【重要文化財】 表慶館 (東京都 台東区) アクセス・見学のしかた


サイトマップ東京都 近代文化遺産表慶館


アクセス(行き方)

見学のしかた

建物の説明

管理人のおすすめポイント

フォトギャラリー


b0212342_16415760.jpg



アクセス



表慶館(ひょうけいかん)は、上野公園、東京国立博物館の敷地内にある。

JR上野駅 公園口から、徒歩8分。
JR鶯谷(うぐいすだに)駅 南口から、徒歩約8分。
東京メトロ 銀座線、日比谷線 上野駅 7番出口から、徒歩約13分。
京成電鉄 本線 京成上野駅 正面口から、徒歩約13分。

施設付属駐車場はない。
周辺の有料駐車場は、NAVITIME公式サイトへ。「上野駅」で検索。

アクセスマップ

b0212342_16545147.jpg







見学のしかた



表慶館は、特別展、イベント開催時以外は休館中。2017.10
表慶館で催される特別展、開催イベントなどについては、東京国立博物館公式サイトへ。

特別展開催時以外の外観見学は、博物館敷地内から自由。
東京国立博物館の開館時間、入館料、休館日などについては、東京国立博物館公式HPへ。

2017.10
博物館の開館時間:09:30〜17:00
休館日:月曜日、および年末年始
常設展示の入館料:620円。大学生には割引料金あり。高校生以下、70歳以上は無料。ただし特別展は別途料金。

館内の写真撮影
手持ちのカメラであれば撮影可。フラッシュ、追加照明、一脚・三脚、自撮り棒は使用不可。撮影禁止マークのある展示物は撮影不可。←東京国立博物館公式サイト
特別展開催時、受付で内部の写真撮影について問い合わせると、1Fロビー以外の撮影は禁止と言われた。

b0212342_17125190.jpg







建物の説明



明治33年(1900年)、皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念して計画され、明治42年(1909年)に開館した、日本ではじめての本格的な美術館です。設計は、ジョサイア・コンドルの弟子で、東宮御所(現在の迎賓館)なども手がけた宮廷建築家の片山東熊。中央と左右に美しいドーム屋根をいただき、上層部の外壁面には製図用具、工具、楽器などをモチーフにしたレリーフがあります。明治末期の洋風建築を代表する建物として昭和53年(1978年)、国の重要文化財に指定されました。
東京国立博物館公式サイト

b0212342_17121390.jpg







管理人のおすすめポイント



明治時代ならではの立派な洋風建築。ゴテゴテした装飾はなくどちらかというとシンプルだけど、それがいいですね。たとえ休館中で内装を見られなくても、力強い博物館本館(重要文化財)とはまた違ったその優雅な佇まいは目を引き、建物前のベンチに座ってのんびり眺めていたくなります。一番のオススメは、入口ホール天井のてっぺんにある明かり窓。凝りに凝ったレリーフの真ん中にはまったうっすら緑がかった窓からの光は、神秘的ですらあります。

b0212342_17234029.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-12-09 09:08 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。