【世界遺産】 カトマンズのダルバール広場 (ネパール カトマンズ)

サイトマップ > ネパールの世界遺産 > カトマンズの谷 > カトマンズのダルバール広場

b0212342_12342788.jpg

カトマンズ盆地の中には、旧王宮のあった広場=ダルバール広場が複数あり、世界遺産に登録されているものは3つあります。そのうちもっとも有名なのが、カトマンズのダルバール広場です。
このダルバール広場には、王宮だった建物やヒンドゥー教寺院、女神の生まれ変わりとされるクマリと呼ばれる少女が暮らす(ほとんど軟禁とも言われていますが)クマリの館などがあります。
2015年のネパール大地震で大きな被害を受け、2019.2 現在も建物の修復が続いています。

ダルバール広場についての詳細は、現地でもらった英語のパンフレットを参照してください。
JPEGファイルですので、内容をコピペして自動翻訳...とはいかないですが、ブログにはPDFが載せられないので...。

b0212342_13001684.jpg

b0212342_13014342.jpg

b0212342_13015226.jpg

b0212342_13020252.jpg



カトマンズのダルバール広場 フォトギャラリー (36枚)




アクセス(行き方)



カトマンズのダルバール広場は、青マーカー3
スマートフォンはこちらのマップ


カトマンズへは、トリブバン国際空港から入るのが一般的でしょう。
日本からの直行便は、2019.2現在ではありません。
バンコク、デリー、広州などを経由して入ります。
管理人は羽田 → バンコク → トリブバン という経路で入りました。

カトマンズでの交通手段は、交渉制のタクシーがメインになるでしょう。
路線バスも走っていますが、旅行者が使うにはちょっとハードルが高いような気がします。

タクシー利用の詳細は、カトマンズの谷のページを参照してください。

b0212342_08493795.jpg






見学のしかた


入場を制限する門や塀などはなく、地元の人の通路のようになっていますので、基本的にはいつでも広場に入ることができると思います。

b0212342_13090182.jpg

でも、旅行者は1,000ルピー(=1,000円)の入場料を払うことになっています。
ネパールの物価を考えると非常に高いですが、貴重な遺産の修繕費に使ってください、という気持ちで払いました。

料金所は広場の端っこに数カ所あり、わかりにくいです。
私は料金所のそばにいた係の人に、「Did you Pay?」と声をかけられて、はじめて料金所の存在を知りました。

クマリを見たければ、クマリの館(上の地図、青マーカー2)の中庭に入ってじっと待っていれば、運が良ければ館から顔を出すクマリを見ることができる、と言われています。ですが、そんな時間の余裕はなかったので行きませんでした。

平日、朝9時。広場は活気にあふれていました。

4
b0212342_13161551.jpg

朝モヤに包まれていました。
b0212342_13171075.jpg

6
b0212342_13171926.jpg

7
b0212342_13172955.jpg

8
b0212342_13181274.jpg

9
b0212342_13182729.jpg

10
b0212342_13183854.jpg

観光客に鳩の餌を売るおばあさん。声をかけられました。
b0212342_13192850.jpg

カトマンズのダルバール広場 フォトギャラリー (36枚)

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2019-02-20 07:02 | ネパール | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。