東京都 江戸時代以前の文化財リスト(建造物・史跡)

サイトマップ > 東京都 江戸時代以前の文化財

文化財分布マップ


国宝

国指定重要文化財

国指定史跡




国宝

正福寺地蔵堂
しょうふくじ じぞうどう
外部の見学は常時可能。内部の特別公開は年に3回ほど。詳細は東村山市公式サイト参照。





国指定重要文化財


浅草神社
あさくさじんじゃ
拝殿、本堂および幣殿>
神社の由緒、境内図、社殿の詳細、年中行事などについては、浅草神社公式ホームページを参照。
池上本門寺
いけがみほんもんじ
五重塔、宝塔

円融寺本堂
えんゆうじ ほんどう
外観は寺の門が開いている間は常時見学が可能。
大場家住宅
おおばけじゅうたく
表門、主屋
江戸時代後期に建てられた藁葺きの代官屋敷。一般公開。見学についての詳細は東京観光財団公式サイト参照。

寛永寺
かんえいじ
旧本坊表門(黒門)、清水堂

観音寺
かんのんじ
阿弥陀堂、仁王門、本堂

旧因州池田屋敷表門
きゅう いんしゅういけだやしき おもてもん
通称「黒門」。東京国立博物館の敷地と道路との境界にある。表側、裏側双方接近して見学可能。週末は開門される。
map  35.71813, 139.77465

旧江戸城
きゅうえどじょう
清水門  map 35.69275, 139.75276
城外桜田門(左画像)  map 35.67859, 139.75364
田安門  map 35.69404, 139.74932
常時見学が可能。
旧加賀屋敷御守殿門(赤門)
きゅうかがやしき ごしゅでんもん

旧寛永寺五重塔
きゅうかんえいじ ごじゅうのとう

旧十輪院宝蔵
きゅう じゅうりんいん ほうぞう
東京国立博物館敷地内にある。外観は博物館開館時間内は見学可能。
map  35.71888, 139.77462

旧台徳院霊廟惣門
きゅう だいとくいん れいびょう そうもん
一般道に面しており、常時見学可能。

旧永井家住宅
きゅうながいけじゅうたく
江戸時代中期の建築。町田薬師池公園内にあり、内部を含め一般公開。
厳有院霊廟
げんゆういん れいびょう
奥院唐門、奥院宝塔、水盤舎(すいばんしゃ)、勅額門
徳川吉宗の霊廟。一般公開。要予約。有料。見学に関しての詳細は寛永寺公式サイト特別参拝を参照。

護国寺
ごこくじ
月光殿(旧日光院客殿)、本堂

小林家住宅
こばやしけじゅうたく
江戸時代中期に建てられた藁葺き民家。一般公開。詳細は檜原村公式サイト参照。

金剛寺
こんごうじ
仁王門、不動堂

常憲院霊廟
じょうけんいん れいびょう
奥院唐門、奥院宝塔、水盤舎、勅額門
徳川綱吉の霊廟。一般公開。要予約。有料。見学に関しての詳細は寛永寺公式サイト特別参拝を参照。

瑞聖寺大雄宝殿
ずいしょうじ だいゆうほうでん
瑞聖寺は江戸時代(1670年)に創建。大雄宝殿はその約90年後の1757年に建てられた。内部見学は瑞聖寺に問い合わせ。

浅草寺伝法院
せんそうじ でんぼういん
客殿、玄関、小書院、新書院、大書院、台所
浅草寺の本坊。修行道場でもある。建物は非公開だが、国の名勝に指定されている庭園は春に特別公開される。詳細は浅草寺公式サイト参照。

浅草寺二天門
せんそうじ にてんもん
浅草寺の境内にあり、常時見学が可能。
雑司ケ谷鬼子母神堂
ぞうしがや きしもじんどう

増上寺三解脱門
ぞうじょうじ さんげだつもん
一般道に面しており、常時見学が可能。
東照宮社殿
とうしょうぐう しゃでん
唐門、透塀、石造明神鳥居、拝殿、幣殿、本殿

根津神社
ねづじんじゃ
唐門、透塀(すきべい)(唐門東方、唐門西門間、西門北方)、西門、拝殿、幣殿、本殿、楼門

有章院(徳川家継)霊廟二天門
ゆうしょういん(とくがわいえつぐ)れいびょうにてんもん
2017.10現在、修復工事中により見学不可。覆いで隠されていてほとんど見えない。





国指定史跡(一部)


亀甲山古墳
かめのこやま こふん
多摩川沿いにある東京都最大の古墳。5世紀前半の築造と考えられる。公園の中にあり、接近可能。ただし古墳は全体が鬱蒼とした森に覆われ、形の判別は困難。また周囲はフェンスで囲まれており、古墳に登ったり内部を見学することはできない。
map  35.58918, 139.66711

by h9w457y8i | 2016-08-10 07:22 | 東京 | Comments(0)
だけでなく、世界各地の世界遺産見学のしかた、海外鉄道の乗り方、各地を訪れた時の街角スナップも。