【重要文化財・史跡】 円教寺 (兵庫県 姫路市) 訪問記・建造物解説

サイトマップ > 兵庫県 江戸時代以前の文化財 > 円教寺 > 建造物解説・訪問記

b0212342_15045529.jpg
灯篭の奥に、食堂(じきどう)

円教寺(えんぎょうじ・圓教寺とも)への詳しい行き方、拝観のしかたは、前回の投稿ページを参照してください。


円教寺は赤マーカー 1〜8
スマートフォンはこちらのマップ

円教寺 フォトギャラリー(141枚)


円教寺のある書写山(しょしゃざん)の上に上がる、書写山ロープウェイ、山頂駅。
b0212342_07063128.jpg

その近くに、境内への入口(志納所)があります。
そこで、入山料500円を払います。
b0212342_07292680.jpg

ここから本堂の摩尼殿(まにでん)まで、登りくだりが結構ある道を1kmくらい歩きます。
それがキツイかも、という方は、入山料と合わせて1,000円で、摩尼殿までのシャトルバスに乗ることができます。

自分は今回、歩いて境内を散策することにしました。

境内を歩くときの地図は、入口でもらえるパンフレットのものがわかりやすいと思います。
b0212342_07323512.jpg

志納所を出るとすぐに、ソコソコ急な登り坂となります。
b0212342_15183156.jpg

運動不足なので、息が切れます...。

坂の途中、道の両側には観音様が点々と立っていました。
あまり古さは感じられません。
b0212342_15180580.jpg

坂の途中から、姫路市街。暑くもなく寒くもなく、とても気持ち良かったです。
訪れたのは3月で、菜の花畑が遠くに見えました。
b0212342_15191037.jpg

仁王門をくぐります。
b0212342_15195266.jpg

参道の両側には、寄進された方の石碑がズラッと並んでいました。
b0212342_15203075.jpg

↓ 塔頭(たっちゅう)、寿量院(じゅりょういん)。地図・赤1。平安時代、円教寺の創建とほぼ同時期に建立されました。客殿、庫裏、棟門が国の重要文化財に指定されています。
1
b0212342_15211898.jpg

2
b0212342_05533543.jpg

9
b0212342_05553520.jpg

この寿量院、普段は非公開ですが、この中で精進料理をいただくことができます。
3
b0212342_05540351.jpg

4
b0212342_05541426.jpg

なかなか評判は良いみたいですが、4〜11月のみ、5名以上、3日前までに要予約、などの制限があります。
予約など詳細は、食べログなどのグルメサイトを参照してください。


しばらく行くと、別の塔頭があります。
十妙院(じゅうみょういん)。地図・赤2。こちらは江戸時代前期、1691年の建立。客殿、庫裏、唐門が国指定重要文化財です。
5
b0212342_15293167.jpg

6
b0212342_05550515.jpg

7
b0212342_05551704.jpg

非公開ですが、秋のもみじまつりの時期、11月中旬の3日間のみ、特別公開されます。
もみじまつりについては円教寺公式サイトを参照してください。

そして急な坂を下ると、目の前に大きなお堂が見えてきます。
b0212342_15311206.jpg

摩尼殿(まにでん)。とても立派なお堂ですが、大正時代に焼けてしまい、現在のものは昭和に入ってから再建されました。国指定ではなく、姫路市の指定文化財になっています。

b0212342_15350275.jpg

摩尼殿から、さらに境内の奥に進みます。

たくさんのお地蔵様
b0212342_15352585.jpg

道標?に光
b0212342_15362097.jpg

瑞光院。
b0212342_15381601.jpg

上り坂の途中から、振り返る。
b0212342_16092067.jpg

そして、三つの大きな建物に囲まれた広場に出ました。
円教寺、修行道場の中心部だった場所です。
b0212342_15392581.jpg

左手、南にあるのが常行堂(じょうぎょうどう)。地図・赤5。室町時代前期の1453年の建立です。舞台が前面に突き出しているのが特徴です。国指定重要文化財です。
b0212342_15422922.jpg

常行堂の裏側。
b0212342_15425320.jpg

中央奥、広場の西にあるのが食堂(じきどう)です。地図・赤6。室町時代中期、1465年前後に再建されたものと言われています。かつては修行僧の寝食に使う寮でした。幅は40mもあり、江戸時代以前の総二階建て仏堂としては他に例がないそうです。国指定重要文化財です。
b0212342_15475244.jpg

b0212342_15481288.jpg

b0212342_15483493.jpg

食堂の中は資料館や写経ができる場所となっており、一般公開されています。
b0212342_15492486.jpg

b0212342_15493671.jpg

食堂の二階。
b0212342_07463304.jpg

奥に見えるのは大講堂です。
b0212342_15501116.jpg

広場右手、北にあるのが大講堂(だいこうどう)です。地図・赤7。室町時代中期、1440年から1490年頃にかけて建造されました。修行道場としての中心的存在で、円教寺の本堂に当たります。こちらも国の重要文化財に指定されています。
b0212342_15552779.jpg

b0212342_15555496.jpg

食堂の裏手を少し左に進むと、鐘楼があります。地図・赤3。鎌倉時代末期、1332年に再建されたものです。国指定重要文化財。
b0212342_15561332.jpg

鐘楼の更に奥には、金剛堂(こんごうどう)があります。地図・赤4。元は普賢院という塔頭のお堂でした。室町時代後期、1544年の建立。国指定重要文化財。
b0212342_16004455.jpg

食堂の裏に戻って、急な坂を下っていくと。
b0212342_16020343.jpg

円教寺の最奥部、奥之院が見えてきます。地図・
b0212342_16023947.jpg

↓ 奥之院の左手にある、御法堂拝殿(ごほうどう はいでん)。地図・赤8。安土桃山時代、1589年の建立。国指定重要文化財。
b0212342_16080910.jpg

拝殿に対する本殿は広場を挟んで向かい側にある二つの御法堂で、通常の神社では本殿のすぐ近くに配置される拝殿が、本殿とこんなに離れて建っているのは珍しいそうです。弁慶が子供の頃、ここで修行したとされ、弁慶の学問所とも呼ばれます。その時の勉強机が食堂に展示されていました。

御法堂拝殿の裏手。
b0212342_16075121.jpg

b0212342_16085117.jpg

↓ 奥之院中央の、開山堂。地図・赤9。江戸時代前期の1671年に再建されたものです。国指定重要文化財。円教寺を開山した性空を祀ったお堂で、堂内にある等身大の木像内部に、上人の遺骨が納められています。
b0212342_16123284.jpg

開山堂の提灯
b0212342_16131762.jpg

開山堂の板
b0212342_16140366.jpg

天井の彫刻
b0212342_16134344.jpg

↓ 開山堂の軒下の四隅には、左甚五郎が彫ったとされる力士の彫刻があります。このうちの一つは、屋根の重さに耐えかねて逃げ出した、という伝説があります。
b0212342_16143754.jpg

伝説にある北西隅がどうなっているかは、見ずに終わってしまいました。

↓ そして奥之院の本殿である御法堂。広場の右手にあります。二つに分かれており、右が乙天社(地図・赤10)、左が若天社(地図・赤11)です。室町時代末期の建築。どちらも国指定重要文化財。円教寺を創建した性空上人がこの山で修行中、常にそばで仕えていた童子を祀ったもので、山の守護神とされています。
b0212342_16171279.jpg

b0212342_16204549.jpg

b0212342_16213743.jpg


国指定文化財建造物の更に詳しい解説などは、円教寺公式サイト、あるいはこちらのフォトギャラリー(141枚)にある現地案内看板を参照してください。

円教寺への行き方、参拝のしかたの詳細は、前回の投稿記事へ。

by h9w457y8i | 2019-07-03 06:13 | 兵庫 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。