石川県 江戸時代以前の文化財 リスト (建造物)

サイトマップ > 石川県 江戸時代以前の文化財



国指定重要文化財
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行

文化財分布マップ


国指定重要文化財 金沢城 石川門



国指定重要文化財


あ行

江沼神社 長流亭
えぬまじんじゃ ちょうりゅうてい
大聖寺藩(加賀藩の支藩)の藩主、前田利直の別邸として、江戸中期の1706年に建てられた。内部の建具や欄間などの意匠が優れている。一辺が9m前後の正方形に近い形をしている。こけら葺き。一般公開。加賀旅・まちネット公式サイトを参照。
map 36.30953, 136.30747



b0212342_09083885.jpg尾崎神社
おざきじんじゃ
本殿、中門、透塀、拝殿及び幣殿
江戸時代前期、1643年の創建。徳川家康を祀っており、朱塗りの彫刻や飾り金具など、日光東照宮の縮図とも言われる。拝観自由。
map 36.56923, 136.65747




か行

b0212342_09104537.jpg金沢城
かなざわじょう
石川門(左画像)、三十間長屋土蔵(鶴丸倉庫)
加賀藩前田家の居城。
石川門は江戸時代後期、1788年の建築。敵の襲撃を鈍らせるため、複数の門と櫓からなる「桝形」という複雑な構造をとっている。一般公開。
map 36.56535, 136.66134



上時国家住宅
かみときくにけ じゅうたく
主屋、米蔵、納屋
主屋は江戸時代末期、1831年。茅葺、幅29mの大型古民家。
map 37.44789, 137.08022



喜多家住宅(野々市市 ののいちし)
きたけ じゅうたく
主屋、道具倉
元々は越前藩の武士だった喜多家。江戸時代中期からは商家として油屋や酒店を営んだ。主屋は江戸時代末期に建てられた町屋で、幅22m、桟瓦葺。一般公開。野々市市公式サイトを参照。
map 36.53212, 136.61563



喜多家住宅(羽咋市 はくいし)
きたけ じゅうたく
主屋、表門、道具倉、味噌倉
喜多家は十村役を務めていた豪農。主屋は江戸時代末期に建てられた。桟瓦葺の大型住宅。一般公開。石川旅ネット公式サイト参照
map 36.8046, 136.74207



旧小倉家住宅
きゅう おぐらけ じゅうたく
江戸時代末期。白山山麓地方の代表的な民家。幅16m、とち葺。一般公開。見学については石川県立白山ろく民俗資料館HPを参照。
map 36.17981, 136.62282



旧鯖波本陣 石倉家住宅
きゅう さばなみほんじん いしくらけ じゅうたく
主屋、土蔵、馬屋、表門
石倉家は北国街道、越前鯖波宿の本陣で、参勤大名の宿泊に使われた。江戸時代末期には人馬継立問屋(宿場で馬や人足の手配をする元締め)も営んでいた。現在は金沢湯涌江戸村に移築され一般公開。
map 36.49089, 136.75728



旧松下家住宅
きゅう まつしたけ じゅうたく
江戸末期に建てられた小型の商店。板葺きの屋根には重石が載っている。金沢湯涌江戸村に移築され、一般公開。
map 36.49048, 136.75658



黒丸家住宅
くろまるけ じゅうたく
主屋、納屋、味噌蔵、米蔵
黒丸家は奥能登に室町時代ごろから住む土豪。住宅は江戸時代前期の建築で、石川県では最古の古民家。主屋は幅約22mの大型住宅。茅葺。現住のため非公開。
map 37.4518, 137.16673



気多神社
けたじんじゃ
本殿、拝殿、神門、摂社白山神社本殿、摂社若宮神社本殿
本殿は江戸時代後期、1787年の建築で、あまり例のない両流造。幅三間、檜皮葺。
map 36.92601, 136.76745



小松天満宮
こまつてんまんぐう
本殿、石の間、幣殿及び拝殿、神門
江戸時代前期、1657年。本殿は桁行三間、銅版葺。複雑な形状をしている。
map 36.4161, 136.44858




さ行

座主家住宅<
ざすけ じゅうたく
江戸時代中期。能登地方南部の典型的な農家。幅約14m、茅葺。外観のみ見学可能。七尾市公式サイト参照。
map 37.14408, 136.81741



志摩
しま
江戸時代後期、1830年。木造二階建て、切妻造りの茶屋建築。茶屋町の佇まいをよく残す金沢市東山ひがし重要伝統的建造物群保存地区の中心に位置し,保存状態は良好。「ひがし」に残る茶屋の典型を示す遺構。内部も含め一般公開。詳細は志摩公式HPへ。
map 36.57261, 136.66689



b0212342_06293596.jpg成巽閣
せいそんかく
加賀藩主・前田斉泰(まえだなりやす)が母親の隠居所として、江戸時代末期の1863年、兼六園内に建てた。一部二階建て、木造こけら葺き。一般公開。見学については成巽閣公式HP参照。
map 36.56107, 136.66316




た行

大乗寺 仏殿
だいじょうじ ぶつでん
江戸時代中期、1702年。桁行三間、こけら葺き。
map 36.53246, 136.65907



忠谷家住宅
ちゅうやけ じゅうたく
主屋、新座敷、背戸蔵(せどぐら)、新蔵
江戸時代末期。北前船の船主の住宅。桟瓦葺、幅19mの古民家。
map 36.35118, 136.30781



時国家住宅
ときくにけ じゅうたく
江戸時代中期。茅葺、幅24mの大型古民家。
map 37.45011, 137.07819




な行

那谷寺
なたでら
本堂(本殿、拝殿、唐門)、護摩堂、三重塔、書院および庫裏、鐘楼
map 36.31105, 136.42098




は行

白山神社 本殿
はくさんじんじゃ ほんでん
室町時代後期。三間社流造、銅板葺。
map 37.40935, 137.21385



藤津比古神社 本殿
ふじつひこじんじゃ ほんでん
室町時代中期。三間社流造、こけら葺き。室町時代以前の遺構は北陸地方に少なく、貴重な存在。
map 37.14319, 136.81873




ま行

松尾神社 本殿
まつおじんじゃ ほんでん
室町時代後期、1559年ごろ。一間社流造。本殿は覆屋に覆われている。本殿の手前には茅葺の拝殿がある。
map 37.10491, 136.77217



妙成寺
みょうじょうじ
本堂、経堂、庫裏、五重塔、三光堂(さんこうどう)、三十番神堂(さんじゅうばんしんどう)、書院、鐘楼、祖師堂、仁王門
本堂は桃山時代、1604年の建築。桁行五間、こけら葺き。
map 36.95448, 136.77601



明泉寺五重塔
みょうせんじ ごじゅうのとう
室町時代前期。石造りの石塔で、墓碑のようなイメージ。
map 37.23003, 137.05691




や行

薬王院五輪塔
やくおういん ごりんとう
室町時代前期。石塔。
map 36.28796, 136.36203


by h9w457y8i | 2018-11-03 17:36 | 石川 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。