【重要文化財|平等院 観音堂】 (京都府 宇治市)


サイトマップ京都府国宝・重要文化財 > 平等院観音堂

【重要文化財|平等院 観音堂】 (京都府 宇治市)_b0212342_09192259.jpg

平等院 観音堂は、平等院の敷地内にあります。平等院が創建された当時に本堂があった場所に、鎌倉時代前期に建てられました。当初は堂内の中央に須弥壇(しゅみだん)を置く程度で、道場的な役割を果たしたらしく、内部空間は簡素な造りとなっています。そんな中にも、垂木地円飛角(じえんひかく)の二軒(垂木が二重になっている)とし、天平(8世紀中頃)以来の格式高い様式に倣っています。
明治35年(1902年)に旧国宝に指定され、戦後に改めて国の重要文化財に指定されました。


平等院観音堂 フォトギャラリー (18枚)



平等院観音堂は、赤マーカー2
スマートフォンで地図の右側が見にくい場合は、画面を横向きに



平等院観音堂は、平等院の敷地内にあります。
アクセス、見学のしかたは平等院鳳凰堂のページを参照。

2
【重要文化財|平等院 観音堂】 (京都府 宇治市)_b0212342_09200806.jpg

3
【重要文化財|平等院 観音堂】 (京都府 宇治市)_b0212342_09202245.jpg

4
【重要文化財|平等院 観音堂】 (京都府 宇治市)_b0212342_09204642.jpg

5
【重要文化財|平等院 観音堂】 (京都府 宇治市)_b0212342_09212415.jpg

屋根を支える軒下の垂木が二重になっているのが分かります。上が角材、下が丸太ですよね。これが「地円飛角(じえんひかく)の二軒(ふたのき)」です。
【重要文化財|平等院 観音堂】 (京都府 宇治市)_b0212342_09213410.jpg

宇治川と観音堂の間にある土手の道。雰囲気あります。お散歩にいいですね。
【重要文化財|平等院 観音堂】 (京都府 宇治市)_b0212342_09220991.jpg

平等院観音堂 フォトギャラリー (18枚)

文化財分布マップ

この記事は、現地案内看板、平等院公式サイトを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-02-16 09:22 | 京都 | Comments(1)
Commented by すらいむ at 2021-06-11 14:16 x
こんにちわ

日本だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。


by h9w457y8i

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31