【重要文化財】 本庄水源地 堰堤水道施設 (広島県 呉市) 建造物の説明・訪問記編

本庄ダム 本庄水源池

サイトマップ > 広島県 近代文化遺産 > 本庄水源地堰堤水道施設 > 施設解説・訪問記



本庄水源地堰堤水道施設への行き方・見学案内は、前回のページを参照してください。


広島県呉市にある、国指定重要文化財のこの水道施設。
大正7年(1918年)に完成した立派なダムをはじめとする土木遺産であると同時に、現役の上水道施設でもあります。

前から行ってみたかったのですが、普段の見学は要予約、平日のみ、水道学習の機会として、ということなので(詳しい見学のしかたは前回のページを参照)、二の足を踏んでいたのですが。

桜の開花時期には予約なしで見学できる特別公開を実施しているというので、先日、行ってきました。


b0212342_13310717.jpg


スマートフォンはこちらのマップ


県道31号線、呉市街側から、上の地図、青マーカー2の場所。郵便ポストがある横道を右に曲がります。ポストのすぐ横には、「水源池前」バス停があります。
b0212342_06101090.jpg

水源地、ダム下広場へのゲート。普段は閉まっています。近くに立っていた誘導員の方の案内に従って、このゲートの中にクルマを乗り入れます。
b0212342_06103643.jpg

b0212342_09363739.jpg

ダムが見えるところまでクルマを進めれば、あとはどこにクルマを停めてもいいような感じでした。
b0212342_09362564.jpg

↓ ダムの上からみたところ。アスファルトが敷かれているところにクルマを停めました。
画像の下部分に写っている階段は、文化財の構成要素。
一方、右側の赤丸も、文化財を構成する「丸井戸」。結構デカイです。
b0212342_06123338.jpg

国の重要文化財に指定されているのは、堰堤(ダム)、丸井戸、第一量水井、階段の4つです。

堰堤(えんてい)=ダム。上の地図、赤マーカー4。高さは25m、ダム上辺の長さは97mあります。
ダム正面
b0212342_09401399.jpg

壁面拡大。柵があり、これ以上は近づけません。
b0212342_09394122.jpg

壁面下部
b0212342_09535267.jpg

ダムの上から。
b0212342_06375992.jpg

↓ 丸井戸。上の地図、赤マーカー2。ダム下の広場にあり、直径は約10m。ダム湖の水ではなく、隣を流れる二河川(にこうがわ)から直接取り入れた水の石や砂をここで沈殿させてから、第一量水井に送っていました。
b0212342_06462601.jpg

第一量水井(だいいちりょうすいせい)。ダム下広場にあります。赤マーカー3。長さ約15m。ダムの取水塔と丸井戸から来た水をここに集め、取水場に送ります。
b0212342_06483799.jpg

拡大
b0212342_09570777.jpg

ダムの上から。
b0212342_10000804.jpg

堰堤の横に付けられた階段。上の地図、赤マーカー1。堰堤の下からてっぺんまで登るためのものです。
b0212342_06501929.jpg

堰堤の横に付いています。
b0212342_10003704.jpg

重要文化財 現地案内看板
b0212342_10022998.jpg

丸井戸と二河川の間の歩道から、ダムの上に上がることができます。
上の地図、青ライン。
b0212342_10014718.jpg

ダムの上の広場。左奥は呉市上下水道局の建物。文化財ではございません。
b0212342_10041911.jpg

ダム上辺。柵があってこれ以上ダムには近づけません。
b0212342_09574833.jpg

ダム湖。
b0212342_09581275.jpg

ダム湖の真ん中には水神様が。ダム湖百選にも選ばれています。
b0212342_09584235.jpg

広島市内では満開は過ぎていましたが、ここは標高200mで山奥であるせいか、満開をちょっと過ぎた感じ。
b0212342_06322083.jpg

ダム上の広場には30分ほどいましたが、ずっと自分一人でした。お天気も良く、穏やかで静かなお花見を満喫できました。
b0212342_06323308.jpg


本庄水源地堰堤水道施設 フォトギャラリー(52枚)

このページは、
呉市公式サイト
文化庁国指定文化財等データベース
現地案内看板
などの記述を参照しています。

by h9w457y8i | 2019-04-17 09:13 | 広島 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。