旧永井家住宅 (東京都 町田市)


サイトマップ東京都 江戸時代以前の文化財旧永井家住宅

フォトギャラリー

b0212342_09352736.jpg


永井家は多摩丘陵(高尾山山麓から町田市付近にかけて広がる丘陵)で代々農家を営んでいました。この建物は、現在の町田市小野路付近(現在の位置から北方約3.3km)にありましたが、多摩ニュータウンの建設にともない町田市に寄贈され、昭和50年(1975年)に薬師池公園に移築されました。建築年代ははっきりとしませんが、土間の独立柱、前面の格子窓、竹スノコの床といった構造手法からみて、江戸時代中期、1600年代末ごろの建築と考えられます。桁行(建物の幅)15.0m、梁間(奥行き)8.8m、寄棟造、茅葺で、全体的に窓や出入り口が少なく、閉鎖的な造りとなっています。
この住宅は東京都内では最古に属するもので、広間型三間取りの平面、四方下屋造(しほうげやづくり。関東地方西南部に多い屋根と柱の接続部分の構造の一つ)、屋内の内装(しし窓や押板)など、神奈川県の古民家と類似点をもち、その分布を知るうえで重要な遺例と言えます。
昭和53年(1978年)、国の重要文化財に指定されました。
←現地案内看板を要約




アクセス



旧永井家住宅は、町田市立薬師池公園の中にある。

最寄り駅から徒歩
小田急電鉄 小田原線 玉川学園前駅 北口(下の地図、マーカー2)から建物の前まで、徒歩約45分(3.3km)。

バス
小田急電鉄 小田原線 町田駅 北口 21番バス乗り場(下の地図、マーカー3)から、
神奈川中央交通バス(通称「神奈中バス」) 本町田経由鶴川行き 町53系統バス、
または、
神奈中バス 本町田経由野津田車庫行き 町55系統バスに乗車。
53系統、55系統を合わせて1時間に5本。240円(全国共通交通系ICカード使用可)。乗車時間約30分。(2018.1)
「薬師池(やくしいけ)」バス停(下の地図、マーカー4)下車。薬師池公園裏口(マーカー5)から入園。バス停から徒歩約5分(350m)。

b0212342_16203805.jpg
薬師池バス停

駐車場
薬師池公園付属有料駐車場あり。
第1駐車場、第2駐車場、東第1駐車場、東第2駐車場の4つの駐車場がある。収容台数は4つ合わせておよそ300台。
平日は、第2駐車場、東第1駐車場の入口のみが開いており、それ以外の二つの駐車場の入口は閉鎖されている。
それぞれの入口の詳細位置は、下の地図、マーカー6、7、8。旧永井家住宅に近いのは東第1および東第2駐車場。
駐車場の営業時間、料金は薬師池公園公式サイトを参照。ざっと言うと、1時間半まで100円、それ以降30分ごとに50円追加。

b0212342_16405623.jpg
東第1駐車場


スマートフォンの方はこちらのマップ






見学のしかた



旧永井家住宅は、薬師池公園の開園中は常時見学が可能。
薬師池公園の開園時間、休園日は、薬師池公園公式サイトへ。

2018.1
開園時間 6:00〜18:00(6〜8月 6:00〜19:00)
休園日 なし
公園入園料、および旧永井家住宅への入館料 無料


b0212342_11014977.jpg

梅園に囲まれており、梅の時期に見学するのがオススメかも。
b0212342_10541342.jpg

フォトギャラリー

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2018-02-01 10:22 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。