【登録有形文化財】 吉川家住宅 主屋 (東京都 大田区)

サイトマップ > 東京都 近代文化遺産 > 吉川家住宅主屋

b0212342_08175163.jpg

大正12年(1923年)ごろの建築。映画関係者が撮影用に建設したものと言われており、建設後まもなく転売されました。平屋建て,下見板張りの洋館で,シンプルなデザインとなっています。増築などがされていますが、外観、内装、建具等に建築当初の姿がよく残っています。
「造形の規範となっているもの」として、平成12年(2000年)に国の登録有形文化財となりました。


吉川家住宅主屋は、赤マーカー1
スマートフォンはこちらのマップ


東急東横線 田園調布駅 西口から、徒歩約8分(600m)。

現住のため非公開。

b0212342_08181741.jpg

b0212342_08182279.jpg

b0212342_08182669.jpg

記事内容は、文化庁国指定文化財等データベースを参照しています。

文化財分布マップ

吉川家住宅主屋 Photo Gallery
Mobile     PC

by h9w457y8i | 2018-11-28 14:07 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。