都心に古代インド建築 【重要文化財】 築地本願寺 本堂 (東京都 中央区)

サイトマップ > 東京都 近代文化遺産 > 築地本願寺本堂

b0212342_08163702.jpg

築地本願寺は、江戸時代の初め頃、1617年に浅草に建てられたお寺です。その後火災で焼失したため1657年に現在地に移転。大正12年(1923年)の関東大震災で本堂が焼失したため、昭和9年(1934年)に現在の鉄筋コンクリート造りの本堂が建てられました。設計は、当時東京帝国大学の助教授であり、日本や東洋の建築史体系を初めて樹立した伊東忠太。古代インド建築の要素を独自の解釈で外観に取り入れていて、かなり変わった雰囲気のお堂になっています。内部は基本的には伝統的な浄土真宗の形式ですが、ところどころに、やはりインド風の装飾が見られます。
建築家・伊東忠太が当時最新の技術で東洋的建築を追求した典型例であり、また秀逸な建築デザインをもつ震災復興期の貴重な建造物であることから、平成26年(2014年)に国の重要文化財に指定されています。
← 現地案内看板、コトバンク


築地本願寺本堂 Photo Gallery



アクセス



築地本願寺本堂は、青マーカー1
スマートフォンはこちらのマップ


最寄りの駅から徒歩
東京メトロ 日比谷線 築地駅 出口1から、徒歩0分。

↓ 出口1への階段。
b0212342_07233074.jpg


駐車場
見学者用の駐車場はありません。
周辺には時間貸駐車場が多数あります。
NAVITIME 駐車場検索ページにて、「築地本願寺」で検索。






見学のしかた


拝観ができる時間や行事などの最新情報は、築地本願寺公式HPを参照。

2018.11

拝観時間
4〜9月 6:00〜17:30
10〜3月 6:00〜17:00

年中無休。

拝観無料。

本堂内には誰でも自由に入れます。
写真撮影は、お参りをしている方に邪魔にならない範囲で自由にできます。






管理人のおすすめポイント


地下鉄の築地駅出口を出た瞬間に、異様と言ってもいい、インパクトがあり過ぎるお堂がドーンと目に飛び込んできて、まずはビックリします。
b0212342_08172695.jpg

開け放しの門は観光客がひっきりなしに通るので、境内に入るのも全然気後れしません。
そしてまず間違いなく、写真を撮りたくなります。
b0212342_08175354.jpg

しかも大きい。そして築85年。

ですが、そこはやはりお寺。ちゃんと手水する場所があります。
b0212342_07253433.jpg

異様な屋根のデザイン。菩提樹の葉っぱとハスの花がモチーフだそうです。
b0212342_08180767.jpg

本堂の内部は、外観とはうって変わって浄土真宗の伝統的な造りとなっています。
b0212342_07255571.jpg

本堂に入ったら、まずはお焼香。浄土真宗の焼香の作法が書かれていました。
b0212342_07260669.jpg

お堂から入口を振り返ると、大きなパイプオルガン。仏教音楽の普及を願って、昭和45年(1970年)に付けられました。毎月下旬に行われるランチタイム・コンサートで演奏を聞くことができます。
b0212342_07262760.jpg

そして個人的に一番気に入った、本堂内、階段手すりの上に乗っかっていた動物たち。インドの名工が彫ったよう。持って帰りたい...。
10
b0212342_07264199.jpg

11
b0212342_07264437.jpg

12
b0212342_07264770.jpg

外国人観光客の姿も多く見られました。
b0212342_07274906.jpg

文化財とは何の関係もありませんが、境内には日本料理店やカフェも併設されていました。順番待ちの方々が並んでいるほど盛況でした。今回は立ち寄らず...。
14
b0212342_08210420.jpg

15
b0212342_08264757.jpg

16
b0212342_07282631.jpg

築地本願寺本堂 Photo Gallery

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-11-15 08:28 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。