【史跡】 伝 堀越御所跡 (静岡県 伊豆の国市)

サイトマップ > 静岡県 江戸時代以前の文化財 > 伝堀越御所跡

b0212342_15145221.jpg

伝堀越御所跡(でん ほりごえごしょあと)は「堀越公方」と呼ばれた足利政知(あしかが まさとも)の御所があったと伝えられる場所です。ちなみに、文化財の名前の頭に「伝」とあるのは、そう伝えられている、という意味で、「公方(くぼう)」は将軍や殿様、という意味です。
室町時代の後半、大名の勢力争いが激化し、日本各地で戦乱が起こっていました。とくに関東地方は、京都にある室町幕府に従う勢力と対抗する勢力とが激しく争っていました。そこで、将軍の足利義政(よしまさ)が、直接関東地方を支配するため、1457年に鎌倉公方として派遣したのが兄の足利政知です。しかし、政知は戦乱のため鎌倉までたどり着くことができず、韮山の堀越(現在の四日町の一部)の地に館を建てて身を落ちつけました。これにより政知は「堀越公方」と呼ばれました。しかしこの御所も、政知の死後、1493年に北条早雲によって滅ぼされてしまいました。
近年の発掘調査によって、池跡や遣水、建物跡が見つかっていて、都風な公方の生活を知ることができます。現在では一般の人が立ち入ることができる広場になっています。


伝堀越御所跡 フォトギャラリー 8枚の画像



アクセス


伝堀越御所跡は緑マーカー2
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
伊豆箱根鉄道 駿豆(すんず)線 韮山(にらやま)駅 西口から、徒歩約13分(1.0km)。


バス
韮山駅よりも現地に近いバス停はないようです。


駐車場
付属の駐車場はありません。
ただ、史跡入口(上の地図、緑マーカー1)に乗用車が1〜2台駐車できるスペースはあります。

b0212342_15310678.jpg






見学のしかた


屋外の広場であり、入場を制限する門はありませんので、24時間いつでも立ち入って見学できます。

b0212342_15315102.jpg

広い広場を一通り歩いてみましたが、遺跡だと実感できるものは入口の案内看板以外見つけられませんでした。

b0212342_15320259.jpg

伝堀越御所跡 フォトギャラリー 8枚の画像

文化遺産分布マップ

この記事は、現地案内看板、伊豆の国市公式サイトを参照しています。

by h9w457y8i | 2019-01-21 15:37 | 静岡 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。