃ ほんでん
鎌倉時代後期の1311年。元は石田神社の本殿で、三間社流造だったがひさしの部分が失われている。外観は常時参拝可能。
35.34018, 135.31124

出雲大神宮本殿
いずもだいじんぐう ほんでん
室町時代前期、1346年。三限者流造、檜皮葺。本殿の周りは透塀で囲まれている。本殿東側の小道から、外観の一部を見ることができる。近年改築され、朱色のピカピカ社。
35.05912, 135.57830


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_10110017.jpg石清水八幡宮
いわしみずはちまんぐう
摂社若宮社本殿(画像)、摂社若宮殿社本殿、摂社水若宮社本殿、摂社住吉社本殿、東総門、西総門、北総門、摂社狩尾社本殿
京都府南部、京都市街の外れの小高い丘一帯にある大規模神社。建造物群はいずれも江戸時代前期、17世紀前半に建てられた。境内の本社建造物群は国宝に指定されている。


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_11350050.jpg石清水八幡宮 五輪塔
いわしみずはちまんぐう ごりんとう
鎌倉時代に造られたとされる五輪石塔。高さは6mあり、五輪塔としては国内最大規模。造られた起源は諸説あり、定かではない。屋外にあり、いつでも見学可能。現地案内看板あり。
34.88277, 135.70097


引接寺塔婆
いんじょうじ とうば
室町時代前期、1386年。十重の石塔。紫式部の供養塔と言われる。一般公開。
35.03526, 135.74037


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_16101626.jpg浮島十三重塔
うきしま じゅうさんじゅうのとう
鎌倉時代の1286年、宇治橋の造営祈願と宇治川の魚介類を供養するために造られた。国内に現存するものとしては最大の石塔。屋外にあり、常時見学できる。
34.88831, 135.81029


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_16120105.jpg宇治上神社 摂社春日神社 本殿
うじがみじんじゃ せっしゃ かすがじんじゃ ほんでん
京都府南部、宇治市街の外れにある中規模神社。摂社春日神社本殿は鎌倉時代後期、13世紀後半〜14世紀前半の建築。外観は自由に見学可能。境内は世界遺産「古都京都の文化財」の構成遺産の一つ。宇治上神社の参拝・見学については境内の国宝建造物の欄を参照。
34.89201, 135.81152


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_16135080.jpg宇治神社 本殿
うじじんじゃ ほんでん
創建年代は定かではないが、平安時代の書物にこの神社の記載があった。国宝・世界遺産の宇治上神社とは対をなす。本殿は鎌倉時代後期の建築。
34.89104, 135.8107


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_23271125.jpg梅小路機関車庫(京都鉄道博物館)
うめこうじ きかんしゃこ
大正3年(1914年)竣工の扇形車庫、天井電動走行クレーン、引き込み線が指定対象。一般公開。多数の蒸気機関車が動態保存され、機関車が牽引する客車に乗車することもできる。
34.98702, 135.74283


梅田神社 本殿
うめだじんじゃ ほんでん
室町時代前期、1338年。一間社流造、檜皮葺。外観は常時参拝可能。
35.08495, 135.55673

裏千家住宅
うらせんけ じゅうたく

雲竜院 本堂
うんりゅういん ほんどう

燕庵
えんあん

縁城寺 宝篋印塔
えんじょうじ ほうきょういんとう

延福寺 十三重塔
えんふくじ じゅうさんじゅうのとう

往生極楽院 阿弥陀堂
おうじょうごくらいくいん あみだどう

黄梅院
おうばいいん
本堂、庫裏

大山祗神社 本殿
おおやまずみじんじゃ ほんでん

小川家住宅
おがわけ じゅうたく
主屋、北土蔵、西土蔵

愛宕念仏寺 本堂
おたぎねんぶつじ ほんどう

表千家祖堂
おもてせんけ そどう


か行

海住山寺 文殊堂
かいじゅうせんじ もんじゅどう
京都府南部、奈良県との府県境にある山の頂上付近にある中規模寺院。文殊堂は鎌倉時代前期、12世紀後半〜13世紀にかけての建築。3x2間、一重、寄棟造、銅板葺。外観は見学可能。内部拝観は不明。寺務所に一言。境内には国宝の五重塔がある。拝観、アクセスなどについては五重塔の欄を参照。
34.77708, 135.86200

覚勝院 宝篋印塔
かくしょういん ほうきょういんとう

笠置寺 十三重塔
かさぎじ じゅうさんじゅうのとう

春日神社 本殿(精華町)
かすがじんじゃ ほんでん

春日神社 本殿(園部町)
かすがじんじゃ ほんでん

賀茂御祖神社(下鴨神社)
かもみおやじんじゃ
祝詞舎、幣殿、東西廊、東西御料屋、叉蔵、四脚中門、東西楽屋、中門東西廻廊、預り屋、西唐門、舞殿、神服殿、橋殿、細殿、供御所、大炊所、楼門、楼門東西廻廊、摂社出雲井於神社本殿、摂社三井神社(本殿1・2・3、拝殿、棟門、東西廊下)
京都市街北部にある大規模神社。ほとんどの建造物が、江戸時代初期、1628年頃の建築。いずれも間近で外観見学可能と思われる。各建造物の詳細位置は文化庁データベースを参照。境内には国宝の東本殿、西本殿がある。また建造物群は世界文化遺産「古都京都の文化財」に登録されている。境内は国指定史跡でもある。
35.03900, 135.77301

賀茂別雷神社
かもわけいかづちじんじゃ
拝殿(細殿)、舞殿(橋殿)、幣殿、忌子殿、幣殿忌子殿取合廊、本殿権殿取合廊、本殿東渡廊取合廊、東渡廊、西渡廊、透廊、渡廊、祝詞舎、塀中門、摂社若宮神社本殿、四脚中門、御籍屋、神宝庫、唐門、東御供所、直会所、楽所及び西御供所、高倉殿、楼門、廻廊(東・西)、摂社新宮神社本殿及び拝殿、摂社片岡神社本殿及び拝殿、片岡橋、土屋(到着殿)、楽屋、外幣殿、北神饌所(庁屋)
京都市街北部にある大規模神社。建物は江戸時代の初期(17世紀初頭)から明治時代(19世紀末)にかけての建築。いずれも外観は間近で自由に見学可能と思われる。拝観時間に制限あり。境内には国宝の本殿、権殿があり、それらと合わせて世界文化遺産「古都京都の文化財」に登録されている。また境内は国指定史跡でもある。
35.06047, 135.75269

勧修寺 書院
かんしゅうじ しょいん

岩船寺
がんせんじ
三重塔、五輪塔、十三重塔、石室

観音堂 (京丹波町)
かんのんどう

北野天満宮
きたのてんまんぐう
中門、廻廊(左・右)、後門、透塀(左・右)、東門
京都市街西部にある大規模神社。菅原道真を祀り、学問成就の御利益で有名。7棟はいずれも江戸時代初期、1607年の建築。中門は四脚門、入母屋造、檜皮葺。いずれも間近で見学が可能。中門、東門は通り抜け可能。後ろ門は本殿を囲む瑞垣の一部として存在し、通り抜けはできない。拝観時間に制限あり。境内には国宝の本殿・拝殿がある。
35.03116, 135.73512

旧岡花家住宅
きゅう おかはなけ じゅうたく
京都府北部、綾部市の盆地の中の住宅街にある。江戸時代中期、18世紀ごろの建築。12x9m、入母屋造、茅葺。元は現在の京丹波町にあったものが、昭和47年(1972年)に移築された。宗教法人が管理しており、一般公開。JR・綾部駅から1.3km。大本本部前バス停からすぐ。駐車場あり。
35.29544, 135.26158


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_23280219.jpg旧京都中央電話局西陣分局舎
きゅう きょうとちゅうおうでんわきょく にしじんぶんきょくしゃ
京都市街、上京区の住宅地にある。大正10年(1921年)竣工。重要文化財指定は外観のみ。内部はオフィス、事務所として使用されている。
35.02493, 135.75338


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_23295629.jpg旧真宗信徒生命保険株式会社本館(本願寺伝道院)
きゅう しんしゅうしんと せいめいほけん かぶしきがいしゃ ほんかん
京都市街中心部、下京区の住宅街にある。明治44年(1911年)竣工。市街地にあり、外観は自由に見学できるが、内部は通常非公開。不定期で展示イベントが開かれ、その際に内部を公開している。イベントについての情報は見つけられなかった。
34.99137, 135.75393


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_23303803.jpg旧帝国京都博物館(京都国立博物館)
きゅう ていこくきょうと はくぶつかん
本館、表門、札売場及び袖塀(北)、札売場及び袖塀(南)
京都市街東部、東山区の山裾にある。明治28年(1895年)竣工。本館は改修工事と埋蔵文化財調査のため、休館。再開館は2020年代後半か。
34.98998, 135.77311


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_09424861.jpg旧日本銀行 京都支店(京都文化博物館)
きゅう にほんぎんこう きょうとしてん
京都市街中心部の商業・住宅地区にある。明治39年(1906年)竣工。赤レンガの銀行建築。現在は博物館として内部を含め一般公開。周辺に複数の鉄道駅、バス停あり。駐車場あり。(2022.4 駐車場一時利用不可)
35.00875, 135.76227


旧武徳殿
きゅうぶとくでん
明治32年(1899年)竣工の瓦葺き和風建造物。京都市武道センターの競技場として利用されている。内部見学ができるかどうかは不明。見学についての問い合わせは、京都市体育協会へ。
35.01634, 135.78069

旧三井家下鴨別邸
きゅう みついけ しもがもべってい
本屋、玄関棟、茶室
京都市街北東部にある。明治13年(1880年)竣工の木造和風住宅建築。瓦葺き。一般公開。カフェ併設。事前予約でランチも可能。京阪・出町柳駅から徒歩2分。
35.03179, 135.77191


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_16150258.jpg教王護国寺(東寺)
きょうおうごこくじ
北大門(左画像)、北総門、慶賀門、五重小塔、講堂、東大門、宝蔵、南大門、灌頂院(かんじょういん)、灌頂院北門、灌頂院東門
教王護国寺(東寺)は平安時代に開かれた寺院。室町時代から江戸時代に再建された伽藍が残っている。境内には国宝建造物も複数ある。また境内は国指定の史跡に指定され、世界遺産「古都京都の文化財」構成遺産の一つでもある。
34.97954, 135.74768

京都ハリストス正教会 生神女福音聖堂
きょうとはりすとすせいきょうかい しょうじんじょふくいんせいどう
京都市中京区、京都市街の中央部付近の住宅地にある小規模聖堂。明治36年(1903年)の建築。日本ハリストス正教会の木造聖堂では現存最古。堂内拝観は原則要予約。詳細はリンク参照。外観は見学自由。
35.01443, 135.76429


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_23360668.jpg京都府庁 旧本館
きょうとふちょう きゅうほんかん
明治37年(1904年)竣工。現在も一部が現役の庁舎として使われている。一般公開。
35.02075, 135.75564


玉鳳院
ぎょくほういん
開山堂、四脚門(微笑庵前門)

玉林院
ぎょくりんいん
本堂、南明庵、茶室(蓑庵、霞床席)

清水寺
きよみずでら
仁王門、馬駐、鐘楼、西門、三重塔、経堂、田村堂、朝倉堂、轟門、本坊北総門、鎮守堂(春日社)、釈迦堂、阿弥陀堂、奥院、子安塔
京都市街東部の山沿いにある大規模寺院。いずれも室町時代後期(16世紀後半)〜江戸時代前期(17世紀前半)にかけての建築。自由に見学可能と思われる。国宝の本堂は「清水の舞台」で有名。建造物群は世界遺産「古都京都の文化財」の構成遺産として登録されている。
34.99503, 135.78528

金輪寺 五重塔
きんりんじ ごじゅうのとう

久世神社 本殿
くぜじんじゃ ほんでん

九手神社 本殿
くてじんじゃ ほんでん

九品寺 大門
くぼんじ だいもん

建仁寺
けんにんじ
方丈、勅使門(矢の根門)

高山寺
こうざんじ
如法経塔、宝篋印塔
京都市街から北へ数km入った山中にある中規模寺院。いずれも鎌倉時代後期、13世紀後半〜14世紀前半築造の石塔。明恵上人御廟内にある。5mほど離れて側面からのみ見学可能と思われる。境内には国宝の石水院がある。
35.06143, 135.67850

高台寺
こうだいじ
開山堂、傘亭(安閑窟)、時雨亭、観月台、霊屋、表門

衡梅院 本堂
こうばいいん ほんどう

高隆寺 講堂
こうりゅうじ こうどう
京都市街西部にある中規模寺院。講堂は平安時代後期、1165年の建築。5x4間、一重、寄棟造、本瓦葺。外観は自由に見学可能。内部拝観は不明。拝観時間に制限あり。拝観について詳細は、境内の国宝・桂宮院本堂の欄を参照。
35.01432, 135.70755

興臨院
こうりんいん
本堂、表門

御幸宮神社
ごこうぐうじんじゃ
本殿、表門

許波多神社 本殿
こばたじんじゃ ほんでん

小林家住宅 (美山町)
こばやしけ じゅうたく
主屋、小屋、土蔵

小林家住宅 (山城町)
こばやしけ じゅうたく

孤篷庵
こほうあん
本堂(方丈)、書院、忘筌(ぼうせん)

御靈神社 本殿(御霊神社)
ごりょうじんじゃ ほんでん

五輪塔 (二基)(木津川市加茂町)
ごりんとう

五輪塔 (木津川市木津町)
ごりんとう

金戒光明寺 三重塔
こんかいみょうじ さんじゅうのとう

金剛院 塔婆(三重塔)
こんごういん とうば

金胎寺
こんたいじ
多宝塔、宝篋印塔

金地院
こんちいん
本堂、茶室


さ行

西翁院 茶室
さいおういん ちゃしつ

西芳寺 湘南亭
さいほうじ しょうなんてい

佐牙神社 本殿
さがじんじゃ ほんでん

相樂神社 本殿
さがなかじんじゃ ほんでん

雙栗神社 本殿
さぐりじんじゃ ほんでん

澤井家住宅
さわいけじゅうたく

三聖寺 愛染堂
さんしょうじ あいぜんどう

三宝院
さんぽういん
殿堂(玄関、勅使の間・秋草の間・葵の間、宸殿、庫裏、純浄観、護摩堂)、宝篋印塔
殿堂は安土桃山時代、1598年の建築。一重、入母屋造、桟瓦葺。三宝院については、殿堂内の国宝・表書院の欄を参照。
34.95235, 135.81939

地主神社
じしゅじんじゃ
本殿、拝殿、総門

島田神社 本殿
しまだじんじゃ ほんでん

酬恩庵
しゅうおんあん
本堂、方丈、玄関、庫裏、東司、浴室、鐘楼

十三重塔 (木津川市)
じゅうさんじゅうのとう

十八神社 本殿
じゅうはちじんじゃ ほんでん

聚光院
じゅこういん
本堂、茶室

聖護院 書院
しょうごいん しょいん

相国寺 本堂(法堂)
しょうこくじ ほんどう(はっとう)

常寂光寺 塔婆(多宝塔)
じょうじゃくこうじ とうば

松殿山荘
しょうでんさんそう
本館、北蔵、南蔵、蓮斎、撫松庵、春秋亭、檆松庵、聖賢堂、仙霊学舎、修礼講堂及び事務所、宝庫、大門
平安時代関白の別荘跡地とされる場所に、弁護士で茶道・山荘流の創始者である高谷宗範が大正から昭和初期(1920年代)にかけて建てた茶道道場。10名以上の事前申し込みがあった場合に内部見学が可能。詳細は松殿山荘茶道会公式サイトへ。
34.92491, 135.80525

正傳寺 本堂  しょうでんじ ほんどう


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_16163650.jpg浄土院 養林庵 書院
じょうどいん ようりんあん しょいん
浄土院は平等院の塔頭(たっちゅう。大きな寺の境内にある小寺)の一つ。書院は桃山時代、伏見城内に建てられ、1601年に現在の場所に移された。書院と仏間、茶室の3つの要素を持ち、随所に桃山様式を残している。非公開。
34.88894, 135.80701


正法寺
しょうほうじ
本堂、大方丈、唐門

勝林院 宝篋印塔
しょうりんいん ほうきょういんとう

神護寺 大師堂
じんごじ だいしどう

眞珠庵
しんじゅあん
本堂、庫裏、通仙院

真宗本廟 東本願寺
しんしゅうほんびょう ひがしほんがんじ
御影堂、阿弥陀堂、御影堂門、阿弥陀堂門、鐘楼、手水屋形
幕末の1864年に焼失後、昭和にかけて順次再建された。典型的な日本の木造瓦葺き仏教建築。
34.99103, 135.75848

眞正極樂寺(真正極楽寺) 本堂  しんしょうごくらくじ
新殿神社 十三重塔
神童寺 本堂
瑞峯院  本堂、表門

杉本家住宅
すぎもとけじゅうたく
主屋、大蔵、中蔵、隅蔵
明治3年(1870年)竣工の木造町家建築。伝統的な京都の町家形式をよく残している。一般公開されているが、開館時間、休館日などの情報の掲載がない。杉本家住宅公式HPを確認の上要問い合わせ。邸内へのカメラ持ち込みは不可。
map 35.00254, 135.75583

角屋
すみや

清風荘
せいふうそう
主屋、離れ、土蔵、附属屋、詰所、納屋、茶室、供待、袴付及び待合、第一中門、第二中門、正門
大正元年(1912年)竣工の木造和風住宅建築。住友財閥から京都大学に寄贈され、大学が管理している。大学の迎賓施設として利用され、非公開。特別一般公開の情報は見つけられない。2017.11.3に卒業生のみを対象とした特別公開が実施された。2018.9
map 35.0294, 135.77613

清流亭
せいりゅうてい
主屋、寄付、立札席
大正初期(1913年ごろ)に竣工した和風木造別荘建築。大松株式会社が管理し、非公開としている。詳細は大松株式会社(当該文化財所有者)公式サイト参照。
map 35.01348, 135.79084

泉橋寺 五輪塔
せんきょうじ ごりんとう

泉涌寺
せんにゅうじ
仏殿、開山堂及び開山塔、無縫塔(x2)、大門


た行

大覚寺
だいかくじ
客殿(対面所)、宸殿

醍醐寺
だいごじ
開山堂、清滝宮本殿、如意輪堂
境内には4棟の国宝建造物がある。

大仙院 書院
だいせんいん しょいん
境内には国宝の本堂がある。

退蔵院 本堂
たいぞういん ほんどう

大徳寺
だいとくじ
仏殿、法堂、山門、浴室、経蔵、廊下、寝堂、庫裏、侍真寮、鐘楼、勅使門

大福光寺
だいふっこうじ
本堂、多宝塔


瀧澤家住宅
たきざわけ じゅうたく

自玉手祭来酒解神社 神輿庫
たまてよりまつりきたるさかとけじんじゃ しんよこ

知恩院
ちおんいん
大方丈、小方丈、集会堂、大庫裏、小庫裏、唐門、経堂、勢至堂、大鐘楼

知恩寺
ちおんじ
御影堂、釈迦堂、阿弥陀堂、御廟、勢至堂、鎮守堂、鐘楼、総門、西門


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_08583854.jpg智恩寺多宝塔
ちおんじ たほうとう
室町時代後期、1500年の建築。多宝塔の内部は非公開。
35.55803, 135.18419


聴竹居
ちょうちくきょ
昭和3年(1928年)に建てられた木造住宅。建築家、藤井厚二の自宅であった。3日前までに公式HPの申し込みフォームにより事前予約した場合のみ、外観・内部の見学が可能。それ以外では外観の見学も不可。内部の写真撮影は写真のインターネットへの掲載を行わない旨の誓約書を提出した場合のみ可能。詳細は聴竹居公式HP参照。
34.89353, 135.67993

長福寺 宝塔
ちょうふくじ ほうとう

天球院 本堂
てんきゅういん ほんどう

天神社 十三重塔
てんじんじゃ じゅうさんじゅうのとう

天満宮 本殿(和束町)
てんまんぐう ほんでん


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_23314781.jpg同志社(旧英学校、神学校及び波理須理科学校)
どうししゃ
クラーク記念館、彰栄館、ハリス理化学館、有終館、礼拝堂
明治時代前期の煉瓦造建築。キャンパス内での外観見学は自由だが、内部はハリス理化学館を除き非公開。数ヶ月に1度、内部の見学ツアーあり。
35.03, 135.76061


東照宮(京都市)
とうしょうぐう
本殿・石の間・拝殿

東福寺
とうふくじ
偃月橋、月下門(月華門)、十三重塔、常楽庵(開山堂・昭堂、客殿(普門院)、塔司寮(書院)、庫裏、楼門、鐘楼、裏門)、鐘楼、禅堂(選仏場)、東司、浴室、二王門、六波羅門

遠山家住宅
とおやまけ じゅうたく


な行

南禅寺
なんぜんじ
勅使門、三門

二条城
にじょうじょう
本丸櫓門、本丸御殿(玄関、御書院、御常御殿、台所及び雁之間)、二の丸御殿(唐門、築地、台所、御清所)、東大手門、北大手門、西門、東南隅櫓、東南隅櫓北方多門塀、西南隅櫓、土蔵(米蔵、北米蔵、南米蔵)、鳴子門、桃山門、北中仕切門、南中仕切門

仁和寺
にんなじ
五重塔、観音堂、中門、二王門、鐘楼、経蔵、御影堂、御影堂中門、九所(くしょ)明神本殿 (中殿・左殿・右殿)、本坊表門、遼廓亭、飛濤亭
京都市街北部の山麓にある大規模寺院。国の重要文化財に指定された14棟は、いずれも応仁の乱(室町時代中期、15世紀後半)で焼失したあと、江戸時代前期の1644年前後に再建されたもの。ほとんどの建造物の外観は自由に見学可能。境内には国宝の金堂が、また8棟の国登録有形文化財建造物がある。
35.03033, 135.71441

野村碧雲荘
のむらへきうんそう
大書院、中書院、洋室および書斎、大玄関および能舞台、旧館(北泉居)、大黒堂、廊下蔵、台所蔵、巽蔵、竜頭軒、待月軒、花泛亭、露(田舎家)、羅月及び蘆葉舟、東門、西門および事務所、不老門
昭和3年(1928年)竣工の和風木造住宅建築。非公開。特別公開の情報なし。2018.9 建物についての詳細、特別公開情報は、野村別邸碧雲荘公式HPへ。
35.01354, 135.79237


は行

白山神社 拝殿 (宇治市)
はくさんじんじゃ はいでん

白山神社 本殿 (木津川市)
はくさんじんじゃ ほんでん

白山神社 本殿 (京田辺市)
はくさんじんじゃ ほんでん


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_16191679.jpg平等院 観音堂
びょうどういん かんのんどう
鎌倉時代前期、創建時の本堂跡に建てられた。平等院の敷地内にあり、外観は見学できるが内部は非公開。
34.89014, 135.80775


平野神社 本殿
ひらのじんじゃ ほんでん

福王子神社
ふくおうじじんじゃ
本殿、拝殿、鳥居

普濟寺(普済寺) 仏殿
ふさいじ ぶつでん

藤森神社
ふじのもりじんじゃ
境内社大将軍社社殿、境内社八幡宮本殿

伏見稲荷大社
ふしみいなりたいしゃ
本殿、権殿、外拝殿、楼門、南廻廊、北廻廊、奥宮、白狐社、御茶屋

峰定寺
ぶじょうじ
本堂、供水所、仁王門

平安神宮
へいあんじんぐう
大極殿、東西歩廊(東歩廊)、東西歩廊(西歩廊)、蒼龍楼、白虎楼、應天門
明治28年(1895年)竣工の大型神社建築。当初は博覧会の会場施設として計画されたが、その後神社施設となった。
35.01598, 135.78242


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_16182339.jpg法界寺 薬師堂
ほうかいじ やくしどう
法界寺は平安時代、11世紀半ばの創建。薬師堂は寺の本堂で、室町時代に奈良に建てられたものを、明治時代に現在地に移築したもの。内部は非公開。境内には国宝の阿弥陀堂がある。
34.93392, 135.81501


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_11261623.jpg法観寺 五重塔(八坂塔)
ほうかんじ ごじゅうのとう
室町時代、1440年の建築。高さ46m。京都市街東部、清水寺への参道の途中にある。周辺は典型的な観光地。敷地に入ることもできる。
34.99863, 135.77926


宝篋印塔(鶴の塔)
ほうきょういんとう

寶積寺(宝積寺) 三重塔
ほうしゃくじ さんじゅうのとう

法泉寺 十三重塔
ほうせんじ じゅうさんじゅうのとう

寶塔寺(宝塔寺)
ほうとうじ
本堂、塔婆(多宝塔)、四脚門(総門)

報土寺
ほうどじ
本堂、表門

寶林寺(宝林寺) 九重塔
ほうりんじ きゅうじゅうのとう

本願寺(西本願寺)
ほんがんじ
経蔵、鐘楼、手水所、鼓楼、御影堂門、阿弥陀堂門、総門、玄関、浪之間、虎之間、太鼓之間、能舞台、本願寺浴室(黄鶴台)
書院の内部にある玄関、浪之間、虎之間、太鼓之間、および能舞台、本願寺浴室(黄鶴台)は普段は非公開。それらの一部は秋に特別公開される。詳細は本願寺に問い合わせ
これらの他に国宝建造物も多数ある。
34.99160, 135.74982

本願寺 本堂 (京丹後市)
ほんがんじ ほんどう

本圀寺 経蔵(輪蔵)
ほんこくじ きょうぞう

本隆寺
ほんりゅうじ
本堂、祖師堂


ま行

舞鶴旧鎮守府水道施設
まいづるきゅうちんしゅふすいどうしせつ
桂取水堰堤、桂量水堰堤、旧岸谷川上流本流取水堰堤、旧岸谷川上流支流取水堰堤、岸谷川下流取水堰堤、与保呂川支流砂防堰堤、岸谷川上流支流砂防堰堤、旧接合井、旧第一配水池、旧第二配水池
明治38年(1905年)竣工。通常は外観のみ公開。秋の赤レンガフェスタ開催時は内部も公開される。赤レンガフェスタについての詳細は、舞鶴赤レンガパーク公式サイト参照。
map 35.44535, 135.44151

舞鶴旧鎮守府倉庫施設
まいづるきゅうちんしゅふそうこしせつ
舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫、舞鶴海軍兵器廠予備艦兵器庫、舞鶴海軍兵器廠弾丸庫並小銃庫、舞鶴海軍兵器廠雑器庫並預兵器庫、舞鶴海軍需品庫需品庫×3
明治35年(1902年)竣工。煉瓦造りの大型倉庫建築。一般公開。見学についての詳細は舞鶴赤レンガパーク公式サイトを参照。
map 35.47596, 135.38746

松尾神社 本殿 (木津川市)
まつおじんじゃ ほんでん

松尾大社 本殿 (京都市)
まつおたいしゃ ほんでん

曼殊院
まんじゅいん
本堂、書院、庫裏

萬福寺
まんぷくじ
大雄宝殿、法堂、天王殿、斎堂、禅堂、伽藍堂、祖師堂、鐘楼、鼓楼、三門、総門、東方丈、西方丈、祠堂、大庫裏、威徳殿、松隠堂(開山堂、通玄門、寿蔵、舎利殿、客殿、庫裏、侍真寮)

水度神社 本殿  みとじんじゃ
壬生寺 大念仏堂(狂言舞台) みぶでら
妙喜庵 書院
妙心寺  仏殿、法堂、山門、浴室、経蔵、勅使門、南門、大方丈、玄関、寝堂、小方丈、庫裏、北門


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_13181260.jpg妙法院
みょうほういん
玄関(画像)、大書院
江戸時代前期の1619年の建築。大書院内部は国宝の庫裏と共に、春と秋に特別一般公開される。内部の写真撮影は不可。詳細は、国宝・妙法院庫裏のページへ。


向日神社 本殿
むこうじんじゃ ほんでん


や行

八坂神社
やさかじんじゃ
本殿、楼門、石鳥居、末社蛭子社社殿(まっしゃ えびすしゃ しゃでん)
本殿は江戸時代前期、1654年の建築。桁行七間、梁間六間と大型で、祇園造、檜皮葺。最も古い楼門は室町時代後期、1497年の建築で、三間一戸楼門、本瓦葺。
35.00365, 135.77855

由岐神社 拝殿
ゆきじんじゃ はいでん

行永家住宅
ゆきながけ じゅうたく
主屋、道具蔵、新蔵

養源院
ようげんいん
客殿、護摩堂、鐘楼堂、中門

吉田神社 斎場所太元宮
よしだじんじゃ さいじょうしょだいげんぐう

善峰寺 多宝塔
よしみねでら たほうとう

与杼神社 拝殿
よどじんじゃ はいでん


ら行・わ

来迎院 三重塔
らいごういん さんじゅうのとう

龍源院
りゅうげんいん
本堂、表門


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_23322669.jpg龍谷大学
りゅうこくだいがく
本館、南黌(なんこう)、北黌(ほくこう)、旧守衛所
キャンパス内は立ち入り自由で、外観は見学可能。内部は不明。
34.98987, 135.75005


竜安寺 本堂
りょうあんじ ほんどう

竜吟庵
りょうぎんあん
方丈、庫裏、表門

龍光院
りゅうこういん
昭堂、寮及び小庫裏、書院、盤桓廊、兜門、禹門、黒田家霊屋

良正院
りょうしょういん
本堂、表門

靈雲院(霊雲院)書院
れいうんいん しょいん


京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_12293446.jpg冷泉家住宅
れいぜいけ じゅうたく
座敷及び台所、御文庫、台所蔵、表門
江戸時代後期、1790年の建築。ほとんどの公家が天皇に同行して東京に移り住む中、冷泉家は京都御所の守りなどのために京都に留まり、関東大震災や空襲の被害に会うことなく、公家住宅の姿を今に残している。現住のため非公開。ゴールデンウィークに特別公開される。

京都府 国宝・重要文化財(建造物)リスト 見学用案内付き_b0212342_19220224.jpg蓮華王院
れんげおういん
南大門、築地塀(太閤塀)
三十三間堂と同じ境内にある。桃山時代に建立。長さ92mにおよぶ築地塀が「太閤塀」と呼ばれるのは、塀に使われている瓦に豊臣秀吉の紋が見られるから。


六波羅蜜寺 本堂
ろくはらみつじ ほんどう

渡邊家(渡辺家)住宅
わたなべけ じゅうたく
京都府中部、小さな農村集落にある。江戸時代中期、17世紀末〜18世紀にかけての建築。13x10m、入母屋造、茅葺。現住であり、接近しての外観見学、内部見学ともに事前予約が必要。詳細はリンク参照。公道からは15mほど離れており、建物の一部を遠目に見ることができる。駐車場はないが、予約して行けば敷地内に停めさせていただけると思われる。JR山下駅から1.4km。
35.21681, 135.43135

mark40まで使用

by h9w457y8i | 2022-01-14 08:50 | 京都 | Comments(0)

日本だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。


by h9w457y8i

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31