【重要文化財】 飯高寺 (千葉県 匝瑳市) 高画質フォトギャラリー

サイトマップ > 千葉県 江戸時代以前の文化財 > 飯高寺 > フォトギャラリー

飯高寺へのアクセス・拝観のしかた

【注意】
このページでは実験的に、画像をクリック or タップすると、超高画質の元画像が表示されるようにしてあります。1画像のサイズは10MB〜20MB程度ありますので、Wi-Fi以外で閲覧される場合はご注意ください。
このページを開いただけでは、高画質版の画像は表示されません。


1 ↓ 総門。お寺の入り口です。江戸時代の中頃、1782年に建てられました。国指定重要文化財。
b0212342_13105441.jpg

2
b0212342_14411160.jpg

3
b0212342_14332667.jpg

4
b0212342_14331809.jpg

5
b0212342_14374189.jpg

6
b0212342_14410072.jpg

7
b0212342_14411400.jpg

8
b0212342_14373709.jpg

9
b0212342_14575189.jpg

11
b0212342_14432179.jpg

12 ↓ お寺に着いたのは、ちょうど雨が上がったタイミングでした。
b0212342_14445007.jpg

13
b0212342_14445487.jpg

14 ↓ 杉の巨木の奥に、講堂が見えてきました。
b0212342_13124711.jpg

15
b0212342_15011429.jpg

16
b0212342_15021301.jpg

17 ↓ 講堂は江戸時代前期、1651年の建立。幅約27m、奥行き約16mあり、千葉県の木造寺院建築物では最大です。国指定重要文化財。普段は非公開ですが、毎月下旬の日曜日に内部が公開されます。この日はあいにく公開日ではありませんでした。
b0212342_15162052.jpg

18
b0212342_15150295.jpg

19
b0212342_15140102.jpg

20 ↓ 京都や東京の街中には、こんな感じの大きいお堂はいくつかありますが、江戸の街から遠く離れたこんなところに...。とにかく立派な建物で、圧倒されます。
b0212342_15050624.jpg

21 ↓ 講堂の屋根は、トチノキの皮で葺いてあります。あまりないですね。
b0212342_15135302.jpg

22
b0212342_15150855.jpg

23
b0212342_15184363.jpg

24
b0212342_15183807.jpg

25
b0212342_15174588.jpg

26
b0212342_15162561.jpg

27
b0212342_15174297.jpg

28
b0212342_15193833.jpg

29
b0212342_15194152.jpg

30
b0212342_15202964.jpg

31
b0212342_15210078.jpg

32
b0212342_15221104.jpg

33
b0212342_15221464.jpg

34 ↓ 講堂の正面から。鼓楼(ころう)には中に大太鼓が収められています。直径が90cmもあり、学僧の召集のために鳴らされました。その音は遠く九十九里浜まで届いたそうです。江戸時代、1720年に再建されたものです。国指定重要文化財。
b0212342_15230938.jpg

35
b0212342_15234978.jpg

36
b0212342_15243409.jpg

37
b0212342_15261840.jpg

38
b0212342_15271610.jpg

39
b0212342_15260947.jpg

40
b0212342_15272437.jpg

41
b0212342_15294469.jpg

42
b0212342_19354027.jpg

43
b0212342_19353635.jpg

44 ↓ 鐘楼(しょうろう)。建てられた時期ははっきりしませんが、江戸時代前期のものと考えられます。吊るされている梵鐘(ぼんしょう)は1639年に作られました。この建物も国の重要文化財に指定されています。
b0212342_13135184.jpg

45
b0212342_19383183.jpg

46
b0212342_19383780.jpg

47
b0212342_19392675.jpg

48
b0212342_19393012.jpg

49
b0212342_19403616.jpg

50 ↓ 講堂の裏手に回ってみました。
b0212342_19411898.jpg

51
b0212342_19412421.jpg

52
b0212342_19421840.jpg

53 ↓ 講堂の裏手には、牡丹園が作られていました。毎年4月下旬ごろには、美しい花でいっぱいになるそうです。
b0212342_19422180.jpg

54
b0212342_19431547.jpg

55 ↓ ここから先は境内の様子です。いずれも薄暗ーい画像ですが、管理人はこういうちょっと妖しい雰囲気、大好きです。人がいないだろう雨上がりのタイミングも、実は狙っていました。
b0212342_15034825.jpg

56
b0212342_15035189.jpg

57
b0212342_15022245.jpg

58
b0212342_15031678.jpg

59
b0212342_15034394.jpg

60
b0212342_14595405.jpg

61
b0212342_14583660.jpg

62
b0212342_14570770.jpg

63
b0212342_14554340.jpg

64
b0212342_14551353.jpg

65
b0212342_14531481.jpg

66
b0212342_14535877.jpg

67
b0212342_14520801.jpg

68
b0212342_14514490.jpg

69
b0212342_14505683.jpg

70
b0212342_14505265.jpg

71
b0212342_14495522.jpg

72
b0212342_14495029.jpg

73
b0212342_14484201.jpg

74
b0212342_14473188.jpg

75
b0212342_14483819.jpg

76
b0212342_14472634.jpg

77
b0212342_19545034.jpg

78
b0212342_19545383.jpg

79 ↓ 講堂の内部。この画像はかなり前、2010年に撮ったものです。
b0212342_19561352.jpg


by h9w457y8i | 2018-09-22 06:49 | 千葉 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。