【重要文化財】 西願寺 阿弥陀堂 (千葉県 市原市)

サイトマップ > 千葉県 江戸時代以前の文化財 > 西願寺阿弥陀堂

b0212342_03491205.jpg

西願寺(さいがんじ)の阿弥陀堂(あみだどう)は、室町時代中期の1495年、すぐそばにあった平蔵城(へいぞうじょう)の城主、土橋平蔵が仏門に入った時に鎌倉の職人に依頼して建てさせたお堂です。このお堂の特徴は屋根にあり、茅葺きで、ひさしの部分が長く、軒下が比較的大きく反っています。(と言っても他の茅葺きのお堂と比べないとわかりにくいですけど) 形式は禅宗様と言って中国の建築様式の流れをくむもので、千葉県内の仏堂の中では最も本格的な禅宗様式を持っているとされています。大正5年(1916年)に旧国宝に、そして戦後に改めて国の重要文化財に指定されました。また、堂内に安置されている厨子(ずし)も、堂と同じ頃に作られ、同じ様式を持っており、(つけたり)に指定されています。


西願寺阿弥陀堂 フォトギャラリー(16MB・33枚)




アクセス



西願寺阿弥陀堂は、赤4
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
徒歩圏内(3km以内)に最寄駅はありません。

敢えて言えば、小湊鉄道の高滝駅が一番近く、道のりで約7.1kmあります。



バス
小湊鉄道バスあみだ畑」バス停(地図・赤3)から、徒歩約3分(250m)。

小湊鉄道 上総牛久(かずさうしく)駅からだと、
駅前の1番のりば(牛久駅 バス停。地図・赤2)から、小湊鉄道バス「大多喜・市原鶴舞バスターミナル」行きバスに乗車。
 ↓
[乗車時間] 約25分
[運賃] 520円(全国共通交通系ICカード利用不可)
[運行頻度] 1〜3時間に1本
注)土曜日は1日2本のみ、日曜・祝日は運休
 ↓
あみだ畑 バス停下車。

小湊鉄道バス(正式には「小湊鐵道バス」)の時刻・料金検索は、小湊鉄道路線バス 公式サイトで。
各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能も対応しています。

でも......本数が少なくて、拝観にバスを使うのはあんまり現実的じゃないかもです。



タクシー
小湊鉄道 上総牛久駅前に、タクシー乗り場とタクシー会社の事務所があります。
約7km。



駐車場
拝観者用無料駐車場があります。

入口に門はなく、拝観者はいつでも利用できると思います。

駐車場入口。地図・赤1
b0212342_03494567.jpg

収容台数は10台程度かと思います。
b0212342_03495886.jpg

駐車場から阿弥陀堂を見たところ。
b0212342_04032687.jpg







見学のしかた


公道から阿弥陀堂まで門や塀はなく、いつでも拝観が可能だと思います。

お寺に声をかければ、お堂の中に入ることもできるかもしれません。
ただし、堂内は撮影禁止です。(現地張り紙)


正面。
9
b0212342_03550139.jpg

扉には拳ほどの穴が開けてあり、そこから中が見えるようになっていました。中にはに指定されている厨子が。ただし、堂内は撮影禁止です。
b0212342_03571429.jpg

角。
b0212342_03573457.jpg

正面軒下。
1
b0212342_03531864.jpg

2
b0212342_03523161.jpg

3
b0212342_03520505.jpg

屋根の角、軒下。
4
b0212342_03551657.jpg

5
b0212342_03534275.jpg

6
b0212342_03560494.jpg

扉には鍵がかかっており、中に入ることはできませんでした。
b0212342_03591067.jpg

別露出。
b0212342_04014921.jpg

横。
b0212342_03581507.jpg

裏手から。
b0212342_03575220.jpg

再び正面。梅雨の合間の晴れでした。
7
b0212342_03561844.jpg

8
b0212342_03583568.jpg

阿弥陀堂から境内。
b0212342_03525489.jpg

阿弥陀堂のすぐ横。これは...墓石ではないと思いますが。
b0212342_04021340.jpg

重要文化財の看板。
b0212342_04030174.jpg

境内では紫陽花が美しく咲いていました。
b0212342_03542532.jpg

現地案内看板。
b0212342_03540538.jpg


西願寺阿弥陀堂 フォトギャラリー(16MB・33枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財建造物の詳細位置をプロットしています)

このページは
千葉県 公式サイト
文化庁 国指定文化財等データベース
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-07-05 08:22 | 千葉 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。