熊本県 近代文化遺産

サイトマップ > 熊本県 近代文化遺産

国指定重要文化財

国指定史跡

文化財分布マップ


b0212342_07515090.jpg
国指定重要文化財・国指定史跡・世界文化遺産
三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱 旧万田坑施設



国指定重要文化財


祇園橋
ぎおんばし
江戸時代後期、1832年の築造。長さは28m余りで、石造りの桁橋としては国内最大級。日本百名橋の一つ。歩いて渡ることができる。
map 32.45649, 130.18805

旧郡築新地 甲号樋門
きゅう ぐんちくしんち こうごうひもん
明治33年(1900年)竣工。10連の連続アーチ門で、アーチ部には赤レンガが使われている。接近して間近で見学可能。樋門とは →用語解説
map 32.52899, 130.55677

旧第五高等中学校
きゅう だいごこうとうちゅうがっこう
明治22年(1889年)竣工の赤レンガ2階建て大型学校建築。熊本大学五高記念館として一般公開されていたが、平成28年熊本地震で大きな被害を受け、2019.1時点でも非公開が続いている。詳細は熊本大学公式サイトを参照。
map 32.81640, 130.72698

旧玉名干拓施設
きゅう たまな かんたくしせつ
末広開潮受堤防、明丑開潮受堤防、明豊開潮受堤防、大豊開潮受堤防、末広開東三枚戸樋門、末広開西三枚戸樋門、末広開二枚戸樋門
明治20年以降に築かれ、大正、昭和初期の潮害後に修復された干拓施設。総延長5.2kmに及ぶ堤防と3つの樋門からなる。文化財指定されている堤防と樋門の詳しい位置のマップは、玉名市公式サイトからダウンロードできる。堤防や樋門には接近して見学できる。
map 32.86546, 130.52763

熊本大学工学部(旧熊本高等工業学校)旧機械実験工場
くまもとだいがくこうがくぶ(きゅう くまもとこうとうこうぎょうがっこう)きゅうきかいじっけんこうじょう
明治41年(1908年)竣工の赤レンガ建築。二階建て。熊本大学工学部研究資料館として一般公開されていたが、平成28年(2016年)の熊本地震で被害を受け、それ以降非公開となっている。2019.1 詳細は熊本大学公式サイトを参照。
map 32.81355, 130.72699

通潤橋
つうじゅんきょう
江戸時代幕末の1854年に竣工した石造りの水路橋。橋からの放水が有名だが、平成28年(2016年)の熊本地震で被害を受け、2019.1の時点で放水休止中。外観の見学自体は可能。詳細は山都町(やまとまち)公式サイトを参照。
map 32.68165, 130.99384

三角旧港(三角西港)施設
みすみきゅうこう(みすみにしこう)
埠頭、東排水路、西排水路、西端排水路、後方水路、一之橋、二之橋、三之橋、中之橋
明治20年(1887年)竣工。周辺は公園のように整備され、いつでも見学可能。宇城市公式サイトに、構成要素の詳細な位置、解説などあり。世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成要素の一つ。
map 32.62209, 130.45578

b0212342_17552005.jpg三井石炭鉱業株式会社三池炭鉱 旧万田坑施設
みつい せきたんこうぎょう かぶしきがいしゃ みいけたんこう きゅう まんだこうしせつ
明治38年(1905年)竣工の炭鉱施設の遺構。国指定史跡でもあり、また世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成要素の一つ。一般公開。
map 33.00270, 130.44936

八千代座
やちよざ
明治43年(1910年)に竣工した大型の芝居小屋。開業当時は様々な興行が行われたが、昭和には映画館となり、やがてテレビの普及で閉鎖。荒れ放題になっていたが、平成に入ってから大修理が行われ、現在芝居小屋として復活し、興行が再び行われるようになった。見学も可能。詳細は八千代座公式HPを参照。
map 33.01686, 130.68934

霊台橋
れいだいきょう
江戸時代後期の1847年に竣工した石造り単一アーチ橋。橋を支えるアーチの直系の大きさは日本で3位。橋の長さは約90m、高さは16mで、竣工当時は日本一の規模だった。かつては補強工事が施され国道として自動車の通行も可能だったが、昭和41年(1966年)付近に道路鉄橋が完成して以来、観光用の歩行者専用橋となった。いつでも見学・通行が可能。
map 32.62907, 130.88811





国指定史跡

(一部)

b0212342_17555190.jpg三井三池炭鉱跡 万田坑跡
みつい みいけたんこうあと まんだこうあと



by h9w457y8i | 2019-01-05 07:56 | 熊本 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。