【登録有形文化財】 興風会館 (千葉県 野田市) 行き方・見学のしかた

サイトマップ > 千葉県 近代文化遺産 > 興風会館

b0212342_21454735.jpg

千葉県北西部の野田では、キッコーマンの創業者である茂木、高梨両家が、300年以上に渡って醤油の醸造を続けてきました。その両家が地域の文化レベル向上を目的として設立したのが興風(こうふう)会であり、興風会館(こうふうかいかん)はその会により、昭和4年(1929年)に建てられました。4階建ての鉄筋コンクリート造で、当時県内では、千葉県庁に次ぐ規模の洋風建築と言われました。500人以上を収容できる大講堂では、講演会、展覧会、映画上演などが行われました。正面はルネサンス風、玄関はロマネスク風で、大規模ながらも威圧感のないデザインとなっており、2階大講堂の巨大な吹き抜け空間や階段周り、アール・デコ風の照明器具などが特徴と言えます。
造形の規範となっている建造物として、平成9年(1997年)に国の登録有形文化財となりました。


興風会館 フォトギャラリー(31枚)




アクセス



興風会館は青2
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
東武電鉄 野田市駅から、徒歩約12分(850m)。



バス
茨城急行バス、あるいは野田市営バス「まめバス」 キッコーマン前 バス停(地図・青1)から、徒歩約1分。

茨城急行バスとまめバスの時刻・料金検索は、各種乗り換え案内アプリ、Google Map ルート案内機能が対応しています。

東武電鉄 野田市駅からだと、
駅前2番バス停から、茨城急行バス 岩井車庫行きバスに乗車。
 ↓
[運行頻度] 1時間に1本
[乗車時間] 約4分
[運賃] 170円
 ↓
キッコーマン前 バス停(地図・青1)下車。

茨城急行バスでは、PASMO、Suicaは使えますが、それ以外のICカードが使えるかどうかは不明です。2019.5

東武電鉄 愛宕(あたご)駅前からは、
野田市営バスのまめバスが キッコーマン前 バス停まで運行していますが、
1日に5本しかないので、あまり使い勝手はよくないでしょう。
運賃は100円と安いです。
運賃の支払いにICカードは使えないようです。2019.5



駐車場
施設付属の見学者用駐車場はありません。

半径500m以内に複数の時間貸し駐車場があります。
NAVITIME 駐車場検索ページにて、「興風会」で検索。






見学のしかた


興風会館は現在もホールとして使われているほか、建物の見学も可能です。

[開館時間] 不明
[休館日] 毎週月曜日、第2木曜日、祝日、年末年始
[入館料] 無料

見学についての問い合わせ先は、野田市公式サイトを参照。

会館に電話で問い合わせると、
「入口の受付で見学したい旨申し出れば、自由に見学してよい」
ということでしたが、行ってみると1Fロビーには誰もいなかったので、申し出なしで見学しました。

2
b0212342_07394998.jpg

3
b0212342_07382176.jpg

4 1F玄関ホール。
b0212342_07390928.jpg

2F大講堂では講演会が行われており、その閉会後、スタッフに大講堂の内部も案内していただきました。
5
b0212342_07405384.jpg

6
b0212342_07413592.jpg

7
b0212342_07415352.jpg

8
b0212342_07421668.jpg

9 大きな洋風の建物ですが、ピンク色と曲線を使ったデザインで、威圧感の少ない印象です。
b0212342_07432048.jpg

10
b0212342_07441530.jpg

11 2F大講堂前のロビー。
b0212342_07452842.jpg

12
b0212342_07454174.jpg

13
b0212342_07455391.jpg

14
b0212342_07460405.jpg

15
b0212342_07461491.jpg

16
b0212342_07462256.jpg


興風会館 フォトギャラリー(31枚)

文化財分布マップ
(全国の国宝、重要文化財を網羅しています)

このページは、千葉県公式サイト野田市公式サイト
文化庁国指定文化財等データベース
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-05-02 07:52 | 千葉 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。