鹿児島県 近代文化遺産

サイトマップ > 鹿児島県 近代文化遺産

国指定重要文化財

国登録有形文化財

国指定史跡

文化財分布マップ


国指定重要文化財 旧鹿児島紡績所 技師館



国指定重要文化財



泉家住宅
いずみけ じゅうたく
奄美大島の民家。内部非公開。外部見学がどの程度できるのか不明。資料もネット上では見つけられず。

b0212342_12404882.jpg鹿児島旧港施設
かごしま きゅうこうしせつ
新波止(しんはと)、一丁台場(いっちょうだいば)、遮断防波堤
江戸時代末期から明治時代にかけて造られた。周囲は埋め立てられ公園として整備されており、常時見学可能。
map 31.59459, 130.56377

b0212342_12414365.jpg旧鹿児島紡績所 技師館
きゅう かごしまぼうせきじょ ぎしかん
瓦葺き木造二階建て、擬洋風建築の住宅建築。明治期以降多くの西洋建築が日本に建てられたが、この建物は幕末(1866年)に建てられており、この種の建築の中では日本最古。世界遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つ。一般公開。
map 31.61561, 130.57419

b0212342_12423960.jpg旧集成館機械工場
きゅう しゅうせいかん きかいこうじょう
幕末の薩摩藩近代化施策、集成館事業の一環として建てられた。世界遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つ。現在は博物館として一般公開。
map 31.61731, 130.57629






国登録有形文化財(一部)



b0212342_12433588.jpg磯工芸館(旧島津家吉野殖林所)
いそ こうげいかん(きゅう しまづけ よしのしょくりんじょ)
明治42年(1909年)の建築。昭和61年(1986年)に現在地に移築された。現在は復刻版薩摩切子の展示販売店として一般公開。
map 31.6167, 130.57575

b0212342_12442114.jpg磯珈琲館
いそ こーひーかん
明治37年(1903年)に鉱山事務所として建てられた。現在はスターバックス 鹿児島仙巌園店として営業している。
map 31.6168, 130.57537

b0212342_12482049.jpg鹿児島旧港 北防波堤灯台
かごしまきゅうこう きたぼうはてい とうだい
昭和9年(1934年)の建造。ガス灯による灯台。公園内にあり、外観のみ常時見学が可能。
map 31.59197, 130.56481

b0212342_12491459.jpg鹿児島県立博物館(旧鹿児島県立図書館)
かごしまけんりつ はくぶつかん
昭和2年(1927年)竣工。
map 31.59405, 130.55272

b0212342_12495646.jpg鹿児島県立博物館考古資料館
かごしまけんりつ はくぶつかん こうこしりょうかん
明治16年(1883年)竣工。県立興業館として建設され、鹿児島の産業振興に大きな役割を果たしたとされる。現在は廃墟同然であり内部非公開だが、公園に面しているので外観はいつでも見学可能。
map 31.59441, 130.55207

b0212342_12503621.jpg鹿児島市中央公民館
かごしまし ちゅうおうこうみんかん
昭和2年(1927年)竣工。開館時間、アクセスなどの情報は鹿児島市公式サイトへ。
map 31.59532, 130.55444

b0212342_12520695.jpg鹿児島市庁舎 本館
かごしましちょうしゃ ほんかん
昭和12年(1937年)竣工。
map 31.59654, 130.55710

b0212342_12525745.jpg旧鹿児島県庁舎正面門
きゅう かごしまけんちょうしゃ しょうめんもん
大正14年(1925年)の造作。
map 31.59909, 130.55835

b0212342_12534168.jpg旧鹿児島県立尋常中学校門
きゅう かごしまけんりつ じんじょうちゅうがっこう もん
明治27年(1894年)の造作。
map 31.59977, 130.55723

b0212342_12543816.jpg県政記念館(旧鹿児島県庁舎本館)
けんせいきねんかん
大正14年(1925年)竣工。現在残っているのは旧県庁舎本館中央の玄関と階段室周辺のみ。明治時代の鹿児島の様子、県庁のあゆみなどの資料を展示。一般公開。
map 31.59904, 130.55691

b0212342_12551900.jpg南日本銀行本店
みなみにほんぎんこう ほんてん
昭和12年(1937年)竣工。元は鹿児島無尽株式会社鹿児島支店として建築された。
map 31.59464, 130.55689







国指定史跡



b0212342_12561497.jpg関吉の疎水溝
せきよしの そすいこう
元々は1700年代前半に、薩摩藩主島津家別邸への給水と流域灌漑のために作られた。幕末に集成館事業(薩摩藩の工業近代化事業)の動力水車などのために流路が一部変更された。世界遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄製鋼、造船、石炭産業」の構成要素の一つ。屋外にあり常時見学可能。
map 31.64705, 130.55222

b0212342_12565468.jpg寺山炭窯跡
てらやま すみがまあと
幕末の1858年築造。薩摩藩近代化のための工場地帯、集成館の燃料として、良質な炭を製造していた。世界遺産「明治日本の産業革命遺産:製鉄製鋼、造船、石炭産業」の構成要素の一つ。屋外にあり常時見学可能。
map 31.66214, 130.60063


by h9w457y8i | 2018-08-30 12:36 | 鹿児島 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。