【登録有形文化財】 鹿児島市庁舎 本館 (鹿児島県 鹿児島市) 見学のしかた

サイトマップ > 鹿児島県 近代文化遺産 > 鹿児島市庁舎本館

b0212342_13472875.jpg

鹿児島市庁舎の本館は、昭和12年(1937年)に竣工しました。設計は当時の大蔵省・営繕管財局。一般的な府県庁舎スタイルを踏襲したものですが、当時の岩元市長の強い意向により、ベースメント層(地下階)を設けずに道路からストレートに入れるようなプランニングを採っている点に特徴があるそうです。(これは多分、当時の大型公共施設建築物には半地下か地下階が設けられ、それが外から見えるように地下層と地面との間に溝が作られていたのが普通でしたが、それがない、という事なんだと思います)
平成10年(1998年)に、造形の規範となっている建造物として国の登録有形文化財となりました。


鹿児島市庁舎 本館 フォトギャラリー(16MP・14枚)




アクセス



鹿児島市庁舎本館は、赤4
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
鹿児島市電 市役所前 停留所から 徒歩1分。

鹿児島市電は一般的な路線バスと同じで、中乗り、前降り。
運賃は降車時に、運転席横の運賃箱に現金を入れます。
運賃は170円均一。
運転席横の両替機で1,000円札と硬貨の両替可能。

全国共通交通系ICカードは利用不可。2018.6

鹿児島市電の時刻表・乗り換え案内は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応しています。



駐車場
市役所付属の来庁者用無料駐車場があります。

駐車場への入口など詳細は鹿児島市役所公式サイトを参照してください。






見学のしかた



市庁舎の外観の見学は、門が開いていればいつでも可能です。

内部の見学も、玄関、廊下などの共用部分であれば開庁時間内はいつでも可能です。

写真撮絵については、個人で楽しむ範囲での写真撮影の場合に可能です。
ただし、職員や来庁者の顔は映らないように配慮をお願いします、ということでした。
←市役所への電話による問い合わせ

[開庁時間] 平日 8:30〜17:15
[閉庁日] 土・日・休日、12月29日〜1月3日。


1
b0212342_14080202.jpg

2
b0212342_14082316.jpg

3
b0212342_14091423.jpg

4
b0212342_14084775.jpg

そう、訪れたのは昨年の1月でした。私は西郷どん、観てなかったです。
b0212342_14083589.jpg

5
b0212342_14113785.jpg

6
b0212342_14120494.jpg

7
b0212342_14115329.jpg

8
b0212342_14110626.jpg

9
b0212342_14122464.jpg

玄関。
b0212342_14112040.jpg

10
b0212342_13465499.jpg

11
b0212342_14132165.jpg

この時、桜島が噴火を始めました。びっくりしたー
b0212342_14124334.jpg


鹿児島市庁舎 本館 フォトギャラリー(16MP・14枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは、
鹿児島市役所公式サイト
文化庁 国指定文化財等データベース
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-08-15 06:42 | 鹿児島 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。