【重要文化財】 長野神社 本殿 (大阪府 河内長野市)

サイトマップ > 大阪府 江戸時代以前の文化財 > 長野神社本殿

b0212342_13165019.jpg

長野神社は、スサノオノミコト、アメノコヤネノミコト(双方、日本神話の神)、そして菅原道真を祀った神社です。江戸時代中頃までは、「木屋堂(こやど)の宮」「牛頭天王宮(ごずてんのうのみや)」と呼ばれていました。木屋堂とは、木材を集める場所、という意味で、近くを流れる天見川(あまみがわ)上流で伐採された木材をこの場所に集め、下流の街や陸を通じて大阪、京都などに出荷していたと考えられています。鎌倉時代の文献にこの木屋堂の記載があることから、神社の創建は鎌倉時代の中頃から終わり頃にかけてと思われます。
檜皮葺(ひわだぶき)の屋根を持つ本堂は、室町時代、1543年頃の建立と推定されています。昭和16年(1941年)に旧国宝に、昭和25年(1950年)に改めて国の重要文化財に指定されました。
毎年10月11日には秋祭りの大祭に合わせて、江戸時代から300年以上続く神事、「タイマツタテ」が行われます。境内に立てられるタイマツは高さ5m、周囲が4.6mもある巨大なものです。
河内長野市公式観光ポータルサイト


長野神社本殿 Photo Gallery
Mobile      PC



アクセス



長野神社本殿は、青マーカー2
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
南海鉄道 高野(こうや)線、および近畿日本鉄道 長野線 河内長野(かわちながの)駅 東口、または西口から、徒歩約4分(300m)。


駐車場
神社付属の参拝者用無料駐車場あり。
入口は上の地図、青マーカー1。
収容台数 6〜7台。
駐車する場合は、一言社務所に声をかけると良いと思います。

2 ↓ 境内が駐車場になっています。
b0212342_16222313.jpg






お参りのしかた



神社の公式HPはありません。2018.10

開閉する門はないので、いつでも参拝可能と思われます。

3
b0212342_16250274.jpg

4
b0212342_16251754.jpg

5
b0212342_16253352.jpg

6
b0212342_16260380.jpg

7
b0212342_16264616.jpg

8
b0212342_16265817.jpg

長野神社本殿 Photo Gallery
Mobile      PC

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-12-17 08:01 | 大阪 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。