【登録有形文化財】 小湊鐵道 里見駅 本屋 (千葉県 市原市)

サイトマップ > 千葉県 近代文化遺産 > 小湊鐵道里見駅本屋

b0212342_09014676.jpg

小湊鉄道(こみなとてつどう。正式には「小湊鐵道」)は大正6年(1917年)創業。大正14年から千葉県市原市で鉄道の運行を開始した歴史ある鉄道会社です。現在運行している路線は1本のみで、電化はされておらず、ディーゼル気動車が単線の路線を走っています。
里見駅本屋(さとみえき ほんや)は大正14年(1925年)に鉄道が開業した当時の駅舎の一つで、設計・施工は鹿島組(現在の鹿島建設)です。昭和7年(1932年)頃に増改築されていますが、待合室の出札口カウンターや手荷物扱い口カウンター、北面のベンチなどをそのまま残し、駅舎外観も開業当時からの佇まいをよく伝えています。
平成29年(2017年)、国土の歴史的景観に寄与しているものとして、国登録有形文化財に登録されました。


小湊鉄道 里見駅 Photo Gallery
Mobile     PC


里見駅は、赤マーカー2
スマートフォンはこちらのマップ


里見駅での列車の停車は、上り線と下り線、それぞれ1〜2時間に1本。
時刻表・運賃は小湊鉄道公式サイトを参照。各種乗り換え案内アプリ対応。

有人駅(少数)では、きっぷを窓口で買います。全国共通交通系ICカード非対応。
無人駅がほとんどで、そこから乗るときは、車内で車掌さんに運賃を払います。


里見駅には、旅客出迎え用の駐車場が駅舎のすぐそばにあります。
駅舎のすぐ隣。画像奥、砂利の部分。
手前のアスファルト部分はバスの回転場所なので駐車禁止。
b0212342_09043455.jpg

駅舎からプラットフォームに入るには入場券を購入。駅の窓口で。140円。里見駅は小湊鉄道の中では珍しく、有人駅。
b0212342_09051146.jpg

昔懐かしい、厚紙のきっぷでした。
b0212342_09044051.jpg

b0212342_09053382.jpg

b0212342_09054437.jpg

b0212342_09061262.jpg

b0212342_09062422.jpg

b0212342_09134200.jpg

なお、里見駅の駐車場には100円のレンタサイクル・ステーションがあります。
無人のステーションで、100円を設置されている箱に入れます。
b0212342_09064724.jpg

b0212342_09070065.jpg

b0212342_09071248.jpg

b0212342_09072728.jpg

小湊鉄道 里見駅 Photo Gallery
Mobile     PC

文化財分布マップ

この記事は、現地案内看板、小湊鐵道公式HP文化庁国指定文化財等データベースを参照しています。
by h9w457y8i | 2018-11-29 18:05 | 千葉 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。