祝橋 (山梨県 甲州市)


サイトマップ山梨県 近代文化遺産祝橋


アクセス(行き方)

見学のしかた

橋の説明

1
b0212342_16043136.jpg



アクセス



スマートフォンの方はこちらのマップ
祝橋は、オレンジマーカー 1


最寄りの駅から徒歩

JR勝沼ぶどう郷駅から、徒歩約30分(2.1km)。緩い下り坂。


バス

JR勝沼ぶどう郷駅から、甲州市営バス ぶどうコース 2 循環バス、あるいは、ワインコース 2 循環バスに乗車。
8:45前後、13:15前後発。均一料金 300円、所要時間 10分。
「祝橋」バス停(上の地図、オレンジマーカー 2)下車。バス停から現地まで、徒歩約1分。


駐車場

施設付属駐車場なし。
橋は現在、車両通行止め、歩行者のみ通行可能であり、橋の両端の広い道路部分に駐車できる。上の地図、オレンジマーカー 3 or 4

2
b0212342_16323238.jpg
オレンジマーカー 4





見学のしかた



屋外にあり、常時見学が可能。歩いて、あるいは自転車で橋を渡ることもできる。

3
b0212342_16484839.jpg

4
b0212342_16472786.jpg





橋の説明



祝橋(いわいばし)は、この場所にかかる三代目の橋です。二代目の吊り橋が老朽化していたことと、国鉄勝沼駅からぶどうを出荷するために、自動車の通行に耐えられる橋が必要であったことからコンクリート製の橋として計画され、昭和5年(1930年)に竣工しました。開通式典には近隣の町村から多くの見物客が訪れ、「眼鏡橋」の愛称で、ぶどうの里のシンボルとして全国に紹介されたそうです。橋は長さ68m、幅6mあまりのコンクリートアーチ橋で、昭和初期の貴重な土木工作物として、平成9年(1997年)に国の登録有形文化財となりました。←現地案内看板、甲州市観光協会公式サイト

5
b0212342_17044710.jpg

6
b0212342_17061373.jpg

7
b0212342_17130718.jpg

8
b0212342_23001704.jpg

9 橋の上から川の上流を見たところ。
b0212342_23002203.jpg

10 橋の上から見た下流側。2本の橋脚は4代目に当たる新祝橋。
b0212342_23002682.jpg

11
b0212342_23005025.jpg

12 手前が三代目祝橋の欄干。向こう側が新祝橋の欄干。
b0212342_23010381.jpg

13
b0212342_23010781.jpg

14
b0212342_23014249.jpg

15
b0212342_23014711.jpg

16
b0212342_23015102.jpg

17
b0212342_23021741.jpg

18
b0212342_23022072.jpg

19
b0212342_23022958.jpg

20
b0212342_23023351.jpg

21 上の地図、オレンジマーカー3の道路。車が来ることはないので見学時の駐車スペースとして使える。
b0212342_23023715.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-02-24 12:41 | 山梨 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。