旧横浜居留地 煉瓦造下水道マンホール (神奈川県 横浜市)


サイトマップ神奈川県 近代文化遺産旧横浜居留地煉瓦造下水道マンホール


明治14年(1881年)から20年にかけて、旧関内・外国人居留地(現在の山下町と日本大通りの一部)一帯で下水道改造工事が実施され、卵形レンガ管と陶管の下水道が整備されました。
その下水幹線7本とマンホール37ヶ所はレンガ造りで、材料のレンガは、東京府小菅の東京集治監のレンガ工場に注文して築造されたものです。
設計者は東京大学理学部第1回卒業生、当時神奈川県土木課御用掛の三田善太郎で、これは日本人が設計した我が国最初の近代下水道と言えるでしょう。
このマンホールは明治15年(1884年)ごろ築造されたもので、昭和57年(1982年)にこの公園の整備中に発見され、当時のままの状態で保存されています。当時の下水管は、現在でも中華街南門付近で下水道の一部として使われています。平成10年(1998年)に、下水道施設では初めての国登録有形文化財となりました。
←横浜市下水道局による現地案内看板


スマートフォンの方はこちらのマップ

みなとみらい線 「日本大通り」駅 出口3 から、徒歩約3分(200m)。


1 ↓開港記念広場
b0212342_08241174.jpg

2
b0212342_08241723.jpg

3
b0212342_08245447.jpg

4
b0212342_08250252.jpg

5
b0212342_08250841.jpg

6
b0212342_08251494.jpg

7
b0212342_08254274.jpg

8
b0212342_08254711.jpg

文化財分布マップ

by h9w457y8i | 2017-11-24 08:32 | 神奈川 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。